ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766218 全員に公開 ハイキング甲信越

伊那山地の最高峰・鬼面山

日程 2015年11月17日(火) [日帰り]
メンバー youji
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口には駐車場はありませんが2台ほどとめられるスペースはあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
20分
合計
3時間10分
S地蔵峠06:0007:50鬼面山08:1009:10地蔵峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ガイドブックに書いてあるポイントはあてになりませんね。1000メートルごとに標識がたよりです
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

駒ヶ根から小渋ダムを越えて地蔵峠に向かいます
2015年11月16日 15:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ根から小渋ダムを越えて地蔵峠に向かいます
標高1314mもある地蔵峠
2015年11月17日 09:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1314mもある地蔵峠
かろうじて駐車スペースがあったのでここで車中泊
2015年11月16日 15:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かろうじて駐車スペースがあったのでここで車中泊
地蔵峠の登山口
2015年11月16日 15:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵峠の登山口
すぐ上に地蔵堂があります
2015年11月16日 15:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ上に地蔵堂があります
この標高標識が登高の目安です
2015年11月17日 09:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標高標識が登高の目安です
最初の休憩ポイントの貴ノ峰。ここが下の展望地かな?
2015年11月17日 06:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の休憩ポイントの貴ノ峰。ここが下の展望地かな?
ブナの大木がありました
2015年11月17日 06:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの大木がありました
1
ほんのわずかな時間ですが朝日が差し込んできました
2015年11月17日 07:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんのわずかな時間ですが朝日が差し込んできました
1
ブナの実が沢山落ちていました
2015年11月17日 07:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの実が沢山落ちていました
1
ここまでくれば山頂はあと少しです
2015年11月17日 08:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでくれば山頂はあと少しです
展望櫓の建つ山頂です。残念ながら曇っているので展望はほとんどありませんでした
2015年11月17日 07:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望櫓の建つ山頂です。残念ながら曇っているので展望はほとんどありませんでした
櫓の上にはおなじみのプレートがありました
2015年11月17日 08:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫓の上にはおなじみのプレートがありました
1
一等三角点です
2015年11月17日 08:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点です
2

感想/記録
by youji

 鬼面山は、伊那山地の最高峰である。しかし、地蔵峠から登ればその標高差は前日の戸倉山とさほど変わらない。前日は道の駅「いいじま」で車中泊する予定だったが、三日目の天気が怪しく、予報では降水確率が70パーセントだった。折角来たのだから三日目に予定している熊伏山には雨でも登るつもりでいたが、今回の山はどれも4時間ちょっとで登れる山ばかりなので、それならちょっと頑張って、午前中に鬼面山に登って午後から熊伏山へ登り、熊伏山の麓にある温泉付き道の駅「遠山郷」でのんびりする計画に変更した。

 そのためには早朝出発する必要があるので前日に地蔵峠まで行っておくことにした。当初車中泊する予定の道の駅「いいじま」に着いたのがまだ陽の高い午後2時すぎだった。小渋ダムから国道152号線に出て地蔵峠までは1時間半ほどなので十分明るいうちに着けそうだった。

 この国道152号線の信州側は国道とは名ばかりで舗装はされているもののすれ違いもままならぬ林道となんら変わることのない酷道だった。夕暮れ前に着いた地蔵峠には駐車場はない。かろうじてガードレールの切れ間に2台分の駐車スペースが確保されていた。

 秋の陽はつるべ落としで暗くなるのが早い。テレビが入らないのでラジオで相撲放送を聞きながら食事をしているうちに暗くなった。この国道はめったに車が通らない。翌朝までに通ったのは2台だった。陽が暮れれば明かりのない真っ暗な山の中なので窓のカーテンも要らないから、一杯飲んで気分が良くなったところでそのまま寝てしまった。今から寝れば10時間は寝られるので昨夜の寝不足も解消できるというものだ。

 明日の天気予報は曇りなので星空は期待していなかったが夜中に目が覚めたら沢山の星や飛行機のライトも見えていた。

 午前5時に起きて紅茶とパンとヨーグルトの朝食をとり、テルモスに暖かい紅茶を詰め、明るくなるのを待って出発した。登山口のすぐ上に地蔵堂がある。お地蔵さんに今日の好天をお願いして歩き出した。

 しばらくはやせ尾根を登っていく。ガイドブックには下の展望地、樹林の展望台、上の展望地などと書かれているが標識はないし、さほど展望の良い場所なんてなかったのでどこがどうだかわからなかった。かろうじて下の展望地と思われる場所に貴ノ峰と書かれた板が木にくくりつけてあるだけだった。その代わり、標高1000メートルごとに標識があったのでこれが山頂までのよい目安になった。

 昨日の戸倉山に比べると急な道が多い。貴ノ峰と1700メートルのところで一服したが、1800メートルを越えると道は緩やかになり、前方の樹林が開けたと思ったら展望櫓の建つ山頂に飛び出した。登山口から1時間50分で登れた。

 昨日はほぼ快晴で360度の展望を楽しめたが今日は一転して曇り空なので櫓に登っても周囲の山々はどこも見えない。かろうじて眼下に飯田の町並みが見えているものの駒ヶ根方面には雲海が立ちこめていた。展望のよい山だと聞いていたのでちょっと残念だが、昨日のうちに戸倉山で今日の分までしっかり見てきたので悔いはない。

 ここにも一等三角点があった。記念写真を撮ってポストに入っていた登頂者名簿に名前を記載してから下山にとりかかった。

 途中、前方の樹林帯を何かが走り去るものが見えた。だいぶ離れていたのでどんな動物だがわからなかったが、走り去った先を探したらニホンカモシカがジッとこちらを見ていた。「お〜い」と声を掛けたらぷりっと反転するや白いお尻を見せて一目散に走り去ってしまった。後にも先にも鬼面山で出会った生き物は、このニホンカモシカ君だけだった。

 ここの下りも思っていたより歩きやすく1時間ほどで登山口まで戻れた。これならこのあと青崩峠までの移動時間を考えても後半の熊伏山はゆとりを持って登れそうだった。 
訪問者数:469人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ