ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 761817 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

晩秋の両神山 八丁尾根

日程 2015年11月07日(土) [日帰り]
メンバー tsukuyama
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八丁トンネル登山口に駐車。10台ほど駐車可能。
8時半に満車になっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
24分
合計
5時間11分
S八丁トンネル登山口08:3409:13八丁峠09:1509:40行蔵峠09:4309:46西岳09:4910:03龍頭神社奥宮10:0410:31東岳10:52前東岳の岩場10:5311:08両神山11:25前東岳の岩場11:48東岳11:5112:15龍頭神社奥宮12:1812:33西岳12:37行蔵峠12:4013:05八丁峠13:0713:41八丁トンネル登山口13:4413:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
八丁峠から両神山山頂まではクサリ場が連続するため経験者ではないと危険
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

八丁トンネル登山口。バイオトイレがあります。
2015年11月07日 08:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁トンネル登山口。バイオトイレがあります。
八丁峠。写真右奥は熟練者向きの赤岩尾根
2015年11月07日 09:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁峠。写真右奥は熟練者向きの赤岩尾根
1
クサリ場
2015年11月07日 09:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリ場
東岳〜剣ヶ峰
2015年11月07日 09:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳〜剣ヶ峰
2
浅間山方面
2015年11月07日 09:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山方面
行蔵峠
2015年11月07日 09:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行蔵峠
1
西岳
2015年11月07日 09:46撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳
1
東岳
2015年11月07日 10:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳
1
両神山山頂
2015年11月07日 11:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山山頂
2
ガスのため展望はゼロ
2015年11月07日 11:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスのため展望はゼロ
八丁峠まで戻ってきました。八丁尾根は危険だという看板に気づく
2015年11月07日 13:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁峠まで戻ってきました。八丁尾根は危険だという看板に気づく
1
駐車場まで降りると山岳救助隊のヘリが飛んでいました。道迷いの通報を受けて対応しているそうです
2015年11月07日 13:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場まで降りると山岳救助隊のヘリが飛んでいました。道迷いの通報を受けて対応しているそうです
西岳から伸びる尾根には黄葉したカラマツ?が茂っていました
2015年11月07日 13:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳から伸びる尾根には黄葉したカラマツ?が茂っていました
登山口までの林道脇には紅葉が植わっていて見頃でした
2015年11月07日 13:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口までの林道脇には紅葉が植わっていて見頃でした
撮影機材:

感想/記録

2度目の両神山は以前より気になっていた八丁尾根から登ってきました。
2〜3週間前に紅葉の見頃だったそうなので、クサリ場のトレーニングと割り切って、
来年は剱岳を目指していることもあってチャレンジして参りました。

茨城を5時半に出発し、外環道、関越道、皆野寄居有料道路を通り、
8時半には登山口に到着。ちょうど私の車で駐車場は満車となりました。
テントを張って前泊している方もいるようで、未明から登っているらしかったです。
トイレや登山届けを提出するボックスと用紙がありました。
遭難するつもりは無いけども、天候によっては心配だったので一応書いて提出。

登山口からは最初から急登が続き、20分もすると左手に折れて緩やかな道となります。
クサリのかかるトラバースがあって、八丁尾根も大したこと無いなと感じてましたが、
後になってもっと恐ろしいクサリ場が控えていました。
坂本からのルートが左から合流し、すぐに八丁峠に到着します。
左手には展望台と案内のあるテーブルと椅子がある休憩所がありました。

中高年女性5〜6人のグループが赤岩尾根に登っていくのが見えましたが、
とてもザイルを使うようには見えなかったので、上落合橋から登って道を間違えたのか?
八丁峠から20分もすると本格的なクサリ場が始まりました。
取り付く場所で既にクサリに頼らないと登れませんでした。
クサリを使わずに登ることを目標としていた私はこの時点で目標達成が不可能にw
一番の難関がそこでした。

西岳、東岳と両神山まではこれでもかとクサリ場が連続し、
気の抜けない時間が続き精神的に疲れました。これをまた戻らないのかと思うと
少しでも早く山頂に立ちたいと思うようになりました。

東岳山頂は両神山山頂より広く、テーブルと椅子があります。
私より1時間早く登り始めたという男性2人組は両神山山頂を往復して、
東岳山頂で一服していました。
そこから両神山頂まではなだらかな道なので楽だと教えてもらえました。

2人の言う通り、そこからはクサリ場が2箇所あるだけでスムーズに行き、
ガスが濃くなってきた山頂に着きました。達成感はあるけどもなんとも微妙。
日向大谷ルートで登ってきた若い女性に聞くと、危険な箇所はなかったとのこと。
私は日向大谷から登ったことがなかったのですが、グループで登るときは無難にそちらから登ることになるでしょう。
ヤシオツツジが綺麗な時期にまた来たいと思いました。

山頂から戻り、東岳で昼食をとりました。
いつもならバーナーで温かいものでも作るんですが、
今回は短時間で済ませたいのでコンビニおにぎりを食べてさっさと出発。

復路は往路で追い抜いた人たちとすれ違い、クサリ場での行き違いには
譲り合いの精神で、お互いに落石をしないように細心の注意を払いました。
ヘルメットをしている人も半数ほどいましたが、注意すればなんとかなるレベルでした。

八丁峠まで下山してくると、坂本の方角からパトカーのようなサイレンとヘリの音が聞こえてきました。
遭難者でも出たのかと気になり、足早に下山しました。
サイレンは駐車場まで下山するまで鳴り止まず、林道をずっと登ってきたようでした。
赤いヘリが林道の脇をホバリングしており、出動している理由は不明でしたが、
埼玉県警の山岳救助隊の4WDがサイレンを鳴らしながら駐車場に到着し、
隊員の方が「ピンク色のジャケットを着た女性を見ませんでしたか?」と聞いてきました。
どうやら道に迷った人が携帯で通報して助けを求めたようです。
八丁トンネルを抜けてきた車のドライバーにも聞くなどしていましたが、
トンネルの反対側に要救助者がいるとの情報が入ったようで、トンネルに入って行きました。
道迷いしやすい山だとは聞いていましたが、コンパスと地形図を持っていれば間違えないと思うので、もう少し自分のレベルに見合った山選びをしてもらいたいです。
訪問者数:337人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ