ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766181 全員に公開 ハイキング東海

天狗森山

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー chichou
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
35分
合計
6時間53分
Sスタート地点07:3711:15天狗森山11:5014:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ガレ場、踏み跡の途絶え。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) GPS 筆記用具 携帯 タオル
備考 ひとりでは心理的にも危険でした。

感想/記録

07:30 風神神社前ハシゴ
なんとなく道がついていたので、導かれるように進むものの、左手の沢に着いてしまい、
30分程道伝いに登るものの行き止まり。

08:30 沢の出会い
沢の出会いに、小石積みの基礎らしき遺跡を発見。炭焼きか?修行場か?
間違いを認め、戻る。帰ろうかと悩む・・・。

09:00 軒禅定岩(勝手に命名)
ハシゴから登ってきた尾根の先にて、西方向への踏み跡を見つけ、進むとゴロゴロと大岩
が見えて来て、天狗の森を感じる。そして、軒禅定岩。

9:10 岩と広葉樹のカール
薄手の靴下のせいで、靴のフィットがいまいち。ズボンのバックルも不調。準備段階の手抜きを悔む。
さて、小休止を取って、カールが心地よく開けていて、なだらかなので、登り始める。
近所のおじさんによくよく聞いていたので、とにかく尾根を取って、稜線を目指すために、東へ進む。
ひのきの平、所々藪。急登りあり。

10:30 落葉と広葉樹のカール
落葉と広葉樹のカールに至って、炭焼き跡らしき石積みを見ながら、先に見えていた稜線に至る。
稜線に取り付いて、踏み跡を心地よく進む。
左下に槇平から水を引いたという、真原水路。
時々藪。目印をつけながら進んだ・・・つもり。

11:10 頂上
ひとりなので、さみしい。遠くに御嶽山、乗鞍岳、穂高連峰が見える。御岳山に合掌。

12:00 下山
30分程は営林署境の印と踏み跡を頼りに進むも、一度道を間違えたことにGPSにて気付く。
自分がした目印の頼りなさに不信感。

13:00 迷う
GPSをたどったつもりが、来た道と反対の北西側の尾根を下りていたらしく、修正を試みるもガラ場の渡りなどで、
手こずる。足の疲れをいやすべく、小休止を取ったり、不安に負けそうな気力を奮うために、大声で真言を唱えながら、
GPSと笹藪を掴む事を頼りに、尾根の稜線を目指して、よじ登って、来た道に至って、歓声。

13:30 天狗との術比べか?
ひのきの平は、言われた通り、下山には複雑すぎて、記憶よりGPS記録と現在位置の尾根の状況を頼りに、慎重に下山。

14:10 再び往路を外れる
往路で見た岩と広葉樹のカールに至れず、もちろん軒禅定岩にも至れず、しかし、よく見ると下方に車道が見え、また、
多くの巨岩も確認できたので、これもいいかと車道に至る。

14:30
風神神社

※散々な山行でした。一応参考は
http://www.kojitusanso.jp/tozan-report/detail/?fm=8311
と、地域のおじさんの助言でしたが、帰路に関しては、難しすぎて、おススメ出来ないです。
訪問者数:237人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

カール 急登 GPS 山行 ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ