ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766666 全員に公開 ハイキング近畿

嶋津の絶景

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー sskamosika(CL), その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
0分
合計
4時間4分
Sスタート地点08:3212:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

国道311号線の瀞大橋の手前を左折し「この道は行き止まり」と書かれた道を嶋津集落に向かって走ると行き止まりとなり、右折して少し行くと駐車出来る川原に出ます。登山口は黄緑色の矢印にあります。左の人家は私設「嶋津観光協会」です。
2015年11月21日 12:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道311号線の瀞大橋の手前を左折し「この道は行き止まり」と書かれた道を嶋津集落に向かって走ると行き止まりとなり、右折して少し行くと駐車出来る川原に出ます。登山口は黄緑色の矢印にあります。左の人家は私設「嶋津観光協会」です。
3
登山口の標識
2015年11月21日 08:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の標識
6
最初は杉の林の中を進む
2015年11月21日 08:43撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は杉の林の中を進む
15分ほど歩くと峠に到着、ここを降ると木津呂への昔の渡し船乗り場に行く道である、ここを左折しここからは概ね尾根道を歩きます
2015年11月21日 08:46撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほど歩くと峠に到着、ここを降ると木津呂への昔の渡し船乗り場に行く道である、ここを左折しここからは概ね尾根道を歩きます
2
思っていたより急である
2015年11月21日 09:11撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思っていたより急である
2
案内プレ−トはないが急な所にはトラロ−プが付けられていた
2015年11月21日 09:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内プレ−トはないが急な所にはトラロ−プが付けられていた
3
この急登を登り切った所(310m地点)は帰り道間違いそうなので覚えておくことが良いですよ
2015年11月21日 09:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この急登を登り切った所(310m地点)は帰り道間違いそうなので覚えておくことが良いですよ
4
ここから小さいアップダウンがあります
2015年11月21日 09:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから小さいアップダウンがあります
1
行き過ぎた為シダのブッシュを通過
2015年11月21日 10:03撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き過ぎた為シダのブッシュを通過
1
全く標識等ない絶景ポイントに行くためには所々に立っているアナログテレビ時代の共同アンテナケ−ブルの中で唯一機器箱の付いたP336地点
2015年11月21日 11:16撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全く標識等ない絶景ポイントに行くためには所々に立っているアナログテレビ時代の共同アンテナケ−ブルの中で唯一機器箱の付いたP336地点
6
このポ−ルから西方向約50mの所が第一展望所降り口です。♀カモシカが先に行っています、ここから約5〜60m降ると絶景が・・・、丸印の石を覚えて下さい。
2015年11月21日 10:43撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このポ−ルから西方向約50mの所が第一展望所降り口です。♀カモシカが先に行っています、ここから約5〜60m降ると絶景が・・・、丸印の石を覚えて下さい。
5
上の地点からもう48mほど西に進むと第二絶景展望所降り口です。道の上に1mぐらいの桧の切り株が目印です
2015年11月21日 11:12撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の地点からもう48mほど西に進むと第二絶景展望所降り口です。道の上に1mぐらいの桧の切り株が目印です
4
ここから約70mほど降りますが、第一より相当きついです、見晴らしも僕的には第一のコ−スの方を薦めます。どちらもほとんど変わりなし。
2015年11月21日 11:07撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから約70mほど降りますが、第一より相当きついです、見晴らしも僕的には第一のコ−スの方を薦めます。どちらもほとんど変わりなし。
4
これが絶景、蛇行した北山川の外側は和歌山県、中の前方後円墳のような所は三重県紀和町木津呂です
2015年11月21日 10:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが絶景、蛇行した北山川の外側は和歌山県、中の前方後円墳のような所は三重県紀和町木津呂です
16
もう一枚、写真左手は大台ケ原や大峰山脈から流れ出た水が池原ダムを通ってあの有名な瀞八丁(このすぐ奥)を流れここに。紀和町木津呂をほとんど一回りして右手奥に行き向こうの高い山と手前の杉林の低い山の間を回り込んで、僕たちがいる山の反対側、写真で言えば背中の方を流れて熊野川に合流します。
2015年11月21日 10:19撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一枚、写真左手は大台ケ原や大峰山脈から流れ出た水が池原ダムを通ってあの有名な瀞八丁(このすぐ奥)を流れここに。紀和町木津呂をほとんど一回りして右手奥に行き向こうの高い山と手前の杉林の低い山の間を回り込んで、僕たちがいる山の反対側、写真で言えば背中の方を流れて熊野川に合流します。
13
瀞峡めぐりのジェット船が頻繁にこの蛇行した川を瀬をよけながら走っていました。音が結構大きい
2015年11月21日 10:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀞峡めぐりのジェット船が頻繁にこの蛇行した川を瀬をよけながら走っていました。音が結構大きい
12
アップで、山の緑と白く輝く川原とどこまでも碧い水です
2015年11月21日 10:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで、山の緑と白く輝く川原とどこまでも碧い水です
9
広角レンズではないのでいまいち引きたいのですが無理。合成してみました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広角レンズではないのでいまいち引きたいのですが無理。合成してみました
12
これはいけません、要らなくなったら持ち帰りましょう
2015年11月21日 12:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはいけません、要らなくなったら持ち帰りましょう
所々にリンドウが可憐な花を咲かしていました
2015年11月21日 11:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々にリンドウが可憐な花を咲かしていました
6
登山口から少し奥にはこんな立派な石積の屋敷跡が
2015年11月21日 12:32撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から少し奥にはこんな立派な石積の屋敷跡が
6

感想/記録

和歌山県の土地でありながら三重県と奈良県に囲まれ、和歌山県のどの市町村とも接していなく新宮市熊野川町とも分かれて存在する特殊な場所である「嶋津」の山から北山川の蛇行の絶景が見えると言うことを聞き登ってくることにした。又この北山川は大台ケ原の南部、紀伊半島の屋根である大峰山脈の大普賢岳から笠捨山までの東側に降った雨水がすべて集まって瀞八丁を通ってここを流れます
この山は入口のプレ−ト以外案内板やテ−プ等一切見かけられず、距離が短い割には分かりにくい手ごわい山である、最初分岐点が分からず進んでいると如何もおかしいとGPSを出して調べるともう通り過ぎていたようで引返しました。帰り道標高310mの小さな峰から左に急降下しなければならない所、右側にはっきりしたふみ跡がありそちらに行ってしまった。ここは迷いそうです。
訪問者数:370人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/29
投稿数: 445
2015/11/22 12:01
 面白いですね。
この辺りは前々から行きたいと思いながら行っていません。
とても参考になりました。
木津呂に知人がいるので、是非両方行ってみたいです。
こういう里山歩き、これからの季節にもってこいですね。
登録日: 2014/7/5
投稿数: 2
2015/11/22 12:10
 よくわかりました
一回行った時に、絶景ポイントがわかりませんでしたが、今回、わかりやすく説明していだだき、ありがとうございます、来年再アタックします!
登録日: 2012/11/11
投稿数: 296
2015/11/22 14:27
 Re: 面白いですね。
僕も前からここには興味を持っていました。あなたの後にコメント下さったYabutiyannさんの15年2月の記事ともう一人の記事を参考に行ってきました。
行ってみて下さい。
登録日: 2012/11/11
投稿数: 296
2015/11/22 14:34
 Re: よくわかりました
15年2月の記事参考にさせて頂きました。それと反対側から登った14年11月のyutaさんの記事も参考にしました。帰ってから写真を見てもう少しうまく撮れなかったのかと・・・・、器具の付いたポ−ルと石垣のような石や高い所で切った株を参考にして下さい。この頃人が行くようで踏み跡もついてくると思います。
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2045
2015/11/22 17:00
 sskamosikaさん こんにちは!
景色は絶景ですが・・・、
こんなにややこしいところに分け入ると、私ならまず「遭難」ということになりそうです
違った道に誘導されるということは、歩かれた方の中にも相当大勢の方が迷っておられるということかもしれませんね。

県境が入り混じって、ここだけ三重県に属しているのですね。
複雑な事情がありそうな気がします。

ともあれ無事ご帰還されて良かったですね。
お疲れさまでした
登録日: 2012/11/11
投稿数: 296
2015/11/22 18:25
 Re: sskamosikaさん こんにちは!
s_fujiwaraさんコメント有難う御座います
いやいやそんなにややこしい所ではないです、概ね尾根道のふみ跡がはっきりついていますから。ただ尾根から絶景ポイントに降りる分かれ道がはっきりしないのと帰り道間違ったところは何であんなに道がはっきりついていたのかもう少し現地で調べるべきだったと思っています。僕が迷った辺はふみ跡がなくなってからシダの中をあちこち歩いた所があり迷わされました。もし行かれるのでしたら見てきて下さい。いやここだけが和歌山県です、三重県と奈良県の中に飛び地として和歌山県の集落があります。昔道がないころ北山川が生活や経済(特に木材等)の多くを和歌山県の熊野川地域に繋がっていたので、県境を分ける時川を中心に考えたと言われています。
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2045
2015/11/22 18:47
 改めて地図を確認しました
県境の再確認をしました。
確かに歩かれたところは和歌山県新宮市でした。
ログは保存させていただきます。
ありがとうございました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

カモシカ 急登 GPS リンドウ 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ