ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 761057 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

雲取山

日程 2015年11月02日(月) 〜 2015年11月03日(火)
メンバー kokuoku(CL), その他メンバー1人
天候2日:雨のち曇り 3日:晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
奥多摩駅から西東京バスにて、鴨沢バス停へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間0分
休憩
2時間30分
合計
3時間30分
S鴨沢バス停09:3009:30堂所12:0013:00七ツ石小屋07:0007:00雲取山07:00小雲取山07:00ヨモギノ頭07:00ブナ坂07:00七ツ石山07:00七ツ石小屋07:00堂所07:00小袖緑道あがり07:00鴨沢バス停
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はありません。
時々、細く切れた箇所が巻き道にありました。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) 予備電池(1) 1/25 000地形図(1) ガイド地図(1) コンパス(1) 笛(1) 筆記具(1) 保険証(1) 飲料(2) ティッシュ(1) バンドエイド(1) タオル(1) 携帯電話(1) 計画書(1) 雨具(1) ストック(1) 水筒(1) 時計(1) 非常食(2) シュラフ(1) マット(1)
共同装備 ファーストエイドキット(1) 医薬品(1) カメラ(1) ガスバーナー(1) ツェルト(1) テント(1) グラウンドシート(1) ペグ(18) ガスランタン(1) 電池ランタン(1)

写真

写真は全て2日目のものです。
1日目は雨の中での登山だったため、写真を撮る余裕はありませんでした。
宿泊した七ツ石小屋からの日の出の様子です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真は全て2日目のものです。
1日目は雨の中での登山だったため、写真を撮る余裕はありませんでした。
宿泊した七ツ石小屋からの日の出の様子です。
1
同じく、七ツ石小屋からの眺めです。
雲海が広がって幻想的でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく、七ツ石小屋からの眺めです。
雲海が広がって幻想的でした。
南アルプスの山々も見ることができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの山々も見ることができました。
七ツ石山の山頂から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石山の山頂から。
上のほうは、すでに冬枯れのようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上のほうは、すでに冬枯れのようでした。
富士山もきれいに見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もきれいに見えました。
1
ダンシングツリーと対面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダンシングツリーと対面。
1
インスタグラム風に加工してみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
インスタグラム風に加工してみました。
雲取山避難小屋付近から、東京都心方面を望む。
さすがに、iPhoneのカメラでは撮れませんでしたが、スカイツリーも確認することができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山避難小屋付近から、東京都心方面を望む。
さすがに、iPhoneのカメラでは撮れませんでしたが、スカイツリーも確認することができました。
登ってきた尾根道を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根道を振り返る。
山頂に到着。こちらは埼玉県側のものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。こちらは埼玉県側のものです。
1
東京側のものと三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京側のものと三角点。
三角点の標柱です。
こちらが古い方かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点の標柱です。
こちらが古い方かな?
こちらが、多分、新しい方?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが、多分、新しい方?
下山途中にて。七ツ石小屋より下のあたりは、ちょうど見頃のようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中にて。七ツ石小屋より下のあたりは、ちょうど見頃のようでした。
きれいに色付いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいに色付いています。
1
こちらも、いい色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも、いい色です。
1
登り尾根を下山中の一枚。
山全体が色付いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り尾根を下山中の一枚。
山全体が色付いています。

感想/記録

昨年も同じ時期に雲取山にチャレンジしたものの、途中で体調不良のため断念しました。
今回は再チャレンジとして行ってきました。
1日目は雨の中での山行だったため、想定以上に体力を使ってしまい、予定の奥多摩小屋ではなく、七ツ石小屋でテントを張りました。
七ツ石小屋のご主人には、いろいろとお世話になりました。
2日目は、天気もよく、夜明け前にはきれいな星空を、朝は日の出と雲海の幻想的な雰囲気の景色を見ることができました。
小屋のご主人のご厚意で、テントを残したまま、七ツ石小屋から雲取山山頂へアタックしてきました。おかげで、身軽な状態で登ることができて助かりました。
雲取山登山は、石尾根に出てからが本当に楽しい時間であると感じました。

※ルートと時間は編集中です。
訪問者数:141人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ