ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 764587 全員に公開 トレイルラン伊豆・愛鷹

一人で越えた天城山

日程 2015年11月13日(金) [日帰り]
メンバー terihiko
天候下界は晴れ。登山口は曇り。途中から霧雨・・・。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
レンタカーにて天城高原ゴルフコースまで行き、ハイカー専用駐車場に駐車し登山となります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○天城高原ゴルフ場〜四辻
 危険箇所はありません。

○四辻〜万二郎岳
 こちらも特に危険箇所はありません。

○万二朗岳〜万三郎岳
 アップダウンの繰り返しで、一部下りでは滑りやすい状態になっています。特に木で出来た階段部は滑りやすいので気をつけて下さい。

○万三郎岳〜涸沢分岐点
 万三郎岳からは急な下りが続きます。この下り道は丸太で整備された階段となっていますが、丸太部分が若干高くなっており非常に歩きづらいです。
 かといって丸太部を歩くと滑りやすいので危険です。慎重に進んだほうがいいです。

○涸沢分岐点〜四辻
 このあたりは北側が切れ落ちた細いトラバースルート続きになりますので気を抜かずに進んだほうがいいです。また、一部は岩の上を乗り越えたりするところもあります。
 この時期は紅葉はほぼ終わっていましたが、道に鮮やかなもみじが散っており非常に綺麗でした。
その他周辺情報伊豆なだけあって回りに色々温泉はありますが、車で来られている方は「赤沢日帰り温泉」がおすすめです。
バスで来られている方は、伊東か熱海近辺で日帰り温泉を探したほうが良さそうです。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック 行動食 飲料 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 携帯 タオル カメラ

写真

天城高原ゴルフ場からの登山口です。駐車場からすぐそばで、駐車場にはトイレも完備されています。
2015年11月13日 08:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天城高原ゴルフ場からの登山口です。駐車場からすぐそばで、駐車場にはトイレも完備されています。
2
朝から雨が降っていたのか、ぬかるみ混じりの登山道が続きます。紅葉もかなり散っており、落ち葉のじゅうたんの上をずっと進む感じになります。
2015年11月13日 08:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝から雨が降っていたのか、ぬかるみ混じりの登山道が続きます。紅葉もかなり散っており、落ち葉のじゅうたんの上をずっと進む感じになります。
四辻では石を山頂まで運んで欲しい旨の看板が設置されていました。が、雨で濡れてドロドロの石だったので持っていくのは諦めました・・・。
2015年11月13日 08:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四辻では石を山頂まで運んで欲しい旨の看板が設置されていました。が、雨で濡れてドロドロの石だったので持っていくのは諦めました・・・。
2
コースタイムは結構長めに指定されているような気がします。
2015年11月13日 08:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースタイムは結構長めに指定されているような気がします。
落ち葉のじゅうたんかと思いきや時々水溜りやぬかるみになっていたり、木の根っこが隠れていたりと罠がたくさんあります・・・。
2015年11月13日 09:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉のじゅうたんかと思いきや時々水溜りやぬかるみになっていたり、木の根っこが隠れていたりと罠がたくさんあります・・・。
登山開始から35分ほどで万二郎岳に到着。ガスって景色を楽しむことができなかったので早足で登ったところ思った以上に早く到着しちゃいました。
2015年11月13日 09:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始から35分ほどで万二郎岳に到着。ガスって景色を楽しむことができなかったので早足で登ったところ思った以上に早く到着しちゃいました。
2
馬の背の名の通り尾根が続きます。一部急な下りや滑りやすい道が続いているので注意したほうが良いです。
2015年11月13日 09:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背の名の通り尾根が続きます。一部急な下りや滑りやすい道が続いているので注意したほうが良いです。
春に登ると綺麗な景色が見れるんだろうなあ・・・。
2015年11月13日 09:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春に登ると綺麗な景色が見れるんだろうなあ・・・。
滑りやすい石や木の階段が続きます。
2015年11月13日 09:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑りやすい石や木の階段が続きます。
万三郎岳に到着!天城越えっぽく何かネタの写真でも撮ればよかったんですけど、天気がいまいちだったのでその気力さえ湧きませんでした(笑)
2015年11月13日 10:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎岳に到着!天城越えっぽく何かネタの写真でも撮ればよかったんですけど、天気がいまいちだったのでその気力さえ湧きませんでした(笑)
2
といいつつお約束の三角点タッチ
2015年11月13日 10:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
といいつつお約束の三角点タッチ
1
万三郎岳から涸沢分岐までの下りはこのような階段が続きますが、この場所凄く歩きづらいです。ここまで結構いいペースで歩いていたんですが、ここでは滑ってこけそうだったのでゆっくり慎重に歩いて通過します。
2015年11月13日 10:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎岳から涸沢分岐までの下りはこのような階段が続きますが、この場所凄く歩きづらいです。ここまで結構いいペースで歩いていたんですが、ここでは滑ってこけそうだったのでゆっくり慎重に歩いて通過します。
落ち葉のじゅうたんが深くなってきて登山道がわかりづらくなっている箇所がありました。危うくルートから外れてしまいそうになる場面も(笑)
2015年11月13日 10:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉のじゅうたんが深くなってきて登山道がわかりづらくなっている箇所がありました。危うくルートから外れてしまいそうになる場面も(笑)
地図では涸沢分岐から破線ルートがありましたが、ぱっと見た感じではそのようなルートは見つかりませんでした。落ち葉で見えなくなっちゃってるのかな?
2015年11月13日 10:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図では涸沢分岐から破線ルートがありましたが、ぱっと見た感じではそのようなルートは見つかりませんでした。落ち葉で見えなくなっちゃってるのかな?
1
涸沢分岐を通過したあたりから綺麗な色の落ち葉が増えてきます。
2015年11月13日 10:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢分岐を通過したあたりから綺麗な色の落ち葉が増えてきます。
2
赤色・黄色と色とりどりの落ち葉に
2015年11月13日 10:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤色・黄色と色とりどりの落ち葉に
1
苔に覆われた岩
2015年11月13日 10:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔に覆われた岩
2
そしてそれらのミックスなどついつい足を止めて写真を撮っちゃいます。
2015年11月13日 10:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてそれらのミックスなどついつい足を止めて写真を撮っちゃいます。
3

感想/記録

東京までライブに行く予定があったんですが、せっかく東京に行くのであればその途中の山でも登ろうということで天城山に登ることにしました。

当初は天城山に登山後、東京でライブに参加、翌日以降に奥秩父の山々を登る予定だったのですが、あいにくの天候であったため結局はこの天城山一つの登山で終わっちゃいました。

しかもこの天城山に登ったあとに東京でライブ予定であったため、そこまでゆっくり登っていられない…しかも天気がいまいちだったので早く下山して伊豆の温泉でも堪能しようかってことで、若干小走りを混ぜつつの半トレランっぽい登山となりました。ただ滑りやすいところが多くて気持ちよく走れたのは後半の涸沢分岐以降でしょうか?でもそのあたりは落ち葉の景色がよくて、走っては止まって写真を撮っての繰り返しでした(笑)

しかし事前に調べていた情報では富士山や伊勢湾が一望できるなど非常に楽しみにしていたんですが、この日の天気図だとこの天気も仕方が無いですよね・・・。

ということで2時間30分程度でシャクナゲコースを周回し、無事下山完了です。

ちなみに登山バッジは天城高原ゴルフ場のクラブハウスで650円で売っていました。このクラブハウス、汚れた服装や登山靴で入らないように注意書きがあります。入り口にスリッパが置いてあるので履き替えてから入りましょう。

(参考)
 関西から車を使わずに遠征される方のご参考として今回使った私の行程を・・・。

  前日夜
   22:15 大阪 東梅田より高速バス・フジヤマライナーに乗車
  翌05:53 東静岡駅 到着
   06:00 東静岡駅からJRにて沼津へ
   06:53 JR沼津駅 着
   07:00 JR沼津駅南口のニッポンレンタカーでレンタカー借受
   08:20 国道414号、県道12号を経由し天城高原ゴルフ場へ
       途中有料道路がありますが、迂回路を使ってもそこまで時間はかわりません。
   11:00 下山&途中温泉に入浴し、途中にある食堂で海の幸を堪能して熱海へ
   15:00 熱海にてレンタカーの返却、その後JRで東京へ・・・。
       ちなみにニッポンレンタカーでは沼津で借りて熱海で返しても乗り捨て料金はかかりません。
訪問者数:353人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ