ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766554 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

香取IN〜甲川〜甲ヶ山〜矢筈ヶ山〜大休峠〜香取OUT

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー choi4946, その他メンバー1人
天候ガスガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間39分
休憩
41分
合計
6時間20分
Sスタート地点08:1111:00甲ヶ山11:0812:00小矢筈12:0112:24矢筈ヶ山12:2513:01大休峠13:3214:09香取分れ14:30香取登山口14:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
甲川から甲ヶ山まではマーキングを頼りに沢筋を詰めて行きますが、途中で道を見失い藪漕ぎとなりました。藪漕ぎといっても、木の枝を掻き分けながら滑りやすい斜面を登るため非常に体力を消費しました。
甲ヶ線からの下りは濃霧により、非常に滑りやすく慎重に下りました。、またここも濃霧で視界が悪いこともあり、マーキングを見失いルートを外していました。下れるところまで下ればよかったのですが、どこまで下るんだろう?との不安から下りきる前に斜面をトラバース気味に歩いてしまいました。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

香取からスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
香取からスタート。
いくつかの枯れ沢を通過。
2015年11月21日 08:21撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつかの枯れ沢を通過。
甲川に出た。
2015年11月21日 08:54撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲川に出た。
ここから急登。
岩は濡れていてツルツル。
2015年11月21日 09:10撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから急登。
岩は濡れていてツルツル。
沢筋の左側を詰めて行く。
2015年11月21日 09:17撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢筋の左側を詰めて行く。
落ち葉も滑るし、石も滑る。
ホールドもふわふわしていて登りにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉も滑るし、石も滑る。
ホールドもふわふわしていて登りにくい。
ずっとガスでこの後ルートを外してしまう。
正規ルートから右にそれてしまっていたようで、この先藪漕ぎとなる。
2015年11月21日 09:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっとガスでこの後ルートを外してしまう。
正規ルートから右にそれてしまっていたようで、この先藪漕ぎとなる。
藪漕ぎで体力を消耗したが、稜線に出られホッとした。道があるってすばらしい。
ゴジラの背突入。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪漕ぎで体力を消耗したが、稜線に出られホッとした。道があるってすばらしい。
ゴジラの背突入。
1
濡れていて滑るが、ホールドがしっかりしているので慎重に行けば問題ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れていて滑るが、ホールドがしっかりしているので慎重に行けば問題ない。
ゴジラの背を無事通過。
眺望無いのが悔しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴジラの背を無事通過。
眺望無いのが悔しい!
1
ルートを間違え、甲ヶ山の山頂から更に先へ進んだ。
断崖絶壁で引き返し、山頂から下ることに気付く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートを間違え、甲ヶ山の山頂から更に先へ進んだ。
断崖絶壁で引き返し、山頂から下ることに気付く。
甲ヶ山からの下り。
下りながらどこまで下ればいいか分からず、途中からトラバース気味に歩く。
潅木に突き当たり、更に下らないといけないことに気付く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲ヶ山からの下り。
下りながらどこまで下ればいいか分からず、途中からトラバース気味に歩く。
潅木に突き当たり、更に下らないといけないことに気付く。
小矢筈を降りたところ。
真っ白でしたが、迫力ありました。
2015年11月21日 12:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小矢筈を降りたところ。
真っ白でしたが、迫力ありました。
矢筈ヶ山に到着。
ここまでくれば、あとはしっかりとした道を下るだけ。
2015年11月21日 12:20撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢筈ヶ山に到着。
ここまでくれば、あとはしっかりとした道を下るだけ。
1
川床と香取との分岐。
2015年11月21日 14:09撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川床と香取との分岐。
到着。
ある意味充実した登山でした。
2015年11月21日 14:21撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着。
ある意味充実した登山でした。
撮影機材:

感想/記録

天気は朝からガスに覆われておりました。
いづれ晴れるだろうと思って、出発しましたが全く晴れる気配無く、結局終始ガスガスでした。
前日までの雨で落ち葉に覆われたところはぬかるみ、岩場もガスで濡れ非常に滑りやすくなっていて、慎重に歩くため気を使いました。
初のルートであったこともあり、道を何度か外してしまい、その都度地図を確認するも回りの視界がないため良く分からず不安でした。結局GPSに頼りました。
景色は全く見られず残念でしたが、登山の条件としては良くない中いろいろ経験できてよかったと思います。
訪問者数:313人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/22
投稿数: 13
2015/11/22 19:34
 はじめまして
甲ヶ山直登ルートでお会いしたソロ者です。私もルートロスしてとんでもない藪コギする羽目になりました。展望も無く残念でしたね。次は晴れるといいですね〜。
登録日: 2013/1/5
投稿数: 7
2015/11/22 23:21
 Re: はじめまして
はじめまして。昨日はお互いに大変だったんですね。
僕らは藪で右往左往して、この先どうしようかと話しをしている時に尾根方面から8243さんの熊鈴の音がしたので、これはいける!ということで頑張れました。ありがとうございます!
眺望なしが悔しすぎたのでリベンジ決定です。
登録日: 2010/10/12
投稿数: 644
2015/11/23 2:39
 迷いやすい?
私もこの夏、下りではオンルートだったのに上りでは、正規ルートより右に逸れてルートロスしました。急登で下ばかり見て登っているうちに見落としたのだと思います。最近このコースのレコを沢山見ますね。スタンダードになってきたのかな?
ご苦労様でした。
登録日: 2013/1/5
投稿数: 7
2015/11/23 12:22
 Re: 迷いやすい?
コメありがとうございます。
大休峠を通過するルートで周回できるってあまり無いので、このルートは良かったです。
結果的には楽しい山登りでしたが、急登でのルートロスはかなり気力と体力を奪われました。
沢筋を登り詰める前に左に抜けるルートがあったんだと思いますが詰まったところから右に入ってしまったのが間違いだったかなと。
どこでルートを外したのか、また検証が必要だと思いました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 GPS 藪漕ぎ ガスガス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ