ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766022 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走京都・北摂

三嶽・小金嶽

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー keken51, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間2分
休憩
36分
合計
3時間38分
S大タワ駐車場09:5010:44三嶽10:4911:22大タワ駐車場11:3012:22小金ヶ嶽12:4513:28大タワ駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小金獄の岩場の登りはスリリング。鎖場も多いが、鎖をうまく利用しつつ、自分の手足でしっかり確保して登るべき。
その他周辺情報帰り道、「丹波お菓子の里」というところに立ち寄り。風情のある建物や展示物があり、丹波の土産物も置いてある。「黒豆ソフトクリーム」が嫌味のない甘さで美味しかった。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

備考 11月も下旬となると、ニット帽も備えておいたほうがよかった。帽子はこれから二種類。

写真

大たわ駐車場。ここから、三嶽・小金獄ピストン制覇を試みる。
2015年11月21日 09:50撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大たわ駐車場。ここから、三嶽・小金獄ピストン制覇を試みる。
1
目を引く紅葉。
2015年11月21日 09:50撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目を引く紅葉。
4
いざ三嶽へ。1.2kmは大した距離ではないが・・・
2015年11月21日 09:53撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ三嶽へ。1.2kmは大した距離ではないが・・・
1
情報は得ていたが、この長い直登階段は大変。六甲山縦走の栂尾山400階段よりきつかった。
2015年11月21日 10:03撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
情報は得ていたが、この長い直登階段は大変。六甲山縦走の栂尾山400階段よりきつかった。
3
続いて鎖場。
2015年11月21日 10:12撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて鎖場。
1
山頂近くの石堂。
2015年11月21日 10:41撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くの石堂。
1
約55分で三嶽山頂へ。
2015年11月21日 10:44撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約55分で三嶽山頂へ。
3
三嶽から見る次の目標小金獄。
2015年11月21日 10:51撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶽から見る次の目標小金獄。
4
登ってきた階段を下る。げっそりするくらい続く。途中、登ってこられる方何人かに「がんばってください」と声をかけた。
2015年11月21日 11:11撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた階段を下る。げっそりするくらい続く。途中、登ってこられる方何人かに「がんばってください」と声をかけた。
1
三嶽を終えて小休憩の後、小金獄へ。
2015年11月21日 11:30撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶽を終えて小休憩の後、小金獄へ。
1
三嶽は直登階段だったが、小金嶽はとりあえず普通の登山道。わずかに見られた紅葉。
2015年11月21日 11:49撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶽は直登階段だったが、小金嶽はとりあえず普通の登山道。わずかに見られた紅葉。
2
目指すはあのてっぺん。
2015年11月21日 11:55撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すはあのてっぺん。
4
さあ、岩場の始まり。ポールはザックにくくりつけた。
2015年11月21日 12:02撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、岩場の始まり。ポールはザックにくくりつけた。
2
この景観、須磨アルプスより硬派だ。
2015年11月21日 12:03撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この景観、須磨アルプスより硬派だ。
7
鎖を使って登る。
2015年11月21日 12:06撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖を使って登る。
1
続いてtenshinn。
2015年11月21日 12:08撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いてtenshinn。
1
先ほど登った三嶽を眺める。小金獄の方が眺望を楽しめる。
2015年11月21日 12:09撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど登った三嶽を眺める。小金獄の方が眺望を楽しめる。
3
鎖場が続く。雪彦山、後山行者コース以来のわくわく感。
2015年11月21日 12:09撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場が続く。雪彦山、後山行者コース以来のわくわく感。
1
登ってきた岩場を振り返る。なかなかええやん。
2015年11月21日 12:15撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた岩場を振り返る。なかなかええやん。
5
小金獄山頂の方位図。曇り空で、ここに書かれた山々は同定しにくい。
2015年11月21日 12:22撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金獄山頂の方位図。曇り空で、ここに書かれた山々は同定しにくい。
1
いやぁ、面白かった。
2015年11月21日 12:22撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやぁ、面白かった。
5

感想/記録

 昨年の冬から春にかけて、三田・北摂・丹波の山を回った。その中で常に気になっていたのが多紀アルプスの三嶽・小金嶽。自分の中ではいつか必ず、そして時期は今年11月と決めていた。ようやく、そいつを達成できた。
 播州高砂からここまではけっこう遠い。三嶽と小金獄をぐるりと周回するコースもあるが、今回はポピュラーといわれるピストン往復作戦とした。まずは三嶽。大たわからは階段の直登。このピストンはおもしろいわけではない。周回コースの方が良いかなという気がした。山頂の見晴らしは良いが、天気がイマイチでもったいなかった。しかし、三嶽は多紀アルプスの盟主と言われるだけの風格があった。登りに大変だった階段は下りも大変。長くて嫌になる。登ってこられる方が何人かいて、みんな大変そうだった。この登りの「業」を終えてある意味「解脱」している僕は、柔らかく「もう少しです。がんばってください」と声をかけた。
 さて、小金獄。この山はおもしろかった。まずは普通の登山道。それから岩場の登り、鎖場の連続。眺望も良い。ワイルドな登りを体感して、心が元気になった。この二山、人気があるようで、多くの人と出会った。次回は周回コースだなあと思いつつピストン二山登山を終えた。
訪問者数:176人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ピストン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ