ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 759956 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

〜 晩秋の 和名倉/ 旧仁田小屋道を歩く 〜

日程 2015年11月06日(金) [日帰り]
メンバー fuya0123, その他メンバー1人
天候晴れ ・最低/最高気温 (熊谷:9.2/23.2 ℃)
             (秩父:5.5/23.1 ℃)
   ・昼間の時間:10:33 (日出:6:09 日入:16:42)
   
・6日の気象[全国] : 気象人
   http://www.weathermap.co.jp/kishojin/diary_detail.php?date=2015-11-06
アクセス
利用交通機関
車・バイク
秩父市の国道140号を行きます。旧荒川村を過ぎ 旧大滝村に入り、秩父市・
大滝総合支所を右に見て、荒川の橋を渡ってすぐの丁字路信号を左折します。

 厳冬期の風物詩 "氷のカーテン"「氷柱・「三十槌(みそつち)」を過ぎ、
ダムサイトの丁字信号を三峯神社方面へ左折して 県道278号線に入り、
二瀬ダム堤頂を渡ります。
 途中の 大きなUヘアピンから県道と別れ、「大洞林道」を上流へ進みます。
 「鮫沢橋」のゲート脇に駐車します。
 ・ゲート脇は、駐車場としての余地が少なく、3,4台がやっとです。
 ・早朝の5:50着。今日も車は、1台もありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間15分
休憩
1時間13分
合計
6時間28分
S鮫沢橋(785m)06:2006:42旧Yさん住宅06:4507:33大洞橋(800m)07:4508:15作業小屋08:251,201mP尾根09:101,201mP09:1509:181,201mPコル09:2409:53仁田小屋(1,095m)10:3010:52作業小屋11:02大洞林道(870m)11:30大洞橋(800m)11:3512:31旧Yさん住宅12:3612:48鮫沢橋(785m)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
−−−−→ ☆★ 〜 全 般 〜 ★☆
◎ 「大洞橋」から"1,201mP"への尾根までは、急斜面が 間伐材や
杉っ葉に覆われてはいるが、踏み跡が 薄くではあるが、ジグザグに
確認できた。昔の杉造林地であるので、作業道である。
  伐採&間伐の跡があるが、最近は 手が入っていない。
 ・尾根上は、やや瘠せ尾根で、後は登るのみ。
 ・問題は、1,201mPコルから「仁田小屋」までの下降。
  ルートは無く、「仁田小屋」を目指して、"適当下降"するしかない。
 したがって、コンパスの出番です。
 ・杉造林地の暗い急斜面を、下に僅かに見える"仁田小屋沢/枝沢"
目指して、すり鉢状上地形を急下降する。
 約100m下降したところで、前方(三ッ山方向)がやや見えてきて、
枝沢に出、右上方を慎重に見れば、「仁田小屋」らしき形が見えた。
 これで、仁田小屋に到着して、後は下山のみ。

 −−−−→ ☆★ 鮫沢橋 〜 大洞橋 〜 ★☆
◎ 「鮫沢橋」ではゲートが施錠されており、さらに「工事標識」
 看板が設置されています。
 ・奥の「荒沢橋」手前で、崩落した路肩の擁壁基礎工事が行われて
 いた。
  工事車両&重機が入っており、作業中です。
  そのため、1ヶ月前(10/7)にあった 路面上の大小落石は、
 綺麗に片づけられていました。したがって、格段に歩きやすい。

−−−−→ ☆★ 大洞橋 〜 1,201m尾根 〜 ★☆
「荒沢橋」を経て「大洞橋」から、未知の下流側・左岸へ。
 入口こそちょっと広めになっているが、すぐに道形が無くなり、
怪しくなる。これ以上左岸側を下流へ進むことは、困難。
 ・左小尾根を目指し、直登を開始。やや困難ですが、小尾根に
出れば、踏み跡がジグザグ上に上に伸びる。
 作業小屋を経て、約1,000m地点で「1,201mP尾根」に出ました。
 (小屋自体は、割合としっかりしてましたが、最近使われた形跡なし)
 
−−−−→ ☆★ 1,201m尾根 〜 P 〜 コルまで ★☆
 ◎ 尾根の左側が、杉の針葉樹。右側が二次林の紅葉。
  木々の隙間から見える 抜けるような青空で、紅葉がキラキラ。

 −−−−→ ☆★ コル 〜 仁田小屋へ 〜 ★☆
 ◎ 「仁田小屋」へ向け、南側のすり鉢状地形の杉造林地を、直下降。
 約100m下り、小沢に出て、僅か。大洞林道へのルートに出る。
 しかし、それと判らず、また「仁田小屋」も見えずにいて、沢をまだ
下るつもりで、実際に下りかけた。
 Key55さんが「上に、小屋が見える!!」。危ない!危ない!。
 注意して見ると、右上の樹間に「仁田小屋」が見つかる。
 小屋からの「雲取山」は圧巻!!。実に大きく、光輝いて見えました。
 北欧風?の南東側テラスで、この「雲取山・青空」を摘まみに
冷たいビールを飲みたあ〜い!!。

 −−−−→ ☆★ 〜 仁田小屋 〜 鮫沢橋へ 〜 ★☆
 ・「仁田小屋」からは、鹿ネット脇等 多少ガレ気味のところはある
ものの、たいした問題もなく、大洞林道に降り立ちます。
「大洞橋」&「荒沢橋」を経て、無事「鮫沢橋」へ到着しました。
 ・大洞林道から見る「惣小屋谷」は、目が眩むほどの深みを持って
、落ち込んでいる。
 ・前方の「霧藻ヶ峰〜白岩山」や、振り返って見る「カバヤの頭」、
さらには、もっと下流に行ってからの、左側に大きく広がる
「和名倉山」の深く切れ込んだ「市の沢」。
 その両側の、尻無の頭尾根・仁田小屋の頭・東尾根。
 それに「三ッ山」。それらの山々が、高く青空に輝いていました。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

陽が当たってきて
朝焼けの「三ッ山」を
見る
2015年11月06日 06:38撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が当たってきて
朝焼けの「三ッ山」を
見る
7
旧Yさん住宅より、
「三ッ山」を見る
2015年11月06日 06:42撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧Yさん住宅より、
「三ッ山」を見る
2
旧Yさん住宅前にて
2015年11月06日 06:38撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧Yさん住宅前にて
6
大洞林道を歩く
快晴だが、まだ陽は
当たらない
2015年11月06日 07:22撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞林道を歩く
快晴だが、まだ陽は
当たらない
3
「大洞橋」から
下流側・左岸へ入る
2015年11月06日 07:45撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大洞橋」から
下流側・左岸へ入る
1
先ずは、小尾根に向け
直登。
2015年11月06日 07:55撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは、小尾根に向け
直登。
1
うっすらと踏み跡を確認
2015年11月06日 07:59撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすらと踏み跡を確認
4
杉造林地の中を行く
2015年11月06日 08:08撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉造林地の中を行く
2
作業小屋有り。
但し、最近使われた
形跡無し
2015年11月06日 08:16撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業小屋有り。
但し、最近使われた
形跡無し
1
・1,201mP尾根に出て
北方の大洞川、
「猿鼻の尾根」を見る
2015年11月06日 08:27撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・1,201mP尾根に出て
北方の大洞川、
「猿鼻の尾根」を見る
・1,201mPへ向かう
2015年11月06日 08:30撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・1,201mPへ向かう
2
ここにも、林業残骸
(ワイヤー)の犠牲木。
2015年11月06日 08:34撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも、林業残骸
(ワイヤー)の犠牲木。
・1,201mPへ向かう
2015年11月06日 08:41撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・1,201mPへ向かう
2
・1,201mPへ向かう
2015年11月06日 08:52撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・1,201mPへ向かう
4
・1,201mPへ向かう
2015年11月06日 08:56撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・1,201mPへ向かう
5
尾根の南側は、杉。
北側は、二次林の紅葉
2015年11月06日 09:01撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の南側は、杉。
北側は、二次林の紅葉
2
・1,201mP近し !!
2015年11月06日 09:03撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・1,201mP近し !!
・1,201mP
何もない
2015年11月06日 09:10撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・1,201mP
何もない
2
・1,201mPコルの南側
仁田小屋への
下降ルートを探す
2015年11月06日 09:25撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・1,201mPコルの南側
仁田小屋への
下降ルートを探す
真っ青な空に、真っ赤な
紅葉が映える
2015年11月06日 09:26撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ青な空に、真っ赤な
紅葉が映える
9
南側の杉造成林 斜面の
急下降に入る

2015年11月06日 09:33撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の杉造成林 斜面の
急下降に入る

南側の杉造成林 斜面の
急下降に入る
2015年11月06日 09:39撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の杉造成林 斜面の
急下降に入る
Key55さんが
下る
2015年11月06日 09:40撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Key55さんが
下る
1
仁田小屋付近より
「三ッ山」を 見る
鮮やか!!
2015年11月06日 09:49撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田小屋付近より
「三ッ山」を 見る
鮮やか!!
4
さらに下り始めたが、
実はこの上に仁田小屋が
あった。
危なく見過ごして、
さらに下るところだった
2015年11月06日 09:50撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに下り始めたが、
実はこの上に仁田小屋が
あった。
危なく見過ごして、
さらに下るところだった
「仁田小屋」付近より
「三ッ山」を 見る
2015年11月06日 09:52撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「仁田小屋」付近より
「三ッ山」を 見る
1
"仁田小屋テラス"にて
2015年11月06日 09:52撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
"仁田小屋テラス"にて
5
"仁田小屋テラス"にて
2015年11月06日 09:57撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
"仁田小屋テラス"にて
6
仁田小屋にて
「雲取山」をバックに。
2015年11月06日 10:20撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田小屋にて
「雲取山」をバックに。
8
仁田小屋にて
「雲取山」をバックに。
2015年11月06日 10:21撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田小屋にて
「雲取山」をバックに。
6
仁田小屋よりの
見事な「雲取山」
2015年11月06日 10:26撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田小屋よりの
見事な「雲取山」
5
「仁田小屋」の看板
2015年11月06日 10:31撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「仁田小屋」の看板
3
紅葉越しに
「三ッ山」を見る
2015年11月06日 10:35撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉越しに
「三ッ山」を見る
1
紅葉越しに
「雲取山」を見る
2015年11月06日 10:48撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉越しに
「雲取山」を見る
8
目映いばかりの
紅葉越しに
「雲取山」を見る
2015年11月06日 10:58撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目映いばかりの
紅葉越しに
「雲取山」を見る
2
大洞林道をゆっくりと
散策
2015年11月06日 11:04撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞林道をゆっくりと
散策
大洞林道を
ゆっくりと散策
2015年11月06日 11:02撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞林道を
ゆっくりと散策
1
大洞林道を
ゆっくりと散策
2015年11月06日 11:07撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞林道を
ゆっくりと散策
1
大洞林道をゆっくりと
散策
2015年11月06日 11:07撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞林道をゆっくりと
散策
5
大洞林道をゆっくりと
散策
2015年11月06日 11:11撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞林道をゆっくりと
散策
6
大洞林道をゆっくりと
散策
2015年11月06日 11:08撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞林道をゆっくりと
散策
3
奥の左に「白岩山」
2015年11月06日 11:12撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の左に「白岩山」
3
恐る!恐る!
「惣小屋谷」を覘く
遙か下に。
2015年11月06日 11:15撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐る!恐る!
「惣小屋谷」を覘く
遙か下に。
2
奥に三ッ山、右手前に
「カバヤの頭」を見る
2015年11月06日 11:16撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に三ッ山、右手前に
「カバヤの頭」を見る
1
左に霧藻ヶ峰、
右に白岩山を見る
2015年11月06日 11:23撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に霧藻ヶ峰、
右に白岩山を見る
2
改めて「大洞橋」から
今朝の入口を見る
2015年11月06日 11:31撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて「大洞橋」から
今朝の入口を見る
「大洞橋」から
1,201mP尾根を
見る。
南面は、鮮やかな紅葉
2015年11月06日 11:32撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大洞橋」から
1,201mP尾根を
見る。
南面は、鮮やかな紅葉
2
「カバヤの頭」を見る
2015年11月06日 11:53撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「カバヤの頭」を見る
「栃山平」にて。
三ッ山とカバヤの頭を
バックに。
2015年11月06日 11:56撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「栃山平」にて。
三ッ山とカバヤの頭を
バックに。
4
「栃山平」にて。
三ッ山とカバヤの頭を
バックに。
2015年11月06日 12:01撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「栃山平」にて。
三ッ山とカバヤの頭を
バックに。
3
1.201mPを見る
2015年11月06日 12:02撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1.201mPを見る
旧Yさん住宅前より
右,尻無の頭尾根と
左,仁田小屋の頭・東尾根
2015年11月06日 12:32撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧Yさん住宅前より
右,尻無の頭尾根と
左,仁田小屋の頭・東尾根
6
素晴らしい散策
だった
2015年11月06日 12:36撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい散策
だった
4
右,尻無の頭尾根と
左,仁田小屋の頭・東尾根
2015年11月06日 12:42撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右,尻無の頭尾根と
左,仁田小屋の頭・東尾根
7
無事「鮫沢橋」に
戻ってきた。
2015年11月06日 12:49撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事「鮫沢橋」に
戻ってきた。
2

感想/記録

◎ 最高の高圧帯に入って 青空に恵まれ、正しく雲一つ無い快晴。
 Key55さんの高級車(ランクル)が、"奥秩父デビュー"。
 晩秋の「秩父路&大洞林道」を、軽快に走りました。

◎ 紅葉ではありましたが やや遅く、あと10日も前でしたら、
さぞ素晴らしかったろうに。
 ・今日はやたらとピークを目指さずに、真っ青な青空の下で、
のんびりと、最高の 目映い 鮮やかな "紅葉散策"を 堪能しました。
 ・ですから、"下山祝い"での "味噌だれ焼き鳥"の ビール&ホッピーが
最高に旨かった!!。
◎ 次回の山行きは、不動滝 〜 新旧反射板(言わば「和名倉山の裏口」)と
決定!!。
訪問者数:545人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/22
投稿数: 501
2015/11/10 10:58
 はじめまして。
はじめまして。kazu5000と申します。
fuya0123さまのようにバリルートをバリバリ歩きたいと憧れております。
今年の5月に和名倉山へ秩父側から登りました。苔むす森などに大変感激しまして、我が埼玉県にこんなに素敵な山があるのだ!と誇らしくなりました。
いつかは、バリルートを歩くことが出来るよう精進します。
これからも素敵なレコを楽しみにしています。フォローさせてください。
登録日: 2011/10/5
投稿数: 54
2015/11/10 18:34
 こんばんは!
kazu5000さん、はじめまして。
 歳を取ってから、益々危ないルートに手を出すようになりました。
 中高年の遭難が色々言われている最中、ダメな"じいじ・二人組”です

 「和名倉山」は、1973/10/21が最初でして、以来相当時間が経ってから
 この3,4年、またこの大洞川〜惣小屋谷界隈に 足を運んでいます。
 埼玉の源流地帯、また奥秩父最大の"山塊"ですから、奥が深いです

 kazu5000さんは、まだ若いので、色々な山に挑戦している ご様子。
何処に危険が潜んでいるか判らないので、これからも気をつけて
登山をして下さい

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ