ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 761131 全員に公開 ハイキング丹沢

大山 北尾根周回

日程 2015年11月06日(金) [日帰り]
メンバー madam_jp
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
平日の遅い時間に到着しましたが、ヤビツ峠駐車場には数台の空きがありました。
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
45分
合計
5時間25分
Sヤビツ峠09:1509:40青山荘10:15地獄沢橋11:2516号鉄塔付近11:3512:15ミズヒノ頭12:35西沢ノ頭13:15大山山頂13:5014:20春岳山標識14:40ヤビツ峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ヤビツ峠〜青山荘までは枯れ沢沿いを歩きます。
地獄沢橋〜大山山頂までは破線ルートですが、歩かれているので踏み跡は
比較的見えます。
落葉の季節は落ち葉で足元が滑りやすいのでやせ尾根は注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

お天気が良く、バスが2台止まっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お天気が良く、バスが2台止まっていました。
ヤビツ峠も紅葉しています。
売店は閉まっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠も紅葉しています。
売店は閉まっていました。
1
ハイカーの方々はロードで三ノ塔方面か大山方面に向かって行きました。
自分だけ門戸口コースを青山荘方面へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイカーの方々はロードで三ノ塔方面か大山方面に向かって行きました。
自分だけ門戸口コースを青山荘方面へ向かいます。
先日の雨で若干湿っていますが、歩きやすいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先日の雨で若干湿っていますが、歩きやすいです。
やや荒れていますが、枯れ沢沿いに踏み跡がありますので、
安心できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや荒れていますが、枯れ沢沿いに踏み跡がありますので、
安心できます。
途中に標識がありました。
今年設置されたみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に標識がありました。
今年設置されたみたいです。
この木橋を渡れば青山荘裏手に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木橋を渡れば青山荘裏手に出ます。
青山荘周辺も紅葉最盛期の感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青山荘周辺も紅葉最盛期の感じです。
青山荘を抜けて、県道70号線を地獄沢橋方面へ歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青山荘を抜けて、県道70号線を地獄沢橋方面へ歩きます。
途中の諸戸林業事務所周辺の紅葉も綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の諸戸林業事務所周辺の紅葉も綺麗です。
このお店はもう営業しないのでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このお店はもう営業しないのでしょうか?
地獄沢橋に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄沢橋に到着しました。
県道から大山北尾根の取り付きを見たところ。
正面看板の右側に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道から大山北尾根の取り付きを見たところ。
正面看板の右側に進みます。
写真の方向に進むと三椏の群生地内を進むのですが、
熊笹ばりに進みにくいです。でここは看板裏手方面を歩かせて
頂きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真の方向に進むと三椏の群生地内を進むのですが、
熊笹ばりに進みにくいです。でここは看板裏手方面を歩かせて
頂きました。
ここから尾根道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから尾根道を進みます。
途中にありました。何のキノコでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にありました。何のキノコでしょうか?
気持ちの良い登山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い登山道です。
青空とのコントラストが綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空とのコントラストが綺麗です。
1
しばらくするとプラスチック階段になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくするとプラスチック階段になります。
赤と緑のグラデーション。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤と緑のグラデーション。
2
落ち葉を踏みしめて上ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉を踏みしめて上ります。
一ノ沢峠との分岐に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢峠との分岐に到着
16号鉄塔下で小休憩です。
送電線の曲線美。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16号鉄塔下で小休憩です。
送電線の曲線美。
大山方面へ出発します。
こちらも綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山方面へ出発します。
こちらも綺麗です。
とても綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても綺麗です。
1
烏尾山荘と富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏尾山荘と富士山。
ミズヒノ頭に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズヒノ頭に到着。
すこし行くとヌタ場がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すこし行くとヌタ場がありました。
そして西沢ノ頭。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして西沢ノ頭。
モノレールと合流します。
しばらく案内役になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレールと合流します。
しばらく案内役になります。
途中表尾根、富士山が綺麗に見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中表尾根、富士山が綺麗に見えます。
大山北尾根の例の梯子を越えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山北尾根の例の梯子を越えます。
大山山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山山頂に到着。
山頂茶屋前から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂茶屋前から。
一段下のトイレ側で休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一段下のトイレ側で休憩。
休憩終わって帰りに撮影しました。
ハイカーはほとんどいません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩終わって帰りに撮影しました。
ハイカーはほとんどいません。
1
茶屋下の灯篭と。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋下の灯篭と。
本坂とイタツミ尾根の分岐の標識も新しくなっていました。
ヤビツ峠方面へ帰ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本坂とイタツミ尾根の分岐の標識も新しくなっていました。
ヤビツ峠方面へ帰ります。
イタツミ尾根になかった木道が設置さてれいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イタツミ尾根になかった木道が設置さてれいました。
こちらも落ち葉を踏みしめます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも落ち葉を踏みしめます。
階段も綺麗に補修されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段も綺麗に補修されています。
春岳山地点の標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春岳山地点の標識
イタツミ尾根の紅葉も一部綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イタツミ尾根の紅葉も一部綺麗でした。
ヤビツ峠に到着。
お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠に到着。
お疲れ様でした。

感想/記録

大山北尾根の紅葉を見にヤビツ峠を基点に北尾根を周回してきました。
門戸口から大山山頂までは誰とも逢わず風景を独り占めしてしまいました。
北尾根は緑と紅葉のグラデーションが映え落ち葉を踏みしめて歩くことが出来ます。
ただ、やせ尾根などは落ち葉ですべる場合がありますので、気は抜けません。
当日は天気も良く気持ちの良い登山となりました。
訪問者数:129人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

崩落 木道 モノレール
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ