ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 767592 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

霧の鷹ノ巣山 水根沢林道〜鷹ノ巣山〜榧ノ木山〜倉戸山

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー awaya-daizen
天候曇り。始終霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
1時間11分
合計
7時間58分
S水根バス停07:3608:48ワサビ田08:5410:15榧の木尾根-水根分岐10:1610:37石尾根-榧ノ木尾根分岐11:01鷹ノ巣山11:4012:00水根山(金佐ノ頭)12:15榧の木尾根-水根分岐12:1612:34榧の木山(長久保山)12:3513:20倉戸山13:3014:45倉戸口バス停14:5015:03大麦代駐車場15:1015:17ふれあい館隣接駐車場15:24奥多摩湖バス停15:28水根バス停15:2915:33水根駐車場15:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はなし。道幅が狭いところあり。落ち葉で踏み跡が判然としないところが多かった
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

水根駐車場にあった案内板。これは帰ってきてから撮りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水根駐車場にあった案内板。これは帰ってきてから撮りました
7時過ぎの時点ではガラガラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時過ぎの時点ではガラガラ
道を渡って、沢沿いの舗装路を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を渡って、沢沿いの舗装路を進みます
六ツ石山方面との分岐。間違ってちょっと進んでしまいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六ツ石山方面との分岐。間違ってちょっと進んでしまいました
登山口(?)は集落内にひっとそりと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口(?)は集落内にひっとそりと
集落内の斜面を登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落内の斜面を登ります
道標には手書きで道が狭いとありましたが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標には手書きで道が狭いとありましたが…
そのとおりで、細いトラバース路が続きます。ですが、細いだけで歩きやすい道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのとおりで、細いトラバース路が続きます。ですが、細いだけで歩きやすい道です
まさに晩秋の幽谷って雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに晩秋の幽谷って雰囲気
山と高原地図に載っている木橋はたぶんこれ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山と高原地図に載っている木橋はたぶんこれ
沢から離れると斜面がキツくなりまして…霧もどんどん濃くなりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢から離れると斜面がキツくなりまして…霧もどんどん濃くなりました
途中にあったのは東屋ではないですね…資材置き場か何かかしら?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にあったのは東屋ではないですね…資材置き場か何かかしら?
尾根には乗ったみたいですが、斜面はキツめ。視界はますます悪化…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根には乗ったみたいですが、斜面はキツめ。視界はますます悪化…。
六ツ石山方面と榧ノ木山、倉戸山方面との分岐に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六ツ石山方面と榧ノ木山、倉戸山方面との分岐に到着
いったん榧ノ木山方面に向かいますと、やがて榧ノ木尾根に当たります。ここを水根山方面に進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん榧ノ木山方面に向かいますと、やがて榧ノ木尾根に当たります。ここを水根山方面に進みます
歩きやすい道ですが、やはり霧のため視界なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道ですが、やはり霧のため視界なし
水根山手前の石尾根-榧ノ木尾根分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水根山手前の石尾根-榧ノ木尾根分岐
合流点で石尾根に出ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点で石尾根に出ます
石尾根を歩きます。ああ、天気がよければ気持ちいいんだろうけど…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根を歩きます。ああ、天気がよければ気持ちいいんだろうけど…
やがて前方に人影のようなものが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて前方に人影のようなものが…
鷹ノ巣山山頂に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山山頂に到着
4
霧はこのときが最盛期!? まぁ〜ったく何も見えません(´・ω・`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧はこのときが最盛期!? まぁ〜ったく何も見えません(´・ω・`)
スゴスゴと再び石尾根を引き返します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スゴスゴと再び石尾根を引き返します
榧ノ木尾根に進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榧ノ木尾根に進みます
気持ちよさげな尾根道ですが…この霧で何がナンだかわかりませんorz
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちよさげな尾根道ですが…この霧で何がナンだかわかりませんorz
巻き道がついていて、あやうく見逃すとこだった榧ノ木山のピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道がついていて、あやうく見逃すとこだった榧ノ木山のピーク
ピークからちょっと下がったトコの道標。ノボリ尾根への案内は削除されたもようですが、手書きがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークからちょっと下がったトコの道標。ノボリ尾根への案内は削除されたもようですが、手書きがありました。
踏み跡が薄いようなことは聞いてましたが、落ち葉のためにますます道が判然としません。手書きの道標だよりで進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡が薄いようなことは聞いてましたが、落ち葉のためにますます道が判然としません。手書きの道標だよりで進みます
道迷いの注意を呼びかける案内も…気をつけます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道迷いの注意を呼びかける案内も…気をつけます
しばらく進むと戸倉山到着。かなり広い平坦地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと戸倉山到着。かなり広い平坦地
戸倉山からは斜面がややキツくなります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸倉山からは斜面がややキツくなります
足が埋まるくらいの落ち葉。道が分かりづらいは滑るはで難儀します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足が埋まるくらいの落ち葉。道が分かりづらいは滑るはで難儀します
1
ようやく霧がきれてきたようで…眼下はもう奥多摩湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく霧がきれてきたようで…眼下はもう奥多摩湖
だいぶ下りてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ下りてきました
戸倉山登山口を振り返って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸倉山登山口を振り返って
水根駐車場まで湖畔をトボトボと歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水根駐車場まで湖畔をトボトボと歩きます
1
車道があんまり広くなく、歩道も所々にしかありませんので、おっかなかった(^^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道があんまり広くなく、歩道も所々にしかありませんので、おっかなかった(^^;)

感想/記録

この日は久々に奥武蔵へと行こうと計画していたのですが、トレランのイベント開催されていることが分かり、急遽行き先を変更。いろいろ迷ったンですが、本年2回目の鷹ノ巣山へと行ってきました。

鷹ノ巣山へに登るには多くのルートがあるようで、前回は稲村岩尾根からでしたが、今回は水根沢林道から登りました。

水根沢林道は、道幅こそ狭いトラバース路が続きますが、路面は整ってますし、傾斜もあまりキツくないので気分良く歩けます。これで天気がよければもっとよかったんですが…。
沢から離れると植林の中のややキツめの斜面を通ります。
このあたりから霧がかなり濃くなりまして、視界も利かなくなります。
気温はさほど低くなかったので、ジオラインのMW+Tシャツという格好で十分…というか暑いくらいだったんですが、霧の水分がべったりとまとわりついてくるので、ハードシェルを着込みました。

榧ノ木尾根から石尾根の間も、路面が整って歩きやすい道。
水根山から鷹ノ巣山にかけての石尾根も、もちろん広く歩きやすいご機嫌ロードです。これで霧がなければ…orz

眺望を楽しみたかった鷹ノ巣山の山頂は、霧がイチバン濃かったくらい。
ションボリと昼食をとり、スゴスゴと下山します。

下山路は榧ノ木尾根コース。
こちらも路面がキレイに整備された歩きやすい道で、天気さえよければさぞかし気分良く歩けるのだろうなぁ〜と思いつつ、ションボリと下ります。
もともと踏み跡が薄く迷いがちらしいですが、尾根上が落ち葉に覆われてしまい、へたれハイカーには道が判然のしないところも多々ありました。
なお、霧の中をぼんやりと歩いていたために、危うく榧ノ木山のピークは見過ごすところでした…(^^;)

やがて戸倉山に到着。山頂スペースはかなりだだっ広い平坦地です…これって作平地?

戸倉山からは結構急な斜面の下りになります。
落ち葉が多く、濡れて滑りやすくもなっていたうえに、ここでまたもや腸脛靱帯炎の症状が出てしまい、かなり難儀しつつ、這々の体で湖畔まで下りました。
湖畔まで下ってきて、ようやく霧がきれたという…。

水根までは舗装路歩き。車道は細く、歩道はほとんどなし。天気が悪いとはいえ三連休だから交通量もあり、クルマが間近をビュンビュン通り過ぎるので、なかなかシンドカッタなぁ。

遅筆につきレポートはいずれブログにて
http://awaya-daizen.cocolog-nifty.com/zatsubun/



訪問者数:274人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 道迷い 巻き道 高原 東屋 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ