ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 763705 全員に公開 ハイキング丹沢

鶴巻温泉〜大山〜三ッ峰〜煤ケ谷

日程 2015年11月14日(土) [日帰り]
メンバー LX3
天候曇りのち雨

10時頃から雨が降り始めそれ以降は雨脚が強くなっていきました。
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:6:31 小田急線鶴巻温泉駅着
復路:15:10 煤ケ谷発〜15:40本厚木駅着(神奈川中央バス)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
30分
合計
8時間10分
S鶴巻温泉駅06:4007:00吾妻山07:20善波峠07:20浅間山(名古木浅間山・善波山・ボンテン)07:20谷戸ノ頭08:20高取山08:20不動越(イヨリ峠)08:20千畳敷山08:20百合ノ台09:10浅間山09:20蓑毛越09:20本坂追分10:20大山10:5011:30不動尻分岐11:30矢草ノ頭11:30唐沢峠12:00七沢山12:30大山三峰山14:50煤ヶ谷14:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
雨降りなので、慎重に歩かざるを得ずだいぶスローペースでしたがいいリハビリになりました。
コース状況/
危険箇所等
全般的に、ハイキングコースなので道は整備されています。
山と高原地図では、大山〜三ッ峰間に破線ルートがありますが、広い尾根道で
迷いやすいのでルートファインディングに自信がなければ回避されたほうが良いです。
ピンクテープを頼りに歩いていけば迷うことはありませんが、ピンクテープをロストした場合はすぐに稜線に戻れば問題ないでしょう。

三ッ峰近辺は、鎖、木はしご、木橋などが続きます。雨が降ると非常に滑りやすいので注意が必要です。
特に古くなった、木橋はわたらないほうがいいです。
(危険と判断したためツアー客が三ッ峰山頂手前で引き返していきました。)

この時期ならヤマビルは大丈夫かなと思っていましたが、下山時に登山口でザックに1匹くっついていました。
被害はありませんでしたが、雨でそれほど冷え込まななっかたため活動していたものと思います。
その他周辺情報お風呂は、七沢温泉、広沢寺温泉で日帰り入浴できるところがあると思います。
煤ケ谷バス停付近は自販機がある程度です。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

備考 今回は、雨天の山行になるので普段あまり使わわないレインウェアのテストをしてみました。
ジャケット:Mountain Equipment(Neoshell)
パンツ:Houdini Surpass Shell Pants(2.5レイヤー)  

Neoshellは、上りでだいぶ発汗していたと思いますが蒸れも感じなかったので、GOREよりも透湿性がありそうだと思いました。

写真

まだ、雨降っていません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、雨降っていません。
住宅街から、ハイキングコースにまず入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅街から、ハイキングコースにまず入ります。
複数のルートがあるのでどこに行っていいか迷います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
複数のルートがあるのでどこに行っていいか迷います。
1
道も広くてアップダウンも少ないので、天気が良ければ気持ちいハイキングができるのではないでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道も広くてアップダウンも少ないので、天気が良ければ気持ちいハイキングができるのではないでしょうか。
1
この辺りでは、大山の名前はまだ出てきません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りでは、大山の名前はまだ出てきません。
弘法山との分岐を過ぎてしばらくすると、大山方面への分岐が現れます。
10km近くの距離です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法山との分岐を過ぎてしばらくすると、大山方面への分岐が現れます。
10km近くの距離です。
途中、送電線の鉄塔をいくつか通ります。
雲底が低いのか、まだ眺望は望めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、送電線の鉄塔をいくつか通ります。
雲底が低いのか、まだ眺望は望めます。
標高差は大したことないもののやたら遠い高取山。
山頂はベンチと謎の建物がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高差は大したことないもののやたら遠い高取山。
山頂はベンチと謎の建物がありました。
1
蓑毛越に到着しました。
天気が悪ければ、ここから下山も考えていました雨は落ちてこなかったので進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓑毛越に到着しました。
天気が悪ければ、ここから下山も考えていました雨は落ちてこなかったので進みます。
浅間山山頂手前に謎の階段が設置されていました。
上ってみたい気持ちはありましたが、道標に従って左脇を進みます。
どうやら、電波塔の作業道のようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山山頂手前に謎の階段が設置されていました。
上ってみたい気持ちはありましたが、道標に従って左脇を進みます。
どうやら、電波塔の作業道のようでした。
浅間山の山頂がどこかわからないまま、大山山頂に着きました。
10時ころから雨が降り出していましたが、山頂には5〜6人がいてその後も何人か到着しました。
眺望とかは望むべくもありませんが、風もなく寒くなかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山の山頂がどこかわからないまま、大山山頂に着きました。
10時ころから雨が降り出していましたが、山頂には5〜6人がいてその後も何人か到着しました。
眺望とかは望むべくもありませんが、風もなく寒くなかったです。
1
野生動物ではない猫がいました、尊仏山荘といい丹沢の山頂には猫がいるものなのでしょうか。
八ヶ岳の赤岳山頂にも猫がいるそうですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野生動物ではない猫がいました、尊仏山荘といい丹沢の山頂には猫がいるものなのでしょうか。
八ヶ岳の赤岳山頂にも猫がいるそうですね。
休憩もそこそこに、三ッ峰方面に向かいます。
こちら側ではさすがに人と会いませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩もそこそこに、三ッ峰方面に向かいます。
こちら側ではさすがに人と会いませんでした。
だいぶガスが出てきましたが、紅葉も楽しめました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶガスが出てきましたが、紅葉も楽しめました。
登山道からはかなり醜い道標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道からはかなり醜い道標。
破線ルートへの入り口です。
小さくマジックで記入されていますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破線ルートへの入り口です。
小さくマジックで記入されていますね。
破線ルートから、実践ルートに合流しました。
途中峯楓がたくさんあったのでもう少し早く来ていれば紅葉も楽しめたはず。
破線ルート、ガスが濃ければやばかったかもしれませんが、稜線を外さなければ大丈夫です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破線ルートから、実践ルートに合流しました。
途中峯楓がたくさんあったのでもう少し早く来ていれば紅葉も楽しめたはず。
破線ルート、ガスが濃ければやばかったかもしれませんが、稜線を外さなければ大丈夫です。
三ッ峰山は、名前通り三つのピークがありますが山頂標北峰?にあります。
南〜中央〜北の間は鎖、はしご、痩せ尾根が連続しますのでッ注意が必要ですが、アップダウンはあまりありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ峰山は、名前通り三つのピークがありますが山頂標北峰?にあります。
南〜中央〜北の間は鎖、はしご、痩せ尾根が連続しますのでッ注意が必要ですが、アップダウンはあまりありません。
標高を下げてもガスが濃くなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を下げてもガスが濃くなってきました。
杉の植林帯に入ると多少雨が弱まりますが、結構降っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の植林帯に入ると多少雨が弱まりますが、結構降っています。
だいぶ歩いたはずなんですが、まだ4km以上あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ歩いたはずなんですが、まだ4km以上あります。
ここまで来れば、鹿柵を超えて住宅街にでます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来れば、鹿柵を超えて住宅街にでます。

感想/記録
by LX3

最近は、負荷少ない山行が多かったので久しぶりに歩きごたえがあるコースを探していました。
奥多摩長沢背陵、丹沢主脈OR主稜などを考えていましたが、天候がかなり悪そうなのでエスケープしやすいコースにしました。
宮ケ瀬まで行きたいところでしたが、雨が強くなる一方でペースがつかめず煤ケ谷に下山しました。
久しぶりに雨の山行になりましたが、いいリハビリになりました。
訪問者数:274人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ