ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766282 全員に公開 ハイキング大峰山脈

釈迦ヶ岳

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
太尾登山口駐車場手前の路肩に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間41分
休憩
19分
合計
3時間0分
S太尾登山口13:1013:38P146813:3914:04古田の森14:40釈迦ヶ岳14:5815:29古田の森15:53P146816:10太尾登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

今日は釈迦ヶ岳に登ります。太尾登山口を出発し、
2015年11月21日 13:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は釈迦ヶ岳に登ります。太尾登山口を出発し、
5
支尾根を登り始めます。岩場を越えると、
2015年11月21日 13:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支尾根を登り始めます。岩場を越えると、
おこんぎつねが出迎えてくれます。案内役を買って出てくれると思いきや、すぐにぷいと姿を消してしまいました。
2015年11月21日 13:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おこんぎつねが出迎えてくれます。案内役を買って出てくれると思いきや、すぐにぷいと姿を消してしまいました。
9
1434mピークで尾根の上に出ます。
2015年11月21日 13:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1434mピークで尾根の上に出ます。
ブナ林を通り抜けて、
2015年11月21日 13:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林を通り抜けて、
スズタケに覆われた幅広の尾根を進むと、正面に釈迦ヶ岳、右手には大日岳から南奥駈道の稜線が見えてきます。
2015年11月21日 13:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スズタケに覆われた幅広の尾根を進むと、正面に釈迦ヶ岳、右手には大日岳から南奥駈道の稜線が見えてきます。
3
不動小屋登山口から上がってきた道を合わせ、緩やかに起伏する尾根を進みます。
2015年11月21日 13:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動小屋登山口から上がってきた道を合わせ、緩やかに起伏する尾根を進みます。
3
伸びやかな尾根の先には目指す釈迦ヶ岳。
2015年11月21日 13:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伸びやかな尾根の先には目指す釈迦ヶ岳。
5
やがて、シロヤシオの古木がアクセントを添える、古田の森のピークに達します。
2015年11月21日 14:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて、シロヤシオの古木がアクセントを添える、古田の森のピークに達します。
1
古田の森を過ぎると、釈迦ヶ岳と対面しながら、スロープ状の笹原の尾根を下っていきます。釈迦ヶ岳の左手後方からは、大峰山脈の核心部、八経ヶ岳や弥山が姿を現します。
2015年11月21日 14:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古田の森を過ぎると、釈迦ヶ岳と対面しながら、スロープ状の笹原の尾根を下っていきます。釈迦ヶ岳の左手後方からは、大峰山脈の核心部、八経ヶ岳や弥山が姿を現します。
3
千丈平に差し掛かります。小湿地を横目に通り過ぎ、
2015年11月21日 14:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈平に差し掛かります。小湿地を横目に通り過ぎ、
トウヒやシラビソなどの立枯れ林が目立つスロープ状の尾根は雰囲気のよいところ。行く手で何やらごそごそと気配がしたかと思うと、
2015年11月21日 14:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヒやシラビソなどの立枯れ林が目立つスロープ状の尾根は雰囲気のよいところ。行く手で何やらごそごそと気配がしたかと思うと、
1
幹の背後から姿を現したのはシカさん。こちらの様子を窺いながら、しばらくの間睨めっこです。
2015年11月21日 14:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幹の背後から姿を現したのはシカさん。こちらの様子を窺いながら、しばらくの間睨めっこです。
9
かくし水の水場を横目に、釈迦ヶ岳への登りにかかります。
2015年11月21日 14:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かくし水の水場を横目に、釈迦ヶ岳への登りにかかります。
1
ジグザグを切りながら急坂を登ると、右手から南奥駈道が合流し、
2015年11月21日 14:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジグザグを切りながら急坂を登ると、右手から南奥駈道が合流し、
1
ごつごつとした岩尾根を先に進むと、釈迦ヶ岳の頂上に到着します。
2015年11月21日 14:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごつごつとした岩尾根を先に進むと、釈迦ヶ岳の頂上に到着します。
10
大峰一の強力と称された、「鬼雅」こと岡田雅一氏が担ぎ上げた青銅製の釈迦如来立像が見守る頂上は、
2015年11月21日 14:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰一の強力と称された、「鬼雅」こと岡田雅一氏が担ぎ上げた青銅製の釈迦如来立像が見守る頂上は、
5
大峰山脈中屈指の展望を誇るというだけあって、眺めは格別。北方には孔雀岳、仏生ヶ岳を経て八経ヶ岳、弥山へと伸びる奥駈道の稜線を眺め、仏生ヶ岳から西に派生する七面山では、直立500mの大瑤涼燃海迫力ある姿を見せています。
2015年11月21日 14:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山脈中屈指の展望を誇るというだけあって、眺めは格別。北方には孔雀岳、仏生ヶ岳を経て八経ヶ岳、弥山へと伸びる奥駈道の稜線を眺め、仏生ヶ岳から西に派生する七面山では、直立500mの大瑤涼燃海迫力ある姿を見せています。
3
東方に大台ヶ原山、南方にかけては南奥駈道の山々、高峰山の彼方には熊野灘が見通せるはずです。
2015年11月21日 14:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東方に大台ヶ原山、南方にかけては南奥駈道の山々、高峰山の彼方には熊野灘が見通せるはずです。
3
帰路は来た道を引き返します。釈迦ヶ岳を背にして
2015年11月21日 15:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路は来た道を引き返します。釈迦ヶ岳を背にして
2
午後の日差しを浴びて輝く笹原の尾根を進みます。
2015年11月21日 15:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後の日差しを浴びて輝く笹原の尾根を進みます。
1
南奥駈道の稜線を彼方に眺めながら、最後は急ぎ足で太尾登山口に戻りました。
2015年11月21日 15:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南奥駈道の稜線を彼方に眺めながら、最後は急ぎ足で太尾登山口に戻りました。
1
撮影機材:

感想/記録

寝坊してしまい遅い出発となってしまいました。天気予報を見ると南の方が天気が良さそうなので、釈迦ヶ岳を目指すことに。狙いどおり天候に恵まれ大峰山脈の大展望を楽しむことができました。
訪問者数:302人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

水場 ブナ 支尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ