ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 764996 全員に公開 ハイキング奥秩父

奥秩父の秘峰 和名倉山 三ノ瀬から日帰りピストン

日程 2015年11月17日(火) [日帰り]
メンバー URUTORAMS
天候晴時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
途中の「山ノ神土」までは、抜群に整備されており歩きやすい。それ以降の和名倉山山頂までは山深い200名山相応で簡単な藪漕ぎあり(ただし低めの藪、枯れ枝程度で見通しがきき、足下はそこそこ整備されているので危険性は低い)。
その他周辺情報民宿「みはらし」が登山道入口のすぐ近くにあり、1日500円で駐車可能。駐車すると下山後(手が空いていれば)お茶とお茶菓子他でもてなしてもらえる!
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 ストック
備考 行程の半分以上が山深いエリア、100名山や人気の山と比べたら整備が徹底されておらず漫然と歩いてると遭難の可能性あり。技量、経験値に乏しい者は必ず地図を携帯し常にマーキングを探して確認しつつ進んでいかないと危険。

写真

民宿「みはらし」に車を駐車(¥500)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民宿「みはらし」に車を駐車(¥500)。
「みはらし」から50mのところにある将監登山道入口から出発。広くて歩きやすい登山道がづっと続きます。一般車両の通行は禁止されているものの完全に林道、十分に車が走行できる道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「みはらし」から50mのところにある将監登山道入口から出発。広くて歩きやすい登山道がづっと続きます。一般車両の通行は禁止されているものの完全に林道、十分に車が走行できる道です。
2
林道といってよい登山道を、標高1500m近くまで登っていくと分岐があり、七ツ石尾根へ「牛王院平」方面へ進路をとります(写真左側)。ここから急登となり、300m以上標高を上げていきます。道幅が若干狭くなるものの登山道としては相変わらず歩きやすい道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道といってよい登山道を、標高1500m近くまで登っていくと分岐があり、七ツ石尾根へ「牛王院平」方面へ進路をとります(写真左側)。ここから急登となり、300m以上標高を上げていきます。道幅が若干狭くなるものの登山道としては相変わらず歩きやすい道です。
1
1800mを超えていくと、傾斜が揺るくなり見通しのよい道に変わります。途中道標のない十字路(少なくとも私には発見できず・・・)は直進します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1800mを超えていくと、傾斜が揺るくなり見通しのよい道に変わります。途中道標のない十字路(少なくとも私には発見できず・・・)は直進します。
1
散歩感覚で歩ける道がつづきます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
散歩感覚で歩ける道がつづきます!
1
しばらくすると朽ちた道標のある分岐、ここが牛王院平。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると朽ちた道標のある分岐、ここが牛王院平。
広い分岐の山ノ神土。休憩、食事のポイントとしてもベター。永居せずに東仙波 白石山方面へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い分岐の山ノ神土。休憩、食事のポイントとしてもベター。永居せずに東仙波 白石山方面へ向かいます。
山ノ神土分岐以降すぐササの登山道に。簡単な藪漕ぎもありますが丈が低く見通しが利くため油断しなければ問題ないレベル。一部地面が柔らかく崩れ落ちやすい所があるので崖側でない山側に寄って歩くと安全。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ノ神土分岐以降すぐササの登山道に。簡単な藪漕ぎもありますが丈が低く見通しが利くため油断しなければ問題ないレベル。一部地面が柔らかく崩れ落ちやすい所があるので崖側でない山側に寄って歩くと安全。
1
稜線にでると展望が開けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線にでると展望が開けます。
富士山も見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も見えてきました。
2
もう少し歩くと更に展望がよくなります!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し歩くと更に展望がよくなります!
1
西仙波の岩稜地帯に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西仙波の岩稜地帯に到着。
1
ササの斜面を登っていくと2000m超えの東仙波。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササの斜面を登っていくと2000m超えの東仙波。
1
東仙波で写真を一枚
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波で写真を一枚
1
途中、登山道が曖昧な所も多々でてくるものの(歩きやすい樹林帯等で四方八方進んでいける状況が逆に道を分かりにくくしている…が)そんな場所では一旦歩みを止めて360度じっくりと見渡せば必ずといってよいほどマーキングがあります。それを頼りに行程を修正すれば遭難は回避できます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、登山道が曖昧な所も多々でてくるものの(歩きやすい樹林帯等で四方八方進んでいける状況が逆に道を分かりにくくしている…が)そんな場所では一旦歩みを止めて360度じっくりと見渡せば必ずといってよいほどマーキングがあります。それを頼りに行程を修正すれば遭難は回避できます!
1
川又分岐。ここまで来ればもう山頂まで30分程!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川又分岐。ここまで来ればもう山頂まで30分程!
1
二瀬分岐を和名倉山方面へ、山頂へ向かってラストスパート!と意気込まずにマイペースで進んで行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二瀬分岐を和名倉山方面へ、山頂へ向かってラストスパート!と意気込まずにマイペースで進んで行きます。
2
おっと〜、枯れ枝だからいいものの茂っていれば痛〜い藪漕ぎ区間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっと〜、枯れ枝だからいいものの茂っていれば痛〜い藪漕ぎ区間。
2
山頂に到着。噂通りのゼロ展望ですが周囲に茂るコケと針葉樹とが見事に調和!上品な趣を醸し出しています。「奥秩父の秘峰ここにあり」!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。噂通りのゼロ展望ですが周囲に茂るコケと針葉樹とが見事に調和!上品な趣を醸し出しています。「奥秩父の秘峰ここにあり」!!
8
上向きの写真をパシャリ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上向きの写真をパシャリ!
1
二等三角点の後方にある倒木がベンチのように横たわります。当初はこの山頂(小平地)で昼食をとる予定でしたがまだ11時前。ちなみにここまでの山行で出会った人は一人だけ、ゆっくりしてるところに獣(複数)が現れたら面倒なので昼食はパスして早々に下山にとりかかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二等三角点の後方にある倒木がベンチのように横たわります。当初はこの山頂(小平地)で昼食をとる予定でしたがまだ11時前。ちなみにここまでの山行で出会った人は一人だけ、ゆっくりしてるところに獣(複数)が現れたら面倒なので昼食はパスして早々に下山にとりかかります。
1
針葉樹の森を黙々と歩きます。適度に歩きやすい道が逆に遭難を誘いますので、時折マーキングを確認しながら慎重に歩みを進めます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹の森を黙々と歩きます。適度に歩きやすい道が逆に遭難を誘いますので、時折マーキングを確認しながら慎重に歩みを進めます!
1
西側の稜線から写真を一枚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の稜線から写真を一枚。
1
東仙波まで戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波まで戻ります。
20分程で西仙波へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分程で西仙波へ。
富士山をパシャリ!曇り空が趣を醸し出しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山をパシャリ!曇り空が趣を醸し出しています。
2
このササ藪まで来れば山ノ神土目前!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このササ藪まで来れば山ノ神土目前!
山ノ神土に到着。ここまで来れば一安心、昼食を頂きます。

けれども相変わらず人の気配が皆無、獣がひょっこりとでてきそうな雰囲気です。永居は無用と5分で早々に切りあげます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ノ神土に到着。ここまで来れば一安心、昼食を頂きます。

けれども相変わらず人の気配が皆無、獣がひょっこりとでてきそうな雰囲気です。永居は無用と5分で早々に切りあげます!
牛王院平を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛王院平を通過。
七ツ石尾根を下っていきます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石尾根を下っていきます!
1
写真では分かりにくいですがそこそこの急登。よく整備されているので軽快に標高を下げていきます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では分かりにくいですがそこそこの急登。よく整備されているので軽快に標高を下げていきます!
ここで林道といっても差しつかえない広い登山道に合流!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで林道といっても差しつかえない広い登山道に合流!
完全に林道…、素晴らしき登山道です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に林道…、素晴らしき登山道です!
ゴ−ル!和名倉山日帰りピストン、全行程8時間弱で終了!

結局出会った人は1りだけ、臆病な人は平日を避けて土日に行くのがいいでしょう。

消費した飲料僅かに1.5リットルで非常に省エネな晩秋山行でした。今年の奥秩父は11月中は滑り止め不要の雰囲気、熱くもなく寒くもなくまだまだ気軽に山歩きを楽しる季節です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴ−ル!和名倉山日帰りピストン、全行程8時間弱で終了!

結局出会った人は1りだけ、臆病な人は平日を避けて土日に行くのがいいでしょう。

消費した飲料僅かに1.5リットルで非常に省エネな晩秋山行でした。今年の奥秩父は11月中は滑り止め不要の雰囲気、熱くもなく寒くもなくまだまだ気軽に山歩きを楽しる季節です!
1

感想/記録

200名山の和名倉山は山深くアプローチが長いものの山頂からの展望皆無、標高も2000mを少し超える程度で一見ぱっとしない山、それ故に「奥秩父の秘峰」とも呼ばれている…この山の魅力は針葉樹林帯のなかに佇む慎ましい山頂(小平地)と途中の稜線からの展望で間違いないです。
 今回歩いた三ノ瀬からのルートは脱初心者向けという感じで幾つか登山を経験し少し骨のある登山をしたい人にうってつけ。
 前半の七ツ石尾根は急登だが道が広くよく整備されているため危険性が低く気兼ねなく登れます。後半、山ノ神土から山頂まではアップダウンはあるものの標高差が少ないため上りによる体力消耗が押さえられた状態で登山のスキルアップが望めます(軽い藪漕ぎ、岩稜歩き、遭難しないための慎重な進み方を体験できます)。コ−スタイム的にも並みのハイカーなら8〜9時間といった所、長時間登山の初体験としてもベターです。
 ちなみに埼玉県秩父市側からの二瀬ルートだと標高差が1500m程度あり、道迷いも含めて険しい行程・・・完全に中級〜上級者向けルート。
 それに比べ、山梨県丹波山からの三ノ瀬ルートならば注意深くマーキングを確認しつつ進めば脱初心者レベルで十分。敷居の低いおすすめルートです!!
訪問者数:678人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ