ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766525 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

【多摩川分水界の赤線つなぎ】丸川峠〜柳沢峠〜三窪高原

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー oreshio
天候朝のうちは晴れも、次第に高曇り気味。気温・湿度ともに高く、この時期にしては蒸し暑い体感
アクセス
利用交通機関
電車バス
▼行き
板橋4:32ー(赤羽・南浦和・西国分寺・高尾のりかえ)ー塩山7:22
塩山駅7:35=(山梨貸切自動車バス 300円)=大菩薩峠登山口8:02

▼帰り
柳沢峠15:40=(山梨貸切自動車バス 800円)=塩山駅 16:30
塩山17:05ー(ホリデー快速ビューやまなし)ー新宿

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
1時間15分
合計
7時間4分
S大菩薩峠登山口(裂石)08:0508:26裂石ゲート前駐車場10:12丸川荘(丸川峠)10:2510:55寺尾峠11:0011:24天庭峠11:2511:53葡萄沢峠11:5412:00六本木峠12:1512:59柳沢峠13:1013:36柳沢の頭13:5314:13ハンゼノ頭(半瀬ノ頭・ハンセイ)14:1914:59柳沢登山口15:0015:03柳沢峠15:0815:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全区間、整備の行き届いたハイキングコースです。

六本木峠〜柳沢峠と三窪高原は手軽なハイキングコースとして整備されています。細かな遊歩道の分岐が多いので現地の看板をよく見て歩くとよいでしょう。

●丸川峠への登りは落ち葉や木の根が濡れて滑りやすい状態でした。
●丸川峠〜六本木峠は、稜線の東側を巻く区間で滑りやすい露岩が道をふさいで歩きにくい場所が多くあります。

過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

紅葉は裂石付近でも最終版の様相。
2015年11月21日 08:13撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は裂石付近でも最終版の様相。
バス停で上着を脱いでも寒さは感じません。暖かな朝です。
2015年11月21日 08:15撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停で上着を脱いでも寒さは感じません。暖かな朝です。
1
気温は8℃・・・。下着を冬用にしたのは失敗だったか。連休初日で上日川峠を目指す車が多いです。
2015年11月21日 08:17撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は8℃・・・。下着を冬用にしたのは失敗だったか。連休初日で上日川峠を目指す車が多いです。
丸川峠登山口の駐車場。まもなく満車
2015年11月21日 08:25撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川峠登山口の駐車場。まもなく満車
標高1000mを超えれば、ほぼ落葉
2015年11月21日 09:04撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1000mを超えれば、ほぼ落葉
丸川峠到着。
丸川峠は大菩薩嶺から降りてきた時の眺めが好き。
2015年11月21日 10:15撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川峠到着。
丸川峠は大菩薩嶺から降りてきた時の眺めが好き。
1
今日は大菩薩嶺ではなく、柳沢峠へと向かいます。
2015年11月21日 10:17撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は大菩薩嶺ではなく、柳沢峠へと向かいます。
アップダウンはなく、道幅も広いのに、すべりやすい露岩が道をふさいで歩きにくい場所が多い。
2015年11月21日 10:32撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンはなく、道幅も広いのに、すべりやすい露岩が道をふさいで歩きにくい場所が多い。
巻道から解放された尾根沿いは穏やかな空気に包まれる。
2015年11月21日 10:52撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道から解放された尾根沿いは穏やかな空気に包まれる。
寺尾峠。道標には示されていませんが、泉水谷方面に下る、かなりハッキリ道が分岐してます。
2015年11月21日 10:55撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺尾峠。道標には示されていませんが、泉水谷方面に下る、かなりハッキリ道が分岐してます。
六本木峠。寺尾峠からここまでが長く感じました。疲れた。
2015年11月21日 12:11撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六本木峠。寺尾峠からここまでが長く感じました。疲れた。
六本木峠から柳沢峠への下りは、かなりお気楽なハイキングコースです。
2015年11月21日 12:27撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六本木峠から柳沢峠への下りは、かなりお気楽なハイキングコースです。
1
勉強するのによい道。
とはいえ樹木の見分け方は、本腰を入れて勉強しないと覚えられそうもないですが。
2015年11月21日 12:38撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勉強するのによい道。
とはいえ樹木の見分け方は、本腰を入れて勉強しないと覚えられそうもないですが。
柳沢峠到着。
これで多摩川分水界は小仏城山から蕎麦粒山までつながりました。(厳密に尾根通しを歩いたわけではありませんが・・・)
2015年11月21日 13:05撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柳沢峠到着。
これで多摩川分水界は小仏城山から蕎麦粒山までつながりました。(厳密に尾根通しを歩いたわけではありませんが・・・)
久々の山歩きでかなり疲れていましたが、柳沢峠の喧騒から逃れるために迷わず三窪高原へ。
誰もいない柳沢ノ頭到着。ここでようやく落ち着いて休憩できます。
2015年11月21日 13:42撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々の山歩きでかなり疲れていましたが、柳沢峠の喧騒から逃れるために迷わず三窪高原へ。
誰もいない柳沢ノ頭到着。ここでようやく落ち着いて休憩できます。
ハンゼの頭からの大菩薩嶺。
何というか、大菩薩嶺がこんなに格好いい、堂々たる山容の山だということを初めて知りました。北尾根と、今日歩いてきた多摩川分水界の稜線が、黒木に覆われた重厚感のある頂上周辺を引き立てます。
2015年11月21日 14:10撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハンゼの頭からの大菩薩嶺。
何というか、大菩薩嶺がこんなに格好いい、堂々たる山容の山だということを初めて知りました。北尾根と、今日歩いてきた多摩川分水界の稜線が、黒木に覆われた重厚感のある頂上周辺を引き立てます。
2
ハンゼの頭からは360度に近い展望が得られます。
この写真は金峰山から国師が岳方面。スマホで撮ったダメ写真ですが、辛うじて五丈岩が判別できます。
2015年11月21日 14:15撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハンゼの頭からは360度に近い展望が得られます。
この写真は金峰山から国師が岳方面。スマホで撮ったダメ写真ですが、辛うじて五丈岩が判別できます。
三窪高原がこんな眺めのいい場所とは知りませんでした。それなのに、三窪高原であったハイカーは2名だけ。ここは冬に再訪したいですが、柳沢峠のバスはこの3連休までなんですよね。。。
2015年11月21日 14:17撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三窪高原がこんな眺めのいい場所とは知りませんでした。それなのに、三窪高原であったハイカーは2名だけ。ここは冬に再訪したいですが、柳沢峠のバスはこの3連休までなんですよね。。。
1
ハンゼの頭からの奥秩父。一番右が飛龍山。仙波尾根・カバヤの頭の樹木のない三角頭がちらっと見えていますがこの写真だとわかりにくい。
2015年11月21日 14:18撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハンゼの頭からの奥秩父。一番右が飛龍山。仙波尾根・カバヤの頭の樹木のない三角頭がちらっと見えていますがこの写真だとわかりにくい。
骨董品。誰だよキレイに並べた奴・・・
2015年11月21日 14:33撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
骨董品。誰だよキレイに並べた奴・・・
ハンゼの頭からの下りは、階段も少なく歩きやすい道でした。
2015年11月21日 14:52撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハンゼの頭からの下りは、階段も少なく歩きやすい道でした。
訪問者数:204人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

紅葉 高原 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ