ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 765533 全員に公開 ハイキング奥秩父

甲武信ヶ岳 西沢渓谷往復

日程 2015年11月20日(金) 〜 2015年11月21日(土)
メンバー Sinn2699
天候1日目:曇り後雨
2日目:晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往き:塩山駅8時30分発甲州市市民バス
西沢渓谷入口9時30分着
帰り;西沢渓谷入口11時22分発山梨市営バス
隼上12時2分着
恵林寺13時59分発甲州市市民バス
塩山駅14時10分着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間54分
休憩
8分
合計
5時間2分
S西沢渓谷駐車場09:4612:19徳ちゃん新道分岐12:2614:27木賊山まき道分岐14:31木賊山14:3214:48甲武信小屋
2日目
山行
4時間19分
休憩
25分
合計
4時間44分
甲武信小屋06:2106:37甲武信ヶ岳06:4006:56甲武信小屋07:0707:29木賊山まき道分岐07:3009:03徳ちゃん新道分岐09:0510:26徳ちゃん新道登山口10:2710:31近丸新道登山口10:3210:40ねとりインフォメーション10:4611:02西沢渓谷駐車場11:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは西沢遊歩道途中のトイレの所に有りますが用紙は有りません。
徳ちゃん新道の序盤、尾根に上がるまでは落ち葉の下が黒土、赤土なので、濡れていると滑り易いです。滑った後が幾つか有りましたし、自分も下りで滑りました。
その他周辺情報今回ははやぶさ温泉。入浴料600円。食事も出来ます。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

近丸新道の入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近丸新道の入口
1
休業中の山荘の手前に徳ちゃん新道の入口が有ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休業中の山荘の手前に徳ちゃん新道の入口が有ります。
2
鶏冠山は見上げる高さ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠山は見上げる高さ。
1
落ち葉の登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の登山道。
岳樺もチラホラ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳樺もチラホラ。
シャクナゲの中の登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの中の登山道。
シャクナゲの芽
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの芽
遠くに広瀬湖が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに広瀬湖が見える。
鶏冠山もガスがかかって来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠山もガスがかかって来た。
尾根が痩せて来た。この後の岩尾根を登ると近丸新道との分岐に着きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が痩せて来た。この後の岩尾根を登ると近丸新道との分岐に着きます。
近丸新道との分岐。左が近丸新道。右が徳ちゃん新道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近丸新道との分岐。左が近丸新道。右が徳ちゃん新道。
戸渡尾根の道標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸渡尾根の道標。
道端に鹿の骨。この後、本降りの雨になり、ひたすら無心で登ったので画像は無し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端に鹿の骨。この後、本降りの雨になり、ひたすら無心で登ったので画像は無し。
岩ゴロゴロの急登をこなし、右に緩やかに巻く様に進むと、やっと主脈縦走路に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩ゴロゴロの急登をこなし、右に緩やかに巻く様に進むと、やっと主脈縦走路に合流。
縦走路を木賊山に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路を木賊山に向かいます。
1
木賊山の山頂。積雪期はこの標識が隠れる位雪が積もります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木賊山の山頂。積雪期はこの標識が隠れる位雪が積もります。
1
山頂から少し降るとガレの上に出ます。晴れてれば甲武信ヶ岳が見えるのですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し降るとガレの上に出ます。晴れてれば甲武信ヶ岳が見えるのですが。
甲武信小屋に到着。バスが1人だったので、もしやと思ったが宿泊者は1人。テント泊が1人でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋に到着。バスが1人だったので、もしやと思ったが宿泊者は1人。テント泊が1人でした。
5
翌朝、夜半まで降っていた雨も上がって、ガスが晴れ始めたので、山頂まで行って来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、夜半まで降っていた雨も上がって、ガスが晴れ始めたので、山頂まで行って来ました。
4
木賊山の巻道からの三宝山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木賊山の巻道からの三宝山。
1
針葉樹林に朝日が差し込み、昨日の雨で潤った森が生き生きとしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹林に朝日が差し込み、昨日の雨で潤った森が生き生きとしている。
3
雲海に浮かぶ富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ富士山。
8
ちょっと下がった露岩の所から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと下がった露岩の所から。
9
同じく。手前の尾根は乾徳山黒鉄山か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく。手前の尾根は乾徳山黒鉄山か。
6
こんな登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな登山道。
2
シャクナゲのトンネル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲのトンネル。
えぐれた登山道に倒木が十字に被さっている。倒木潜り、跨ぎは何箇所もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えぐれた登山道に倒木が十字に被さっている。倒木潜り、跨ぎは何箇所もあります。
下からガスが上がって来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下からガスが上がって来た。
この辺は緩やか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は緩やか。
カラマツの落ち葉の中の登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツの落ち葉の中の登山道。
4
ここまで尾根筋を下って来たがこの先で左に斜面を降り、支尾根に乗ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで尾根筋を下って来たがこの先で左に斜面を降り、支尾根に乗ります。
タコのような木の根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タコのような木の根。
今回の温泉ははやぶさ温泉。やはりビールと蕎麦。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の温泉ははやぶさ温泉。やはりビールと蕎麦。
3
もりそばセット。これで1,050円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もりそばセット。これで1,050円。
13

感想/記録

何故か11月になると甲武信ヶ岳。3年連続、5月下旬も合わせると4回目です。寒いだけで何も無いんですけど。徳ちゃん新道は基本急登ですが、緩斜面と急斜面が交互に続くので、急斜面を一つづつクリアして行く感じで登るといいかも。今回は西沢渓谷からの往復でしたが、西や東、北へと色々ルートが取れるので好きな山です。
訪問者数:796人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/26
投稿数: 1
2015/11/20 15:00
 日程
日程を設定し忘れました。11月18日、19日です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ