ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 767424 全員に公開 トレイルラン甲信越

科野の国ラウンドトレイル(トレラン大会デビュー戦)

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー taeji
天候曇り、一時晴れ。稜線は風強し。一時霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
スタートゴール地点の科野の里歴史公園までは千曲橋河川敷駐車場からシャトルバス運行。約10分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
7分
合計
4時間40分
Sスタート地点09:3009:38一重山登山口09:50一重山10:12有明山10:21久保峰10:29大月峰10:39宮坂峠10:51護兵山11:01長生山11:10北山11:18天狗山(中山)11:32五里ヶ峯11:3511:56笹平登山口11:5912:29鏡台山12:34鏡台山北峰12:52戸神山12:59杉山(大嵐山)13:07御姫山13:13お姫山13:1413:23鞍骨山13:33二本松峠13:58倉科の里 広場14:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備されており問題ないが、前日の雨のため所々泥だらけ(これは自然現象なので仕方なし)。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

7時40分頃、指定された千曲橋河川敷駐車場に到着。結構駐車場が埋まっていました。
2015年11月21日 07:42撮影 by KYY21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時40分頃、指定された千曲橋河川敷駐車場に到着。結構駐車場が埋まっていました。
10分程で会場に到着。続々と選手が集まってきます。
2015年11月21日 07:51撮影 by KYY21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分程で会場に到着。続々と選手が集まってきます。
会場の公園はこんな感じ
2015年11月21日 08:31撮影 by KYY21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会場の公園はこんな感じ
コースマップ
2015年11月21日 08:34撮影 by KYY21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースマップ
スタート30分前、レースブリーフィングがありました。
2015年11月21日 09:14撮影 by KYY21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート30分前、レースブリーフィングがありました。
1
スタート5分前。
2015年11月21日 09:24撮影 by KYY21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート5分前。
1
登りの度に渋滞が発生。
2015年11月21日 09:45撮影 by KYY21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りの度に渋滞が発生。
五里ケ峰山頂。
2015年11月21日 11:33撮影 by KYY21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五里ケ峰山頂。
1
五里ケ峰山頂からの景色。
景色が楽しめたのはここまで。後は霧の中だったり、走るのに夢中で余裕がなかったため写真なし。
2015年11月21日 11:33撮影 by KYY21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五里ケ峰山頂からの景色。
景色が楽しめたのはここまで。後は霧の中だったり、走るのに夢中で余裕がなかったため写真なし。
撮影機材:

感想/記録
by taeji

トレラン大会デビュー戦。
10月末に同じコースを下見できたのでコースの把握ができていたので余裕があった。その時にはロスタイムも多かったが6時間台後半だったので、大会ではまずは5時間台を狙って臨んだが、結果はなんと予想外の4時間台!
中間地点のエイドステーションでちょうど2時間半だったので、5時間切りも見えてきた。大会になるとテンションが上がるのでハイペースになりがちですが、やはり500以上のランナーが狭い山道に入ると渋滞する。特に登りではなかなか自分のペースで登らせてくれない。でも、それが幸いしたのか、後半まで体力を温存でき下りではガンガンと走ることができた。
ところが、やはりこのペースはまだ自分の体力に合っていないのか下りではふくらはと腿の筋肉がつってしまい何度か立ち止まってしまう場面があった。
最後の2kmのロードでは、まだ体力に余裕があったので何人か追い抜いて4時間40分で無事ゴールイン!
マラソンもそうだが、コースのアップダウンを事前に把握しレース展開を組み立てておくことが非常に重要だ。トレランのコースはマラソンの比ではないのでコース把握は本当に重要だと感じた。渋滞が幸いした前半を抑えたペース配分と下見によるコース把握が功を奏した結果となった。
訪問者数:282人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/16
投稿数: 398
2015/11/23 18:42
 歩いて、歩いて、休んで、歩く。
これは、階段じゃなくても使えるテク。(^.^)
登り渋滞は、自然とこの状態になるんだけど、
理論としてコレを抽出することは、かんたんじゃあないです。(^^)

トップ集団は、別次元の争いをしてますが、
1/3~1/2のグループは、下りをちゃんと走れれば、びっくりするくらい、順位が上がります。(^o^)
それは、他のレースでも同じ。
女性選手は、そういう走り方をする人が多かったかと思います。
それが、トレイルレースのいちばんの旨味でーす。(^^)/

キミはもうすでにハマってる。q(^-^q)
登録日: 2012/10/14
投稿数: 250
2015/11/24 22:22
 Re: 歩いて、歩いて、休んで、歩く。
ん〜、確かにハマってしまったようです。
今回レースに参加して、女性選手をたくさん見たのですが、登りで追い越した女性選手に下りで追い越されたことが何度もありました。「さっき追い越したはずなのになんで前にいるの?」そんな感じです。結構下りで速いんですね。
体力だけではなく技術ももっと向上させて次回のレースに挑戦したいですね!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ