ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 762543 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

鳳凰山 (青木鉱泉〜ドンドコ沢〜鳳凰三山〜中道〜青木鉱泉)

日程 2015年11月07日(土) 〜 2015年11月08日(日)
メンバー hama_chan, その他メンバー1人
天候(初日) 曇り、(2日目) 雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間55分
休憩
1時間50分
合計
9時間45分
S青木鉱泉06:4008:35南精進ヶ滝10:15白糸の滝11:00五色ノ滝11:4012:35鳳凰小屋13:2514:10地蔵ヶ岳14:3015:30鳳凰小屋分岐16:25鳳凰小屋
2日目
山行
6時間55分
休憩
20分
合計
7時間15分
鳳凰小屋07:3008:40鳳凰小屋分岐09:20鳳凰山09:3010:00薬師岳10:1011:10御座石13:55中道ルート登山口14:45青木鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

ここ青木鉱泉から登山開始です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ青木鉱泉から登山開始です。
趣のある青木鉱泉の宿。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
趣のある青木鉱泉の宿。
ドンドコ沢登山道を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドンドコ沢登山道を行きます。
麓は紅葉真っ盛り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓は紅葉真っ盛り。
本当に目の保養になるなぁ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に目の保養になるなぁ〜
最初の滝は南精進ヶ滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の滝は南精進ヶ滝。
南精進ヶ滝です。想像していたよりも立派な滝で水量も多い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南精進ヶ滝です。想像していたよりも立派な滝で水量も多い!
何度か渡渉しながら登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か渡渉しながら登っていきます。
鳳凰ノ滝はパスして、白糸の滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰ノ滝はパスして、白糸の滝。
白糸の滝も遠くにあるけど、立派な滝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白糸の滝も遠くにあるけど、立派な滝です。
次は五色ノ滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は五色ノ滝。
五色ノ滝は滝壺まで行けるそうですが、今回はちょっと離れた所から眺めました。落差のある立派な滝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色ノ滝は滝壺まで行けるそうですが、今回はちょっと離れた所から眺めました。落差のある立派な滝です。
無事に鳳凰小屋に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に鳳凰小屋に到着。
テン場にテントを設営。一応、一番乗りでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場にテントを設営。一応、一番乗りでした。
テント設営後、地蔵岳に向けて出発。ガスがすごいなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント設営後、地蔵岳に向けて出発。ガスがすごいなぁ。
正面にオベリスクらしきものが出現!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面にオベリスクらしきものが出現!
ガスが晴れて、オベリスクが姿を現した。でも、この道は歩きにくい・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れて、オベリスクが姿を現した。でも、この道は歩きにくい・・・
地蔵岳登頂!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳登頂!
地蔵岳だけあって、お地蔵さんがいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳だけあって、お地蔵さんがいっぱい。
一瞬だけの青空を逃さず撮影!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬だけの青空を逃さず撮影!
地蔵岳からアカヌケ沢ノ頭を通り、鳳凰小屋分岐経由で鳳凰小屋に戻ることに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳からアカヌケ沢ノ頭を通り、鳳凰小屋分岐経由で鳳凰小屋に戻ることに。
ようやく見えてきた鳳凰小屋。30〜40分の予定だったのに、遠かった〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく見えてきた鳳凰小屋。30〜40分の予定だったのに、遠かった〜。
夕食は野菜鍋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は野菜鍋。
2日目はあいにくの雨。雨の日の登山は気が滅入る・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目はあいにくの雨。雨の日の登山は気が滅入る・・・
まずは昨日と同じ鳳凰小屋まで登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは昨日と同じ鳳凰小屋まで登りました。
昨日登った地蔵岳への稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日登った地蔵岳への稜線。
ガスの向こうに見えるのが観音岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの向こうに見えるのが観音岳。
鳳凰三山の最高峰、観音岳に登頂!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山の最高峰、観音岳に登頂!
この先の山が薬師岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先の山が薬師岳。
薬師岳に登頂。鳳凰三山を制覇しました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳に登頂。鳳凰三山を制覇しました!
ここから中道を通って、青木鉱泉まで戻ります。標高差があるからヒザが大丈夫かなぁ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから中道を通って、青木鉱泉まで戻ります。標高差があるからヒザが大丈夫かなぁ・・・
御座石。大きい石です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御座石。大きい石です。
紅葉が見え始めると麓は近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が見え始めると麓は近い。
廃屋があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃屋があります。
中道登山道入口まで下山。長かった〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道登山道入口まで下山。長かった〜
中道登山道入口から青木鉱泉までの道は紅葉を楽しみながらの道。足は疲れているけど、目は楽しめる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道登山道入口から青木鉱泉までの道は紅葉を楽しみながらの道。足は疲れているけど、目は楽しめる。
もう一丁、紅葉の道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一丁、紅葉の道。
川沿いの紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川沿いの紅葉。
青木橋から見た紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青木橋から見た紅葉。
青木鉱泉に戻ってきました。お風呂も青木鉱泉で頂きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青木鉱泉に戻ってきました。お風呂も青木鉱泉で頂きました。
山バッジは鳳凰小屋でゲット。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山バッジは鳳凰小屋でゲット。

感想/記録

以前からチャンスを窺いながらも、天候不順により複数回断念した鳳凰山についに行くことにした。
元々はソロテン泊で行くつもりだったが、会社の同僚が一緒に行きたいとのことで、荷物も軽くなるので2人で行くことになった。

【初日】
比較的遅めに青木鉱泉に着いたが、本格的登山シーズンは終了していたためか、駐車場はまだまだ余裕。
準備を整え、まずはドンドコ沢登山道を鳳凰小屋を目指して出発。
ドンドコ沢登山道は途中に滝があり、楽しみながら登れるとのことであるが、なかなかの急登であり、結構しんどい。
それでも、いつもの単独行ではなく、2人で登ると意外と時間がたつのも早く、南精進ノ滝への分岐に到着。迷わず南精進ノ滝の方向に行くことにした。
途中にちょっとした鎖(ロープ)場もあるが、意外とすぐに展望場に到着した。
南精進ノ滝は水量も多く、落差もあり、見応えのある滝であった。

そのまま本道に戻り、次に出てくる鳳凰ノ滝はパスし、白糸の滝はちょっと眺めただけで先に進み、五色ノ滝に到着。
ここで小休憩を取った後で鳳凰小屋まで一気に登った。

鳳凰小屋ではテントを設営。久しぶりなので段取りに手間取りながらもなんとか設営できて、一安心。大きな荷物を置いて、地蔵岳に向かうこととした。

地蔵岳に向かう時には濃く発生したガスの中を登って行った。
この道は白砂で非常に歩きにくく、登りで疲れた足にくる。
それでも、正面にオベリスクが見えてくると、もうひと頑張り。
なんとか地蔵岳の標識のある場所(賽ノ河原?)に到着。
お地蔵さんが数多く安置されているのを見たりしながらも、オベリスクを頭部に抱いた地蔵岳の眺めを楽しんだ。

地蔵岳を離れ、アカヌケノ頭を通り、鳳凰小屋分岐まで歩く。
本来であれば、甲斐駒ケ岳や白根三山などの素晴らしい眺めが見えるはずなのに、全く見えず、残念!
鳳凰小屋まで下り、初日の登山は終了。
疲れとお酒で18時すぎには就寝したが、やはり寒さで時々目を覚ましながらの就眠となった。

【2日目】
2日目はテントを叩く雨の音で目を覚ました。
通り雨を期待したが、雨脚はどんどん強くなっていき、雨の登山を覚悟した。
朝食を食べ、雨で重くなったテントを畳み、残る観音岳と薬師岳を目指して出発。

昨日降りてきた道を登り、稜線に出ると風が強く寒い!
気合いを振り絞りながらまずは観音岳を目指して進む。
この日も雨とガスで南アルプスの山々は全く見えず。
ひたすら頂上を目指す登山となった。

景色の見えない観音岳と薬師岳に登頂し、鳳凰三山を制覇。
あとは中道登山道を青木鉱泉まで降りるだけ。
ただし、標高差が1700mもあり、4時間以上の下山を覚悟して下りはじめた。

やはり、長い。
しかも雨のせいで滑るところも多く、なかなか気が抜けない。
途中で道を間違えてしまうハプニングも(ピンクのリボンに従っただけなのに・・・)
それでもなんとか中道登山道入口まで下りてきて、残すは青木鉱泉までの道のり。
この道のりは紅葉を楽しみながらの歩きとなり、癒された。
予想以上の時間をかけて、青木鉱泉に到着。
青木鉱泉のお風呂で汗を流し、すっきりした気持ちで帰途についた。

楽しみにしていた北岳や甲斐駒の姿を見ることができず、残念だったが、久しぶりのテント泊を楽しめた。
今度は別ルートを使って、ちゃんと晴れた日に登ろう。
訪問者数:395人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ