ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 765622 全員に公開 ハイキング四国

剣山の隣の山縦走(360度の大展望)

日程 2015年11月20日(金) [日帰り]
メンバー toshi1948
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
徳島自動車道美馬インターからつるぎ町貞光で国道438号を剣山方向へ
約1時間30分程度で夫婦池へ、もう5kmほど行くと見の越登山口です。
徳島の山は深く、アプローチの国道も狭く、対向待ちの箇所が随所にあります。
お気をつけておいでください。

今回はラ・フォーレつるぎ山横の丸笹山登山口から赤帽子山まで気持ちのよい尾根道をピストン縦走します。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間25分
休憩
56分
合計
4時間21分
Sスタート地点07:4208:27丸笹山08:3209:39赤帽子山10:3012:00夫婦池12:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト等はありません。
トイレは夫婦池にあります。

ラ・フォーレつるぎ山が開店していれば有料トイレを利用できます(100円)。

休憩所はラ・フォーレつるぎ山ですが今日は朝から閉店していました。
http://www.laforet-t.com/

危険な箇所はありませんが丸笹山北面は少し道が荒れています。
一部1601m地点から夫婦池間は谷を渡る箇所で2箇所ほど崩壊しています。
丸笹登山口と1601m地点に通行止めの措置をしています。
丸笹山頂からは北面に降りず、ピストンが良さそうです。
1601mから赤帽子山までは笹と自然林の緩やかで日当たりのいい、気持ちのいいハイキングロードです。
3回ほどピークをクリアし、前に見えてくるニセピークをすぎるともう少しで山頂です。
360度の大展望の絶景が待っています。

帰りはきた道を引き返します。
国道438号へのエスケープルートもありますがガレ場の急勾配であまりおすすめできません。1510.1m地点が分岐で約30分ほどで国道438号です。
見の越まで2kmほどの穴吹側に下った地点へ降ります。
その他周辺情報宿泊施設は見の越の
http://www.turugisan.com/turugisan.html?size2=b
入浴は一宇古見の岩戸温泉
http://ww81.tiki.ne.jp/~iwado/
剣山木綿麻温泉
http://www.town.tokushima-tsurugi.lg.jp/yuumaspa.html
食事は絶品ラーメンの”中華そば くにおか”
http://tabelog.com/tokushima/A3603/A360302/36000633/
毎週木曜日と日曜日が休みです。
13:30頃には売り切れて閉店します。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

ラ・フォーレつるぎ山。
デジカメにSDカードが入っていない。
今日はスマホでとりますが画像がどうかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラ・フォーレつるぎ山。
デジカメにSDカードが入っていない。
今日はスマホでとりますが画像がどうかな?
3
吉野川方面には雲海が広がっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉野川方面には雲海が広がっています。
4
ラ・フォーレつるぎ山横の丸笹山登山口(真ん中)
ここには3つ並んで登山口がありますが一番左の貞光川源流経由の道は通行止め。
一番右は剣山古道ですが丸笹山には行けません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラ・フォーレつるぎ山横の丸笹山登山口(真ん中)
ここには3つ並んで登山口がありますが一番左の貞光川源流経由の道は通行止め。
一番右は剣山古道ですが丸笹山には行けません。
1
こちらは通行止めです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは通行止めです。
2
尾根筋をいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋をいます。
2
こんな緩やかな状態が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな緩やかな状態が続きます。
2
四国88箇所霊場があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四国88箇所霊場があります。
3
森林限界を越えました。
西方向です。
左から三嶺、手前が塔の丸、遠くに見える双耳が野鹿池山、寒峰、サガリハゲ、矢筈山へと続きます。
中央のとがっている低い山が滝の下の天狗塚です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を越えました。
西方向です。
左から三嶺、手前が塔の丸、遠くに見える双耳が野鹿池山、寒峰、サガリハゲ、矢筈山へと続きます。
中央のとがっている低い山が滝の下の天狗塚です。
6
中央に寒峰、手前が滝の下の天狗塚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に寒峰、手前が滝の下の天狗塚。
7
矢筈山から黒笠山に続く稜線”膳棚”
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢筈山から黒笠山に続く稜線”膳棚”
3
剣山とジロウギュウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山とジロウギュウ。
2
左寒峰から矢筈山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左寒峰から矢筈山。
4
名前の通り緩やかな笹の山です。中央部が頂上です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前の通り緩やかな笹の山です。中央部が頂上です。
3
高城山から天神丸へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高城山から天神丸へ。
2
剣山とジロウギュウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山とジロウギュウ。
2
中央が焼山寺山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央が焼山寺山。
4
頂上のほこら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上のほこら。
2
巻きに巻いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻きに巻いています。
1
これでもか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これでもか。
2
どうだ。1本たりとも許さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうだ。1本たりとも許さん。
2
1601m地点。ここから赤帽子山へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1601m地点。ここから赤帽子山へ。
2
こんな笹原を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな笹原を行きます。
5
赤帽子山。右がにせピーク。左が頂上。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤帽子山。右がにせピーク。左が頂上。
1
右はエスケープルートです。
今回はパス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右はエスケープルートです。
今回はパス。
2
振り返って丸笹山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って丸笹山。
4
笹と自然林の縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹と自然林の縦走路。
3
もう少しですがニセピークです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しですがニセピークです。
2
笹原の向こうにニセピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原の向こうにニセピーク。
1
どんどん行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん行きます。
1
振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
2
頂上です。看板が倒れています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上です。看板が倒れています。
2
なおしました。向こうは一の森。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なおしました。向こうは一の森。
5
中央左のピークが八面山。
頂上に八面神社があります。
名前の由来は八方が見渡せるほどの展望があるからだとか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央左のピークが八面山。
頂上に八面神社があります。
名前の由来は八方が見渡せるほどの展望があるからだとか?
4
樹間におこーつあん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間におこーつあん。
3
東側。
左奥が焼山寺山。手前が東宮山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側。
左奥が焼山寺山。手前が東宮山。
3
丸笹山。三嶺。塔の丸。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸笹山。三嶺。塔の丸。
2
腕山と讃岐山脈。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腕山と讃岐山脈。
1
よく枯れています。
私ももう少し?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく枯れています。
私ももう少し?
2
向こうから貞光方面、大宗集落、十家集落、久藪集落、
明谷集落です。
これらの集落の連絡道が剣山古道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうから貞光方面、大宗集落、十家集落、久藪集落、
明谷集落です。
これらの集落の連絡道が剣山古道です。
左へ3つのピークを越えて帰ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左へ3つのピークを越えて帰ります。
2
剣山と見の越、下に国道438号が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山と見の越、下に国道438号が見えます。
2
アセビの花芽。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビの花芽。
2
明るい尾根筋をどんどん帰ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい尾根筋をどんどん帰ります。
2
貞光川源流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貞光川源流。
3
貞光川源流付近の崩壊部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貞光川源流付近の崩壊部。
2

感想/記録





久しぶりに丸笹山から赤帽子山への尾根筋を調査しました。
このルートは急登、激下りもなく笹原と自然林の中をゆったりした気持ちで歩けます。
この日は朝は曇っていたのですが、そのうちだんだん晴れて赤帽子山からの360度の大展望ができました。
剣山系のほとんどの山が見渡せ、天気もよく無風でとても気持ちのよい山歩きができました。
しかしここも食害のためシラビソ等がかなりの被害を受けています。
何らかの対策が必要でしょう。

また丸笹山北面の登山道は先の台風のためかなり痛んでいます。
関係者が通行禁止のテープを取り付けてありますので立ち入らないようにお願いします。

剣山から三嶺、天狗塚へのゴールデンルートもすばらしいですが
中尾山〜赤帽子山〜丸笹山〜塔の丸への尾根筋の道もゴールデンルートにひけをとらないルートです。
剣山系の主要な山を見ながらの緩やかで明るい笹原と自然林の登山道です。
距離(片道) 12km 累積標高700m 約6時間程度の歩行時間で塔の丸から引き返しても一日の旅程は8時間程度です。
皆さん来年はぜひお越しください。
お待ちしております。 
訪問者数:385人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/1
投稿数: 1852
2015/11/21 5:20
 防護ネット
toshi1948さん、おはようございます。

今回も調査山行ご苦労様でした。

大菩薩では鹿が嫌いなコウリンカ等を除いて全ての植物を食べつくすそうで年々花が少なくなりマツムシソウやウメバチソウなど狭い場所をネットで囲み保護しているのは大変残念です。
一方入笠山では広い範囲にネットが施され動物が入り込むのを防いでいるので多くの花々を観察することが出来ます。

今回のtoshi1948さんの写真の中で13枚目や36枚目の食害の様子や26枚目からの防護ネットの多さは悩ましいですね。
動物保護と自然保護、難しい課題ですがtoshi1948さんの様な方のご尽力により花や樹木を楽しみながらの山行が出来ているのだと感謝します。

Landsberg
登録日: 2014/11/9
投稿数: 80
2015/11/21 6:54
 Re: 防護ネット
おはようございます。

私の稚拙なブログをいつも見て頂いてありがとうございます。

自然環境の保護、なかなか難しい問題ですね。

登山道の笹の刈り取りにしても必要最小限にしないと山が乾燥して樹木を傷めてしまうこともあるようです。

動物保護は残念ながら鹿、猿等が増えすぎて現在定期的に駆除しているそうですが植物への被害はあまり減少していないようです。

また、貴重なご意見をお願い致します。

ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ