ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 762320 全員に公開 沢登り丹沢

鳥屋待沢(谷太郎川)/確保訓練(神奈川県立山岳スポーツセンター)

日程 2015年11月07日(土) 〜 2015年11月08日(日)
メンバー berninakeiko
天候晴れ/曇り/雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
権現橋手前に駐車しました。
 *谷太郎林道は舗装路ですが狭い林道です。
  駐車する際にはすれ違いスペースまで塞がないよう注意が必要かと。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間58分
休憩
10分
合計
9時間8分
S鳥屋待沢/権現橋10:1211:5012m大滝12:0013:10二俣14:268m苔滝16:10三峰山(遡行終了)19:20鳥屋待沢/権現橋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ネオプレーン長袖シャツ ベスト ネオプレーン長タイツ 半ズボン 沢用スパッツ 沢タビ グローブ 雨具 ザック 行動食 地図(地形図) トポ ヘッドランプ 時計 ツェルト カメラ ロープ ヘルメット 確保機 カラビナ クイックドロー スリング セルフビレイランヤード タイブロック スワミベルト

写真

10:12 出発(権現橋手前)
でわ、行って来ます。
2015年11月07日 10:12撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:12 出発(権現橋手前)
でわ、行って来ます。
2
10:16 権現橋
権現橋の向こうに一台車が止まっていましたが、水源管理のパトロールみたいです。
2015年11月07日 10:16撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:16 権現橋
権現橋の向こうに一台車が止まっていましたが、水源管理のパトロールみたいです。
10:17 権現橋
2015年11月07日 10:17撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:17 権現橋
1
10:20 鳥屋待沢入渓
山道(仕事道)も不明瞭(どこでも行ける)、面倒なので早々入渓です。
2015年11月07日 10:20撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:20 鳥屋待沢入渓
山道(仕事道)も不明瞭(どこでも行ける)、面倒なので早々入渓です。
3
10:25 なんじゃアレ
堰堤があり、再び山道へ上がりました。
どうやって入って来たのでしょうか???かなりの年代物です。
2015年11月07日 10:25撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:25 なんじゃアレ
堰堤があり、再び山道へ上がりました。
どうやって入って来たのでしょうか???かなりの年代物です。
5
10:46 壊れた堰堤
2015年11月07日 10:46撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:46 壊れた堰堤
10:56 3m滝
2015年11月07日 10:56撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:56 3m滝
2
10:58 石積み堰堤
2015年11月07日 10:58撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:58 石積み堰堤
1
11:03
2015年11月07日 11:03撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:03
11:10 3×4m滝
たぶん・・・
2015年11月07日 11:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:10 3×4m滝
たぶん・・・
1
11:15 美しい釜と大岩
???
2015年11月07日 11:15撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:15 美しい釜と大岩
???
3
11:17 美しい釜と大岩
???
2015年11月07日 11:17撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:17 美しい釜と大岩
???
11:22 2×2m滝
たぶん〇
2015年11月07日 11:22撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:22 2×2m滝
たぶん〇
1
11:24 2段3m滝
???
2015年11月07日 11:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:24 2段3m滝
???
1
11:28
2015年11月07日 11:28撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:28
1
11:39 7m斜瀑
正面の沢は枝沢。本流は左に曲がる。
2015年11月07日 11:39撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:39 7m斜瀑
正面の沢は枝沢。本流は左に曲がる。
11:40 7m斜瀑
2015年11月07日 11:40撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:40 7m斜瀑
1
11:42 倒木
この辺り倒木多し。想定内です。
2015年11月07日 11:42撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:42 倒木
この辺り倒木多し。想定内です。
11:44 2段8m滝
たぶん、そうだと思う。
2015年11月07日 11:44撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:44 2段8m滝
たぶん、そうだと思う。
1
11:50 12m大滝
これは間違いようがない。まさしく大滝だ。
2015年11月07日 11:50撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:50 12m大滝
これは間違いようがない。まさしく大滝だ。
3
11:54 12m大滝
2015年11月07日 11:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:54 12m大滝
4
11:56 12m大滝
2015年11月07日 11:56撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:56 12m大滝
5
11:58 12m大滝
この滝登れるみたいだが、やりたい(登攀)とは思わない。ここは左側の高巻きでしょう。
2015年11月07日 11:58撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:58 12m大滝
この滝登れるみたいだが、やりたい(登攀)とは思わない。ここは左側の高巻きでしょう。
3
12:03 12m大滝
それ程立ってはいないな。高巻きの途中より。
この高巻きも少しだけ悪いよ。あまり上まで行かず、落口へ向かってトラバース。
2015年11月07日 12:03撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:03 12m大滝
それ程立ってはいないな。高巻きの途中より。
この高巻きも少しだけ悪いよ。あまり上まで行かず、落口へ向かってトラバース。
2
12:09 大滝上の渓相
3m滝と4m滝かな。(???)
2015年11月07日 12:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:09 大滝上の渓相
3m滝と4m滝かな。(???)
12:09 12m大滝落口
2015年11月07日 12:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:09 12m大滝落口
12:11 4m滝
たぶん。
2015年11月07日 12:11撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:11 4m滝
たぶん。
1
12:13 ミニゴルジュ帯
3m/4m/4m滝かな???
2015年11月07日 12:13撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:13 ミニゴルジュ帯
3m/4m/4m滝かな???
1
12:14 ミニゴルジュ帯
3m/4m/4m滝みたいだぞ。
2015年11月07日 12:14撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:14 ミニゴルジュ帯
3m/4m/4m滝みたいだぞ。
2
12:16 4mCS滝
中央左に青と赤の残置スリングが見えるが、足を入れてA1で越えて行くのか〜???、それより、水流左(写真中央)の黒く濡れた岩をマントルで越えて行く方が楽である。
2015年11月07日 12:16撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:16 4mCS滝
中央左に青と赤の残置スリングが見えるが、足を入れてA1で越えて行くのか〜???、それより、水流左(写真中央)の黒く濡れた岩をマントルで越えて行く方が楽である。
2
12:20
2015年11月07日 12:20撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:20
12:23 5mトイ状滝
釜を突っ張りで進み、水流の左を登る。
2015年11月07日 12:23撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:23 5mトイ状滝
釜を突っ張りで進み、水流の左を登る。
1
12:30 枝沢の滝
40m滝(左)と30m滝(右)
2015年11月07日 12:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:30 枝沢の滝
40m滝(左)と30m滝(右)
12:32 2m滝/3m滝
2015年11月07日 12:32撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:32 2m滝/3m滝
1
12:34 枝沢2段8m滝
2015年11月07日 12:34撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:34 枝沢2段8m滝
12:35 本流
2015年11月07日 12:35撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:35 本流
12:40 3段連瀑
3m滝/4m滝/3m滝だと思う。
2015年11月07日 12:40撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:40 3段連瀑
3m滝/4m滝/3m滝だと思う。
1
12:41 3段連瀑
3m滝/4m滝だろう。
2015年11月07日 12:41撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:41 3段連瀑
3m滝/4m滝だろう。
12:42 3段連瀑
4m滝だったと思う。
2015年11月07日 12:42撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:42 3段連瀑
4m滝だったと思う。
12:47 3×3m滝
2015年11月07日 12:47撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:47 3×3m滝
12:48 枝沢
2015年11月07日 12:48撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:48 枝沢
12:49 本流
2015年11月07日 12:49撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:49 本流
12:58 6m滝
トポ図には『滝の左壁を登る』とあり、左側の所を登ったと思うが、どの辺りを攀じ登ったのだろう、憶えていない。
2015年11月07日 12:58撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:58 6m滝
トポ図には『滝の左壁を登る』とあり、左側の所を登ったと思うが、どの辺りを攀じ登ったのだろう、憶えていない。
2
12:59 6m滝
う〜ん・・・そんなに難しくわなかったのだろう。
2015年11月07日 12:59撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:59 6m滝
う〜ん・・・そんなに難しくわなかったのだろう。
2
13:09 二俣
遠くで見た時には枝沢の滝かと思ったら、右俣出合(二俣)の滝でした。
2015年11月07日 13:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:09 二俣
遠くで見た時には枝沢の滝かと思ったら、右俣出合(二俣)の滝でした。
2
13:10 右俣8m滝
2015年11月07日 13:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:10 右俣8m滝
1
13:11 右俣8m滝
2015年11月07日 13:11撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:11 右俣8m滝
1
13:13 左俣
2015年11月07日 13:13撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:13 左俣
1
13:15 右俣8m滝
2015年11月07日 13:15撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:15 右俣8m滝
1
13:17 右俣8m滝と二俣
高巻き途中から二俣を見下ろす。
2015年11月07日 13:17撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:17 右俣8m滝と二俣
高巻き途中から二俣を見下ろす。
1
13:21 ???
この滝はなんなんだ。右俣8m滝の中間部か???
2015年11月07日 13:21撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:21 ???
この滝はなんなんだ。右俣8m滝の中間部か???
2
13:21 ???
右俣8m滝の上部???それにしては落差が合わないだろう。どう見ても8m以上はある。2段15m以上はありそうだ。上の8m滝か???さっぱりわからん。
この滝は登れそうもないので、このまま高巻く。
2015年11月07日 13:21撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:21 ???
右俣8m滝の上部???それにしては落差が合わないだろう。どう見ても8m以上はある。2段15m以上はありそうだ。上の8m滝か???さっぱりわからん。
この滝は登れそうもないので、このまま高巻く。
13:24 8m滝
この滝も8mはありそうだ。こちらの滝がトポ図に表記されている上の8m滝だろう。流水の右側を登・・・た。たぶんそうに違いない。
2015年11月07日 13:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:24 8m滝
この滝も8mはありそうだ。こちらの滝がトポ図に表記されている上の8m滝だろう。流水の右側を登・・・た。たぶんそうに違いない。
2
13:24 8m滝
2015年11月07日 13:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:24 8m滝
13:29 トイ状滝
2m/4m/6mの滝。
2015年11月07日 13:29撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:29 トイ状滝
2m/4m/6mの滝。
13:31 トイ状滝
4m/6mの滝。
2015年11月07日 13:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:31 トイ状滝
4m/6mの滝。
13:34 トイ状の滝
6mの滝。
(追記編集:たぶん、1回目の滑落は画面の左側辺りを高巻こうとして落ちたと思う)
2015年11月07日 13:34撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:34 トイ状の滝
6mの滝。
(追記編集:たぶん、1回目の滑落は画面の左側辺りを高巻こうとして落ちたと思う)
1
13:35 トイ状滝
6mの滝。ここは???ウ〜、たぶん直登だ。
(追記編集:直登などとはウソだ、たぶん、1回目の滑落はこの滝の高巻きだ)
2015年11月07日 13:35撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:35 トイ状滝
6mの滝。ここは???ウ〜、たぶん直登だ。
(追記編集:直登などとはウソだ、たぶん、1回目の滑落はこの滝の高巻きだ)
1
13:52 伏流
2015年11月07日 13:52撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:52 伏流
13:57 枝沢
正面は枝沢。本流は倒木の所を左に曲がる。
2015年11月07日 13:57撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:57 枝沢
正面は枝沢。本流は倒木の所を左に曲がる。
13:57 本流
2015年11月07日 13:57撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:57 本流
14:00 2m滝
2015年11月07日 14:00撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:00 2m滝
14:02 2mCS滝
2015年11月07日 14:02撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:02 2mCS滝
3
14:26 8m苔滝
2015年11月07日 14:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:26 8m苔滝
14:26 8m苔滝
2015年11月07日 14:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:26 8m苔滝
1
14:27 8m苔滝
右側より巻くが、グズグズの急斜面、悪い。緊張です。
2015年11月07日 14:27撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:27 8m苔滝
右側より巻くが、グズグズの急斜面、悪い。緊張です。
1
14:35 悪い涸れ滝
この涸れ滝トポ図に表記が無かった。悪い。はじめ右側の高巻きを試みるが、ボロボロの岩にグズグズの土が被った急斜面。足場はたちまちに崩れて行くし、手掛かりも無い。少し登ったが危険を感じて止めにした。ならばと中央突破を試みるが、掴んだ岩が剥がれて2m落ちて腹を打つ。『痛い』どうしよう、越えられない。(-_-;)
2015年11月07日 14:35撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:35 悪い涸れ滝
この涸れ滝トポ図に表記が無かった。悪い。はじめ右側の高巻きを試みるが、ボロボロの岩にグズグズの土が被った急斜面。足場はたちまちに崩れて行くし、手掛かりも無い。少し登ったが危険を感じて止めにした。ならばと中央突破を試みるが、掴んだ岩が剥がれて2m落ちて腹を打つ。『痛い』どうしよう、越えられない。(-_-;)
4
15:00 脱出
少し戻り、左側の急斜面に活路を求める。そこも、下はボロボロの岩に土を載せさらに落ち葉が被る悪い所。傾斜角70度くらいはあろだろうか。50mほど這い上がり、右の灌木帯へ逃げる。
2015年11月07日 15:00撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:00 脱出
少し戻り、左側の急斜面に活路を求める。そこも、下はボロボロの岩に土を載せさらに落ち葉が被る悪い所。傾斜角70度くらいはあろだろうか。50mほど這い上がり、右の灌木帯へ逃げる。
2
15:02 右俣上部の沢筋
沢筋へ下り詰め上がった方が安全で楽だったろうか、再びさっきの様な障壁が無いとも限らない。疑問を引きずる詰め上げになった。
2015年11月07日 15:02撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:02 右俣上部の沢筋
沢筋へ下り詰め上がった方が安全で楽だったろうか、再びさっきの様な障壁が無いとも限らない。疑問を引きずる詰め上げになった。
2
15:21 ゲェ、行き止まり
急斜面の灌木帯を選択したが、岩壁に阻まれて右のルンゼに回り込みました。行き止まりです。とにかく奥まで行って、チムニー状のボロボロの岩をだましだまし、騙し騙し、『俺は落ちない』。(てぇ、今日は2回も落ちたではないか。おまえそのうち死ぬぞ。)
2015年11月07日 15:21撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:21 ゲェ、行き止まり
急斜面の灌木帯を選択したが、岩壁に阻まれて右のルンゼに回り込みました。行き止まりです。とにかく奥まで行って、チムニー状のボロボロの岩をだましだまし、騙し騙し、『俺は落ちない』。(てぇ、今日は2回も落ちたではないか。おまえそのうち死ぬぞ。)
4
16:10 遡行終了
ヤットの思いで三峰山の山頂(934m)へ辿り着きました。
2015年11月07日 16:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:10 遡行終了
ヤットの思いで三峰山の山頂(934m)へ辿り着きました。
8
16:12 下降開始
もうすぐ暗くなります、休むことは許されません。すぐに下降開始です。計画当初は宝尾根を下りようと思いましたが、暗闇の中登山道でも無い不案内な尾根を下りるより、確かな不動尻経由の登山道を選択しました。ポツリ、雨も降って来そうです。
2015年11月07日 16:12撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:12 下降開始
もうすぐ暗くなります、休むことは許されません。すぐに下降開始です。計画当初は宝尾根を下りようと思いましたが、暗闇の中登山道でも無い不案内な尾根を下りるより、確かな不動尻経由の登山道を選択しました。ポツリ、雨も降って来そうです。
3
19:19 下降終了
『早く着替えて、ビール飲もっと』
今日も山の中で車中泊です。明日は山スポで所属山岳会の確保訓練です。
2015年11月07日 19:19撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19:19 下降終了
『早く着替えて、ビール飲もっと』
今日も山の中で車中泊です。明日は山スポで所属山岳会の確保訓練です。
5
20:51 なんじゃコレ
こんな事をする奴はどこのどいつじゃ。気持ちよく酒を飲んでいたのに、油断していました。
2015年11月07日 20:51撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20:51 なんじゃコレ
こんな事をする奴はどこのどいつじゃ。気持ちよく酒を飲んでいたのに、油断していました。
4
21:12 お前か
許さん。断りもなく人の生き血を吸い取るとわ。
2015年11月07日 21:12撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
21:12 お前か
許さん。断りもなく人の生き血を吸い取るとわ。
5
21:15
こうしてくれる。断ってくれたら、少しくらいは血を分けてやったものを。(嘘です。お前なんかに一滴たりとも血を分けてやるか)
2015年11月07日 21:15撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
21:15
こうしてくれる。断ってくれたら、少しくらいは血を分けてやったものを。(嘘です。お前なんかに一滴たりとも血を分けてやるか)
2
8日(日) 確保訓練
肩がらみ(ボディビレー)の制動確保の訓練です。徐々に制動を掛けて墜落者を確保するシステムです。
2015年11月08日 10:29撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8日(日) 確保訓練
肩がらみ(ボディビレー)の制動確保の訓練です。徐々に制動を掛けて墜落者を確保するシステムです。
1
墜落者をそれ以上落とさぬようにして、安定した場所まで移動します。
2015年11月08日 10:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
墜落者をそれ以上落とさぬようにして、安定した場所まで移動します。
2
借固定をします。それから自己脱出。
2015年11月08日 10:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
借固定をします。それから自己脱出。
1
仮想墜落者は大きなタイヤで、重さは約70圓任后
2015年11月08日 11:35撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仮想墜落者は大きなタイヤで、重さは約70圓任后
1
岩壁の中で雨に降られ、すぐに『ヤ〜メタ』など出来ない事ですから、雨でも訓練は行われます。
でも、今日はいつもよりだいぶ早め昼には訓練終了です。
2015年11月08日 11:37撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩壁の中で雨に降られ、すぐに『ヤ〜メタ』など出来ない事ですから、雨でも訓練は行われます。
でも、今日はいつもよりだいぶ早め昼には訓練終了です。
1
またお前か。
2015年11月08日 11:40撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またお前か。
4
だいぶ肥えているな。
2015年11月08日 11:40撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ肥えているな。
2
塩を掛けて退治してやる。
実害は私だけで、鳥屋待沢から連れて来たのかな???
どうやらヤマビルに好かれてしまったか〜。
2015年11月08日 11:43撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩を掛けて退治してやる。
実害は私だけで、鳥屋待沢から連れて来たのかな???
どうやらヤマビルに好かれてしまったか〜。
4

感想/記録

『左足首痛い』『イテェ〜』
鳥屋待沢の上部の滝で2回滑落してしまいました。
『僕は山では死にましぇ〜ん』とTVドラマのまねをしようとした事があります。『ここは街中だよ』と止められました。
『私は山では死にません。絶対に。』

11月8日の日曜日に所属山岳会の確保訓練が神奈川県立山岳スポーツセンターで行われる。其れに参加するのに、どうせなら前日程で近くの沢へでも入ろう。この機会にヒルの影が薄くなる東丹沢の沢へでも入ってみようでわないか。
その前に、『やぶ沢クラブ』の11月4日(水)『春岳沢』の山行計画に参加する。
日曜日の確保訓練までどうしよう。現場(仕事)も無いので・・・
『ガソリン代(交通費)がもったいないから、いちいち家へ戻って来るな』
と、かみさんのお言葉。
『ラ、ッキー』
それでは、4泊5日の丹沢沢三昧の旅である。
最終日は確保訓練だが、4日間は沢へ入れるから4本の沢へ入れます。
『どこへ入ろうかな〜』ウキウキ、ウキウキ。(決して、私は沢屋ではありません)
春岳沢は決定事項だが、鳥屋待沢、二十女沢、本間沢の遡行を計画し、4日の早朝4時30分に家を出た。

丹沢の沢三昧一日目。大山の春岳沢へ行って来ました。

二日目は、ヤビツ峠から宮ヶ瀬へ下り二十女沢へ入ろうと思いましたが、『立ち入り禁止』の看板にビビり、二十女沢を取り止めその日は停滞日と決め込み、早戸川の本間沢へと向かいました。早戸川林道と本間沢入渓点の偵察。

三日目、本間沢遡行。(UP済みですが1日で沢登りのトップページから消えた)

四日目に、谷太郎川最大支流の鳥屋待沢へ入りました。
(遡行内容は写真下の記事を参照して下さい。あまり詳しく書いてないけどね)
鳥屋待沢の沢グレードは1級上で初級☺☺☺◎
(東京起点沢登りルート120/山と渓谷社)
う〜ん、確かに楽しい沢だが、沢の上部は岩がボロボロで急峻な斜面に挟まれているので、高巻きも厳しい。8m苔滝の上にあった涸れ滝も以前は簡単に越えて行けたのだろうが、たぶん岩が剥がれたのだろう、悪い、厳しい、と云うより越えられない。右側に高巻きルートを求めるが、途中まで行って止めた。考えている時間も惜しかったので、ならば中央突破と試みるが、掴んだ岩が力を入れたとたんに剥がれて2m落ちた。少し下の滝でも同じように岩が剥がれて1.5mほど落ちている。(写真を撮り忘れたのか何処の滝かは特定できないが、おそらく4mトイ状滝では無かったか?胸くらいの釜のあった滝だ。ドボンして首まで浸かってしまった。だとしたら、水底まで2.5mの落下だ。)この日2回も滑落してしまった。(情けない)
(追記編集:1回目の滑落は、たぶん、トイ状6m滝を左側より高巻こうとして落ちたのでわないか)
涸れ滝を越えられないのでほんの少し戻り、溝状の急峻な斜面に活路を求めて這い上がり、そのまま詰め上がって行きました。
急峻な詰めは、ルーファイによっては行き詰ってしまいます。そこをどう越えて行くかは経験がものいう世界でわないでしょうか。
何が沢グレード1級上だ、詰めは2級上だろう。私には3級くらいに感じられた。
(お前の技が無いせいだろう、2回も滑落したくせに。情けない奴だ)

丹沢五日目、所属山岳会の確保訓練。
(確保訓練は年2回山スポで行っています。次回は来春で見学OKです)

これで4泊5日丹沢の沢三昧の旅も終わりです。
山籠もり中仕事の電話があったようですが、電波状態が悪いという事で受信しませんでした。ただでさえ仕事量が少ないのに、かみさんブーブーです。
明日(11月13日)から仕事が入っていますが、何日続くやら。
山行費用の小遣いでかみさんにブーブー言われない仕事がしたい。

『誰か仕事くれ〜』
(資格は持っていませんが何でもします)

『春岳沢』の記録もUPしようと思いますがトップページには載りませんので、一週間程してから私のページを訪問し、山行記録から閲覧してください。そちらの方もどうぞよろしくお願いします。(月間使用容量大丈夫かな???)
訪問者数:507人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/18
投稿数: 279
2015/11/12 17:26
 お怪我は?
berninakeikoさん、こんにちは
『左足首痛い』『イテェ〜』って、お怪我は大丈夫ですか
確か剥がれる岩は判る、とか言っておられましたよね

びっくりしましたよ。単独は十分注意して下さいね。
でも日曜日の訓練も参加されているようなので、きっと大丈夫ですね
またのご参加をお待ちしています
登録日: 2014/5/31
投稿数: 75
2015/11/13 19:48
 Re: お怪我は?
otafuku さん こんばんわ

ご心配ありがとうございます。
全治3週間(自己判断)の捻挫だと思います
病院へ行く金が有ったら山へ行け(by berninakeiko)
(なんて書いたらまた怒られてしまいそう

今回も岩が剥がれそうなのはすぐ判りましたよ。触らないまでも、見ただけですぐに判断しました。周囲の岩全体がそうだもの。
しかし、ルートがそこしかないと判断したら、騙し騙し技と経験で『南無さん』と越えて行くしかない。落下地点の安全性を考慮して、最悪の事態の回避は怠りません。
今回は少し失敗しましたが・・・
それが、ビレーも無しに5m、10mも登っていたら、そんな行動はしませんよ
(てぇ、詰め上げて行って行き詰ったチムニー状の所で・・・)

失敗事など書かなくてもよかったのですが、根が根の馬鹿者ですから。
つい面白おかしく書いてしまいました。

て云うか、心配かけて m(__)m
登録日: 2012/8/18
投稿数: 279
2015/11/15 7:18
 Re[2]: お怪我は?
berninakeikoさん、おはようございます

捻挫ですか・・でも良かったとは言えませんね
きっと歩くのも 少し辛いのでは
どうぞお大事にして下さい。
沢もそろそろ終わりですし、しっかり治して又ご一緒して下さいね
登録日: 2009/7/17
投稿数: 402
2015/11/19 14:46
 危ないところでしたね
詰めは我々とまったく同じルートのようです。涸滝を登れず、そのまま左の涸れ沢から枝尾根を詰め、岩壁に阻まれ右に回り込み、逆層、ボロボロのチムニー!
よく1人で、あそこを登りましたね。その先も登れるか分からない状況ですよね。
ロープは引いてましたがランニングビレイは取れず、チムニーを抜け潅木をつかむまではかなりやばい登攀でした。
とても初級の沢ではないと!お互い無事でよかった。
登録日: 2014/5/31
投稿数: 75
2015/11/19 20:48
 Re: 危ないところでしたね
kaito さん こんばんわ
たぶん、最初に落ちたのはトポ図にある『トイ状滝直登のこと』とある6m滝だったと思います。出口が悪そうだったので6mも登って落ちると危険だったので、左側より高巻きを選択したのですが、剥がれそうな岩ばっかりで一歩が悪かった。8m苔滝も『右を小さく巻いて』とありましたが、悪すぎます。そのすぐ上の涸れ滝も、たぶん岩が剥がれたのだろうと思います。以前は問題なく越えて行けたのだろうと思います。
溝状の急斜面から高巻いて、沢筋へ懸垂で下りて、そのまま沢筋を詰めて行った方が安全だったのではないかと、問題を引きずったままの詰め上げになってしまいました。
それと、右側へ逃げるのでわなく、早めに左の急斜面の灌木帯(小尾根)へ入って行く選択肢もありました。
ボロボロのチムニーの登攀グレードは卦蘢度ではなかったかと思うも、いつ剥がれるかわからない岩の体感グレードは、撒薜幣紊任呂覆い任靴腓Δ。
とにかく、問題のある詰め上げでした。

生きて戻れてよかったです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ