ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766967 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

御池岳〜テーブルランドをのんびり周回〜

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー tonzablow
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道306号鞍掛トンネル東側の駐車スペースへ。
コグルミ谷登山口近辺に駐車できる台数は数台程度。
鞍掛トンネル→コグルミ谷登山口は路肩を歩いて15分程度。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間44分
休憩
16分
合計
4時間0分
S鞍掛トンネル東登山口07:2707:40コグルミ谷登山口07:52コグルミ谷・タテ谷分岐07:59長命水08:0108:19天ケ平(カタクリ峠)08:39御池岳・鈴北岳分岐08:59御池岳09:0309:11ボタンブチ09:1209:39東のボタンブチ09:4009:59奥の平10:08御池岳10:1310:42日本庭園10:46鈴北岳10:4711:15鞍掛峠11:1611:25鞍掛トンネル東登山口11:2611:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コグルミ谷登山口には登山ポストはありません。
鞍掛トンネル東側の駐車スペースから水路の橋を渡った所に登山ポストがあるので提出はこちらへ。
その他周辺情報【コンビニ】
最寄りコンビニはサークルKいなべ藤原店。R306沿い。
さらに大安方面に向かうと近くにセブンイレブン、ローソンもあります。
【温泉】
阿下喜温泉あじさいの里。入泉料500円。食事、休憩スペースあり。
http://ajisainosato.com/
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック カメラ

写真

朝7時半。天気はイマイチなのに鞍掛トンネル脇の駐車スペースはこれだけ停まってました。思ったよりも賑わってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝7時半。天気はイマイチなのに鞍掛トンネル脇の駐車スペースはこれだけ停まってました。思ったよりも賑わってます。
1
トンネル脇から数十メートル下ったところに、7〜8台停められそうな空き地がありましたのでそちらへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル脇から数十メートル下ったところに、7〜8台停められそうな空き地がありましたのでそちらへ。
1
さらに下ったところに整地スペース。現時点では車の乗り入れは出来ませんが、駐車場になったらうれしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに下ったところに整地スペース。現時点では車の乗り入れは出来ませんが、駐車場になったらうれしい。
1
12分程度路肩を歩いてテクテク下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12分程度路肩を歩いてテクテク下る。
コグルミ谷登山口に到着。
路面崩落で長らく通行禁止になっていましたが、有志の方々で登山道整備して下さって復旧に至りました。感謝に絶えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コグルミ谷登山口に到着。
路面崩落で長らく通行禁止になっていましたが、有志の方々で登山道整備して下さって復旧に至りました。感謝に絶えません。
3
コグルミ谷という名の通り、岩がゴロゴロした沢に沿って遡行していきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コグルミ谷という名の通り、岩がゴロゴロした沢に沿って遡行していきます。
2
谷の左手は針葉樹の植樹林で薄暗い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の左手は針葉樹の植樹林で薄暗い。
対する右手は広葉樹の雑木林で明るい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対する右手は広葉樹の雑木林で明るい。
しっかりした木段を設置してくれてあります。
気の遠くなるような作業だったのでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりした木段を設置してくれてあります。
気の遠くなるような作業だったのでしょうね。
2
すっかり落葉した雑木林の中を九十九折れで登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり落葉した雑木林の中を九十九折れで登っていきます。
ルート上には合目の看板がありますので、進み具合は判りやすいです。5合目くらいから登りがきつくなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート上には合目の看板がありますので、進み具合は判りやすいです。5合目くらいから登りがきつくなります。
2
六合目。まだまだ先は長い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目。まだまだ先は長い。
白瀬峠経由藤原岳への縦走路との出合。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白瀬峠経由藤原岳への縦走路との出合。
ここからやや傾斜が緩んで快適なルート。
落ち葉がフカフカ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからやや傾斜が緩んで快適なルート。
落ち葉がフカフカ。
1
微妙なアーチの向こうに七合目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微妙なアーチの向こうに七合目。
1
目指す山頂が見えてきました。
ここから一旦下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す山頂が見えてきました。
ここから一旦下ります。
何故か下った先に八合目。
ここから最後の登り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故か下った先に八合目。
ここから最後の登り返し。
1
苔むす岩。もののけ姫みたいな雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むす岩。もののけ姫みたいな雰囲気。
3
鈴北岳方面への分岐。
もうテーブルランドの端っこに乗っかっているということでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳方面への分岐。
もうテーブルランドの端っこに乗っかっているということでしょうか。
2
急登ではないけど地味に堪える登りを歩いて九合目。
ここまで地面がドロドロで歩きにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登ではないけど地味に堪える登りを歩いて九合目。
ここまで地面がドロドロで歩きにくい。
1
だんだん空が明るくなってきた。
山頂はもうすぐの予感。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん空が明るくなってきた。
山頂はもうすぐの予感。
1
やった!着いた!御池岳久しぶりです。
まだ誰も居ませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やった!着いた!御池岳久しぶりです。
まだ誰も居ませんでした。
6
眺望はややガスっていてまあまあというところか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望はややガスっていてまあまあというところか。
1
藤原岳方面はすっかりガスの中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原岳方面はすっかりガスの中。
1
鈴鹿山脈の最高峰1247m。
山頂は石灰岩がゴツゴツしていて休憩しづらいです。
休憩もそこそこにボタンブチを目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿山脈の最高峰1247m。
山頂は石灰岩がゴツゴツしていて休憩しづらいです。
休憩もそこそこにボタンブチを目指す。
5
山頂から南側へ下っていくと、広い原っぱでテント設営されている方が。広大な庭で贅沢ですね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から南側へ下っていくと、広い原っぱでテント設営されている方が。広大な庭で贅沢ですね〜。
3
ここが1200mの山の上だなんて信じられないですよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが1200mの山の上だなんて信じられないですよね。
2
ボタンブチの西側の崖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチの西側の崖
6
ボタンブチ到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチ到着。
2
南側の眺めはあまりよろしくない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の眺めはあまりよろしくない。
1
土倉山方面かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土倉山方面かな。
真っ白な石灰岩がまぶしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白な石灰岩がまぶしい。
4
T字尾根はTの字に見えますか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
T字尾根はTの字に見えますか?
2
ここからテーブルランドの縁を歩いて東の果てを目指します。
反時計回りの周回。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからテーブルランドの縁を歩いて東の果てを目指します。
反時計回りの周回。
御池岳の名に相応しい池があちこちにあります。
石灰岩が侵食されて出来たドリーネに水が溜まったんでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳の名に相応しい池があちこちにあります。
石灰岩が侵食されて出来たドリーネに水が溜まったんでしょうね。
4
ボタンブチを振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチを振り返る。
3
東に向かうとガスがみるみる濃くなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に向かうとガスがみるみる濃くなってきました。
東の果て(東ボタンブチ)に到着。こちらも石灰岩がゴツゴツしたカレンフェルトになってます。ここでのんびりしようと思っていましたが、ガスが濃いのでソッコー退散。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の果て(東ボタンブチ)に到着。こちらも石灰岩がゴツゴツしたカレンフェルトになってます。ここでのんびりしようと思っていましたが、ガスが濃いのでソッコー退散。。。
2
テーブルの下すらよく見えず。。。
今度は北側の縁を廻って帰ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルの下すらよく見えず。。。
今度は北側の縁を廻って帰ります。
何だか不思議な形の石灰岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何だか不思議な形の石灰岩。
1
テーブルの真ん中付近はガスが晴れてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルの真ん中付近はガスが晴れてます。
1
鹿の食害防止ネットかな?
去年来た時は無かったと思うんですが。かなり大掛かりに設置されていました。この後、再び御池岳山頂へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の食害防止ネットかな?
去年来た時は無かったと思うんですが。かなり大掛かりに設置されていました。この後、再び御池岳山頂へ。
山頂から日本庭園方面へ下る。
ロープでしっかりルートを示してくれてありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から日本庭園方面へ下る。
ロープでしっかりルートを示してくれてありました。
2
下りきると平坦な快適な道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りきると平坦な快適な道。
2
この辺りが日本庭園かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りが日本庭園かな?
日本庭園付近。真ノ池かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本庭園付近。真ノ池かな?
1
何だか落ち着きますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何だか落ち着きますね。
御池岳山頂方面を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳山頂方面を振り返る。
1
鈴北岳からの眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳からの眺め。
2
伊吹山。随分御無沙汰しちゃってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹山。随分御無沙汰しちゃってます。
3
テーブルランドとサヨナラです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルランドとサヨナラです。
鈴ヶ岳。前回はそちらへも廻りましたが、眺望もそこそこだったので今回はパスしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴ヶ岳。前回はそちらへも廻りましたが、眺望もそこそこだったので今回はパスしました。
2
国道306号の滋賀県側がよく見渡せます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道306号の滋賀県側がよく見渡せます。
1
鞍掛峠ルートはよく整備されています。
去年はこんなにきれいな階段無かった気がします。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛峠ルートはよく整備されています。
去年はこんなにきれいな階段無かった気がします。。。
4
皆さんのレコの定番、鉄塔まできました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さんのレコの定番、鉄塔まできました。
真下からのショットも定番。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真下からのショットも定番。
遥か下に鞍掛トンネル東側の駐車地が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥か下に鞍掛トンネル東側の駐車地が見えました。
1
鞍掛峠の祠。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛峠の祠。
1
鞍掛峠に到着。標高791m。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛峠に到着。標高791m。
ここからトンネル脇までは道幅の細いトラバース道で下っていきます。鞍掛峠ルートで一番の難所かも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからトンネル脇までは道幅の細いトラバース道で下っていきます。鞍掛峠ルートで一番の難所かも。
2
10分ほどで登山口に到着。
こちらが登山ポストになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどで登山口に到着。
こちらが登山ポストになります。
1
何だかコミカルなクマ注意の看板。
クマ鈴とラジオ持って怒ってるやん(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何だかコミカルなクマ注意の看板。
クマ鈴とラジオ持って怒ってるやん(笑)
2
下山時点での駐車スペースはこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時点での駐車スペースはこんな感じ。
2
一段下の駐車スペースも満車。
今日も無事帰還。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一段下の駐車スペースも満車。
今日も無事帰還。
2

感想/記録

今週は三連休なので関東遠征も考えていましたが、天気がスッキリしなさそうなのと長距離運転に気乗りしなかったので、気分を一転して地元の山へ。伊吹山は綺麗な御来光が見えるスッキリ晴れる日に登りたい。。。藤原岳は御無沙汰だけど朝からガスの中。。。色々思案した挙句、御池岳のコグルミ谷登山道は長らく崩落の影響で通行禁止になっていたのが有志の皆様の手によって復旧されたということで、今回初めて歩いてきました。復旧したばかりということでしたが、ステップもしっかり整備されており安全に歩くことが出来ました。これらのステップや丸太の一つ一つがかなり重そうで、運ぶだけでも大変な仕事だったんだろうなと思いながら歩いてきました。
御池岳のテーブルランドは、とても1200mの山上にあるとは思えない平坦さと広大さ。ゆっくり楽しみながら周回してきました。
御池岳は夏は山ビル多発地帯、冬はR306が閉鎖されてしまい、一年のうちで気軽に登れる期間が限られている山なので行ける時に行くのが吉だと思います。
訪問者数:353人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/29
投稿数: 4929
2015/11/24 18:45
 tonzablowさん、こんにちは。
登山道の再整備は、ありがたいですよね。
コグルミ谷は、廃道かと思いきや
とても歩きやすそうで。
御池岳のテーブルランドは
不思議な場所ですよね。
池と石灰岩とコケの組み合わせが
独特ですね。
登録日: 2014/5/9
投稿数: 91
2015/11/24 20:19
 komakiさん、こんばんわ。
いつもありがとうございます。
コグルミ谷登山道を整備された方のブログを以前から拝見していたのですが、実際に歩いてみると一つ運ぶのも大変そうな丸太や石を気が遠くなるほど設置してあって驚きました。必要な時間も労力も計り知れないですが、これをボランティアで整備してくださった皆さんには頭が下がります。
話は変わりますが、先日のkomakiさんの日記を拝見し本当にお気の毒に思っておりました。さぞおつらいことでしょうが優しいkomakiさんと一緒に過ごせて愛猫さんも幸せだったとお察しします。ご傷心の回復をお祈り申し上げます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ