ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766334 全員に公開 ハイキング丹沢

浅瀬入口〜ミツバ岳〜権現山〜屏風岩山〜大滝峠上〜大滝橋

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー LE21
天候晴天
ガス無し
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:8:25 新松田〜西丹沢自然教室行
帰り:15:47 大滝橋〜新松田行
行きのバスは立ち乗り含めて満員。
帰りのバスは30分ほど遅れて大滝橋到着。何故か新松田駅まで1時間30分ほど所要。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間21分
休憩
28分
合計
5時間49分
S浅瀬入口09:3709:54寺ノ沢09:5509:59滝壺橋10:0511:02ミツバ岳(大出山・大嵐山)11:1011:48権現山(世附権現山)11:5012:14茅ノ丸12:2112:25二本杉峠13:23屏風岩山14:06大滝峠14:0714:13大滝峠上14:1514:40鬼石沢(大滝沢本流)14:45一軒屋避難小屋15:02マスキ嵐沢15:0315:25大滝橋15:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
09:34 移動の開始
09:58 滝壺橋
11:06 ミツバ岳
11:10 ミツバ岳
11:46 権現山
11:50 権現山
12:25 二本杉峠
13:23 屏風岩山
14:14 大滝峠上
15:26 移動の終了
コース状況/
危険箇所等
権現山までの道で一部不明瞭な部分あり。
地図とコンパスはあったほうが良い。
大滝峠上から大滝橋への沢沿いの道は滑りやすい個所が数か所あり。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 靴下 グローブ 昼ご飯 飲料 地図(地形図) 保険証 携帯 時計 タオル ヘッドランプ

写真

ミツバ岳入り口。
滝壺橋を渡ってすぐのところです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバ岳入り口。
滝壺橋を渡ってすぐのところです。
入り口から少し上がったところ。
ここまでは若干不明瞭ですが、ここから暫くは鹿策沿いに歩けば大丈夫です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入り口から少し上がったところ。
ここまでは若干不明瞭ですが、ここから暫くは鹿策沿いに歩けば大丈夫です。
たまにあるペイントマーキング。
テープと違い信頼できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまにあるペイントマーキング。
テープと違い信頼できます。
ミツバ岳への道標その1。
やはりあると安心できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバ岳への道標その1。
やはりあると安心できます。
季節外れの元気なきのこ。
でも食べられないだろうな〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
季節外れの元気なきのこ。
でも食べられないだろうな〜。
植林帯を抜けたところの天然林。道は若干不明瞭ですが歩いていて気持ちがいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を抜けたところの天然林。道は若干不明瞭ですが歩いていて気持ちがいい。
2
ミツバ岳への道標その2。
ここから頂上までは10分弱。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバ岳への道標その2。
ここから頂上までは10分弱。
天気が良いこともあり、丹沢湖も綺麗に見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良いこともあり、丹沢湖も綺麗に見えました。
1
ミツバ岳山頂の標識。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバ岳山頂の標識。
この標識は何故か地面に設置されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識は何故か地面に設置されていました。
権現山との合流地点の標識。
ミツバ岳への指示はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山との合流地点の標識。
ミツバ岳への指示はありません。
権現山山頂標識。
ミツバ岳よりも立派なものでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山山頂標識。
ミツバ岳よりも立派なものでした。
1
崩落地点の虎ロープ。
左側が道になっていて、普通に通行できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地点の虎ロープ。
左側が道になっていて、普通に通行できます。
1
立ち入り禁止の標識。
この後ろに道が見えたので進んでしまいました。
この先で2本ほど道らしきものがあったのですが、いずれも先は急坂になっていて通行困難です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち入り禁止の標識。
この後ろに道が見えたので進んでしまいました。
この先で2本ほど道らしきものがあったのですが、いずれも先は急坂になっていて通行困難です。
前述の道誤りその1
黄色のマーキング見たら引き返しましょう。
この先がかなりの急坂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前述の道誤りその1
黄色のマーキング見たら引き返しましょう。
この先がかなりの急坂です。
1
前述の道誤りその2
その1とは別の道にあるマーキングです。
この先がやはり急坂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前述の道誤りその2
その1とは別の道にあるマーキングです。
この先がやはり急坂。
大滝橋への道にある橋。
この橋はまだましな方。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝橋への道にある橋。
この橋はまだましな方。
この桟道もまだましなほう。
でも、渡っていると揺れるのですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この桟道もまだましなほう。
でも、渡っていると揺れるのですよ。

感想/記録
by LE21

11月下旬とは思えない気温で登り始めから最後まで半袖のTシャツで通せました。
畦ヶ丸から西丹沢自然教室に降りたかったのですが、大滝峠上で時間的な制約から断念し、大滝橋に降ることに。

ミツバ岳入り口からミツバ岳は一部不明瞭なところあり。
テープによるマーキングは道を示すものではないので要注意。
ところどころにある、木の幹へのペインティングは信頼して大丈夫。
以降もところどころ不明瞭な個所はあるものの、地図とコンパスがあればまずは大丈夫。
大滝峠上までの間で危険個所は特にありません。
ただ、ところどころ急坂があるので、事前に地図でポイントを押さえておくのが良いでしょう。
大滝峠上〜大滝橋は沢沿いの道で滑りやすい個所が数か所あります。
また、古びていて信頼に足りない木橋がいくつかあります。
しかしながら、苔生した岩や清流等、前述のデメリットを加味しても楽しく歩ける道ではありました。
次回は大滝橋から登ってみようと思います。
訪問者数:236人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

コンパス 崩落 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ