ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 765760 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走六甲・摩耶・有馬

帝釈山・丹生山

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー nami036
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
神戸市バス 丹生神社前バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間8分
休憩
4分
合計
4時間12分
Sスタート地点09:5711:00梵天滝11:0312:05帝釈山13:03丹生山13:0414:09衝原バス停14:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
アクセス 往路:神戸電鉄箕谷駅から市バスで丹生神社前バス停下車。
     復路:衝原バス停より市バスにて神戸電鉄箕谷駅に。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 着替え ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ライター ヘッドランプ 携帯 時計 タオル ストック

感想/記録

今回の山行では、北川原三角点の確認、帝釈鉱山跡、梵天滝を見て、帝釈山、丹生山を縦走、義経道を降るルートを計画した。
ルート:丹生神社鳥居ー北川原三角点ー鉱山道分岐ー帝釈鉱山跡ー梵天滝ー帝釈山山頂ー丹生山山頂ー義経道ー衝原バス停
北川原三角点は二丁の石丁を少し過ぎた辺りに赤テープの印があるところを登山道からそれて藪の中に少し入って行ったところにある。
分岐から鉱山道に入ると車止めのチェーンがあるが越えていく。
鉱山跡手前あたりから道が分かりにくい(道がない?)。沢を越えて沢沿いに沢を左手に見ながら登っていくと廃鉱のようなものがあり、それを乗り越えて行くと鉱山跡がある。その左手奥に梵天滝(俗名チョンチョン滝)がある。昨日の雨で水量は結構あった。
そこから帝釈山までは道と呼べるようなものも案内もない。少し迷った末、岩の多い急登を山頂方向にガシガシ登っていく。30分ほど登ると縦走路に出る。縦走路を左に登っていくと帝釈山山頂。お昼ご飯のおにぎりを食べ、丹生山へ向かう。
ここからは頻繁に案内があるので迷うことはない。40分ほどで丹生山山頂。丹生神社で参拝。
丹生山からの下りは表参道がメインルートとなっているが、義経が一の谷の合戦に赴く際に鷲尾三郎に案内されて降ったとされている義経道を降りながら源平合戦に想いを馳せる。落葉が滑って危ないなぁ、と思っていると、落葉の下に隠れた枯木片に乗っかり、木片がコロンと転がって尻餅をついてしまった。幸いにも怪我はなかったが、危ない危ない。
衝原に着いてバス停に行くと、丁度バスが停まっていて、待つことなくバスに乗り込むことができた。 タイミングばっちり。
訪問者数:82人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ