ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 762947 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

甲武信ヶ岳

日程 2015年11月11日(水) [日帰り]
メンバー greenpeace, その他メンバー2人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西沢渓谷入口駐車場 無料
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間10分
休憩
25分
合計
8時間35分
S西沢渓谷駐車場07:1510:30破風山避難小屋10:4011:30甲武信小屋11:3513:10木賊山13:1514:10徳ちゃん新道分岐14:1515:30徳ちゃん新道登山口15:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報笛吹の湯 市外大人510円 内風呂2つ、露天風呂1つ、洗い場6か所

写真

甲武信ヶ岳登山口。ここで我々は重大なミスをおかす。
2015年11月11日 08:00撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳登山口。ここで我々は重大なミスをおかす。
1
鎖が張ってある右側の道が近丸新道だと思い込み、そちらへ歩み始める。
2015年11月11日 08:00撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖が張ってある右側の道が近丸新道だと思い込み、そちらへ歩み始める。
2
2時間舗道を歩き、その後に尾根直登。幸いにもマーキングはしてあったのでルーファイの必要はなかった。
2015年11月11日 10:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間舗道を歩き、その後に尾根直登。幸いにもマーキングはしてあったのでルーファイの必要はなかった。
1
直登の次は膝丈ほどの藪こぎ。疲れた。
2015年11月11日 10:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登の次は膝丈ほどの藪こぎ。疲れた。
2
破風山避難小屋が見えた時は素直に嬉しかった。
2015年11月11日 10:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山避難小屋が見えた時は素直に嬉しかった。
3
体を酷使した後のサンキストは格別。
2015年11月11日 10:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体を酷使した後のサンキストは格別。
1
賓の河原で入念なルートチェックをする自分。
2015年11月11日 11:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賓の河原で入念なルートチェックをする自分。
2
甲武信小屋からギターの音漏れ。長閑すぎる平日。
2015年11月11日 11:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋からギターの音漏れ。長閑すぎる平日。
4
名峰、甲武信ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名峰、甲武信ヶ岳。
12
山頂は風が強くて寒かった。所々冠雪あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は風が強くて寒かった。所々冠雪あり。
6
赤岳に思い入れのある友人の背後に八ヶ岳。
2015年11月11日 12:56撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳に思い入れのある友人の背後に八ヶ岳。
4
いつかは日本一高い山に登りたいと言ってる友人の目先に富士山。
2015年11月11日 12:49撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつかは日本一高い山に登りたいと言ってる友人の目先に富士山。
6
11月11日ということでポッキー大量買い。
2015年11月11日 12:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11月11日ということでポッキー大量買い。
1
毛木平方面。奥には八ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛木平方面。奥には八ヶ岳。
2
三宝山方面。奥には浅間山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宝山方面。奥には浅間山。
4
かなりの遠景だが北ア。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの遠景だが北ア。
4
右ポッコリが男体山、左ポッコリが日光白根山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右ポッコリが男体山、左ポッコリが日光白根山。
4
下りでお世話になった木賊山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りでお世話になった木賊山。
3
下山なのに登る木賊山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山なのに登る木賊山。
3
バッタの赤ちゃん発見。
2015年11月11日 15:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バッタの赤ちゃん発見。
1
下山後の笛吹の湯。
2015年11月11日 16:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後の笛吹の湯。
1
撮影機材:

感想/記録

今回の山旅はアドベンチャー要素が強すぎた。

近丸新道から登るはずが、気づいたら鶏冠山林道東線を歩いていた。
この先行き止まりだったら、潔く今回の山行はここまでにしようと内心決めていた。
しかし、林道終点から岩肌にマーキングが伸びているではないか。
興味に勝ってしまった自分は即、岩肌に取りついてしまった。

長い長い直登。高低差約500mの道なき道を、ピンクのマーキングを頼りにただひたすら歩いていく。周囲はガスがかかっていたので、一種の幻想的な童話の世界に入りこんだかのような錯覚に陥った。
我に返ったのは、得体の知れぬ動物の糞(鹿さん有力候補)とペットボトルのポイ捨て(綾鷹)現場である。クマの糞かと思って本気でビビった。綾鷹捨てたやつは許さんが、人が通った痕跡を残してくださり、ありがとうと申し上げたい。


甲武信ヶ岳山頂の山梨側からは雲海がこれでもかというほど湧いていた。そして風が強かったので、写真を撮ろうというところに湧いてくる雲ども。でもそのおかげか、富士山が合い見えて感激。これだけでも十分に来た甲斐があったといえる。

下山は無心で下りきった。戸渡尾根、舐めてました。次回は毛木平方面よりアプローチしていきます。

今回で日本百名山20座踏破。残り80座。来年以降、時間とお金に余裕があれば遠征も挑戦してみようかと思う所存。それと、アルプスに本格的に取り掛かるか。
訪問者数:672人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/1/31
投稿数: 65
2015/11/13 8:17
 こんにちは。
初めまして。
以前、私も林道を登ってしまい途中で引き返してきました。
さらに行くとルートがあったのですね…。
当時は冬だったし思いの外、時間がかかったので、なんやかんやと甲武信岳に2泊もビバークしてしまいました(^_^;)
お疲れ様でした。
登録日: 2014/12/28
投稿数: 1
2015/12/2 7:18
 Re: こんにちは。
遅くなりましたが、初めまして!

えぇ、林道の終点が気になって仕方がなかったので、興味本意で行ってしまったらなんと、地図にも載ってないルートがあったのです。驚きました。

冬の甲武信ヶ岳はさぞかし辛そうですね。ビバークする勇気と時間を自分にも分けてください。笑

いつか山で出会えることを心待ちにしております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ