ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 767152 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

タワ尾根周回/オロセ尾根−四軒小屋尾根−材木小屋尾根

日程 2015年11月21日(土) 〜 2015年11月22日(日)
メンバー 1000bero
天候11/21 晴れ/曇り
11/22 霧/曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間10分
休憩
45分
合計
4時間55分
S東日原バス停07:4507:50万寿の水08:0008:45八丁橋08:5009:15オロセ尾根取りつき09:2510:25丸看板10:3011:20篶坂ノ丸11:3012:15ウトウの頭12:2012:40仮眠地
2日目
山行
4時間10分
休憩
45分
合計
4時間55分
仮眠地06:0506:30上段歩道06:3507:00鳥居谷07:0507:40材木小屋尾根取りつき07:4508:40篶坂ノ丸08:4509:20大ミズナラ09:2510:10一石山神社10:3011:00東日原バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【登山道】
・東日原−オロセ尾根取りつき
 日原林道→孫惣谷林道
・オロセ尾根取りつき−篶坂ノ丸
 1,200m圏まで作業道、以降コースサインあり、踏み跡なし。
 タワ尾根からの下降点サインなし。
・篶坂ノ丸−ウトウの頭
 一般登山道(昭文社2014年版では破線ルート)
・四軒小屋尾根
 上部踏み跡あり、広葉樹林帯から踏み跡なし。コースサインあり。
 ウトウの頭からの下降点のサインなし。
・上段歩道
 作業道(しっかりしているが、最近荒廃気味)
・材木小屋尾根
 上段歩道の取りつきのみコースサインあり、踏み跡なし。
 タワ尾根からの下降点サインなし。
・篶坂ノ丸−一石山神社
 一般登山道
・材木小屋尾根−峯小屋尾根の間にある桟道は崩落寸前です。
・小川谷林道は歩行者も通行止めです(一石山神社より奥へは行けません)。
 したがって、上段歩道は末端まで行けません。
・オロセ尾根、四軒小屋尾根、材木小屋尾根、上段歩道のルートは
 地図には記されていません(尾根名は記載されています)。
・今回のルートにヤブ漕ぎはありません。
【水場】
 ・日原付近:東日原バス停、万寿の水、
       幽水栃の雫(枯れていることが多い)、日原公衆便所、
一石山神社
 ・尾根筋、稜線にはありません。
 ・上段歩道:鳥居谷左俣(水量豊富)
その他周辺情報もえぎの湯はいつも混んでいます。30〜60分待ちのこともあります。

写真

奥多摩駅前
 こういう雲は下り坂の前兆でしたっけ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅前
 こういう雲は下り坂の前兆でしたっけ?
1
万寿の水で3L給水、100円寄進
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万寿の水で3L給水、100円寄進
幽水栃の「雫」
 今日は水量十分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幽水栃の「雫」
 今日は水量十分
見晴亭跡地
 右の鍾乳石が痕跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴亭跡地
 右の鍾乳石が痕跡
回顧その1−見晴亭
 2012年11月
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回顧その1−見晴亭
 2012年11月
右:鍾乳洞
左:日原林道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右:鍾乳洞
左:日原林道
日原林道入り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日原林道入り口
伊勢橋
 ここから未舗装になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢橋
 ここから未舗装になります。
左:天祖山、雲取山
右:孫惣谷林道
4-5台位駐車できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左:天祖山、雲取山
右:孫惣谷林道
4-5台位駐車できます。
孫惣谷林道のゲートをくぐって先へ行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫惣谷林道のゲートをくぐって先へ行きます。
オロセ尾根取りつきは木段
 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オロセ尾根取りつきは木段
 
1
反対側から見ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側から見ます
ジグザグ登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジグザグ登ります
しっかりした作業道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりした作業道
すべての木に縄が巻かれています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すべての木に縄が巻かれています
植林を抜けました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林を抜けました
右:オロセ尾根
左:焼小屋尾根方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右:オロセ尾根
左:焼小屋尾根方向
天祖山が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天祖山が見えます
気持ちの良い疎林が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い疎林が続きます
タワ尾根に出ます。画面奥の切り株右から登ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タワ尾根に出ます。画面奥の切り株右から登ってきました。
ウトウの頭を望みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウトウの頭を望みます
アセビが現れると急登が始まります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビが現れると急登が始まります
アセビのトンネル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビのトンネル
1
右を巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右を巻きます。
次は左から。もうすぐ山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は左から。もうすぐ山頂。
直進:長沢背稜滝谷の峰
右:四軒小屋尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進:長沢背稜滝谷の峰
右:四軒小屋尾根
最初はヤブっぽい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はヤブっぽい
四軒小屋尾根核心部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四軒小屋尾根核心部
1
雨は降らないと決めつけて仮眠。3本の張り綱以外は落ちている枯れ枝利用。落ち葉でふかふかの床です♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨は降らないと決めつけて仮眠。3本の張り綱以外は落ちている枯れ枝利用。落ち葉でふかふかの床です♪
3
火器はオプティマス123R
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火器はオプティマス123R
LEDの方が実用性が高いですが、ろうそくの方が雰囲気に合います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
LEDの方が実用性が高いですが、ろうそくの方が雰囲気に合います。
1
上段歩道分岐は右へ行きます。
 直進:小川谷三叉、左:シオジ林で行き止まり?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段歩道分岐は右へ行きます。
 直進:小川谷三叉、左:シオジ林で行き止まり?
しっかりした作業道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりした作業道
しっかりしていますが、落ち葉に埋もれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりしていますが、落ち葉に埋もれています。
上段歩道名物、ツルハシ 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段歩道名物、ツルハシ 
1
手前の桟道は朽ち始めています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の桟道は朽ち始めています。
2
ツルハシの次といえばナベですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルハシの次といえばナベですね。
1
ナベから材木小屋尾根に取りつきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナベから材木小屋尾根に取りつきます。
ちなみに2015年5月、上段歩道の桟道。いつ落ちるかわかりません。
 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに2015年5月、上段歩道の桟道。いつ落ちるかわかりません。
 
材木小屋尾根核心部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
材木小屋尾根核心部
タワ尾根に出ます。右から登ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タワ尾根に出ます。右から登ってきました。
折れてしまった大ミズナラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折れてしまった大ミズナラ
回顧その2−大ミズナラ
 2012年5月
 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回顧その2−大ミズナラ
 2012年5月
 
2
所々、石段があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々、石段があります。
無事、下山できたことに御礼します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、下山できたことに御礼します。
社務所の右がタワ尾根入口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社務所の右がタワ尾根入口です。
1
小川谷林道は通行できません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川谷林道は通行できません。
一石山神社の手水
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一石山神社の手水
日原鍾乳洞の売店で下山祝い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日原鍾乳洞の売店で下山祝い
1
日原鍾乳洞駐車場待ちの車列
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日原鍾乳洞駐車場待ちの車列
下山者の喉を潤してきた「ほぅじょう屋」
 2013年に惜しまれつつ涙の閉店。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山者の喉を潤してきた「ほぅじょう屋」
 2013年に惜しまれつつ涙の閉店。
回顧その3−ほぅじょう屋
 2012年10月
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回顧その3−ほぅじょう屋
 2012年10月
日原のラーメン屋さんにビールがあった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日原のラーメン屋さんにビールがあった!
奥多摩の名店
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩の名店
2

感想/記録

・3連休なので奥多摩駅は大混雑(土日はいつも混んでいますが)。
 鴨沢西行きバスは立ち席満車。一方の東日原行きはさらに増便満車です。
・東日原行きバス乗客の45%は川苔山、45%が鷹巣山、のこり10%が
 その他の山という塩梅です。
・鷹巣山登山口を過ぎるハイカーは他に1組(一石山神社からタワ尾根?)。
 雲取山登山口手前で後方に単独者1人です。
・ここから橋を渡って孫惣谷林道を行きます。1kmポストを過ぎ、2kmポスト(見たこと無い)が来る前にオロセ尾根の取りつきに到着します。土止めのあるしっかりした作業道を登ります。尾根は急ですが大きくジグザグしているので歩きやすい作業道です。
・植林された杉ににはすべて荒縄が巻かれています。「秀吉式」の木のカウントでしょうか?
・1,100m圏で植林は終わり、晩秋ですっかり葉を落とした気持ちの良い広葉樹林帯になります。
・1,200m圏から金袋山方向へトラバースする作業道と別れ、尾根を直登します。
 所々、落ち葉に隠された歩きにくいグズグズの急登があります。
・オロセ尾根は篶坂ノ丸すぐ南側でタワ尾根に合流します。
 ウトウの頭下まで穏やかに登ります。
 ウトウの頭の山体が見えるのは落葉期ならでは。
・アセビが現れるとジクザグの急登になります。傾斜が緩んでアセビのトンネルを過ぎると露岩の小ギャップが現れます。ちょっと急降下して大岩を2か所やり過ごすとほどなくウトウの頭に到着です。
・有名な山名標があります。上は陶板、下はギョーシェ彫り。どちらも力作です。
・さて、四軒小屋尾根を下りますか。山頂のコースサインはすべて撤去されています(こういうのはきれいでうれしいですよね)。
・出だしは倒木もあってヤブっぽいですが踏み跡があります。
 1,400m付近から気持ちの良いブナ林が広がり、適当にブラブラ下ってザックを降ろしました。本日、八丁橋以降誰にも会いませんでした。
・明るくなる頃出発。視界が悪いのでちょっとルートを外したりします。
・上段歩道は右へ(南東方向)行きます。かつて左へ行ったことがありますが、シオジ林の先に踏み跡を発見できませんでした。直進小川谷三又へ行ったことはありません。
・上段歩道は最近、手入れされていないようで荒れ始めています。途中の桟道も落ちかけています。前回(2015年5月)には何とか渡れましたが、弾数不明のロシアンルーレットといったところでした。達人「花のひかり」さんのブログによるとは11月上旬には渡れたようですが「もはや予断を許さない状態」と記されています。この桟道を高巻いても小川谷林道は通行止めです。
・ということで復路は限られますが、四軒小屋尾根に匹敵する、材木小屋尾根を登るコースとしました。
・篶坂ノ丸でも相変わらず霧です。霧で樹雨が降るのでザックカバーを着用しています(幸いまだ他の雨具類は使っていません→”おそらく「5回連続の雨をなんて、そんなはずはない」という思いの結果でしょうね"
・金袋山の大ミズナラに挨拶して下ります。一石山以降単独者が3回入山しました。
 この2日間山中で会ったのはこの3人だけで静かな山行を楽しめました。


訪問者数:357人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/8
投稿数: 11
2015/11/23 21:30
 一石山以降会った3人目?の単独者
こんにちは。おそらく、一石山神社のすぐ上ですれ違った者です。
面白い行程を取られたんですね。
一つの山域・尾根筋で、様々なアプローチの仕方、遊び方ができるのだと勉強させてもらいました。
私はあの後、秩父まで下り、ずっと雨と濃霧でしたが、静かな山行を満喫することができました。
タワ尾根には、新緑や紅葉の季節にも訪れてみたいです。
登録日: 2015/8/19
投稿数: 45
2015/11/24 6:25
 Re: 一石山以降会った3人目?の単独者
おはようございます。
コメントありがとうございました。
タワ尾根は静かで良いコースですね。

秩父に下山ということは矢岳経由でしょうか?矢岳コースも静かで良いですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ