ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766946 全員に公開 ハイキング奥武蔵

大霧山 最短ルート 子連れ(7歳&3歳)

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山hidezon, その他メンバー3人
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
粥仁田峠の大霧山登山口まで自家用車
出発地点:粥仁田峠
到着地点:粥仁田峠
粥仁田峠には駐車場なし(近くの路肩に駐車)
登山口までのラスト150mほどは車がすれ違えないほどの細道
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間45分
休憩
41分
合計
2時間26分
S粥仁田峠11:4512:52大霧山13:3314:11粥仁田峠14:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山行最高到達地点:766m
山行距離:2.25km
山行時間:1時間45分
合計時間:2時間26分
山行標高差:214m
山行累積標高(上り):196m
山行累積標高(下り):159m
山行ポイント:6.1point
※計算式はプロフィールを参照してください
コース状況/
危険箇所等
山頂は雲の中だが視界は良好。土の山道は概ね幅の広い尾根道で歩きやすい。落ち葉により滑りやす箇所はあるが大きな問題はない。トイレ無し。
その他周辺情報彩の国ふれあい牧場(埼玉県秩父高原牧場)の直売店で軽食可能(※土日祝日のみ)
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 タオル カメラ 背負子(3歳児用) コンロ コッヘル

写真

11:44
粥仁田峠(かゆにたとうげ)の大霧山(おおぎりやま)登山口付近の路肩。4台分程度のスペースあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:44
粥仁田峠(かゆにたとうげ)の大霧山(おおぎりやま)登山口付近の路肩。4台分程度のスペースあり。
2
11:45
大霧山登山口。東屋と登山届のポストあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:45
大霧山登山口。東屋と登山届のポストあり。
1
11:46
大霧山へのルートは粥仁田峠と定峰峠から登れる。粥仁田峠が最短ルート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:46
大霧山へのルートは粥仁田峠と定峰峠から登れる。粥仁田峠が最短ルート。
11:48
登り始めてすぐに分岐。牧場バス停に降りることができる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:48
登り始めてすぐに分岐。牧場バス停に降りることができる。
11:54
山登りの定番。次男。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:54
山登りの定番。次男。
3
11:59
山道は概ねこんな感じ。歩きやすい尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:59
山道は概ねこんな感じ。歩きやすい尾根道。
1
11:59
葉が落ちているので、視界は窮屈さがなく気持ちが良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:59
葉が落ちているので、視界は窮屈さがなく気持ちが良い。
1
12:10
尾根道なので常に風が吹いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:10
尾根道なので常に風が吹いている。
12:14
頂上まで1本道で風景の変化がない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:14
頂上まで1本道で風景の変化がない。
2
12:32
行程の半分を過ぎた辺りで唯一の変化。杉林を抜ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:32
行程の半分を過ぎた辺りで唯一の変化。杉林を抜ける。
12:49
山頂手前の急登。落ち葉があるので滑りやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:49
山頂手前の急登。落ち葉があるので滑りやすい。
1
12:51
山頂目前。次男(3歳)が背負子に乗らずに登り切った。成長を感じる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:51
山頂目前。次男(3歳)が背負子に乗らずに登り切った。成長を感じる。
3
12:52
山頂。曇りのため眺望はなし。低山なので大丈夫かと思っていたが残念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:52
山頂。曇りのため眺望はなし。低山なので大丈夫かと思っていたが残念。
6
12:58
晴れていれば…。今回初めて登山にガソリンバーナーを持参。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:58
晴れていれば…。今回初めて登山にガソリンバーナーを持参。
13:18
山頂でのカップラーメンの美味しさに大興奮の長男。今後の定番になりそう。大休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:18
山頂でのカップラーメンの美味しさに大興奮の長男。今後の定番になりそう。大休憩。
2
13:34
来た道を戻って下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:34
来た道を戻って下山。
13:50
下りのちょうど半分辺りで次男を背負子に乗せる。ここまで1人で歩けたことに感心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:50
下りのちょうど半分辺りで次男を背負子に乗せる。ここまで1人で歩けたことに感心。
1
14:59
ミサコと。ふれあえる動物はうさぎ、ヤギ、羊のみ。ちょっと寄るにはとても良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:59
ミサコと。ふれあえる動物はうさぎ、ヤギ、羊のみ。ちょっと寄るにはとても良い。
3
15:02
下山後に彩の国ふれあい牧場へ。県立のため入場料なし。いつもは100円の双眼鏡もタダ。喜ぶ長男。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:02
下山後に彩の国ふれあい牧場へ。県立のため入場料なし。いつもは100円の双眼鏡もタダ。喜ぶ長男。
3

感想/記録

3連休の中日。突如思い立って山に出かけることになった。かねてよりチョット登りたい時に行くための山として考えていた大霧山(おおぎりやま)を最短ルートで登ることにした。天候はくもり。山頂の眺望が気になったが、やはり下から山頂は見えず。大霧山の登山口は粥仁田峠(かゆにたとうげ)と定峰峠(さだみねとうげ)があるが、今回は最短ルートで粥仁田峠から登る。駐車場はないので登山口付近の路肩に駐車。4台程度駐車可能(トラブルは自己責任で)。

最短ルートであるがゆえに、今回のルートは最近の山行では短め。しかし、今までの山行はアップダウンの少ない場所を選んでいたため、小さい目標ではあるが標高差200m超えという課題。長男は距離も短いので問題ないだろう。次男の底力を見てみたいのがお父さんの密かな目的。

しかし、車を降りて登山準備中に「僕これ乗る!」と、背負子を指差す次男に、お父さんずっこける。
「これはまだ(笑)!」と、気を取り直して山行開始。

大霧山への山道は80%が尾根道。お父さんは最近、山の雑誌で見る尾根道に憧れており、それも大霧山を選んだ理由。とは言え、低山なので山道の両サイドは林で展望はなく雑誌のそれとは全く違うが、想像力を膨らませてカバー。風が抜ける尾根道は非常に気持ちが良い。

唯一問題点があるとすれば、風景に変化がないこと。山道もまっすぐ直進だし、ずっと尾根道だしで子供は飽きる可能性あり。それでも、子供は子供。何もないなら、ないなりに遊んで欲しいと思うのが親の気持ち。長男も次男も落ち葉や枯れ木の棒でじゃれ合って遊んでいた。お父さんとしては、じゃれあいナシで黙々と登ってくれれば、体力も温存されてもっと高い山に登れるのになぁ…と考える。

しかし、じゃれあいの効果か、次男(3歳)が自力での大霧山登頂に成功!これには嬉しかった。もともと登山に前向きなのは次男だったが、疲れれば当然背負子に乗りたがる。お父さんとしても機嫌は損ねたくないと思うので、足元を見られている感はあるが背負子に乗せる。…というのが、いつもの定番。次男の自力登頂1座目は大霧山となった。

嬉しい次男の自力登頂でテンションは上がり、最高の登山となったが残念ながら山頂からの眺望はゼロ。しかし、もう一つのお楽しみは初めて山行に携帯したバーナーで昼食(カップラーメン)。曇っていても小さな新しい楽しみはいくらでもあるのさっ…と、お父さんは内心ご機嫌。今回バーナーを携帯できたのは新しいザック(Millet Geant30)を購入したおかげ。
尾根道で冷えた身体に染み渡るカップラーメンの汁は最高!長男も(極普通の)カップラーメンの美味しさ感動し、甲殻類が苦手なのにテンションが上がって小エビを食べて「旨い!」と舌鼓。次回も絶対エビ入りカップラーメンだそう。

下山は来た道を戻る。ルートの半分ぐらいで次男は軽く機嫌が悪くなる。お母さんと相談し、望みすぎてはいけないということで次男は背負子へ。自力での山制覇は次回以降へ持ち越しとなった。

下山後は、近くにある彩の国ふれあい牧場へ。ふれあえる動物はうさぎ、ヤギ、羊だけという小ぢんまりとした牧場でサブの目的地には持って来い。県営牧場のため入場料も無料。普通は100円を入れる双眼鏡も無料で長男は喜ぶ。晴れていればスカイツリーも拝めるそう。次回は晴れた大霧山にもチャレンジしたい。

恒例の山行記録を更新。最高標高差が214mに更新。

★長男
山行最高到達地点:1,925m(車山)
山行最高距離:5.43km(霧ヶ峰)
山行最高時間:2時間28分(霧ヶ峰)
合計最高時間:3時間35分(赤城山)
山行最高標高差:214m(大霧山)
山行最高累積標高(上り):237m(霧ヶ峰)
山行最高累積標高(下り):239m(霧ヶ峰)
山行最高ポイント:9.3point(霧ヶ峰)
累計山行ポイント:26point
累計登頂座数:3座

★次男
山行最高到達地点:1,501m(赤城山:鳥居峠、小沼、小地蔵岳の分岐)
山行最高距離:4.24km(赤城山)
山行最高時間:2時間25分(赤城山)
合計最高時間:3時間35分(赤城山)
山行最高標高差:214m(大霧山)
山行最高累積標高(上り):234m(赤城山)
山行最高累積標高(下り):230m(赤城山)
山行最高ポイント:8.1point(赤城山)
累計山行ポイント:16.7point
累計登頂座数:1座
訪問者数:286人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ