ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 762891 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳(舟山十字路〜南八ヶ岳周回)

日程 2015年11月12日(木) [日帰り]
メンバー hayabusaHan
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
舟山十字路へは通常の道が工事通行止めのため、ちょっと南の砂利道を進みます)
駐車場はでこぼこ大きく、バンパーが傷ついちゃいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
1時間2分
合計
7時間49分
S舟山十字路06:1806:56美濃戸口・舟山十字路分岐07:11御小屋山07:1207:37不動清水08:35西ノ肩08:37西の肩(岩場)08:40阿弥陀岳08:5009:04中岳のコル09:0509:14中岳09:25文三郎尾根分岐09:2609:36赤岳09:4409:47竜頭峰09:58真教寺尾根分岐09:5910:32キレット小屋10:3310:51ツルネ11:05旭岳11:0611:18縦走路分岐11:2211:24権現岳11:3011:31権現小屋11:3211:36東ギボシ11:3811:41西ギボシ11:4411:47のろし場11:57青年小屋12:1512:18乙女の水12:44西岳12:4513:27信玄の隠岩 13:2813:53広河原13:5414:03舟山十字路 水場14:06舟山十字路14:0714:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
舟山十字路には登山届けのポスト無し。コースの危険度は各ガイドブック見てください。
西岳からの下りは多少不明瞭。信玄の隠し岩付近は笹で覆われた道で更に不明瞭。そこから広河原に向かう道は最初が全く不明瞭。赤テープに注意して少し進むと少し分かりやすい道が出てきます。が、そう言う不明瞭な道になれていない方はいかない方がよいと思います。点線になってるのはそう言う不明瞭な所と、不安定な滑りやすい斜面のトラバースが続くからだと思います。
その他周辺情報下山後は八ヶ岳中央高原の”もみの湯”(500円、17時以降は300円)
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

会社から眺める八ヶ岳、こんなの見ていたら行きたくなって仕方ないね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会社から眺める八ヶ岳、こんなの見ていたら行きたくなって仕方ないね!
2
舟山十字路駐車場、バンパーを摺ってしまいました。
登山届けのポストがありません!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舟山十字路駐車場、バンパーを摺ってしまいました。
登山届けのポストがありません!!
唐松の落ち葉のふかふか絨毯上を快適に歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松の落ち葉のふかふか絨毯上を快適に歩きます。
美濃戸方面との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸方面との分岐
不動清水、行きませんでした。ここいらあたりから本格的に急になっていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動清水、行きませんでした。ここいらあたりから本格的に急になっていきます。
槍、穂高方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍、穂高方面
2
阿弥陀の登りは結構きつそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀の登りは結構きつそう
南アルプスの絶景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの絶景
3
中央アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス
3
御嶽、煙は出ていません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽、煙は出ていません
2
ワクワクするような急登が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワクワクするような急登が続きます。
1
どんどん登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん登ります。
2
富士山は雲海の上!!
甲府方面は一日こんな感じでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は雲海の上!!
甲府方面は一日こんな感じでした。
5
ようやく阿弥陀の頂上稜線へ!この先アップダウンをいくつか続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく阿弥陀の頂上稜線へ!この先アップダウンをいくつか続きます。
岩を越えて、梯子も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を越えて、梯子も
1
横岳、大同心、小同心
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳、大同心、小同心
1
雪はあってもこんなものでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はあってもこんなものでした。
振り返るとこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ。
1
阿弥陀頂上。絶景の頂上を独り占め!!
気温は低いけど,風がなくて寒さは感じませんでした。むしろ日差しが暖かい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀頂上。絶景の頂上を独り占め!!
気温は低いけど,風がなくて寒さは感じませんでした。むしろ日差しが暖かい。
3
阿弥陀から赤岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀から赤岳
2
登って来た所を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って来た所を振り返る。
1
いい感じだね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じだね。
6
これから行く権現の向こうには南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く権現の向こうには南アルプス
中岳は今回初登頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳は今回初登頂
阿弥陀を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀を振り返る
2
横岳、硫黄方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳、硫黄方面
2
権現まではアップダウン多いね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現まではアップダウン多いね。
雲を渡って南アルプスに行きたい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲を渡って南アルプスに行きたい!
2
赤岳は今回で3回目。雪があった方が登りやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳は今回で3回目。雪があった方が登りやすい。
1
頂上から肩の小屋、横岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から肩の小屋、横岳方面
頂上は写真を撮っただけですぐに南峰に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上は写真を撮っただけですぐに南峰に向かう。
1
南峰より赤岳北峰、ここの少し下で休憩。風が無く暖かい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰より赤岳北峰、ここの少し下で休憩。風が無く暖かい。
キレットを見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットを見下ろす
どんどん急になって行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん急になって行く
梯子はバランス難しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子はバランス難しい
昔の人は良くルートを造ったものです!!ありがとうございます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の人は良くルートを造ったものです!!ありがとうございます。
阿弥陀、カッコいいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀、カッコいいですね。
2
キレットへの下りは身を引き締めて!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットへの下りは身を引き締めて!
1
ほとんど人にあわなかったけれど、こういう所ですれ違う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど人にあわなかったけれど、こういう所ですれ違う。
1
急なガレ場を慎重に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急なガレ場を慎重に下ります。
1
落石が怖いね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石が怖いね。
1
がんがん下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がんがん下ります。
富士山は相変わらず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は相変わらず。
急なとこはなんとかクリア。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急なとこはなんとかクリア。
キレット小屋。冬期閉鎖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット小屋。冬期閉鎖
赤岳を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳を振り返る
4
権現まではまだまだ注意が必要
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現まではまだまだ注意が必要
1
とにかく山がキレイです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく山がキレイです。
2
権現の頂上稜線に出ましたが、もうちょっと上り下りあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現の頂上稜線に出ましたが、もうちょっと上り下りあり。
また梯子で人と交差。先を譲って頂いたため、頑張って登ったが50段くらいあってきつかった〜〜〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また梯子で人と交差。先を譲って頂いたため、頑張って登ったが50段くらいあってきつかった〜〜〜〜
3
慎重に下っていました。登りより,下りの方が怖い。私は高所恐怖症だから余計にそう感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に下っていました。登りより,下りの方が怖い。私は高所恐怖症だから余計にそう感じます。
1
ようやく権現に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく権現に到着
1
どんどん下って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下って
青年小屋(冬期閉鎖)のキャンプ場で休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青年小屋(冬期閉鎖)のキャンプ場で休憩
乙女の水、ちょろちょろ出てました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女の水、ちょろちょろ出てました。
西岳までは林の中でしたが、頂上はこんな感じ。ここも南アルプスの絶景ポイント。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳までは林の中でしたが、頂上はこんな感じ。ここも南アルプスの絶景ポイント。
この時間だと逆光なのではっきり見えなかった、朝早ければキレイなんだろうな〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時間だと逆光なのではっきり見えなかった、朝早ければキレイなんだろうな〜〜
2
編笠の向こうに富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠の向こうに富士山
権現も見納め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現も見納め
富士見高原に向かう道は踏み跡がしっかりしているが、こちらはちょっと不明瞭。あまり歩かれてないのかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見高原に向かう道は踏み跡がしっかりしているが、こちらはちょっと不明瞭。あまり歩かれてないのかな。
信玄の隠し岩付近になると笹で覆われてしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信玄の隠し岩付近になると笹で覆われてしまった。
1
とりあえず道標はありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず道標はありました。
千枚岩からはホントに道が分かりづらい。落ち葉で隠れてしまったのか?赤テープに注意して。今回はGPSで確認しながら進みました。無かったら迷っていたかも??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千枚岩からはホントに道が分かりづらい。落ち葉で隠れてしまったのか?赤テープに注意して。今回はGPSで確認しながら進みました。無かったら迷っていたかも??
1
道標はあるのだけれど、道がないの!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標はあるのだけれど、道がないの!!
少し進むとこんな感じの道になるので何とかなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むとこんな感じの道になるので何とかなります。
広河原の林道からの登り口。獣道みたいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原の林道からの登り口。獣道みたいですね。
車止めのゲート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車止めのゲート
美味しそうなわき水。ここは車で来れる場所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美味しそうなわき水。ここは車で来れる場所です。
下山後はもみの湯で疲れを癒やします!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後はもみの湯で疲れを癒やします!
もみの湯入り口のバス停。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみの湯入り口のバス停。

感想/記録

11月になり天気が良い日が続きうずうずしていました。
会社から見える八ヶ岳は紅葉で纏われ素晴らしくきれいです。
てなわけで、金曜は天気が悪くなりそうだという週間天気予報から木曜に決定。
雪がありそうだったら経ヶ岳に行くことにしました。
週の始めに雨が降ったため積雪を心配しましたが、水曜日に山を会社から確認。
朝はうっすら白くなっていたものの、夕方にはほとんど之は確認できなくなっていたため決行することにしました。

積雪期に阿弥陀から見た権現〜赤岳がすごくきれいだったのでいつか行ってみたいルートでした。赤岳も阿弥陀も権現も行ったことがあるので、PHとしてではなく、ルートを楽しむ山登りとなりました。標高差も距離も手頃で楽しそうなコースです。

ハイシーズンは鎖場、梯子などが多いため待ち時間があると思われます。キレットの下りは人がいれば落石に細心の注意が必要(これは人がいようといまいも必要ですが)だし、そういう意味では人が少ない今の時期は最適(雪さえ降らなければ)だと思います。

西岳からの下りは踏み後は少し薄く、信玄の隠し岩付近は要注意です。落ち葉で道が隠れてしまっていたかもしれません。私はスマホアプリのYAMAPに助けてもらいました。薮が少ないのでGPSたよりに沢まで一気に下るのも有のようです。

訪問者数:1059人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/13
投稿数: 430
2015/11/13 15:23
 やっぱり早いですね
1年前に同じコースを歩きましたが、2時間余計に掛っています。
信玄の隠し岩先から右折してその先殆ど道らしい道はなく(時々けもの道みたいに道は出てきますが)、河原までGPSを頼りに歩いたのを思い出します。
私は身近な山に精を出しています。
登録日: 2015/8/9
投稿数: 148
2015/11/14 1:51
 Re: やっぱり早いですね
こんにちは。
私も会社の仲間と毎年2、3回は低山を楽しんでいますので,bumpkin様の近隣の山シリーズは参考になります。是非ともおすすめの山(わいわいがやがや4時間行動レベル)をご紹介ください。
(私の自宅は福島ですが,平日は箕輪町在住、諏訪勤務、塩尻,松本,富士見町などの事業所にもたびたび出向いている”何となく信州人”です)

bumpkinさんもここ行ってたんですね。
すみません,記事確認してませんでした。
(何しろ記事が沢山で辿り着いてませんでした!)
やはり考えることは同じなんですね。
今後も山行記録を参考にさせていただきます!

隠し岩の所は私は幸い道に辿り着けました。
最初の50~100m位が全く道が見当たりませんでしたが,その先は獣道と登山道の中間くらいのちゃんとした?道になりました。
bumpkinさんは道なき道を見事制覇したのですね!

今後ともよろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ