ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766991 全員に公開 ハイキング甲信越

鬼ヶ城山−氏乗山−矢筈反射板(往復)

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー jkdyw
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道251号線を飯田市街地から飯田市上村方面へ。喬木村上氏乗から舗装された林道へ。県道に「鬼ヶ城神社奥の院」の小さな標識が出ています。
林道を進むと獣除けのゲートがありますが、開けて進入して、必ず閉めます。ほどなく「鬼ヶ城神社奥の院入口」の看板が見えます。入口付近の林道路肩に全部で10台程度駐車可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
56分
合計
7時間13分
Sスタート地点07:4008:46鬼ヶ城山09:0510:22氏乗山10:3111:23矢筈反射板11:3912:48氏乗山12:5513:58鬼ヶ城山14:0314:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
カメラのEXIFとは、時間がズレています
コース状況/
危険箇所等
登山口から鬼ヶ城山間は一般的なルートですが、急登が続きます。
鬼ヶ城山から先は、テープ、踏み跡がほとんどない道で、ルーファイ必須です。
鬼ヶ城山から氏乗山へ向けて下降中、大きなキレットがあり、北側へ巻きます。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料1.5L 地図(地形図) コンパス GPS 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラQ-7

写真

鬼ヶ城神社奥の院入口の看板。ここからスタート
2015年11月22日 07:50撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ城神社奥の院入口の看板。ここからスタート
1
登り始めてすぐにある十一丁石の祠。今日の安全を祈願
2015年11月22日 07:51撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めてすぐにある十一丁石の祠。今日の安全を祈願
このような立派な丁石が鬼ヶ城神社奥の院まで続いていて、良い目安になります
2015年11月22日 07:57撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような立派な丁石が鬼ヶ城神社奥の院まで続いていて、良い目安になります
急登のはじまり。山頂まで急登の連続です
2015年11月22日 08:07撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登のはじまり。山頂まで急登の連続です
三十三丁石の祠。ここから更に急登
2015年11月22日 08:21撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三十三丁石の祠。ここから更に急登
樹間から雲海の伊那谷
2015年11月22日 08:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から雲海の伊那谷
奥の院に到着。手前左に五十丁石
2015年11月22日 08:52撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院に到着。手前左に五十丁石
古の奉納の書が掛けられていました
2015年11月22日 08:52撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古の奉納の書が掛けられていました
1
奥の院の横に鬼ヶ城山頂の三角点。木々に囲まれ、静かな山頂です
2015年11月22日 08:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院の横に鬼ヶ城山頂の三角点。木々に囲まれ、静かな山頂です
1
山頂広場には簡易ベンチが。二年参りとかするのでしょうか。山頂は展望なし
2015年11月22日 08:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場には簡易ベンチが。二年参りとかするのでしょうか。山頂は展望なし
1
東側に少し展望が開けていました。伊那山地の稜線かと思いましたが、手前の喬木山の尾根でした
2015年11月22日 09:04撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側に少し展望が開けていました。伊那山地の稜線かと思いましたが、手前の喬木山の尾根でした
味のある山頂標識
2015年11月22日 09:04撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
味のある山頂標識
氏乗山に向け、北側の急坂を下ります。ほどなくキレットが見えてきました。足を滑らせたら真っ逆さまです
2015年11月22日 09:07撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氏乗山に向け、北側の急坂を下ります。ほどなくキレットが見えてきました。足を滑らせたら真っ逆さまです
1
キレット手前を北側に巻きます。キレット下部から見上げる
2015年11月22日 09:09撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット手前を北側に巻きます。キレット下部から見上げる
1
キレット東側も一筋縄ではいかない急な岩場です
2015年11月22日 09:10撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット東側も一筋縄ではいかない急な岩場です
1
尾根に復帰して一安心
2015年11月22日 09:13撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に復帰して一安心
1
山名辞典で鬼ヶ城山頂とされる1501地点を通過
2015年11月22日 09:18撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名辞典で鬼ヶ城山頂とされる1501地点を通過
1
喬木山からの尾根に到達。帰り道、ここから分岐を忘れないように注意
2015年11月22日 09:51撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喬木山からの尾根に到達。帰り道、ここから分岐を忘れないように注意
1
目指す氏乗山が見えてきました
2015年11月22日 10:06撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す氏乗山が見えてきました
氏乗山直下。ここだけササが青々しています
2015年11月22日 10:24撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氏乗山直下。ここだけササが青々しています
1
氏乗山山頂着。静かな山頂です。展望は樹間からのみです
2015年11月22日 10:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氏乗山山頂着。静かな山頂です。展望は樹間からのみです
1
鬼面山からの伊那山地の主稜線
2015年11月22日 10:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼面山からの伊那山地の主稜線
1
矢筈トンネルの頂上に向けて、南の尾根を下ります
2015年11月22日 10:40撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢筈トンネルの頂上に向けて、南の尾根を下ります
1
踏み跡は薄く、テープも皆無の道ですが、このような境界柱が目安になります
2015年11月22日 11:14撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡は薄く、テープも皆無の道ですが、このような境界柱が目安になります
途中の崩壊地
2015年11月22日 11:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の崩壊地
1
崩壊地は展望がいいです。遠山谷の展望
2015年11月22日 11:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地は展望がいいです。遠山谷の展望
南アルプスの聖岳と上河内岳、手前にハイランドしらびその赤い屋根
2015年11月22日 11:18撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの聖岳と上河内岳、手前にハイランドしらびその赤い屋根
1
三角点又兵衛(1667m)を通過
2015年11月22日 11:23撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点又兵衛(1667m)を通過
1
本日の目的地、矢筈トンネル真上の通信用反射板着。地上の展望はありません
2015年11月22日 11:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の目的地、矢筈トンネル真上の通信用反射板着。地上の展望はありません
1
26mの鉄塔は迫力があります
2015年11月22日 11:33撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
26mの鉄塔は迫力があります
1
樹間から鬼ヶ城山(左)が見えました。昼食をとって折り返し
2015年11月22日 11:47撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から鬼ヶ城山(左)が見えました。昼食をとって折り返し
この辺りが矢筈トンネルの真上付近
2015年11月22日 11:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りが矢筈トンネルの真上付近
途中の樹間から、飯田市街地
2015年11月22日 12:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の樹間から、飯田市街地
元善光寺の赤い屋根が見えました
2015年11月22日 12:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元善光寺の赤い屋根が見えました
1
上河内岳をズームで
2015年11月22日 12:01撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内岳をズームで
1
手前尾根の中央部は御池山クレーターの丘の上展望台です
2015年11月22日 12:01撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前尾根の中央部は御池山クレーターの丘の上展望台です
三遠南信道も眼下に見えました
2015年11月22日 12:04撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三遠南信道も眼下に見えました
南アルプスの光岳が雲の合間から
2015年11月22日 12:13撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの光岳が雲の合間から
置き忘れられた測量用の三脚
2015年11月22日 12:46撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
置き忘れられた測量用の三脚
氏乗山一つ南側のピーク。いい雰囲気です
2015年11月22日 12:51撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氏乗山一つ南側のピーク。いい雰囲気です
氏乗山へ帰着。ここからは下りが続きます
2015年11月22日 12:56撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氏乗山へ帰着。ここからは下りが続きます
1
途中、鬼面山かなあ
2015年11月22日 13:21撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、鬼面山かなあ
1
喬木山へ続く尾根からここで鬼ヶ城山方面へ分岐。間違えないように右手へ
2015年11月22日 13:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喬木山へ続く尾根からここで鬼ヶ城山方面へ分岐。間違えないように右手へ
1
午前中よりいくぶん伊那谷の展望が良くなっていました
2015年11月22日 13:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前中よりいくぶん伊那谷の展望が良くなっていました
この角度から見ると小川路峠はずっしりとした山容です
2015年11月22日 13:49撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この角度から見ると小川路峠はずっしりとした山容です
1
このルートの核心部、キレット手前の岩峰を北側に巻きます
2015年11月22日 13:59撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートの核心部、キレット手前の岩峰を北側に巻きます
1
巻き道探索中。鬼ヶ城山山頂はこんもり木が茂っています
2015年11月22日 13:59撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道探索中。鬼ヶ城山山頂はこんもり木が茂っています
1
キレット最下部から西側を見上げる
2015年11月22日 14:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット最下部から西側を見上げる
1
右手に巻いて急な坂を登ります
2015年11月22日 14:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に巻いて急な坂を登ります
奥の院の屋根が見えてきました
2015年11月22日 14:08撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院の屋根が見えてきました
鬼ヶ城山山頂に戻ってきました
2015年11月22日 14:08撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ城山山頂に戻ってきました
奥の院の前を通過。無事な山行きに感謝
2015年11月22日 14:17撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院の前を通過。無事な山行きに感謝
三十三丁石の祠を通過
2015年11月22日 14:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三十三丁石の祠を通過
沢の音がし始め、林道が見えてきました
2015年11月22日 14:58撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の音がし始め、林道が見えてきました
十一丁石の祠で無事を感謝
2015年11月22日 15:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十一丁石の祠で無事を感謝
この看板を目指して下りたほうが良さそうです
2015年11月22日 15:01撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板を目指して下りたほうが良さそうです
1
道路の下に十丁石の鳥居が見えました
2015年11月22日 15:02撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路の下に十丁石の鳥居が見えました
1
撮影機材:

感想/記録
by jkdyw

今年、春から登りたいと思っていた鬼ヶ城山から氏乗山へのルートに、矢筈の反射板までのルートを加えて行ってきました。
眺望もほとんどない樹間コースですが、曇りで眺望が望めない日は、こういう山行でもくもくと歩くのも良いものです。
鬼ヶ城山は、その名前が魅力的ですが、名前のとおり、頂上付近は鬼の角のようにどの方角からも厳しい急な登りが待っていました。
昨年来、念願だった氏乗山は、伊那山地特有の樹林に囲まれた静かな山頂でしたが、こんな静かな山頂独り占めができて大満足でした。
氏乗山から矢筈反射板へは伊那山地の主稜線を進みますが、思ったほどアップダウンがきつくなく、快適な樹間の稜線歩きを楽しめました。
覚え:飯田市内自宅-駐車場所 30分
訪問者数:294人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ