ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 765107 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

「荒島岳」と「越前大野城」〜荒島岳・犬山・亀山登山〜

日程 2015年11月21日(土) 〜 2015年11月22日(日)
メンバー g-okabe
天候1日目(荒島岳):曇り(ガスで視界不良)/2日目(大野城):晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
___【 アクセス 】___ 

< 福井北インターからのアクセス >

 石川県および愛知県西部の以西からでは、北陸道福井北インター経由のアクセスが便利です。福井北インターを降り、完成間近の永平寺大野道路(中部縦貫道路の無料区間)を通過します。大野インターを出ると、国道157号線に突き当たると、右折し南下。今度は、国道158号線に当たり、左折。道なりに、国道158号線を進み、スノースノシェッドを過ぎて、右手に分かれる横道に入ると、西勝原の登山口に到着します。

< 福井インターからのアクセス >

 多分、北陸道を大阪方面から下って来る場合も、福井北インターで降り、永平寺大野道路を進んだ方が、有利です。ただし、永平寺大野道路の渋滞が予想される場合の迂回路として使えるかもしれません。福井インターを降り、国道158号線を道なりに東進するだけです。

< 白鳥西インターからのアクセス >

 富山県および岐阜県、愛知県東部より以東からでは、東海北陸道白鳥(西)インター経由のアクセスが便利です。東海北陸道の白鳥インター料金所を通過し、白鳥西インター出降りる。後は、国道158号線を道なりに西進すると、西勝原の登山口に到着します。

※:建設中の大野油坂峠道路(中部縦貫道路の一部)が完成すると、「勝原インター」が出来ます。完成後は、北陸道、東海北陸道のどちらからアクセスした場合も、「勝原インター」で降りることになるでしょう。

___【 コンビニ・道の駅 】___

● コンビニ

 荒島岳の北側を国道158号線が通りますが、西勝原の登山口近くにはコンビニはありません。大野市街にあるコンビニ(※)を探して下さい。北陸道では、尼御前SAや南条SAに、24時間営業のコンビニがあります。東海北陸道では、関SAに、24時間営業のコンビニがあります。

※:大野インターを出て、最初のT字路の左側に(進行方向と反対側)コンビニがあります。このコンビニを逃すと、登山口まで行っても、コンビニがありません。少し遠回りになりますが、アクセスルートから1kmほど外れて大野市街に入れば、何軒もあります。

● 道の駅「九頭竜」

 大野市朝日(旧泉村)にある道の駅です。東海北陸道白鳥インターからのアクセスでは、ルート上の国道158号線沿いで、九頭竜湖を過ぎた所にあります。越美北線の終着駅(JR九頭竜駅)がある場所です。生産物直販所、食堂が併設されています。
・開設時間:8:30〜17:00、年中無休(ただし直売所については11/25より冬期は毎週木曜日休館 、また、冬期間は気候により臨時休業することあり)。 トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用できます。

___【 荒島岳について 】___

 荒島岳(あらしまだけ:標高1523m)は、奥越高原県立自然公園のほぼ中央、大野盆地の南東に位置します。日本百名山に選定されています。地元では、「大野富士」とも呼ばれている名峰です。大野盆地にそびえたつ「大野富士」を、大野市街から見る美しい姿(※)は、奥越の風景の中でも格別です。

※:特に「越前大野城」の天守閣からご覧下さい。

___【 登山ルート 】___

 荒島岳への登頂ルートは主に4本あります。北側から登る勝原(西勝原)ルート、北西から登る中出ルート、西から登る佐開ルート、南東から登る新下山ルートです。旧「下山ルート」(※)は廃止されました。

※:「げざん」ルートではありません、「しもやま」です。

−−−< 西勝原(にしかどはら)ルート >−−−

 勝原スキー場(2010年に閉鎖)から登るコースだったので、「勝原コース」と呼ばれていますが、登山口は大野市西勝原に位置しています。登山口には、水洗トイレ、登山届箱が設置されています。ゲレンデ跡をから登り始めるルートです。

● 西勝原登山口−ゲレンデ跡を通過−荒島岳登山口(リフト終点跡)−トトロの木−白山ベンチ−深谷ノ頭−しゃくなげ平(中出コース合流)−佐開分岐−もちが壁−前荒島−中荒島岳−荒島岳山頂

〜片道約4.8km、標高差約1180m、標準所要時間(登り):190分

−−−< 中出(なかんで)ルート >−−−

 大野市蕨生(わらびょう)の中出集落の十字路に、登山道を示す標柱があります。標柱のある十字路から、谷側に1kmほど進むと中出コースの新しい駐車場があります。駐車場は、40台近く駐車可能。建物の一画に、登山届提出所も併設、水洗トイレ、水場があります。登山は、駐車場から登り始め、約300mの所にある林道分岐(旧駐車所がある場所)を通り過ぎ、さらに1.1kmほど進むと中出登山口にたどり着けます。お勧めできませんが、中出登山口まで車で上がる事も可能です。登山口の付近にも2,3台駐車可能かもしれません。

● 中出コース(新)駐車場−林道分岐(旧駐車場)−中出登山口−二股(廃道になった林道と2箇所で交差)−雨降り展望台−おおこば展望台−向坂−ひえ畑−とやのおとし−小荒島岳分岐−小荒島岳(往復)−小荒島岳分岐−しゃくなげ平−(勝原ルートと合流)−荒島岳山頂

〜片道約6.4km、標高差約1170m、標準所要時間(登り):190分


−−−< 佐開(さびらき)ルート(鬼谷コース※1) >−−−

 佐開集落から、西に1kmほど入った所の鬼谷口に、佐開登山道入山届所が設置(電話ボックス型のもの)されています。林道を1kmほど遡った所に、「荒島養魚場」があります。養魚場(※2)から約200m進んだ所に第一の林道分岐(鬼谷林道口)があり左折し、鬼谷林道を上ります。約1.5m先に、第二の分岐(※3)があり、ここも左折します。さらに1.9kmほど進んだ場所が、佐開登山口です。駐車場は登山口より、林道を500mほど上に進んだ所にあります。5,6台は駐車出来ます。

※1:鬼谷林道の上にある佐開登山口からの登山だと、荒島岳まで最短距離のルートとなります。ただし、第二の分岐から登山口までがぬかるみやすく、車の通行には難路です。佐開登山口まで、車で上がれなかった場合は、第二の分岐付近で、なんとか、駐車スペースを見つけて、そこからの登山になると思います。

※2:養魚場の向かいに古い案内板があります。案内板圓ら出ている道は、遊漁場への道です。間違って入らないように注意して下さい。

※3:4WD車以外は、第二の分岐から上には進めない旨の表示があります。特に、雨で道がぬかるんでいる時は、牽引ロープを用意して4WD車2台のチームで上がった方が良いかもしれません。

● 佐開登山道入山届所−養魚場−林道分岐(1)・鬼谷林道入口−林道分岐(2)−佐開登山口(林道の500m奥に、駐車場)−勝原コース合流地点(佐開分岐)−荒島岳

(A)佐開登山口から登山開始する場合

〜片道約2.7km、標高差約670m、標準所要時間(登り):100分

(B)第二の分岐から登山開始する場合

〜片道約4.4km、標高差約1120m、標準所要時間(登り):180分



−−−< 新下山(新しもやま)ルート >−−−

 旧下山ルートに代わり、2011年に新設されました。大野市下山地区(旧泉村)から登るルートです。越美北線の越前下山駅(無人駅)そばの高架の下に登山者用駐車場があります。20台くらい停めれられます。登山届ボックスは、目立たない所に設置されています。駐車場圓亮転車置き場の中にあります。トイレ無し。案内板には、上級者コースと記されています。ルートの長さ(距離)の割には、時間のかかるコースのようです。

● 駐車場(越前下山駅)−新下山登山口−第一休憩所−第二休憩所−東稜線(小ナベ、大ナベ)−荒島岳

〜片道約4.6km、標高差約1140m、標準所要時間(登り):280分


−−−< 旧下山ルート >−−−

 荒島谷川を渡って南西の稜線から山頂に至るルート。5,6年前に崖崩れがあり封鎖されました。「白龍神社」から登山口に至る林道も車両通行止めの可能性が高いです。登山道から「まぼろしの大垂(おおたる)」が見られることが魅力のルートでした。「まぼろしの大垂」は、上下2段に分かれている滝で、落差約60mです。九頭竜川の支流「荒島谷川」から沢登りして、「大垂」まで行かれる方もいらっしゃるようです。

___【 荒島岳の三角点について 】___

● 一等三角点「荒島山」
   標高1523.37m:荒島岳山頂にあります。

● 三等三角点「中野平」
   標高1040.17m:オオコバ山(小荒島岳の北西800mに位置するピーク)の山頂に存在します。

● 四等三角点「蕨生(わらびょう)」
   標高470.84m:中出尾根の麓の蕨生がわにあります。

● 四等三角点「木落(きおとし)」
   標高378.82m:中出尾根の麓の木落がわにあります。

___【 越前大野城の三角点について 】___

● 三等三角点「亀山」
   標高248.99m:越前大野城のある亀山にあります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間10分
休憩
2時間23分
合計
10時間33分
S西勝原登山口06:1706:46リフト終点跡(荒島岳登山口)06:4707:06トトロの木07:0707:34深谷ノ頭07:3507:58しゃくなげ平08:0008:02佐開分岐08:0308:17もちが壁08:2108:32前荒島08:3308:34中荒島岳08:3508:45荒島岳09:1009:17中荒島岳09:1809:20前荒島09:2109:31もちが壁09:3309:47しゃくなげ平09:4810:02小荒島岳分岐10:0310:05小荒島岳10:0810:10小荒島岳分岐10:1110:17とやのおとし10:1810:22ひえ畑10:2310:33向坂10:3410:41おおこば展望台10:4210:48雨降り展望台11:10二股(旧林道分岐)11:1111:13中出コース登山口11:1411:28中出コース林道分岐(登山口入口)11:2911:36中出コース駐車場11:4212:10中出集落十字路12:1112:18蕨生小学校跡地12:2212:45猿ヶ谷橋12:4613:28西勝原登山口13:3213:46平成の湯13:4713:51越前下山駅13:5313:56新下山コース登山口(Uターン)13:5714:12西勝原登山口(通過)14:1314:20中出集落十字路(通過)14:2114:24佐開集落口14:2514:26佐開コース入山届所14:2714:28荒島養魚場14:3014:31林道分岐(1)14:3214:38林道分岐(2)14:3914:48佐開コース登山口14:4914:52佐開コース駐車場(Uターン)14:5314:56佐開コース登山口14:5715:04林道分岐(2)15:0515:08林道分岐(1)15:0915:10荒島養魚場15:1115:12佐開コース入山届所15:1315:43東湯(大野市高砂町)16:0216:10本願清水イトヨの里16:4516:50奥越ふれあい公園
2日目
山行
1時間46分
休憩
1時間32分
合計
3時間18分
奥越ふれあい公園05:4806:00ホームセンター駐車場06:0306:13洪泉寺06:1406:25犬山城址南出丸(下)07:1807:30洪泉寺07:3107:38ホームセンター駐車場07:3907:45越前おおの結ステーション07:4607:58大野城登り口07:5908:01亀山公園南登り口08:0208:19越前大野城(亀山)08:4909:06越前おおの結ステーションG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
__【 今回の荒島岳登山コース 】__

西勝原から登山開始し荒島岳登頂。復路は、シャクナゲ平から中出尾根を下り、小荒島岳登頂。そのまま中出登山口へ下山。市道と国道158号線を6kmほど歩いて、西勝原の駐車場まで戻りました。

【登山開始】:西勝原登山口−(ゲレンデ跡を通過)−荒島岳登山口(リフト終点跡)−トトロの木−しゃくなげ平(中出コース合流地点)−佐開分岐−もとが壁−前荒島−中荒島岳−荒島岳山頂−(復路)−しゃくなげ平−小荒島岳(分岐からの往復)−とやのおとし−ひえ畑−向坂−おおこば展望台−雨降り展望台−二股(旧林道と交差)−中出登山口−林道分岐(登山口入口・旧駐車場)−中出コース駐車場−蕨生の中出集落(十字路)−(市道を歩行)−蕨生小学校跡地−(国道158号線を歩行)−西勝原登山口:【登山終了】

__【 新下山登山口・佐開登山口 下見コース 】__

登山終了後、今回利用しなかった残り2つの登山口を偵察してきました。車で移動しましたが、佐開コースの鬼谷林道は、前日の雨の影響もあってか、かなりぬかるんでいて、2WD車では、通行不能のようでした。

【下見開始】:西勝原登山口−(車で移動)−九頭竜温泉「平成の湯」・フレアール和泉−越前下山駅(越美北線)−新下山登山口(Uターン)−(車で移動)−西勝原登山口・中出集落(通過)−佐開集落口(鬼谷の方向に左折)−佐開コース入山届所−(鬼谷林道を進む)−荒島養魚場(※間違って、遊漁場の道に進まないこと)−林道分岐(1)−林道分岐(2)−佐開コース登山口−佐開コース駐車場:【下見終了】

__【 「天空の城」撮影スポットへの道 】__

2日目の早朝から、「天空への小径」とも呼ばれる「洪泉寺コース」を登りました。戌山城址の「南出丸」下から「越前大野城」を見ました。20分程度で登れますが、登山靴を履いて登られたほうが良さそうでした。後、2つコース(ほたるの里コース /みくら清水コース)がありますが、あまり整備がされていないようです。特に「みくら清水コース」は、犬山(戌山城址)を登山するようなコースで、地元の方の話しだと、1時間位かかるそうです。

__【 越前大野城のコース 】__

「天空の城」撮影スポットへの道を回った後、「平山の城」である大野城に行きました。亀山公園南登り口から登り、天守閣の展望台まで上がりました。下りは、現在、学びの里「めいりん」・有終西(ゆうしゅうにし)小学校になっている「二の丸」跡に降りました。

__【 大本山「永平寺」拝観コース 】__

大変、疲労が溜まっていましたが、修行だと思い?足早に拝観させて頂きました。1時間位かかるところ、私は25分で回りました。
コース状況/
危険箇所等
● 勝原(西勝原)ルートでは、初っぱなの、スキー場(ゲレンデ)跡を歩く部分(コンクリートの坂道)が、苦痛に感じるかもしれません。

● 新下山ルート(上級者向け)以外は、すべて、中級者向けの登山道で、特別危険な箇所は無いと思われます。

● 佐開ルート(鬼谷コース)は、最短ルートなのですが、登山口までのアクセスの「鬼谷林道」は、オフロード車(4WD)でないと上がれません。
その他周辺情報___【 日帰り温泉 】___

●  スーパー銭湯「あっ宝んど」

お風呂は、和風と洋風があり男女日替わり交代。
・泉質:温泉かどうか不明(スーパー銭湯)
・入浴料:大人600円、(プール+入浴=大人1000円)
・営業時間:午前10時〜午後11時
・休館日:第2火曜日(祝日の場合は翌日)
・設備等: プール、フィットネスルーム、お食事処

● 九頭竜温泉「平成の湯」

「フレアール和泉」直営の入浴施設です。
・泉質:アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性低温泉)
・入浴料:600円(中学生以上600円、4歳以上300円、65歳以上の大野市民500円)
・営業時間:午前10時〜午後9時
・休館日:毎週火曜日と1月1日(※祝日の時は翌日)
・設備等:主浴槽、圧注浴、露天風呂、休憩室、駐車場

● 六呂師(ろくろし)高原温泉「六呂師高原温泉ピクニックガーデン」

・泉質:炭酸水素塩化物混合泉、pH7.06(中性)、泉温35.7度、無色透明無臭
・営業時間:午前10時〜午後7時
・休館日:毎週木曜日
・入浴料:大人520円/小人300円

● 勝山温泉センター「水芭蕉」

・泉質:ナトリウム−炭酸水素塩、塩化物泉(中性低張性低温泉)
・営業時間:午前10時〜午後10時
・休館日:第4水曜日(祝日の場合は、休まず営業)
・入浴料:大人650円/小人400円(勝山市民には100〜200円の割引あり)
・お食事処「ふれあい亭」
  平日は11:00〜17:00/土日祝は、11:00〜20:00

● 法恩寺温泉「温泉大浴場ささゆり」

・泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉(中性等張性温泉)
・営業時間:午前12時〜午後10時 毎週火曜日15:00〜22:00
・休館日:4/5〜17、11/29〜12/10頃は休館
・入浴料:19:00まで〜大人820円/小人520円・19:00以降〜大人500円/小人300円
                   
● 永平寺温泉「禅の里」

平成25年7月にオープンした。永平寺町営の温泉です。
・営業時間:午前10時〜午後9時
・休館日:毎月第三水曜日(メンテナンスによる休館日あり)
・入館料:一般500円 (町民400円)

● 極楽湯 福井店

福井北インター近くの天然温泉のスーパー銭湯です。
・営業時間:午前9:00〜翌2:00/土日祝日は、午前7:00〜翌2:00
・入浴料:大人入館料730 円/大人入浴料(内湯のみ)430 円

___【 越前おおの銭湯巡り 】___ 

入湯料大人430円。大野城下には、大野の名水を使った銭湯が4軒あります。4軒ともレトロな銭湯です。お湯もロマンも溢れっぱなし?

● 亀山湯
● 日乃出湯
● キューピー湯
● 東湯:無料の貸しタオル(リサイクル品)・貸し石鹸あり。

___【 越前大野城 】___ 

< 越前大野城の概要 >

 越前大野城は、大野盆地にある標高約249mの亀山に築かれた平山城です。 天正3年 (1575) 頃、織田信長より大野郡の3分の2を与えられた金森長近により、5年の歳月をかけて築城されました。 亀山の山頂に天守閣、東の山麓に、二の丸と三の丸を築き、さらに東の麓に城下町を半矩形に展開しています。これを、梯郭(ていかく)式曲輪(くるわ)といいます。防衛に重きを置いた平山城であったと思われます。土台となる石垣は、野面積み(のづらづみ)で作られています。 現在の天守は、昭和43年に再建されたもので、歴代城主の遺品が展示されています。朝霧が発生すると、お城が雲海に浮かび上がります。その様が、「天空の城」と言われております。

< 「天空の城」が見れる時期 >

 「天空の城 越前大野城」が、最も出現するは11月といわれています。時間は明け方から午前9時頃まで。私が、地元の詳しい方にお聞きした所、1年に10回位しか、完璧な「天空の城」が現れないらしいとのことでした。

< 大野城への登城(入城) >

※10月と11月は、午前6時から入館できます。
・開館時期:
  4月〜9月 午前9時〜午後5時
  10月〜11月 午前6時〜午後4時
・休館日:12月1日〜3月31日
・入館料:大人200円/小人無料

< 天守閣への4つのルート >

● 南登り口
   所要時間(登り)約20分。城門をくぐるルートです。
● 二の丸から
   所要時間(登り)約20分。百間坂を登るルート。以前、大手門があった坂道です。
● 北登り口
   所要時間(登り)約20分。亀山観音(西国33ヶ所石仏)が拝めるコース。
● 西登り口
   所要時間(登り)約25分。長い石段を登るルート。

< 越前おおの結(ゆい)ステーション >

 無料駐車場があります。大野城に行かれるときに利用出来ます。道路を挟んで、両側に、その他の施設も併設されています。駐車可能台数:バス21台、普通車68台。
・越前おおのまちなか交流センター
・物産販売所(結楽座)
・無料休憩所(藩主隠居所)
・観光情報センター(輝センター)
・平成大野屋はいから茶屋

< 「天空の城」撮影スポットへの道 >

 亀山の西に位置する「戌山(いぬやま)城址、標高324m」の「南出丸下、標高約300m」から、越前大野城が眺望出来ます。スポットまでのルートが3本あります。うち、近年新設された「洪泉寺コース」が南出丸下まで最短で登ることが出来ます。所要時間は登り約20分。

● 洪泉寺コース(※)
   「天空への小径」とも呼ばれます。2014年新設。
● ほたるの里コース :西側から上るコース。
● みくら清水コース:北側から、犬山(戌山城址)を経由するコース。

※:ほとんどの方が、夜明け前から「洪泉寺コース」から上られています。ほたるの里コース/みくら清水コースは、登山道が十分整備されていません。地元の方にお聞きした所、みくら清水コースは、完全な登山の装備が必要だそうです。

___【 大本山 永平寺 】___

< 永平寺の概要 >

 永平寺(えいへいじ)は、福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗の寺院。總持寺(そうじじ)と並ぶ日本曹洞宗の中心寺院(大本山)です。寛元2年(西暦1244年)、「道元」禅師によって開山されました。本尊は「釈迦如来・弥勒仏・阿弥陀如来」の三世仏。坐禅の修行道場であり、現在も、大勢の修行僧が、日夜修行に励んでいます。

< 拝観・参禅・写経 >

・開館(利用)時間:午前10時〜午後5時、年中無休。
・拝観料:大人500円、小学生200円
・参禅1名:拝観料+1000円 
・写経1名:拝観料+1000円

< 参道にある町営駐車場 >

3箇所あり、いずれも普通車500円。
・第1駐車場(山門まで徒歩5分)
・第2駐車場と第3駐車場は、土日祝日の実営業

___【 海のない大野の魚 】___

● カマキリ(アラレガコ)

 カジカ科カジカ属。「降河回遊」の生活史をもつ中型カジカ類の一種。福井県では、大野市から福井市にかけての九頭竜川流域に生息しています。標準和名は「カマキリ」ですが、昆虫と間違えられてしまうので、福井では「アラレガコ」と呼ばれています。アユ(鮎)をひっかけて食べるという伝承からアユカケ(鮎掛)とも呼ばれています。地域によっては「絶滅危惧種」とされていますが、一部の地域で、アラレガコ漁が許可されています。機会があれば、一度、食べてみたいお魚ですね。調理方法は、唐揚げや塩焼きなどがお勧めのようです。左党(上戸)の方には、骨酒が唾涎ものかも。

● イトヨ(糸魚)

 トゲウオ科イトヨ属。「遡河回遊」の生活史をもつトゲウオの一種。しかし、ここ大野に棲息しているイトヨは「陸封」されていて、海に降ることはありません。イトヨ生息地である大野市糸魚町には「本願清水イトヨの里」があります。イトヨの保護とは、真逆になりますが、食べ方は、小型の魚なので、唐揚げがお勧めらしい。ただし、ここ大野のイトヨは、陸封型であるためか、食べるのには向かないようです。

< 本願清水イトヨの里 >

 イトヨ生息地の保護と活用、および大野の水文化の発展継承をコンセプトとした、イトヨの生態や水文化を学ぶことができる、体験と感動がいっぱいつまったエコミュージアムです。

・営業時間:午前9時〜午後5時
・休館日:毎週月曜日
・入館料:大人200円
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ■[装備等]■ ストック キャップ グローブ 小型シェルター アタックザック(軽量タイプ) ナルゲンボトル サーモス(お湯900ml) ■[電気製品・GPS等]■ スマートホン GPS(ガーミンOREGON650) コンパクトカメラ 予備電池 ソーラーウォッチ(カシオPRW2500) ラジオ ■[アメニティーグッズ]■ ガベッジバッグ4L(携帯トイレ2回分・トイレットペーパー) ■[クロージング等]■ 防寒用のジャケット レインウエア(上下) タオル2本 ■[食糧・水等]■ おにぎり カップ麺 お菓子少々 水2L

写真

< 福井北インターからのアクセス >
福井北インターを降り、完成間近の永平寺大野道路(中部縦貫道路の無料区間)を通過します。大野インターを出ると、国道157号線に突き当たると、右折し南下。今度は、国道158号線に当たり、左折。道なりに、国道158号線を進み、勝原駅を過ぎて、右手に分かれる横道に入ると、西勝原の登山口に到着します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 福井北インターからのアクセス >
福井北インターを降り、完成間近の永平寺大野道路(中部縦貫道路の無料区間)を通過します。大野インターを出ると、国道157号線に突き当たると、右折し南下。今度は、国道158号線に当たり、左折。道なりに、国道158号線を進み、勝原駅を過ぎて、右手に分かれる横道に入ると、西勝原の登山口に到着します。
< 福井インターからのアクセス >
多分、北陸道を大阪方面から下って来る場合も、福井北インターで降り、永平寺大野道路を進んだ方が、有利です。ただし、永平寺大野道路の渋滞が予想される場合の迂回路として使えるかもしれません。福井インターを降り、国道158号線を道なりに東進するだけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 福井インターからのアクセス >
多分、北陸道を大阪方面から下って来る場合も、福井北インターで降り、永平寺大野道路を進んだ方が、有利です。ただし、永平寺大野道路の渋滞が予想される場合の迂回路として使えるかもしれません。福井インターを降り、国道158号線を道なりに東進するだけです。
< 白鳥西インターからのアクセス >
東海北陸道の白鳥インター料金所を通過し、白鳥西インター出降りる。後は、国道158号線を道なりに西進すると、西勝原の登山口に到着します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 白鳥西インターからのアクセス >
東海北陸道の白鳥インター料金所を通過し、白鳥西インター出降りる。後は、国道158号線を道なりに西進すると、西勝原の登山口に到着します。
< 中部縦貫自動車道(建設中) >
(※:長野県のHPにあった図を改変しました)
全線開通すれば、総延長約160kmになります。福井北インターからのアクセスでは、永平寺大野道路(一部が無料区間として開通/永平寺東IC−上志比IC間が未完成)を利用します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 中部縦貫自動車道(建設中) >
(※:長野県のHPにあった図を改変しました)
全線開通すれば、総延長約160kmになります。福井北インターからのアクセスでは、永平寺大野道路(一部が無料区間として開通/永平寺東IC−上志比IC間が未完成)を利用します。
1
< 勝原登山口の周辺 >
駐車場には50台位止めれますが、満車の時は、国道の反対側にも駐車場があり、利用出来ます。トイレの隣の電話ボックスは登山届所に再利用されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 勝原登山口の周辺 >
駐車場には50台位止めれますが、満車の時は、国道の反対側にも駐車場があり、利用出来ます。トイレの隣の電話ボックスは登山届所に再利用されています。
< 作成した登山計画書 >
勝原登山口の登山届所で投箱しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 作成した登山計画書 >
勝原登山口の登山届所で投箱しました。
< 中出登山口の周辺 >
蕨生(わらびょう)の中出(なかんで)集落から、林道に進みます。登山口入口の林道分岐の300mほど手前に、近年、新しい駐車場ができました。約40台駐車可能です。林道分岐点にも、10台位駐車出来ます。林道分岐点から約1.1km進むと中出コース登山口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 中出登山口の周辺 >
蕨生(わらびょう)の中出(なかんで)集落から、林道に進みます。登山口入口の林道分岐の300mほど手前に、近年、新しい駐車場ができました。約40台駐車可能です。林道分岐点にも、10台位駐車出来ます。林道分岐点から約1.1km進むと中出コース登山口です。
< 新下山登山口の周辺 >
国道158号線から、九頭竜川を渡った所の越前下山駅そばに駐車場があります。登山ポストは、少し目立ちにくいです。ごみ集積場にあります。登山口は、駐車場から200mほど奥にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 新下山登山口の周辺 >
国道158号線から、九頭竜川を渡った所の越前下山駅そばに駐車場があります。登山ポストは、少し目立ちにくいです。ごみ集積場にあります。登山口は、駐車場から200mほど奥にあります。
< 佐開登山口の周辺 >
佐開集落から「鬼谷」に入るあたりに入山届所(電話ボックス型)があります。佐開登山口からが、最短ルートになります。しかし、林道「鬼谷線」は、オフロード車でないと駐車場まで上がれません。2WD車の場合は、上がれそうな所までにして、林道に路上駐車するしかありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 佐開登山口の周辺 >
佐開集落から「鬼谷」に入るあたりに入山届所(電話ボックス型)があります。佐開登山口からが、最短ルートになります。しかし、林道「鬼谷線」は、オフロード車でないと駐車場まで上がれません。2WD車の場合は、上がれそうな所までにして、林道に路上駐車するしかありません。
< 山行行程マップ >
赤いラインが、登山で歩いたルートです。青ラインは、下山後に、車で移動して、新下山と佐開の登山口を見て回った時の軌跡です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山行行程マップ >
赤いラインが、登山で歩いたルートです。青ラインは、下山後に、車で移動して、新下山と佐開の登山口を見て回った時の軌跡です。
< 山行行程マップ(拡大) >
車で移動した部分の省きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山行行程マップ(拡大) >
車で移動した部分の省きました。
< 山行行程グラフ >
総歩行距離:約18.2km。累積標高差(+):約1500m。所要時間:7時間16分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山行行程グラフ >
総歩行距離:約18.2km。累積標高差(+):約1500m。所要時間:7時間16分。
< 西勝原のトイレ >
元々は、勝原スキー場(廃止)のトイレだったのだろうと思います。ここから、登山開始です。荒島岳を往復するのでなく、登頂後、中出ルート登山口に降り、蕨生(わらびょう)から、道路を歩いて、この場所に戻りました。
2015年11月21日 06:16撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 西勝原のトイレ >
元々は、勝原スキー場(廃止)のトイレだったのだろうと思います。ここから、登山開始です。荒島岳を往復するのでなく、登頂後、中出ルート登山口に降り、蕨生(わらびょう)から、道路を歩いて、この場所に戻りました。
< 入山届所 >
登山届ボックスとも言えます。公衆電話ボックスを再利用した物です。
2015年11月21日 06:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 入山届所 >
登山届ボックスとも言えます。公衆電話ボックスを再利用した物です。
< 荒島岳登山マップ >
案内板のマップです。駐車場は、国道158号線の反対側にもあるようです。登山口も本来は、この場所ではないようです。ゲレンデ跡を登り、リフト最上部跡にある標識からが、本当の登山道のようです。
2015年11月21日 06:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 荒島岳登山マップ >
案内板のマップです。駐車場は、国道158号線の反対側にもあるようです。登山口も本来は、この場所ではないようです。ゲレンデ跡を登り、リフト最上部跡にある標識からが、本当の登山道のようです。
< 工事中? >
この先1.3kmが工事中なのでしょうか?
2015年11月21日 06:15撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 工事中? >
この先1.3kmが工事中なのでしょうか?
< 「桜坂」にするみたいです >
1.3km先のリフト最上部跡(本来の登山口)まで、桜が植樹されるようです。1本3000円で参加出来ます。
2015年11月21日 06:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「桜坂」にするみたいです >
1.3km先のリフト最上部跡(本来の登山口)まで、桜が植樹されるようです。1本3000円で参加出来ます。
1
< コンクリートの坂道 >
来年は、「桜坂」になっています。舗装された上り坂は、足くびの関節が鋭角の状態で負荷がかかるので、足の負担が強いです。
2015年11月21日 06:20撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< コンクリートの坂道 >
来年は、「桜坂」になっています。舗装された上り坂は、足くびの関節が鋭角の状態で負荷がかかるので、足の負担が強いです。
< 短い方のリフト上部跡 >
コンクリート坂は終わりです。全体的に、勝原コースの方が、中出コースよりも、急登だと感じました。
2015年11月21日 06:24撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 短い方のリフト上部跡 >
コンクリート坂は終わりです。全体的に、勝原コースの方が、中出コースよりも、急登だと感じました。
< 「大林山」と言うのでしょうか? >
山頂に、標高994.96mの三等三角点「大林」がある山です。地図には、山名が載っていません。
2015年11月21日 06:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「大林山」と言うのでしょうか? >
山頂に、標高994.96mの三等三角点「大林」がある山です。地図には、山名が載っていません。
< 右奥の山の麓に「仏原ダム」があります >
山頂に、標高934.46mの三等三角点「仏原」がある山です。この山も、地図には、山名が載っていません。
2015年11月21日 06:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 右奥の山の麓に「仏原ダム」があります >
山頂に、標高934.46mの三等三角点「仏原」がある山です。この山も、地図には、山名が載っていません。
< リフト最上部跡 >
登ってきた方向を振り返りました。ここまで、桜が植樹されるのでしょうか。進行方向をみると登山口を示す標柱がありました。
2015年11月21日 06:47撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< リフト最上部跡 >
登ってきた方向を振り返りました。ここまで、桜が植樹されるのでしょうか。進行方向をみると登山口を示す標柱がありました。
< 荒島岳登山口 >
標高674mです。下の西勝原登山口(駐車場)から、すでに標高差(+)約320mも上がっています。いままでの標高差320m(距離約1.3km)は登山道ではなく、旧ゲレンデを歩いていたに過ぎない?
2015年11月21日 06:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 荒島岳登山口 >
標高674mです。下の西勝原登山口(駐車場)から、すでに標高差(+)約320mも上がっています。いままでの標高差320m(距離約1.3km)は登山道ではなく、旧ゲレンデを歩いていたに過ぎない?
< 黄色い表示が、地面すれすれ >
「トトロの木」だそうです。
2015年11月21日 07:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 黄色い表示が、地面すれすれ >
「トトロの木」だそうです。
< 小トトロのねぐら? >
トトロのは3種類あるらしい。大中小の3サイズ。「大ととろ、中ととろ」からは、マグロのお刺身を連想してしまいます?
2015年11月21日 07:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小トトロのねぐら? >
トトロのは3種類あるらしい。大中小の3サイズ。「大ととろ、中ととろ」からは、マグロのお刺身を連想してしまいます?
< 白山ベンチ >
「丸太んぼ」が、ベンチのようです。
2015年11月21日 07:23撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 白山ベンチ >
「丸太んぼ」が、ベンチのようです。
< ラミネートパウチされた写真 >
変形してくね曲がっているのが、かえつて、立体感がでています。ここから、経ヶ岳(きょうがだけ)、白山、別山(べっさん)が、展望出来ます。
2015年11月21日 07:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ラミネートパウチされた写真 >
変形してくね曲がっているのが、かえつて、立体感がでています。ここから、経ヶ岳(きょうがだけ)、白山、別山(べっさん)が、展望出来ます。
< 雲の間から、白山と別山が >
かすかに見えていました。経ヶ岳(標高1625m、大野市と勝山市にまたがる)は見えません。ちなみに、御近所にも、別の経ヶ岳(標高765m、勝山市と永平寺町にまたがる)があります。
2015年11月21日 07:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 雲の間から、白山と別山が >
かすかに見えていました。経ヶ岳(標高1625m、大野市と勝山市にまたがる)は見えません。ちなみに、御近所にも、別の経ヶ岳(標高765m、勝山市と永平寺町にまたがる)があります。
< 深谷ノ頭 >
深谷とは、この勝原ルートが通る尾根の西側にある谷のことです。
2015年11月21日 07:29撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 深谷ノ頭 >
深谷とは、この勝原ルートが通る尾根の西側にある谷のことです。
< 絆と友愛の森 >
ブナ林に、この看板がありました。荒島愛山会、大野市、UIゼンセン同盟〜の方々が、ブナを育てています。UIゼンセン同盟とは、繊維業など、種々の業界の労働者が結集して組織した産業別労働組合らしいです。
2015年11月21日 07:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 絆と友愛の森 >
ブナ林に、この看板がありました。荒島愛山会、大野市、UIゼンセン同盟〜の方々が、ブナを育てています。UIゼンセン同盟とは、繊維業など、種々の業界の労働者が結集して組織した産業別労働組合らしいです。
< 応急用の水場 >
ここから25mほど谷側に入った所に水場があるようです。
2015年11月21日 07:44撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 応急用の水場 >
ここから25mほど谷側に入った所に水場があるようです。
< しゃくなげ平 >
ここで、中出(なかんで)ルートと合流します。右手に進みと中出尾根です(小荒島岳のある方向)。まずは、左手方向の荒島岳に向かいます。
2015年11月21日 07:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< しゃくなげ平 >
ここで、中出(なかんで)ルートと合流します。右手に進みと中出尾根です(小荒島岳のある方向)。まずは、左手方向の荒島岳に向かいます。
< 荒島岳山頂まで1.5km >
しゃくなげ平の標高は1204mです。
2015年11月21日 07:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 荒島岳山頂まで1.5km >
しゃくなげ平の標高は1204mです。
< 佐開分岐/勝原・佐開合流点 >
しゃくなげ平から80mほどの所で、佐開ルートが合流しています。「銀嶺荘」と描かれてあるのは、かって、勝原スキー場にあった山荘のことです。
2015年11月21日 08:02撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 佐開分岐/勝原・佐開合流点 >
しゃくなげ平から80mほどの所で、佐開ルートが合流しています。「銀嶺荘」と描かれてあるのは、かって、勝原スキー場にあった山荘のことです。
< もちが壁 >
今回のコースの中で、唯一の難所です。
2015年11月21日 08:09撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< もちが壁 >
今回のコースの中で、唯一の難所です。
< 事故多発地帯 >
〜のようです。急登な階段や坂が100mほど続きます。鎖やロープが渡してありますが、私は、余り使いませんでした。
2015年11月21日 08:09撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 事故多発地帯 >
〜のようです。急登な階段や坂が100mほど続きます。鎖やロープが渡してありますが、私は、余り使いませんでした。
< 前荒島 >
標高1415mです。視界は20mほどしかなく、山頂が見えません。
2015年11月21日 08:31撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 前荒島 >
標高1415mです。視界は20mほどしかなく、山頂が見えません。
< 中荒島岳 >
標高1420mです。段差があり、「頭」になっている場所に上がった後、振り返りました。
2015年11月21日 08:35撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 中荒島岳 >
標高1420mです。段差があり、「頭」になっている場所に上がった後、振り返りました。
< 薄っすらと山頂がみえました >
幻のようにかすかに見える山頂までは、後350mほどです。
2015年11月21日 08:35撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 薄っすらと山頂がみえました >
幻のようにかすかに見える山頂までは、後350mほどです。
< もう着いちゃった >
スタートから、約2時間25分です。少し急いで登りました。案内板では、3時間10分となっています。
2015年11月21日 08:45撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< もう着いちゃった >
スタートから、約2時間25分です。少し急いで登りました。案内板では、3時間10分となっています。
< お堂はこざっぱりしています >
山頂あるお堂や祠は、大抵、石垣の塀に守られていることが多いのですが、こちらのはノーガードです。風雪に耐えうる丈夫な造りをしているのでしょう。
2015年11月21日 08:45撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< お堂はこざっぱりしています >
山頂あるお堂や祠は、大抵、石垣の塀に守られていることが多いのですが、こちらのはノーガードです。風雪に耐えうる丈夫な造りをしているのでしょう。
< キャンディーのような〜 >
綺麗な方位盤です。360°のパノラマが描かれていますが、今回は、360°、白い雲(ガス)で囲まれています。越前大野城が「天空の城」ならば、今ここに城があれば、荒島岳は「天空の中の城(山)」です?
2015年11月21日 08:46撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< キャンディーのような〜 >
綺麗な方位盤です。360°のパノラマが描かれていますが、今回は、360°、白い雲(ガス)で囲まれています。越前大野城が「天空の城」ならば、今ここに城があれば、荒島岳は「天空の中の城(山)」です?
< 標柱の足元に、三角点があります >
標高1523.5mと書かれていますが、最新の三角点のデータでは1523.37m(一等三角点「荒島山」)となっています。山の標高を小数点以下を四捨五入して表すとすると、荒島岳の標高は、以前は1524mで、現在は1523mと言うことになります。1m低くなります。
2015年11月21日 08:47撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 標柱の足元に、三角点があります >
標高1523.5mと書かれていますが、最新の三角点のデータでは1523.37m(一等三角点「荒島山」)となっています。山の標高を小数点以下を四捨五入して表すとすると、荒島岳の標高は、以前は1524mで、現在は1523mと言うことになります。1m低くなります。
3
< 新下山ルートの下山口です >
「ま」が抜け落ちていますが、平仮名で、「しもやま」と書かれています。下山ルートと書いてあると、「げざんルート」と勘違いされたかもね。
2015年11月21日 08:52撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 新下山ルートの下山口です >
「ま」が抜け落ちていますが、平仮名で、「しもやま」と書かれています。下山ルートと書いてあると、「げざんルート」と勘違いされたかもね。
1
< 旧下山ルートの下り口です >
2010年頃に閉鎖されています。
2015年11月21日 09:10撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 旧下山ルートの下り口です >
2010年頃に閉鎖されています。
< しやくなげ平に戻りました >
右に降りると、西勝原に戻ります。私は、まっすぐ進み、小荒島岳を経由して、中出ルート登山口まで降りることにしました。蕨生中出集落からは、車道を歩いて、西勝原に戻りました。
2015年11月21日 09:47撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< しやくなげ平に戻りました >
右に降りると、西勝原に戻ります。私は、まっすぐ進み、小荒島岳を経由して、中出ルート登山口まで降りることにしました。蕨生中出集落からは、車道を歩いて、西勝原に戻りました。
< 小荒島岳への登り口 >
山頂まで70mほどです。2分で登れます。
2015年11月21日 10:04撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小荒島岳への登り口 >
山頂まで70mほどです。2分で登れます。
< 小荒島岳山頂 >
標高1175mです。
2015年11月21日 10:07撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小荒島岳山頂 >
標高1175mです。
< 山頂なのにさみしいです >
小さな標柱1本と抜かれてある杭が1本。
2015年11月21日 10:07撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山頂なのにさみしいです >
小さな標柱1本と抜かれてある杭が1本。
< 小荒島岳分岐に降り振り返りました >
正面が、しゃくなげ平の方向です。背後の方向を下界まで降ります。
2015年11月21日 10:11撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小荒島岳分岐に降り振り返りました >
正面が、しゃくなげ平の方向です。背後の方向を下界まで降ります。
< とやのおとし >
意味がよく分かりませんが、急な下り坂で、石がごろごろしていますので、「10夜(10日間)、石が上から落ち続ける」ということ?
2015年11月21日 10:17撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< とやのおとし >
意味がよく分かりませんが、急な下り坂で、石がごろごろしていますので、「10夜(10日間)、石が上から落ち続ける」ということ?
< ひえ畑 >
少し平らな所です。ヒエ(稗、イネ科ヒエ属)の「ひえ」でしょうか。リョウブ(令法)なども、昔は飢饉のときの救荒植物とし栽培されていたそうですから、ここではヒエ(稗)を山の非常食として栽培されていたのでしょうか?
2015年11月21日 10:22撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ひえ畑 >
少し平らな所です。ヒエ(稗、イネ科ヒエ属)の「ひえ」でしょうか。リョウブ(令法)なども、昔は飢饉のときの救荒植物とし栽培されていたそうですから、ここではヒエ(稗)を山の非常食として栽培されていたのでしょうか?
< 向坂 >
大きくカーブしている坂です。「向こうの方に曲がっている坂」と言う意味?
2015年11月21日 10:34撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 向坂 >
大きくカーブしている坂です。「向こうの方に曲がっている坂」と言う意味?
< おおこば展望台 >
「おおこば」は「大木場」のことかな?昔は切り倒した木を集める場所?〜わかりません。ここの北側に三等三角点「中野平」のあるピークは「おおこば」と呼ばれていたようです。
2015年11月21日 10:42撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< おおこば展望台 >
「おおこば」は「大木場」のことかな?昔は切り倒した木を集める場所?〜わかりません。ここの北側に三等三角点「中野平」のあるピークは「おおこば」と呼ばれていたようです。
< 雨降り展望台 >
こちらの名前もよく分かりません。雨降ったら、滝でも出来るのでしょうか?そもそも、こちらも、「おおこば展望台」も、なぜ展望台と呼ぶのでしょうか?展望が開けていないし、台にあたる部分もありません。
2015年11月21日 10:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 雨降り展望台 >
こちらの名前もよく分かりません。雨降ったら、滝でも出来るのでしょうか?そもそも、こちらも、「おおこば展望台」も、なぜ展望台と呼ぶのでしょうか?展望が開けていないし、台にあたる部分もありません。
< 廃道になった林道が〜 >
登山道を左右に林道跡のような物が横切っています。白い板がぶら下がっていますが、裏面に「荒島岳登山道」と書かれています。誤って、廃道に迷う混まないように配慮されているのでしょう。
2015年11月21日 11:09撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 廃道になった林道が〜 >
登山道を左右に林道跡のような物が横切っています。白い板がぶら下がっていますが、裏面に「荒島岳登山道」と書かれています。誤って、廃道に迷う混まないように配慮されているのでしょう。
< 二股 >
ここも、どこが「ふたまた」なのかと思いましたが、地図を見ると、確かに、谷が左右に2方向に分かれています。二股より上では、登山道が、2箇所ほど、旧林道(廃道)と交差していますので、注意が必要です。
2015年11月21日 11:10撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 二股 >
ここも、どこが「ふたまた」なのかと思いましたが、地図を見ると、確かに、谷が左右に2方向に分かれています。二股より上では、登山道が、2箇所ほど、旧林道(廃道)と交差していますので、注意が必要です。
< 林道が見えていました >
10mほど進むと、中出ルート登山口でした。ここの林道沿いにも、車が停められそうです。
2015年11月21日 11:12撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 林道が見えていました >
10mほど進むと、中出ルート登山口でした。ここの林道沿いにも、車が停められそうです。
< 中出ルート登山口 >
標高約565mです。ここまで、車で上がれれば、かなり高度が稼げます。
2015年11月21日 11:13撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 中出ルート登山口 >
標高約565mです。ここまで、車で上がれれば、かなり高度が稼げます。
< 中出ルート林道分岐 >
標高約400mです。佐開ルートの鬼谷林道から比べると、ここから中出ルート登山口までは、安全に車が通行出来ると思います。(私は、下山後に、鬼谷林道を偵察してきました)
2015年11月21日 11:28撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 中出ルート林道分岐 >
標高約400mです。佐開ルートの鬼谷林道から比べると、ここから中出ルート登山口までは、安全に車が通行出来ると思います。(私は、下山後に、鬼谷林道を偵察してきました)
< 中出登山道入口 >
林道の分岐部ですが、標柱の表示があいまいな気がします。矢印が中出コースの進行方向を示していて、ここが登山口であるのか〜それとも、進行方向の先に、中出コース登山口があるのか?私は、勝手に、ここを登山口とせず、「登山口まで続く林道の入口」=「登山道入口」ということにしました。本当は、山への入口をすべて「登山口」と表現しても良いのでしょうけどね。
2015年11月21日 11:28撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 中出登山道入口 >
林道の分岐部ですが、標柱の表示があいまいな気がします。矢印が中出コースの進行方向を示していて、ここが登山口であるのか〜それとも、進行方向の先に、中出コース登山口があるのか?私は、勝手に、ここを登山口とせず、「登山口まで続く林道の入口」=「登山道入口」ということにしました。本当は、山への入口をすべて「登山口」と表現しても良いのでしょうけどね。
< 入口を出て振り返りました >
今の場合、入口でなく出口ですが。この林道を進むと、佐開集落に到着します。右手に、舗装されていない駐車場があります。左手にも林道があるのですが〜
2015年11月21日 11:29撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 入口を出て振り返りました >
今の場合、入口でなく出口ですが。この林道を進むと、佐開集落に到着します。右手に、舗装されていない駐車場があります。左手にも林道があるのですが〜
< 通行止めです >
〜というか、廃道の状態です。多分、今立っている舗装された林道が出来る前は、こちらがルートだったのでしょう。
2015年11月21日 11:29撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 通行止めです >
〜というか、廃道の状態です。多分、今立っている舗装された林道が出来る前は、こちらがルートだったのでしょう。
< 50mほど降りると >
観音様がおられました。
2015年11月21日 11:31撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 50mほど降りると >
観音様がおられました。
< 慈水観音 >
有難いや 昔も今も夏も冬も いつも変わらぬ 観音の水 (合掌)
2015年11月21日 11:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 慈水観音 >
有難いや 昔も今も夏も冬も いつも変わらぬ 観音の水 (合掌)
< 中出コース駐車場 >
数年前に新設された駐車場です。40台位駐車出来そうです。
2015年11月21日 11:36撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 中出コース駐車場 >
数年前に新設された駐車場です。40台位駐車出来そうです。
< 駐車場から振り返りました >
2015年11月21日 11:38撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 駐車場から振り返りました >
< ここの案内板です >
林道分岐の駐車所が、省略されています。現在地の下に描かれている(大型可)の駐車場は、蕨生小学校跡地の広場のようです。
2015年11月21日 11:39撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ここの案内板です >
林道分岐の駐車所が、省略されています。現在地の下に描かれている(大型可)の駐車場は、蕨生小学校跡地の広場のようです。
< トイレ兼入山届所兼水場 >
水場は、湧き水で、電気を使わずに、水が流れているらしいです。
2015年11月21日 11:36撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< トイレ兼入山届所兼水場 >
水場は、湧き水で、電気を使わずに、水が流れているらしいです。
< 登山届提出所 >
ノックしてみたくなるようなドアです。
2015年11月21日 11:37撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 登山届提出所 >
ノックしてみたくなるようなドアです。
< ドアを開けてみました >
投函箱は、西勝原の物と同じです。
2015年11月21日 11:37撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ドアを開けてみました >
投函箱は、西勝原の物と同じです。
1
< トイレは3つ >
洋式1・和式2です。
2015年11月21日 11:38撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< トイレは3つ >
洋式1・和式2です。
< 名水治足 >
足湯ではなく、湧き水で足をアイシングする物のようです。
2015年11月21日 11:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 名水治足 >
足湯ではなく、湧き水で足をアイシングする物のようです。
1
< 現在、休診中?です >
寒い時間は、利用したいとは誰も思わないでしょう。
2015年11月21日 11:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 現在、休診中?です >
寒い時間は、利用したいとは誰も思わないでしょう。
< まっすぐの林道を〜 >
1kmほど降りると、蕨生の中出集落です。
2015年11月21日 11:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< まっすぐの林道を〜 >
1kmほど降りると、蕨生の中出集落です。
< 集落そばに入山届所? >
以前は、ここの林道に車で入れなかったのかもしれません。
2015年11月21日 12:08撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 集落そばに入山届所? >
以前は、ここの林道に車で入れなかったのかもしれません。
< 中出集落の十字路にある標柱 >
板に見えますが、四角柱です。ひょっとしたら、現在は「中出(なかんで)」ではなく「中野出(なかので)」と言うのでしょうか?また、荒島岳山麓から九頭竜川と真名川が囲まれた地域を「富田地区」と言うらしいです。近くに、越前富田駅があります。
2015年11月21日 12:10撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 中出集落の十字路にある標柱 >
板に見えますが、四角柱です。ひょっとしたら、現在は「中出(なかんで)」ではなく「中野出(なかので)」と言うのでしょうか?また、荒島岳山麓から九頭竜川と真名川が囲まれた地域を「富田地区」と言うらしいです。近くに、越前富田駅があります。
< 蕨生小学校跡地の広場 >
車が100台位停められそうです。案内板に「大型可」と書かれていた駐車場です。
2015年11月21日 12:22撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 蕨生小学校跡地の広場 >
車が100台位停められそうです。案内板に「大型可」と書かれていた駐車場です。
< ここの案内板です >
新しい案内板です。ここの物か、新下山の案内板(後出)の物のどちらかが、一番新しい案内板でしょうね。
2015年11月21日 12:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ここの案内板です >
新しい案内板です。ここの物か、新下山の案内板(後出)の物のどちらかが、一番新しい案内板でしょうね。
< 小学校跡地から、お城が見えました >
中央の小山が亀山で、越前大野城が、ちょこんとおわします。木の陰になっていますが、亀山の左側に、少し大きい「犬(戌)山」があります。翌朝、犬山の撮影スポットに登ることにしていました。
2015年11月21日 12:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小学校跡地から、お城が見えました >
中央の小山が亀山で、越前大野城が、ちょこんとおわします。木の陰になっていますが、亀山の左側に、少し大きい「犬(戌)山」があります。翌朝、犬山の撮影スポットに登ることにしていました。
< 猿ヶ谷橋 >
歩いて国道158号線に出ました。西勝原までの約6kmのうち2kmほど進んでいます。左手の工事現場は、建設中の中部縦貫道路(大野油坂峠道路の部分)です。完成すれば「勝原インター」が出来るので。高速道路を降りて、高速に登山開始出来ます。
2015年11月21日 12:45撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 猿ヶ谷橋 >
歩いて国道158号線に出ました。西勝原までの約6kmのうち2kmほど進んでいます。左手の工事現場は、建設中の中部縦貫道路(大野油坂峠道路の部分)です。完成すれば「勝原インター」が出来るので。高速道路を降りて、高速に登山開始出来ます。
< 猿ヶ谷橋から六呂師高原を眺める >
六呂師(ろくろし)高原です。牛舎だと思われる赤い屋根の建物がある所が、奥越高原牧場。画面の右端に、禿げている斜面が、六呂師高原スキー場だと思います。
2015年11月21日 12:45撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 猿ヶ谷橋から六呂師高原を眺める >
六呂師(ろくろし)高原です。牛舎だと思われる赤い屋根の建物がある所が、奥越高原牧場。画面の右端に、禿げている斜面が、六呂師高原スキー場だと思います。
< 赤い大きな鳥居 >
西勝原第三発電所の少し手前にあります。交通安全は、必ずしも神頼みではありません。その証拠に、凍結注意の赤色灯は、路面凍結時に、自動点灯する仕組み(?)のはずです。科学技術の進歩のたまものでしょう。
2015年11月21日 13:00撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 赤い大きな鳥居 >
西勝原第三発電所の少し手前にあります。交通安全は、必ずしも神頼みではありません。その証拠に、凍結注意の赤色灯は、路面凍結時に、自動点灯する仕組み(?)のはずです。科学技術の進歩のたまものでしょう。
< 水辺のいこい >
近くの案内板には、「水飲み場」と書かれていました。
2015年11月21日 13:08撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 水辺のいこい >
近くの案内板には、「水飲み場」と書かれていました。
< 頂きました >
湧き水と言うより小川のような気がしましたが、特にお腹を壊しませんでした。この後、新下山の登山口を見に行きましたが、小さな滝のある「水辺のいこい」が、あと2,3箇所ありました。
2015年11月21日 13:08撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 頂きました >
湧き水と言うより小川のような気がしましたが、特にお腹を壊しませんでした。この後、新下山の登山口を見に行きましたが、小さな滝のある「水辺のいこい」が、あと2,3箇所ありました。
1
< 西勝原登山口の少し手前の所です >
恐らく、大野油坂峠道路の「勝原インター」になる部分を造っているのでしょう。
2015年11月21日 13:22撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 西勝原登山口の少し手前の所です >
恐らく、大野油坂峠道路の「勝原インター」になる部分を造っているのでしょう。
< 西勝原登山口に上がる脇道 >
以前は「勝原スキー場・荒島岳登山口」と書かれた標識が立っていたはずです。工事の影響か、脇から水が溢れてきています。ひょっとして、登山口も工事のため引っ越しするのかな。この後、私は車で移動し、新下山と佐開の登山口を見に行きました。
2015年11月21日 13:25撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 西勝原登山口に上がる脇道 >
以前は「勝原スキー場・荒島岳登山口」と書かれた標識が立っていたはずです。工事の影響か、脇から水が溢れてきています。ひょっとして、登山口も工事のため引っ越しするのかな。この後、私は車で移動し、新下山と佐開の登山口を見に行きました。
< 九頭竜温泉「平成の湯」 >
私は、大野の銭湯に入りに行くつもりでしたので、ここは、来年以降に備えて、下見だけにしました。
2015年11月21日 13:46撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 九頭竜温泉「平成の湯」 >
私は、大野の銭湯に入りに行くつもりでしたので、ここは、来年以降に備えて、下見だけにしました。
< 九頭竜温泉の概要 >
詳細に表示されているのが良いですね。安心感と表示を見ているだけで、なんだか効き目がありそうな気分になります。
2015年11月21日 13:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 九頭竜温泉の概要 >
詳細に表示されているのが良いですね。安心感と表示を見ているだけで、なんだか効き目がありそうな気分になります。
< 平成(平静)になれるお湯? >
私は、荒島岳で出会った方々が、入って行かれるのを見届けました。後ろ髪を引かれましたが、私は、もう少し探検を続けました。平成の湯の近くにある、新下山登山口に向かいました。
2015年11月21日 13:46撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 平成(平静)になれるお湯? >
私は、荒島岳で出会った方々が、入って行かれるのを見届けました。後ろ髪を引かれましたが、私は、もう少し探検を続けました。平成の湯の近くにある、新下山登山口に向かいました。
< スノーシェッド直前にある橋を渡ります >
無人駅の左側の線路下に駐車場があります。
2015年11月21日 13:52撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< スノーシェッド直前にある橋を渡ります >
無人駅の左側の線路下に駐車場があります。
< 越美北線の「越前下山駅」です >
線路を左に進んだ先には、終着駅の「九頭竜湖駅」があります。
2015年11月21日 13:53撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 越美北線の「越前下山駅」です >
線路を左に進んだ先には、終着駅の「九頭竜湖駅」があります。
< 新しい登山マップです >
新下山ルートは、造られて4年位しかたっていません。登山口は300m位先で、車が入れますが、駐車スペースがありません。この写真が向いている方向の背後に駐車場があります。
2015年11月21日 13:53撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 新しい登山マップです >
新下山ルートは、造られて4年位しかたっていません。登山口は300m位先で、車が入れますが、駐車スペースがありません。この写真が向いている方向の背後に駐車場があります。
< しもやまコースマップ >
「新」をそろそろ取ってしまいましょう。また、平仮名の「しもやまコース」が良いですね。漢字表記の「下山」は、下山(げざん)専用ルートと勘違いされかねません。
2015年11月21日 13:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< しもやまコースマップ >
「新」をそろそろ取ってしまいましょう。また、平仮名の「しもやまコース」が良いですね。漢字表記の「下山」は、下山(げざん)専用ルートと勘違いされかねません。
< 駐車場ですが〜 >
登山ポストはどこにあるでしょうか?屋根の付いた小さな囲いが、自転車置き場で、その中の茶色い箱が、登山ポストです。気づかない方もおられるかも?
2015年11月21日 13:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 駐車場ですが〜 >
登山ポストはどこにあるでしょうか?屋根の付いた小さな囲いが、自転車置き場で、その中の茶色い箱が、登山ポストです。気づかない方もおられるかも?
< (新)しもやま登山口です >
横の家が、取り壊されていました。狭い車道なので、路上駐車は不可ですし、住宅も何軒かあるので、無理な路上駐車は、近所迷惑になります。次に、ここから。30kmほど離れた、佐開ルートの視察(見学)に向かいました。
2015年11月21日 13:56撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< (新)しもやま登山口です >
横の家が、取り壊されていました。狭い車道なので、路上駐車は不可ですし、住宅も何軒かあるので、無理な路上駐車は、近所迷惑になります。次に、ここから。30kmほど離れた、佐開ルートの視察(見学)に向かいました。
< 佐開ルート入山届所 >
佐開集落から、鬼谷口に1kmほど入った所です。ここを右手(直進)に進み、鬼谷林道に向かいます。ところで、こちらのも、西勝原の物と同じで、公衆電話ボックスにしか見えません。
2015年11月21日 14:26撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 佐開ルート入山届所 >
佐開集落から、鬼谷口に1kmほど入った所です。ここを右手(直進)に進み、鬼谷林道に向かいます。ところで、こちらのも、西勝原の物と同じで、公衆電話ボックスにしか見えません。
< ドアを開けてみました >
電話機は外されていました。たしか20年ほど前、携帯電話が普及しはじめた頃、NTTさんは、「公衆電話は減らしません」とおっしゃっていたはずですが?〜何事もリサイクル(新旧交代)です。そのガラ携も、今はスマホに〜
2015年11月21日 14:26撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ドアを開けてみました >
電話機は外されていました。たしか20年ほど前、携帯電話が普及しはじめた頃、NTTさんは、「公衆電話は減らしません」とおっしゃっていたはずですが?〜何事もリサイクル(新旧交代)です。そのガラ携も、今はスマホに〜
< 「荒島養魚場」様です >
中央の棟が、売店のようです。渓流釣りの「入川券」も販売しているのでしょうか。
2015年11月21日 14:31撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「荒島養魚場」様です >
中央の棟が、売店のようです。渓流釣りの「入川券」も販売しているのでしょうか。
< 養魚場の前に案内板があります >
この写真の右手の道は、遊漁場の入口なので間違わないで下さい。ここはでは、曲がらす、左手に200mほど進み、分かれ道で右折します。ここから登山口まで、2度、右折することになります。
2015年11月21日 14:30撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 養魚場の前に案内板があります >
この写真の右手の道は、遊漁場の入口なので間違わないで下さい。ここはでは、曲がらす、左手に200mほど進み、分かれ道で右折します。ここから登山口まで、2度、右折することになります。
< 古い案内板 >
ここから0.2kmで、右折し、造林作業路を約5.1km(※)上がった所が、登山口です。ここで言う「造林作業路」は、林道「鬼谷線」(鬼谷林道)のことなのでしょう。(※:明らかに実際より、距離が長すぎます?)
2015年11月21日 14:30撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 古い案内板 >
ここから0.2kmで、右折し、造林作業路を約5.1km(※)上がった所が、登山口です。ここで言う「造林作業路」は、林道「鬼谷線」(鬼谷林道)のことなのでしょう。(※:明らかに実際より、距離が長すぎます?)
< 最初の右折地点です >
私は、林道分岐(1)と表記することにしました。小さな標柱と同じく小さな石柱が、道の左右に配置されています。
2015年11月21日 14:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 最初の右折地点です >
私は、林道分岐(1)と表記することにしました。小さな標柱と同じく小さな石柱が、道の左右に配置されています。
< 小さな石柱 >
高さが30cmもあるでしょうか。石碑のミニチュア板のような感じです。
2015年11月21日 14:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小さな石柱 >
高さが30cmもあるでしょうか。石碑のミニチュア板のような感じです。
1
< カーブを向側から見ました >
ヘアピンカーブで、私の車は、一度で曲がれ切れませんでした。
2015年11月21日 14:33撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< カーブを向側から見ました >
ヘアピンカーブで、私の車は、一度で曲がれ切れませんでした。
< 林道分岐(2) >
林道分岐(1)から、1.5kmほどつづら折りの林道を上がると、2つ目の分岐です。ここも右折します。
2015年11月21日 14:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 林道分岐(2) >
林道分岐(1)から、1.5kmほどつづら折りの林道を上がると、2つ目の分岐です。ここも右折します。
< 大きな岩 >
岩肌には、「4WDのみ可能 右へ→ 荒島→」と書かれてあります。幸い私のは、「ふぉだぶるで〜」の車です。進みました。
2015年11月21日 14:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 大きな岩 >
岩肌には、「4WDのみ可能 右へ→ 荒島→」と書かれてあります。幸い私のは、「ふぉだぶるで〜」の車です。進みました。
< 小さな「あらしま岳」と書かれた石柱 >
「大きな岩」の隣に、「小さな石柱」がありました。ここから、約1.9km進んだ所が登山口です。距離は私のGPSのログから割り出しました。分岐(1)から登山口まで約3.4kmでしたが、養魚場前に古い案内板では5.1kmとなっていました。地図出確認すると、5.1kmは明らかに長すぎます。
2015年11月21日 14:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小さな「あらしま岳」と書かれた石柱 >
「大きな岩」の隣に、「小さな石柱」がありました。ここから、約1.9km進んだ所が登山口です。距離は私のGPSのログから割り出しました。分岐(1)から登山口まで約3.4kmでしたが、養魚場前に古い案内板では5.1kmとなっていました。地図出確認すると、5.1kmは明らかに長すぎます。
< 登山口手前の案内板 >
古い物です。案内図が消えかかっています。「鬼谷コース、登り2時間15分、下り1時間45分」と書かれています。
2015年11月21日 14:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 登山口手前の案内板 >
古い物です。案内図が消えかかっています。「鬼谷コース、登り2時間15分、下り1時間45分」と書かれています。
< 佐開登山口 >
注意書きの看板の柱がとれて、立てかけたありました。登山道は、右手に土手を登っていきます。ここまでの途中で、2WD車が1台停まっていました(乗り捨てた?)泥でぬかるんだ難路です。たまたま、2WD車のオーナーのご夫婦2人が、登山道から降りてこられました。
2015年11月21日 14:49撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 佐開登山口 >
注意書きの看板の柱がとれて、立てかけたありました。登山道は、右手に土手を登っていきます。ここまでの途中で、2WD車が1台停まっていました(乗り捨てた?)泥でぬかるんだ難路です。たまたま、2WD車のオーナーのご夫婦2人が、登山道から降りてこられました。
< 佐開コース駐車場 >
登山口から、奥に500mも先にありました。ぬかるみだけでなく、デコボコも激しい道で、私の「ふぉだぶるで〜」も立ち往生するのではないかと思う位でした。ここでUターンして、「つうだぶるで」のご夫婦をお車まで乗せて下りました。
2015年11月21日 14:53撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 佐開コース駐車場 >
登山口から、奥に500mも先にありました。ぬかるみだけでなく、デコボコも激しい道で、私の「ふぉだぶるで〜」も立ち往生するのではないかと思う位でした。ここでUターンして、「つうだぶるで」のご夫婦をお車まで乗せて下りました。
< 「東湯」 >
登山と探検の汗を流しにいきました。大野市内には、老舗の銭湯が4軒あり、そのうちの1軒です。「東湯」さんでは、無料で、タオルと石鹸が貸してもらえます。お湯には、大野の地下水が使われています。写真のような、古風な銭湯で、内部も〜すごいです。天然記念物的です。どのように凄いかというと〜「行ってみれば分かります」としか言えません。次に、私は「イトヨ」さんに会いに行きました。
2015年11月21日 15:43撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「東湯」 >
登山と探検の汗を流しにいきました。大野市内には、老舗の銭湯が4軒あり、そのうちの1軒です。「東湯」さんでは、無料で、タオルと石鹸が貸してもらえます。お湯には、大野の地下水が使われています。写真のような、古風な銭湯で、内部も〜すごいです。天然記念物的です。どのように凄いかというと〜「行ってみれば分かります」としか言えません。次に、私は「イトヨ」さんに会いに行きました。
< 本願清水(ほんがんしょうず) >
この本願清水の湧水で出来た川の中に「イトヨ」が生息しています。ここは、海とは直接つながっていませんので、「陸封型のイトヨ」です。
2015年11月21日 16:27撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 本願清水(ほんがんしょうず) >
この本願清水の湧水で出来た川の中に「イトヨ」が生息しています。ここは、海とは直接つながっていませんので、「陸封型のイトヨ」です。
< イトヨ(糸魚) >
トゲウオ科イトヨ属。「本願清水イトヨの里」で「イトヨ」さんとお会い出来ます。
2015年11月21日 16:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< イトヨ(糸魚) >
トゲウオ科イトヨ属。「本願清水イトヨの里」で「イトヨ」さんとお会い出来ます。
< 平成の名水百選 >
大野では湧水のことを清水(しょうず)と言います。大野には、清水(名水)が約20箇所もあります。ここ糸魚町の「本願清水」が『平成の名水百選』に選ばれました。また、泉町の「御清水(おしょうず)」が、環境省の『名水百選』に選ばれています。
2015年11月21日 16:10撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 平成の名水百選 >
大野では湧水のことを清水(しょうず)と言います。大野には、清水(名水)が約20箇所もあります。ここ糸魚町の「本願清水」が『平成の名水百選』に選ばれました。また、泉町の「御清水(おしょうず)」が、環境省の『名水百選』に選ばれています。
< 清水を頂きました >
「イトヨの里」の館内でも、くつろぎながら、清水を頂けます。
2015年11月21日 16:11撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 清水を頂きました >
「イトヨの里」の館内でも、くつろぎながら、清水を頂けます。
< 清水の中に吸い込まれそう >
決して、お顔を突っ込まないで下さい?(誰もそんなことしないか)
2015年11月21日 16:11撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 清水の中に吸い込まれそう >
決して、お顔を突っ込まないで下さい?(誰もそんなことしないか)
< 本願清水イトヨの里 >
入館料は大人200円です。私は、熱いお風呂の「東湯」の火照りが冷めていない状態で入館しました。体が熱くて、アドレナリンが多かったためか、館員さんに、たくさん質問してしまいました。何でも、ここ糸魚町は、40年ほど前に、別の町名から、今の糸魚町に改名されたそうです。
2015年11月21日 16:12撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 本願清水イトヨの里 >
入館料は大人200円です。私は、熱いお風呂の「東湯」の火照りが冷めていない状態で入館しました。体が熱くて、アドレナリンが多かったためか、館員さんに、たくさん質問してしまいました。何でも、ここ糸魚町は、40年ほど前に、別の町名から、今の糸魚町に改名されたそうです。
1
< 1匹撮れました >
館内の地下展示室から、清水の川底が観察出来るようになってます。コンパクトカメラでしたので、何枚撮っても、この写真以上にはうまく写りませんでした。
2015年11月21日 16:24撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 1匹撮れました >
館内の地下展示室から、清水の川底が観察出来るようになってます。コンパクトカメラでしたので、何枚撮っても、この写真以上にはうまく写りませんでした。
1
< 奥越ふれあい公園 >
こちらの北駐車場で車中泊させてもらいました。夜に備えて、トイレを確認しました。ヘッドライト、寝袋等は準備してきました。眠る前に、歩いて市の中心部まで、飲みに(夕食)出かけました。片道約2.5kmでした。
2015年11月21日 16:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 奥越ふれあい公園 >
こちらの北駐車場で車中泊させてもらいました。夜に備えて、トイレを確認しました。ヘッドライト、寝袋等は準備してきました。眠る前に、歩いて市の中心部まで、飲みに(夕食)出かけました。片道約2.5kmでした。
< 天空の不夜城? >
結ステーションから夜景です。時計台のような物は「時鐘(ときがね)」。右手の建物は、結楽座(物産処)です。翌朝、再びここに訪れました。
2015年11月21日 17:49撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 天空の不夜城? >
結ステーションから夜景です。時計台のような物は「時鐘(ときがね)」。右手の建物は、結楽座(物産処)です。翌朝、再びここに訪れました。
< お時計とお城 >
午後6時前なのに、真っ暗です。もう冬ですね。
2015年11月21日 17:50撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< お時計とお城 >
午後6時前なのに、真っ暗です。もう冬ですね。
< ライトアップされたお城 >
私は、地酒の飲める美味しい店を探し出し、満悦して、公園まで歩いて帰りました。翌朝の日の出は、午前6時36分。日の出前から、撮影スポットのある山の登りました。
2015年11月21日 17:50撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ライトアップされたお城 >
私は、地酒の飲める美味しい店を探し出し、満悦して、公園まで歩いて帰りました。翌朝の日の出は、午前6時36分。日の出前から、撮影スポットのある山の登りました。
1
< 「大野城」撮影スポット散策マップ >
夜明け直後に見れるかもしれない「天空の城」を見に、犬山に登り、次に、お城のある亀山に登りました。駐車場から次の駐車場までは、車での移動です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「大野城」撮影スポット散策マップ >
夜明け直後に見れるかもしれない「天空の城」を見に、犬山に登り、次に、お城のある亀山に登りました。駐車場から次の駐車場までは、車での移動です。
< 洪泉寺コース >
「天空の城」撮影スポットへの道の一つです。夜明け前から登るのがお勧めです。所要時間は登り20分ほどです。(平成27年11月22日の日の出時刻は午前6時36分でした。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 洪泉寺コース >
「天空の城」撮影スポットへの道の一つです。夜明け前から登るのがお勧めです。所要時間は登り20分ほどです。(平成27年11月22日の日の出時刻は午前6時36分でした。)
< ホームセンターに駐車しました >
途中の道に「洪泉寺コース」の案内板がありました。ホームセンター様も駐車場の利用につて了承して下さっているのでしょう。
2015年11月22日 07:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ホームセンターに駐車しました >
途中の道に「洪泉寺コース」の案内板がありました。ホームセンター様も駐車場の利用につて了承して下さっているのでしょう。
< 「洪泉寺」 >
「天空の城」撮影スポットへの道3本のうちの一つが、このお寺の前の横切る「洪泉寺コース」です。
2015年11月22日 07:31撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「洪泉寺」 >
「天空の城」撮影スポットへの道3本のうちの一つが、このお寺の前の横切る「洪泉寺コース」です。
< 夜明け直前の大野城 >
後方に白く立ちのぼっているのは、コンデンサー工場の煙だそうです。この場所は、戌山城の南出丸(物見櫓)の跡地の少し下の場所です。「南出丸下」と呼ばれています。夜明け前から、50人以上の方々が集まっていました。多い日は、狭い場所に、ぎっしり200人ほどの人だかりになるそうです。
2015年11月22日 06:29撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 夜明け直前の大野城 >
後方に白く立ちのぼっているのは、コンデンサー工場の煙だそうです。この場所は、戌山城の南出丸(物見櫓)の跡地の少し下の場所です。「南出丸下」と呼ばれています。夜明け前から、50人以上の方々が集まっていました。多い日は、狭い場所に、ぎっしり200人ほどの人だかりになるそうです。
1
< 夜明け直後の大野城 >
少しだけ、雲海が〜残念でした。何度もここに通ってこられている方や、地域おこし協力隊の方がおられて、色々詳しく教えて下さいました。その節は、ありがとうございました。
2015年11月22日 06:43撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 夜明け直後の大野城 >
少しだけ、雲海が〜残念でした。何度もここに通ってこられている方や、地域おこし協力隊の方がおられて、色々詳しく教えて下さいました。その節は、ありがとうございました。
5
< 朝日を浴びた大野城 >
完璧に雲海は、年に10回位しかないそうです。雲海になりませんでしたが、現場は、かなり盛り上がり楽しかったです。この後、向こうにある「越前大野城」に乗り込みました。
2015年11月22日 07:12撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 朝日を浴びた大野城 >
完璧に雲海は、年に10回位しかないそうです。雲海になりませんでしたが、現場は、かなり盛り上がり楽しかったです。この後、向こうにある「越前大野城」に乗り込みました。
3
< 越前大野城の周辺 >
駐車場は、何ヶ所もあります。なるべく、結ステーションか結楽座の駐車場に停めて、お城だけではなく、城下町も散策しましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 越前大野城の周辺 >
駐車場は、何ヶ所もあります。なるべく、結ステーションか結楽座の駐車場に停めて、お城だけではなく、城下町も散策しましょう。
< 結(ゆい)ステーションの駐車場 >
道を挟んで反対側にも大きな駐車場があります。私は、ここの停めて、亀山公園(大野城)を一回りして、ここに戻りました。
2015年11月22日 07:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 結(ゆい)ステーションの駐車場 >
道を挟んで反対側にも大きな駐車場があります。私は、ここの停めて、亀山公園(大野城)を一回りして、ここに戻りました。
< トイレは、向かいの結楽座にもあります >
こちらには、観光情報センター(輝センター)・トイレ・大野商工会議所の3つが一つの建物に入っています。この棟の後に、大きい建物があります。それは、越前おおのまちなか交流センターです。
2015年11月22日 09:07撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< トイレは、向かいの結楽座にもあります >
こちらには、観光情報センター(輝センター)・トイレ・大野商工会議所の3つが一つの建物に入っています。この棟の後に、大きい建物があります。それは、越前おおのまちなか交流センターです。
< 大ケヤキの切り株 >
駐車所圓砲△蠅泙靴拭H穏里気譴震擇寮擇螻瑤、大野城の見える場所に移植された物です。
2015年11月22日 07:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 大ケヤキの切り株 >
駐車所圓砲△蠅泙靴拭H穏里気譴震擇寮擇螻瑤、大野城の見える場所に移植された物です。
< 自然の力が伝わってきます >
切り株から、芽が吹き出しています。これを『蘖(ひこばえ)』といいます。言わば、森林再生の象徴ですね。
2015年11月22日 07:47撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 自然の力が伝わってきます >
切り株から、芽が吹き出しています。これを『蘖(ひこばえ)』といいます。言わば、森林再生の象徴ですね。
< 交差点「めいりん南」 >
赤信号の向こうが「大野簡易裁判所」です。お城の下ですから、昔なら、「お白洲(おしらす)」ですね。
2015年11月22日 07:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 交差点「めいりん南」 >
赤信号の向こうが「大野簡易裁判所」です。お城の下ですから、昔なら、「お白洲(おしらす)」ですね。
< 藩主隠居所(無料休憩所) >
実際に、お殿様がご隠居された建物をここに移築されたそうです。
2015年11月22日 07:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 藩主隠居所(無料休憩所) >
実際に、お殿様がご隠居された建物をここに移築されたそうです。
< 時鐘(ときがね) >
前夜と雰囲気が違います。
2015年11月22日 07:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 時鐘(ときがね) >
前夜と雰囲気が違います。
1
< 半鐘(はんしょう) >
〜が中に釣られるようです。半鐘とはハーフサイズの鐘の事でしょうか?
2015年11月22日 07:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 半鐘(はんしょう) >
〜が中に釣られるようです。半鐘とはハーフサイズの鐘の事でしょうか?
1
< 結楽座(ゆいらくざ) >
物産処(販売所)の事です。私は、「座」の文字が、なんとなく、篠座(しのくら)神社(大野市篠座町)とイメージが重なってしまいました。
2015年11月22日 07:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 結楽座(ゆいらくざ) >
物産処(販売所)の事です。私は、「座」の文字が、なんとなく、篠座(しのくら)神社(大野市篠座町)とイメージが重なってしまいました。
< 結楽座側の駐車場 >
左の建物は簡易裁判所の後ろ側、右の平屋の建物が、学びの里「めいりん」です。生涯学習センター/大野公民館/有終西(ゆうしゅうにし)小学校の3つが1つになった施設です。元は大野中学校と大野高等学校があった場所ですが、もっと元を正せば、お城の二の丸があった場所です。
2015年11月22日 07:56撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 結楽座側の駐車場 >
左の建物は簡易裁判所の後ろ側、右の平屋の建物が、学びの里「めいりん」です。生涯学習センター/大野公民館/有終西(ゆうしゅうにし)小学校の3つが1つになった施設です。元は大野中学校と大野高等学校があった場所ですが、もっと元を正せば、お城の二の丸があった場所です。
< 天守閣をズーム >
30分後には、あの上にいました。
2015年11月22日 07:56撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 天守閣をズーム >
30分後には、あの上にいました。
2
< 大野城登り口 >
「登山道の入口」のようなものですね。奥に神社があります。
2015年11月22日 07:58撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 大野城登り口 >
「登山道の入口」のようなものですね。奥に神社があります。
< 鳥居が二重になってます >
2つ目の鳥居です。左手の建物は「大野市民俗資料館」です。
2015年11月22日 08:00撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鳥居が二重になってます >
2つ目の鳥居です。左手の建物は「大野市民俗資料館」です。
< 「柳廼社」 >
「やなぎのやしろ」もしくは「やなぎのしゃ」と呼びます。左手に20m進むと、南登り口です。
2015年11月22日 08:00撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「柳廼社」 >
「やなぎのやしろ」もしくは「やなぎのしゃ」と呼びます。左手に20m進むと、南登り口です。
< 亀山公園「南登り口」 >
天守閣まで約20分です。手前にある駐車場周囲を見回ってから、登城しました。
2015年11月22日 08:01撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 亀山公園「南登り口」 >
天守閣まで約20分です。手前にある駐車場周囲を見回ってから、登城しました。
< 亀山公園周辺案内図 >
南登り口から登り始め、途中のショートカットの階段使い登り、お福池から入り、お城の正面に回り込みました。天守閣に上がり、眺望を楽しんだ後は、正面から「百聞坂」を下り、二の丸跡に出て、駐車場に戻りました。
2015年11月22日 08:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 亀山公園周辺案内図 >
南登り口から登り始め、途中のショートカットの階段使い登り、お福池から入り、お城の正面に回り込みました。天守閣に上がり、眺望を楽しんだ後は、正面から「百聞坂」を下り、二の丸跡に出て、駐車場に戻りました。
< 江戸時代の絵図 >
大野城は清水によって守られていたんだね。
2015年11月22日 08:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 江戸時代の絵図 >
大野城は清水によって守られていたんだね。
1
< 新堀川(しんぼりがわ) >
いくつもの清水の流れが集まってできた川です。左の駐車場のそばに南登り口があります。
2015年11月22日 08:03撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 新堀川(しんぼりがわ) >
いくつもの清水の流れが集まってできた川です。左の駐車場のそばに南登り口があります。
< 新堀清水(しんぼりしょうず) >
大野に数ある湧水(名水)の一つです。南登り口の近くにあります。
2015年11月22日 09:02撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 新堀清水(しんぼりしょうず) >
大野に数ある湧水(名水)の一つです。南登り口の近くにあります。
< 清水に引き込まれそうに〜 >
なりませんか?
2015年11月22日 09:02撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 清水に引き込まれそうに〜 >
なりませんか?
< 南登り口を登り始めた所です >
学びの里「めいりん」がモミジの向こうに見えました。
2015年11月22日 08:07撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 南登り口を登り始めた所です >
学びの里「めいりん」がモミジの向こうに見えました。
< 「百間坂」に続く小道 >
この小道に入らす、坂道を上がりました。
2015年11月22日 08:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「百間坂」に続く小道 >
この小道に入らす、坂道を上がりました。
< 百間坂の由緒 >
江戸時代は、本丸に行くには、この「百間坂」しかなかったようです。百間ですから、180mほどの坂道ですね。
2015年11月22日 08:07撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 百間坂の由緒 >
江戸時代は、本丸に行くには、この「百間坂」しかなかったようです。百間ですから、180mほどの坂道ですね。
< 最短ルートと表示された階段 >
同じような階段がいくつもあります。つづら折り状になった坂道をショートカットする階段です。
2015年11月22日 08:08撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 最短ルートと表示された階段 >
同じような階段がいくつもあります。つづら折り状になった坂道をショートカットする階段です。
< 坂道の紅葉 >
2015年11月22日 08:08撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 坂道の紅葉 >
< カモシカ >
〜がお住まいのようです。お城は現在、早朝会館中です。10月1日から11月30日まで朝6時会館です。(他の時期は朝9時からです)
2015年11月22日 08:13撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< カモシカ >
〜がお住まいのようです。お城は現在、早朝会館中です。10月1日から11月30日まで朝6時会館です。(他の時期は朝9時からです)
< お城の南側の長い階段です >
西登口にはもっと長い階段があるようです。足腰のトレーニングに良いかもしれません。私は、前日の登山のダメージがあり、膝が笑っていましたので、この階段は、ゆっくり登りました。
2015年11月22日 08:14撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< お城の南側の長い階段です >
西登口にはもっと長い階段があるようです。足腰のトレーニングに良いかもしれません。私は、前日の登山のダメージがあり、膝が笑っていましたので、この階段は、ゆっくり登りました。
< 階段の紅葉も登り調子です >
2015年11月22日 08:15撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 階段の紅葉も登り調子です >
3
< 本丸の南側にある門です >
門をくぐると、「お福池」です。
2015年11月22日 08:17撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 本丸の南側にある門です >
門をくぐると、「お福池」です。
1
< 天守閣の下に「お福池」があります >
天守閣に上がる前に、武具蔵跡(ぶぐくらあと)を見て来ました。
2015年11月22日 08:17撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 天守閣の下に「お福池」があります >
天守閣に上がる前に、武具蔵跡(ぶぐくらあと)を見て来ました。
< 武具蔵跡 >
武具の保管する蔵のあった場所です。
2015年11月22日 08:18撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 武具蔵跡 >
武具の保管する蔵のあった場所です。
< 大筒(おおづつ)もあった >
大砲も備えられていたようです。
2015年11月22日 08:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 大筒(おおづつ)もあった >
大砲も備えられていたようです。
< 天守閣を正面から見上げました >
本丸の正面に回り込み、登城しました。
2015年11月22日 08:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 天守閣を正面から見上げました >
本丸の正面に回り込み、登城しました。
3
< 本丸の曲輪から眺めました >
雲間から、荒島岳に、日光が降り注いでいます。山麓には、雲海が広がっています。「天空の山」ですか?
2015年11月22日 08:21撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 本丸の曲輪から眺めました >
雲間から、荒島岳に、日光が降り注いでいます。山麓には、雲海が広がっています。「天空の山」ですか?
< 荒島岳をズーム >
山頂の左側に、少し尖っているが、小荒島岳です。
2015年11月22日 08:22撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 荒島岳をズーム >
山頂の左側に、少し尖っているが、小荒島岳です。
3
< 亀山頂上の方位盤 >
三等三角点「亀山」(標高248.99m)もあります。ここに立つ事は、ピークハントを1つ達成したことになります。
2015年11月22日 08:23撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 亀山頂上の方位盤 >
三等三角点「亀山」(標高248.99m)もあります。ここに立つ事は、ピークハントを1つ達成したことになります。
1
< 権現宮跡 >
後ろ側に回り込んだ所に、入口があります。場内禁煙ですが、ここのベンチには灰皿が設置されていました。
2015年11月22日 08:26撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 権現宮跡 >
後ろ側に回り込んだ所に、入口があります。場内禁煙ですが、ここのベンチには灰皿が設置されていました。
< 通路を左に曲がると入場門です >
右下の建物はトイレです。
2015年11月22日 08:26撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 通路を左に曲がると入場門です >
右下の建物はトイレです。
< 入場門 >
戦の備えのためか、入口が、裏側にあります。入城料(入館料)大人200円です。
2015年11月22日 08:26撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 入場門 >
戦の備えのためか、入口が、裏側にあります。入城料(入館料)大人200円です。
< 大野盆地です >
左側に「荒島岳」。右端のピークは「銀杏嶺(げなんぽ)」です。
2015年11月22日 08:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 大野盆地です >
左側に「荒島岳」。右端のピークは「銀杏嶺(げなんぽ)」です。
1
< 嗚呼、荒島岳 >
天守閣からだと、樹木に邪魔されません。
2015年11月22日 08:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 嗚呼、荒島岳 >
天守閣からだと、樹木に邪魔されません。
3
< 飯降山(いふりやま) >
飯降山の左後方が、銀杏嶺(げなんぽ)。右手前に犬山(画面右端で切れています)があります。
2015年11月22日 08:33撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 飯降山(いふりやま) >
飯降山の左後方が、銀杏嶺(げなんぽ)。右手前に犬山(画面右端で切れています)があります。
1
< 犬山(戌山) >
山頂には、戌山城址があります。未明に、山頂左側の南出丸(下)まで登り、こちら側(大野城)を見ていました。
2015年11月22日 08:34撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 犬山(戌山) >
山頂には、戌山城址があります。未明に、山頂左側の南出丸(下)まで登り、こちら側(大野城)を見ていました。
1
< 撮影スポットをズーム >
南出丸(下)のあたりを拡大しました。私は、2時間前まで、向川にいたわけです。この時点でも、何人もの方が、向こうから、こちらを眺めておられるはずです。
2015年11月22日 08:35撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 撮影スポットをズーム >
南出丸(下)のあたりを拡大しました。私は、2時間前まで、向川にいたわけです。この時点でも、何人もの方が、向こうから、こちらを眺めておられるはずです。
< 武者登り >
退城(退場)した後、この階段から降りてきました。急な階段です。急ぎの時に使う通用口?だったのでしょうか。
2015年11月22日 08:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 武者登り >
退城(退場)した後、この階段から降りてきました。急な階段です。急ぎの時に使う通用口?だったのでしょうか。
1
< 本丸への坂道 >
本丸からから正面を降りてきました。この後、左手の坂道を下りました。
2015年11月22日 08:43撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 本丸への坂道 >
本丸からから正面を降りてきました。この後、左手の坂道を下りました。
< 百間坂(ひゃっけんざか) >
左の階段から、百間坂を降りていきました。
2015年11月22日 08:45撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 百間坂(ひゃっけんざか) >
左の階段から、百間坂を降りていきました。
< 二の丸跡から百間坂を見上げました >
背後は、学びの里「めいりん」(兼・小学校)のグランドです。
2015年11月22日 08:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 二の丸跡から百間坂を見上げました >
背後は、学びの里「めいりん」(兼・小学校)のグランドです。
< 大野市民俗資料館 >
9時開館でした。先を急ぎたかったので、入館しませんでした。この後、大野を後にして、「永平寺」に向かいました。
2015年11月22日 08:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 大野市民俗資料館 >
9時開館でした。先を急ぎたかったので、入館しませんでした。この後、大野を後にして、「永平寺」に向かいました。
< 日本曹洞第一道場 >
吉祥山「永平寺」にやってきました。私は、登山の疲労が溜まっていましたので、足早に拝観させて頂きました。
2015年11月22日 09:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 日本曹洞第一道場 >
吉祥山「永平寺」にやってきました。私は、登山の疲労が溜まっていましたので、足早に拝観させて頂きました。
< 永平寺の参道に入ります >
駐車場から門前街の坂道を5分ほど歩きました。ここから、100mほど参道を進むと、入場門があります。
2015年11月22日 09:53撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 永平寺の参道に入ります >
駐車場から門前街の坂道を5分ほど歩きました。ここから、100mほど参道を進むと、入場門があります。
1
< 永平寺全景図 >
2015年11月22日 10:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 永平寺全景図 >
< 参道の紅葉1 >
2015年11月22日 09:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 参道の紅葉1 >
1
< 参道の紅葉2 >
2015年11月22日 09:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 参道の紅葉2 >
1
< 参道の紅葉3 >
2015年11月22日 09:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 参道の紅葉3 >
3
< 参拝者入口です >
拝観料は大人500円です。寺院内は、拝観者のフロー(流れ)をうまく考えた参拝路になっています。
2015年11月22日 09:56撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 参拝者入口です >
拝観料は大人500円です。寺院内は、拝観者のフロー(流れ)をうまく考えた参拝路になっています。
< 傘松閣(さんしょうかく)の絵天井 >
たくさんの花や鳥が描かれています。
2015年11月22日 10:01撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 傘松閣(さんしょうかく)の絵天井 >
たくさんの花や鳥が描かれています。
3
< 「仏殿」うらの紅葉 >
2015年11月22日 10:03撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「仏殿」うらの紅葉 >
< 「法堂(はっとう)」の内部 >
七堂伽藍の中で最も高い位置に、こちらの法堂があります。聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)が奉られています。左右に2組の阿吽(あうん)の白獅子が置かれています。
2015年11月22日 10:08撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「法堂(はっとう)」の内部 >
七堂伽藍の中で最も高い位置に、こちらの法堂があります。聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)が奉られています。左右に2組の阿吽(あうん)の白獅子が置かれています。
1
< 「祖跡コース」の山々 >
そば屋さんの駐車場から眺めました。中央の山が「大仏寺山」、その右後が「仙尾山(せんのおやま)」です。「祖跡コース」は、開祖道元禅師が通られた道です。ルートは、「永平寺ダム登山口−大仏寺山−仙尾山−祝山−吉峰寺登山口」です。
2015年11月22日 10:28撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「祖跡コース」の山々 >
そば屋さんの駐車場から眺めました。中央の山が「大仏寺山」、その右後が「仙尾山(せんのおやま)」です。「祖跡コース」は、開祖道元禅師が通られた道です。ルートは、「永平寺ダム登山口−大仏寺山−仙尾山−祝山−吉峰寺登山口」です。
< 「おろし・そば」を頂きました >
『 頂きより 我が身をおろし そば三昧(三枚) 』
心もお腹も満タンで帰路に〜
2015年11月22日 10:29撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「おろし・そば」を頂きました >
『 頂きより 我が身をおろし そば三昧(三枚) 』
心もお腹も満タンで帰路に〜
撮影機材:

感想/記録

__【 良かったこと 】__

●荒島岳の周回登山を完遂できた。
●おまけに、ルートに選ばなかった登山口も見学して来れた。
●車中泊でしたが、しっかり、大野の地酒が飲めた。
●「越前大野城」を上からも下からも中からも、隣の山からも、見ることが出来た。
●天守閣から見る荒島岳・大野盆地が綺麗だった。
●「永平寺」の紅葉と絵天井が綺麗だった。

__【 悪かったこと 】__

●荒島岳ではガスが多く視界不良でした。
●佐開ルートの下見で、どろんこの林道で転んだ。
●「天空の城」になった大野城が見られなかった。
●疲労が強かったので、2日目は午前中で切り上げた。

__【 最後に 】__

荒島岳や、大野城(犬山のスポットと亀山)で多くの方々と出会い、元気を頂きました。山でもお城でも、偶然、同じ方々と何度も鉢合わすることがあり、なんだか、皆さんと一体感が生まれました。楽しい山行でした。もっと、時間にゆとりを持って楽しめれば、良いのですが、今回は(も)、ハードスケジュールでした。ヤマレコ登録用の写真を整理しながら、余韻(後味)を楽しみます。ではまた。
訪問者数:867人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/2/17
投稿数: 668
2015/11/25 14:12
 永平寺は未踏です。
こんにちは、充実の山行でしたね。
荒島岳・大野城等は登っていますが、吉祥山永平寺は山門までで境内は未踏です(´・ω・`)
レポの見てバーチャル拝観させて頂きました。
登録日: 2015/5/12
投稿数: 33
2015/11/25 15:40
 Re: 永平寺は未踏です。
hakusan319様 こんにちは、毎度のコメントありがとうございます。
 実は、私は大野城は初めてでしたが、荒島岳と永平寺は、10年ほど前に経験済みで、今回2度目でした。以前の経験では、修行道場の永平寺は別格で、今回と同様、印象深かったです。しかし、10年前の荒島岳は、記憶があまりないのです。スキー場のゲレンデ跡を登ったことぐらいしか、覚えていませんでした。当時は私にとって、魅力を感じない山行だったのかもしれません。
 「深田久弥」が、日本百名山の選定基準として、『山の品格、山の歴史、個性のある山』の3つを挙げています。私が思うに、近くにある白山などと比べれば、「品格」が足りないような気もします。しかし、今回、周回登山と周辺観光をしてみて、感じたことは、「深田久弥」は、荒島岳の山体だけを見ていたのではない〜大野盆地にもたらされる「清水(しょうず)」、山麓を流れる「九頭竜川」と「真名川」、「奥越の自然」〜等々をよく見て感じて、これらすべての『みなもと(水源)』としての価値を評価したのかもしれません。私、今回の山行で、色々楽しんだり、少しだけ勉強もしました。きっと、10年たっても忘れないと思います。ご声援ありがとうございました。ではまた。
登録日: 2014/6/2
投稿数: 199
2015/12/4 22:02
 ようこそ大野へ
今晩は・・
amadamuramの散歩コースにお越し下さいました・・
大野市内の銭湯まで宣伝有難うございます・・
ここの絵地図はamadamuramの原図を参考に書かれています
鬼谷コース(佐開コース)は・・歴史あるコースです・・

大野市佐開集落に荒島神社が祀られています・・是非ご参拝を
登録日: 2015/5/12
投稿数: 33
2015/12/5 7:51
 Re: ようこそ大野へ
おはようございます。はじめましてamadamuram様。
 私の登山歴は10年以上ありますが、本腰を入れたのは3年位前からです。自分では登山中級者と思っています。私の地元が能登です。普段は、能登、越中(富山)、加賀までの範囲をうろうろしています。同じ北陸でも、能登からだと、越前(福井)まで、日帰りで出かけるには、少し遠いように感じておりました。しかし、先日、10年ぶりに大野の名峰「荒島岳」に出かけてみて、昔と違って、道路事情も良くなっていて、車での移動があまり苦になりませんでした。また、越前大野城の天守閣から眺めた「飯降山」が印象的でした。富士写ヶ岳と同様に『末広がり』の形が良いですね。私、なんだか、福井の山に、惹かれつつあるような〜、来年からは、越前(福井)の国(山)を攻略するのに、私の戦力(登山)の3分の1位は、投入してもいいかな?〜と思ったりしてます。
 ところで、『登ってみねの福井の山』は、アマゾンや楽天ブックスでは、検索しても出てきません。福井市の「安部書店」さんで取り扱っているのでしょうか。山行のための情報収集は、ヤマレコと紙媒体を組み合わせたいですね。
 いろいろ、良い情報ありがとうございます。今後も、amadamuram様、福井散歩会の方々のご活躍と健康をお祈りいたします。
(追記)
 「安部書店」さんのネットショップはメインテナンス中でした。同じく福井市に本店のある「勝木書店」さんのネットショップ「KaBoS」で、『登ってみねの福井の山VOL.7』を注文しました。VOL.6以下は在庫がないみたいですね。届いたら、冬の間に、読んどこー
登録日: 2014/6/2
投稿数: 199
2015/12/5 9:32
 購読ありがとうございますwww
g-okabe様
登ってみねの・・の本は、福井市の勝木書店本店で独占販売契約しています。
阿部書店さん等他の書店は、勝木さんから仕入れていると思います。

猿山は隔年で3月の雪割りそう祭りに花観賞と魚釣りをしています。

山伏山や千枚田では、夕陽を見ながらテント泊も楽しみの一つです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ