ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766121 全員に公開 ハイキング関東

天覧山→多峯主山→吾妻峡→龍崖山→龍崖山公園(ヤマノススメ原作コミック第7巻五十一合目(龍崖山))

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー teoimperial
天候晴れ。
前々日までの天気予報だと曇りがちの予報でしたが、朝から晴れました。
アクセス
利用交通機関
電車バス
身体が万全じゃなかったので、行きは飯能河原まで、帰りは美杉台ニュータウンから飯能駅との間をバスに乗りました。
8:50に快速急行で飯能に到着。
8:55の名郷行きバスで飯能河原へ。
13:36に美杉台ニュータウンでバスに乗車。
13:55飯能発の準急で帰りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間14分
休憩
19分
合計
3時間33分
Sスタート地点09:2709:47天覧山中段09:52天覧山09:5710:23多峯主山10:3710:45御嶽八幡神社11:10吾妻峡11:30八耳堂11:55燧山13:00龍崖山登山口(龍崖山公園)13:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
伊吹山で痛めた左膝が未だ完全ではありませんでした。
そして途中の4箇所でノートを描いたので、こんな感じの時間でしょうか。
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はありません。急な場所もありません。
龍崖山から龍崖山公園への道は一箇所迷いそうな場所がありますが、例によって通せんぼされていますから大丈夫です。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

今日はヤマノススメ五十一合目の龍崖山を訪れるべく、天覧山→多峯主山→吾妻峡→龍崖山→龍崖山公園と言う経路で行きます。紅葉も見られたらイイナ。

天覧山に登るとあっては先ずはタイムズマートに寄ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はヤマノススメ五十一合目の龍崖山を訪れるべく、天覧山→多峯主山→吾妻峡→龍崖山→龍崖山公園と言う経路で行きます。紅葉も見られたらイイナ。

天覧山に登るとあっては先ずはタイムズマートに寄ります。
1
ここで今日のノートの描き始め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで今日のノートの描き始め。
4
9:27 さあ、ノートも描いたし、お昼も買ったし、登りましょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:27 さあ、ノートも描いたし、お昼も買ったし、登りましょうか。
紅葉が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が綺麗です。
1
9:47 中腹ノートにも描きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:47 中腹ノートにも描きました。
3
9:52 天覧山山頂に到着です。山頂も紅葉が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:52 天覧山山頂に到着です。山頂も紅葉が綺麗です。
今日は富士山がよく見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は富士山がよく見えます。
3
9:57 天覧山から多峯主山へ向かいます。ここも紅葉が綺麗ですね。でも今日の紅葉はここまでなんです。もう少しあるかなと思ったのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:57 天覧山から多峯主山へ向かいます。ここも紅葉が綺麗ですね。でも今日の紅葉はここまでなんです。もう少しあるかなと思ったのに。
2
10:23 多峯主山に到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:23 多峯主山に到着です。
多峯主山からも富士山が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多峯主山からも富士山が見えました。
多峯主山でも描きました。10:45に吾妻峡へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多峯主山でも描きました。10:45に吾妻峡へ向かいます。
2
10:45 御嶽八幡神社です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:45 御嶽八幡神社です。
11:03 多峯主山から下山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:03 多峯主山から下山しました。
11:10 吾妻峡ドレミファ橋です。さてここから今日のもうひとつの目的であるヤマノススメ第7巻五十一合目の舞台探訪となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:10 吾妻峡ドレミファ橋です。さてここから今日のもうひとつの目的であるヤマノススメ第7巻五十一合目の舞台探訪となります。
1
11:30 八耳堂から登れると聞いていたのでここから登ったのですが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:30 八耳堂から登れると聞いていたのでここから登ったのですが・・・
11:36 分かれ道。いやいや、五十一合目はトレイルランの話なのでいくらなんでも急坂は無いでしょう。と言う事で一旦追分に戻る事にしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:36 分かれ道。いやいや、五十一合目はトレイルランの話なのでいくらなんでも急坂は無いでしょう。と言う事で一旦追分に戻る事にしました。
11:40 追分です。右の道から下りて来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:40 追分です。右の道から下りて来ました。
11:45 マンガン採掘坑跡です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:45 マンガン採掘坑跡です。
11:49 中段休憩所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:49 中段休憩所
11:55 龍崖山山頂に到着です。ここでお昼にしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:55 龍崖山山頂に到着です。ここでお昼にしました。
2
龍崖山でも描きました。

今日は、タイムズマートと天覧山と多峯主山と龍崖山で描けるなあと思って4コマ続きで「紅葉狩り」と言う絵にしました。
紅葉は天覧山にしか無かったんですけどね。

12:22に龍崖山公園へ向けて下山を開始します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍崖山でも描きました。

今日は、タイムズマートと天覧山と多峯主山と龍崖山で描けるなあと思って4コマ続きで「紅葉狩り」と言う絵にしました。
紅葉は天覧山にしか無かったんですけどね。

12:22に龍崖山公園へ向けて下山を開始します。
4
12:26 すぐに富士山見晴らし台への道があったので寄り道してみたらここにもノートが。

ここは考えて無かった。4コマしか考えてなかった。

と言う事で、急遽トレイルランの話にちなんで千手院小春を初描き。
しかも部長はアニメに未だ登場していないので、アニメ作画だとこんな感じかなと言う雰囲気で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:26 すぐに富士山見晴らし台への道があったので寄り道してみたらここにもノートが。

ここは考えて無かった。4コマしか考えてなかった。

と言う事で、急遽トレイルランの話にちなんで千手院小春を初描き。
しかも部長はアニメに未だ登場していないので、アニメ作画だとこんな感じかなと言う雰囲気で。
2
13:00 龍崖山公園へ下りて来ました。
実はあまりよく調査していなくて、龍崖山から龍崖山公園は下るだけだろうと漫然と思っていたのですが、とんでもない。アップダウンがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:00 龍崖山公園へ下りて来ました。
実はあまりよく調査していなくて、龍崖山から龍崖山公園は下るだけだろうと漫然と思っていたのですが、とんでもない。アップダウンがあります。

感想/記録

先週、今年2回目の入院から退院したばかりですが、水曜日に医者から「もうスポーツしても大丈夫ですよ」と言われたので、どこかに行きたいなと週末の天気を睨みつつ、飯能の山なら大丈夫かなと天覧山→多峯主山→吾妻峡→龍崖山→龍崖山公園のコースを選びました。

左膝にはやはり少し痛みが出てしまいましたが、大事にして歩いたら無事歩き通せました。

一ヶ月ぶりに登山をすると充足感があります。
訪問者数:291人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ