ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 763699 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

玄倉~ユーシン渓谷~尊仏ノ土平~塔ノ岳~大倉

日程 2015年11月13日(金) [日帰り]
メンバー nao_nao
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
行き:小田急 新松田駅発 7:15=>玄倉バス停 7:59着
帰り:大倉バス停 16:22->渋沢 16:35着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ユーシンロッジから尊仏ノ土平まで崩落多し
・尊仏ノ土平から対岸は、真向かいへ行くのではなく、右方に斜めに渡る
・尊仏ノ土平から登山道に入ってすぐプチなミスルート。つづら折りなルートからはずれないよう注意
・この時期の塔ノ岳山頂は思ったより寒いので、しっかりとした防風ウェア必要
・大倉バカ尾根下りは膝にくるので、意識してゆっくりと
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

玄倉バス停 登山届ポスト
2015年11月13日 08:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉バス停 登山届ポスト
1
早朝の丹沢湖 まだ晴れていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の丹沢湖 まだ晴れていました
3
玄倉第一発電所手前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉第一発電所手前
3
小川谷出合 右の道を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川谷出合 右の道を行く
1
玄倉林道ゲート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉林道ゲート
1
紅葉ベストシーズン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉ベストシーズン
3
新青崩隧道出口付近から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新青崩隧道出口付近から
6
崩落継続注意の看板 webでも2015/10/1に県から通知があった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落継続注意の看板 webでも2015/10/1に県から通知があった
やっと見れた ユーシンブルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと見れた ユーシンブルー
20
熊木ダム手前 紅葉がきれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊木ダム手前 紅葉がきれい
15
廃道 山神峠ルート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃道 山神峠ルート
ユーシンロッジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジ
6
ユーシンロッジ先 崩落個所は枯れ葉に覆われていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジ先 崩落個所は枯れ葉に覆われていました
オガラ沢出合 ドラム缶にペイントされた矢印
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オガラ沢出合 ドラム缶にペイントされた矢印
尊仏ノ土平 道標 対岸を渡る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尊仏ノ土平 道標 対岸を渡る
尊仏ノ土平 右方斜め対岸の倒れかけた道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尊仏ノ土平 右方斜め対岸の倒れかけた道標
落ち葉の絨毯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の絨毯
7
水場から風景 あいにくの曇り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場から風景 あいにくの曇り
山頂 寒くて寒くてすぐに大倉方面へ下山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂 寒くて寒くてすぐに大倉方面へ下山開始
5
大倉バス停到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉バス停到着
撮影機材:

感想/記録

はじめてのユーシン渓谷と塔ノ岳ハイク。早朝は晴れていましたが昼前からは完全に曇り空に。雨が降らなかっただけラッキーでしたが、時期的にドンピシャの紅葉だっただけに天気が悪かったことがやはり悔やまれます。新青崩隧道出口で「崩落継続中」の看板が、崩れ続ける丹沢をあらためて意識させます。玄倉ダムのユーシンブルーは本当にきれいでした。これだけでも来たかいがあります。尊仏ノ土平は広大でした。「対岸へ渡る」、と親切に案内がありましたが対岸にそれらしい登山道は見えず、しばらく探すと、右方かなり遠くに倒れかけた道標をみつけ「塔ノ岳」と書かれているのを発見。この先は本格的な登山道の開始です。その後、苦しみながら13時過ぎに塔ノ岳山頂に到着。昼食をとろうと思いましたがあまりの寒さでそそくさと下山開始。バカ尾根下りは膝に辛く、ボロボロになりながら超スローペースの下りで16時頃、大倉バス停に到着。充実感と疲労感いっぱいのハイクでした。
訪問者数:648人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ