ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 765348 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿(水晶岳〜羽鳥峰)靄と霧雨のお散歩

日程 2015年11月18日(水) [日帰り]
メンバー luneaciel, その他メンバー6人
天候曇りから小雨 無風から微風
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
東名阪自動車道 四日市IC →朝明渓谷駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間33分
休憩
27分
合計
4時間0分
S朝明駐車場08:3509:53根の平峠10:0010:23水晶岳10:3011:07金山11:2011:40ハト峰峠12:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
朝明渓谷から伊勢谷小屋の橋を渡り、川筋を何度か渡渉、板橋を2回渡る。
山道を登ると根の平峠。
水晶岳は中峠への途中の分岐から。
金山の案内は無く、ハト峰峠に向かう道標に「金山1分↑」の書き込みがあった。

登山道は細く、猪が掘り返した跡が何ヶ所もあった。(意外に歩きにくい)
ハト峰峠から下るネコ谷は、岩が階段状にゴロゴロしていて、
ロープのある急な岩場が2ヶ所ある。

装備

備考 雨具(GORE-TEX・サイドベンチレーションタイプ)
着替(用意して行きましたが、比較的薄着な透湿速乾タイプのシャツと上着のベンチレーションでさほど必要性は感じなかった)

写真

雨予報の平日
駐車場は私達の車だけ
2015年11月18日 08:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨予報の平日
駐車場は私達の車だけ
1
伊勢谷小屋付近から
千種街道を歩き、
あの尾根道をめざす
2015年11月18日 08:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢谷小屋付近から
千種街道を歩き、
あの尾根道をめざす
3
川の渡渉と山道を歩き、
根の平峠に到着
2015年11月18日 09:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の渡渉と山道を歩き、
根の平峠に到着
1
この先の道は愛知川に下る
機会あれば行ってみたい
2015年11月18日 09:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先の道は愛知川に下る
機会あれば行ってみたい
周りの木々は、すっかり葉を落としている
2015年11月18日 09:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りの木々は、すっかり葉を落としている
水晶岳到着
無人の雨量観測所がある
霧雨が降ってきた
2015年11月18日 10:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳到着
無人の雨量観測所がある
霧雨が降ってきた
6
中峠を過ぎ、
見逃しそうな金山ピークに到着
この時点は曇り
2015年11月18日 11:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠を過ぎ、
見逃しそうな金山ピークに到着
この時点は曇り
5
砂山状のざれた道を下り、
霧雨の中、ハト峰が現れた
今日は登っても真っ白
2015年11月18日 11:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂山状のざれた道を下り、
霧雨の中、ハト峰が現れた
今日は登っても真っ白
3
金山方面を振り返る
2015年11月18日 11:40撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山方面を振り返る
ネコ谷を降りてきました
この堰は優れていると思う
2015年11月18日 11:56撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネコ谷を降りてきました
この堰は優れていると思う
1
濡れて滑り易く、
慎重に降りる
2015年11月18日 12:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れて滑り易く、
慎重に降りる
1
林道を歩く
麓はまだ紅葉が見られた
2015年11月18日 12:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩く
麓はまだ紅葉が見られた
2
小雨でも
渓谷の水は澄んでいた
2015年11月18日 12:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨でも
渓谷の水は澄んでいた
撮影機材:

感想/記録

 明け方には星も見られたが、天気予報は曇り後雨。雷雨も?
それでも予定通り行くという。
車中から見た朝の木曽川河口は靄が立ち込めていた。風はなく、晩秋ながら今日は暖かい。
朝明渓谷に向かう平野から眺めた鈴鹿の山々は、まだはっきりと姿を見せていた。

 雨雲の来ぬうちに行程を進める。
橋を渡り、川を何度か渡渉する。きれいな流れだ。
落ち葉の積もった山道を登って行くと根の平峠。
今日は尾根道を北に向かうが、分岐案内を見て他のコースも歩いてみたいと思う。

 尾根道の東側は谷になっているが、あいにく靄が流れてきて展望が今一つ。
水晶岳も天候にめぐまれれば眺望が良いという。

 こんな日は足元の印象が強い。山は初冬の趣を見せているのに、鮮やかな緑の枝葉を伸ばしているのは、シダの仲間ヒカゲノカズラ。
絡みつくように、行く手を遮るように伸びている。日影は関係ないみたい。

 猪も何頭も生息しているらしく、登山道周辺を盛んに掘り返した跡があり、ヌタ場と思われる水溜りもあった。
おかげで登山道が歩きにくく…、登山者に対するあてつけかしら?

 ハト峰に向かう途中から霧雨が降り出す。
本降りにならぬうちに下山をと、リーダーは促す。
靄の中のハト峰を見上げ、春に登った時のことを思いながらここは従う。

 さほど濡れずに駐車場に戻り、車での帰途から雨は本降りになった。
 
訪問者数:309人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 渡渉 紅葉 ヌタ場 道標 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ