ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 760267 全員に公開 ハイキング道北・利尻

鬼斗牛山〜黄昏の夜景

日程 2015年11月07日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山tomo-masa, その他メンバー1人
天候晴れ ほんのちょっと雲
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
45分
休憩
27分
合計
1時間12分
Sスタート地点16:0816:33鬼斗牛山17:0017:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
急登コースで上がりましたが、斜面の枯れ葉で滑りやすかった。
ピンクテープがしっかりあり、ルートを見つけやすいです。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

「後継者の森」看板を少し過ぎると、左に「急登コース」があります。直進すると尾根コースらしいです。
2015年11月07日 16:12撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「後継者の森」看板を少し過ぎると、左に「急登コース」があります。直進すると尾根コースらしいです。
中盤までそれなりの斜面、最後の3割はなかなか急。
表層の落ち葉が滑りやすい。
2015年11月07日 16:26撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中盤までそれなりの斜面、最後の3割はなかなか急。
表層の落ち葉が滑りやすい。
斜面を登り切ると赤いポストあり。
中に登頂ノートが入っています。
2015年11月07日 16:32撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を登り切ると赤いポストあり。
中に登頂ノートが入っています。
4
階段状の道のすぐ先が山頂。
どんな景色か楽しみ♪
2015年11月07日 16:33撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段状の道のすぐ先が山頂。
どんな景色か楽しみ♪
1
山頂到着!
風も無く、気温3度のわりには暖かい。

2015年11月07日 16:33撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着!
風も無く、気温3度のわりには暖かい。

7
三角点タッチ♪
2015年11月07日 16:33撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点タッチ♪
7
山の端、朱に染まる黄昏時。
街の明かりも灯り始めてます。
2015年11月07日 16:36撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の端、朱に染まる黄昏時。
街の明かりも灯り始めてます。
8
薄暮に浮かぶ表大雪の山々。
2015年11月07日 16:36撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄暮に浮かぶ表大雪の山々。
4
山頂ベンチに座り眺望を楽しむ。
贅沢な時が流れる。
2015年11月07日 16:38撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂ベンチに座り眺望を楽しむ。
贅沢な時が流れる。
5
どんどん輝きを増す夜景。
2015年11月07日 16:40撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん輝きを増す夜景。
5
「鬼斗牛山登頂記」に足跡を記す。
みんなに愛されている里山ですね。
2015年11月07日 16:49撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鬼斗牛山登頂記」に足跡を記す。
みんなに愛されている里山ですね。
4
撮影機材:

感想/記録

久しぶりに霞の少ない青空。しかも今夜は雪の予報。
これは山からの景色を楽しむしかないでしょー!!
と言うことで、tomoと旭川の「鬼斗牛山」へ行ってきました。
カタクリの群生で結構有名な突哨山の隣の山です。
「キトウシ」という山は北海道にいくつかありますが、アイヌ語で「ギョウジャニンニクの群生する所」という意味だそうです。

枯れ葉いっぱいの幅広の山道を歩いて行くと、右手に「後継者の森」という看板があります。
すぐ先の左手に「急登コース」看板。今回はそちらを上がっていきます。
中盤まではそれなりの傾斜。最後の3割はなかなかな斜面で表層の落ち葉が滑り、前に進みません(^^;
木々の間から赤いポスト(のようなもの)が見えてくると、傾斜ももうすぐ終了。
開けた広場に出て、右手の丸太使いの緩い階段を上がると山頂に到着!!

風がなく、外気温3℃の割に暖かな山頂。
手軽な山行から想像出来ない眺望が広がっています!!
山の端が朱に染まる黄昏時。
薄暮に浮かぶ表大雪の山々。
次第に輝きを増す町並み。
綺麗な景色に素直に感動するtomo(=息子)と、二人で贅沢な時を過ごしました。

記念に広場の赤ポストに入っている「鬼斗牛山登頂記」に記帳。
皆さんの書き込みに、この山が愛されているとしみじみ感じました。
暗闇に囲まれる前に、懐中電灯片手に下山開始。
落ち葉で滑る傾斜を、目印のピンクテープを頼りに慎重に下っていきます。
幅広の山道に出て、帰路につきました。

旭川の身近な里山「鬼斗牛山」は気軽に登れ、想像以上の景色を見せてくれました。
これも山道をしっかり分かりやすく整備してくださる方々のお蔭です。ありがたいです。
4月末のカタクリの時期にまた来てみたいと思います。
訪問者数:212人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 カタクリ 三角点 山行 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ