ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 764957 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

皆ヶ山〜大ナメラ ピストン 無雪期藪漕ぎ

日程 2015年11月13日(金) [日帰り]
メンバー tcr10g
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間2分
休憩
16分
合計
7時間18分
S蒜山高原キャンプ場05:3206:55二俣山07:19皆ケ山07:3109:42大ナメラ09:4611:46皆ケ山12:07二俣山12:50蒜山高原キャンプ場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大ナメラに行ってきました。皆ヶ山(みながせん)の北西、1164mのピークを大ナメラと呼ぶそうです。
地形図で見ると、大ナメラは台地状の広場のような形です。
5:30、ふもとのキャンプ場駐車場から真っ暗の中でスタート。

皆ヶ山登山道は笹が刈られて歩きやすく、ヘッドランプだけで問題なく歩けます。夜明けの時は、日本海が赤く染まるのが見えました。

7:19、山頂到着。ここまでは準備運動、これからが本番です。

皆ヶ山の東にはアゼチ、北西には大ナメラ(1164ピーク)がありますが、登山道はありません。藪があるだけです。

7:30、藪漕ぎ開始。
まず、アゼチに向かうルート(藪)を見に行きます。どこを通るか見てから、大ナメラに向かうルート(藪)に行きます。

藪漕ぎの下りはルートを外しやすいので、iPhoneでこまめに現在地を確認しながら鞍部(山の尾根のくぼんだ所)を目指します。

8:26 鞍部に到着。
ここまでの藪は通りやすかったです。
そして、大ナメラへの登り。

この辺りの笹は、傾斜のきつい所ではあまり高くなく、進みやすいのですが、なだらかな所では2m〜3mにまで成長しています。

登って行くと大ナメラの台地状のなだらかな所に着きますが、そこは2m〜3mの笹が広がっています。笹を掻き分け、iPhoneでピークを探しますが、どこがピークかよくわかりませんでした。

ピークらしき場所で一応写真を撮り皆ヶ山へ出発。

この後が大変でした。大ナメラと皆ヶ山の
間の鞍部を目指しますが、南東に向かっていたのにいつの間にか北に向かっていたり(前方に烏ヶ山が見えて気付いた)、その後南に向かってルートに戻ろうとしたら、ルートを越えてさらに南に行っていたり。

大ナメラから皆ヶ山まで2時間かかりました。
直線距離は700mくらいなのに。

この記録を見て無雪期に行ってみたいと思う人はいないと思いますが、一応注意した方がいいこと、気付いたことを書きます。

単独はなるべく避けた方がいいです。

天候に要注意。皆ヶ山から上蒜山や烏ヶ山が見えない時は、撤退を考えた方がいいかも。

全身に笹がバシバシ当たってきます。自宅で鏡を見ると、顔に小さな傷が二つありました。

顔や首まわりはガードした方がいいです。また、膝から下は、サポーターなどでガードしましょう。自分は半ズボンの上にカッパのみでした。

また、一度メガネが飛びました。すぐに見つからず、かなりビビりました。予備のメガネも有った方がいいです。

ヽД山から鞍部
藪はたいしたことないです。
ルートを外さないようこまめにチェック。
鞍部が目視できる所まで下りたらなんとかなると思います。
鞍部から大ナメラ
ひたすら尾根沿いに上がります。斜面がなだらかになると、猛烈な笹藪になります。迂回しても構いません。ひたすら登れば大ナメラに着きます。
B腑淵瓮蕕ら鞍部
ルートを外しやすいです。マメにGPSでチェック。2mを超える藪の中を行くと、”ここを抜けてから現在地を確認しよう”と思いがちですが、藪の中ではマメにGPSチェックしないと後で大変なことになります。
ぐ班瑤ら皆ヶ山
鞍部に戻ったら、皆ヶ山がどこからでも登れる山に見えると思います。
登りやすい所を選んでひたすら登って下さい。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

アゼチに向かうルート(藪漕ぎ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アゼチに向かうルート(藪漕ぎ)
3
皆ヶ山と大ナメラの間の鞍部に着いた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆ヶ山と大ナメラの間の鞍部に着いた
1
大ナメラからの展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ナメラからの展望
3
訪問者数:369人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ