ヤマレコ

HOME > ミズノ(MIZUNO) > 山行記録の表示
記録ID: 762624 全員に公開 講習/トレーニング近畿

曽爾高原から古光山

日程 2015年11月07日(土) [日帰り]
メンバー mizuno_mos
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
0分
合計
4時間20分
Sスタート地点09:4010:20亀山11:10長尾峠12:20後古光山12:50フカタワ13:30古光山14:00古光山(南峰)14:00亀山峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
梅田7:25=<貸切バス>=09:40曽爾高原登山口09:55…10:20亀山…11:05長尾峠11:10…11:30広場にて昼食12:00…12:20後古光山…12:50フカタワ…13:28古光山北峰…14:00古光山南峰…14:55登山口15:05=<貸切バス>=入浴=16:40梅田解散
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 1/25 000地形図 ガイド地図 コンパス 筆記具 保険証 飲料 ティッシュ 三角巾 バンドエイド タオル 携帯電話 計画書 雨具 防寒着 ストック 水筒 時計 非常食
共同装備 ファーストエイドキット(1) 医薬品(1) ロープ(8mm)他(1)

写真

車中講義中の松原ガイド
2015年11月07日 08:56撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車中講義中の松原ガイド
2
準備体操中
2015年11月07日 09:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
準備体操中
曽爾高原は一面のススキ野原
2015年11月07日 09:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曽爾高原は一面のススキ野原
1
曽爾高原で記念撮影。
2015年11月07日 10:05撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曽爾高原で記念撮影。
黄昏るミズノスタッフ
2015年11月07日 11:46撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄昏るミズノスタッフ
地図の読み方をレクチャー中
2015年11月07日 13:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図の読み方をレクチャー中
1
古光山南峰への最後の登り
2015年11月07日 14:04撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古光山南峰への最後の登り
紅葉がきれいでした。
2015年11月07日 14:27撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉がきれいでした。

感想/記録

今回のミズノアウトドアスクール関西エリア開催では、奈良県の室生山地にある、曽爾高原〜古光山を歩きました。

梅田を出発したバスの中では、ミズノアウトドアスクール専任ガイドの松原尚之ガイドによる車中講義が行われました。今回の講義は、山に登る前の下調べの重要性についてです。書籍やインターネットなどを活用し、登るコースの場所や標準所要時間、危険箇所、標高、高低差などをあらかじめ知っておくことが、安全登山を行ううえでとても重要になります。

曽爾高原に到着し、準備体操をした後出発です。高原一面に広がるススキが風にそよぐ美しいハイキング道を一周してから、長尾峠に向かいます。

長尾峠から少し上がった所にある広場で、昼食をとりました。それからは急坂、難所の連続です。たくさんのロープや木の根、木の幹を掴みながらの登り下りです。

今回も松原ガイドを初め、サポートガイド、そしてガイド資格を持ったスタッフによる、確かな安全管理のもと、慎重に歩いて行きます。

まずは壁のごとく立ちはだかる後古光山を目指して登って行きます。そしてピークを踏んですぐに急下降の始まりです。フカタワについて息つく間もなく古光山への登りが待っています。ロープの垂れ下がった岩のステップをどんどん登り、ついに古光山北峰に到着です。

そこから細い尾根を歩き、いくつかのアップダウンを繰り返した後、ようやく古光山南峰に到着しました。記念写真を撮った後、最後の下りにかかります。ここも手足を使っての下降です。一日の最後の下りは気が抜けません。石を落とさず、滑らないよう気を配りながら、下って行きました。そして突然道は緩やかになり、登山口に出ました。

今回は休憩時に松原ガイドから、地図の見方や磁針偏差についての説明があり、密度の濃いスクールになったのではないでしょうか。

次回のアウトドアスクール関西エリアでの開催は、和歌山の高野三山で行われます。
皆さまのご参加を、スタッフ一同心よりお待ちしております。
訪問者数:585人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉 高原 タワ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ