ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 767843 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

立山 11月

日程 2015年11月21日(土) 〜 2015年11月22日(日)
メンバー squeak(CL), yamarocky(SL)
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
富山までの特急と新幹線は全席予約席。車内販売は無し。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
50分
休憩
9分
合計
59分
Sみくりが池13:3513:47立山室堂山荘14:08みくりが池温泉14:0914:26雷鳥荘14:3414:34雷鳥荘
2日目
山行
4時間43分
休憩
2時間21分
合計
7時間4分
雷鳥荘07:4808:02みくりが池温泉08:0308:19立山室堂山荘08:3509:37一の越山荘09:5611:14雄山11:2212:11一の越山荘12:2313:05みくりが池13:13みくりが池温泉14:3614:44みくりが池14:48室堂14:5014:52室堂バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雄山から大汝山までのトラバースは凍結しているので十分注意してくださいと室堂の山岳警備隊に指導を受ける。
その他周辺情報みくりが池温泉の日帰り入浴料700円
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 シェル上下 手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター バラクラバ 帽子 着替え アイゼン ピッケル (ストック) 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯電話 時計 サングラスまたはゴーグル タオル ナイフ カメラ ヘルメット ゴミ入れ用ビニール お風呂セット
共同装備 ツェルト
備考 ダウンを持って行ったが必要なかった。雷鳥荘は暖かかった。

写真

外国の観光客がちらほら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外国の観光客がちらほら
室堂から見る立山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂から見る立山
3
ホテル立山 予約はいっぱいらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホテル立山 予約はいっぱいらしい
玉殿の湧水は凍結していない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉殿の湧水は凍結していない
1
雄山と浄土山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山と浄土山
立山三山と浄土山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山三山と浄土山
3
雪が少ないので観光客も少ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が少ないので観光客も少ない
2
ミクリガ池の展望所から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミクリガ池の展望所から
1
雄山と立山室堂山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山と立山室堂山荘
2
立山三山の全景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山三山の全景
3
みくりが池とみくりが池温泉。そばから硫黄の煙が立ちのぼる。
2015年11月21日 13:44撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みくりが池とみくりが池温泉。そばから硫黄の煙が立ちのぼる。
2
遊歩道は凍結していない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道は凍結していない
1
もっと雪があったらなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっと雪があったらなぁ
3
ミクリガ池の遊歩道を散策
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミクリガ池の遊歩道を散策
1
定番の撮影場所から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番の撮影場所から
3
太陽は雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽は雲の中
2
みくりが池温泉方向に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みくりが池温泉方向に向かう
1
雷鳥荘に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥荘に向かう
1
今夜の宿 雷鳥荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今夜の宿 雷鳥荘
3
カメラ片手のY女史
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラ片手のY女史
2
明日登頂する予定の雄山を見上げるY女史
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日登頂する予定の雄山を見上げるY女史
2
雷鳥沢キャンプ場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場
2
テントもちらほら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントもちらほら
1
玄関前も全く雪なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄関前も全く雪なし
1
昨年は雪の中に埋まっていた雷鳥平に下りる階段
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年は雪の中に埋まっていた雷鳥平に下りる階段
2
雷鳥荘にも回収ボックスがあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥荘にも回収ボックスがあった
1
ハイ松の陰で休む雷鳥。ぷっくりまん丸。
2015年11月22日 08:09撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイ松の陰で休む雷鳥。ぷっくりまん丸。
4
昨年は見つけられなかった大汝山への縦走路入り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年は見つけられなかった大汝山への縦走路入り口
1
大汝山への縦走路入り口の拡大
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝山への縦走路入り口の拡大
2
大汝山への縦走路入り口を反対方向から撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝山への縦走路入り口を反対方向から撮影
2
ここをさらに上がる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここをさらに上がる
3
少し降りてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し降りてきた
建物の軒下は風がない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建物の軒下は風がない

感想/記録
by squeak

例年のこの連休は、スキー・ボーダー客でごった返している雷鳥荘ですが、今年は雪が少ないおかげで、ゆったりと過ごすことができました。登頂日は、天候が悪く、今年も雄山で撤退し、その分時間に余裕ができたので、Y女史の提案により、みくりが池温泉まで引き返し、日帰り入浴を済ませました。

感想/記録

11月21日(土)
天気は曇りで立山から室堂にバスで行くにつれて、雲が晴れてきた。雄山や大汝山、真砂岳と稜線を眺めるが、縦走をしている人はいなそうだった。
天気予報では翌日は曇りで12時頃に晴れマークなので、山頂からの景色が見れたらいい方かなと淡い期待をする。
雪がないので登山者も少なく、テント場には15挺ほどのテントがあるのみだった。管理棟のトイレは凍結するから閉めているので、雪が無いとテント泊はちょっと面倒なことになる。
宿泊した雷鳥荘のスタッフによると、「雷鳥荘ができて40年間でこんなに雪が無いのは初めて。」とのこと。例年はスキーやボードのお客さんで一杯の小屋も今回は空いていて、小屋泊とは思えないほどゆったりできた。とは言え、小屋の方々は大変で、24日に小屋を閉めるのにお客さんが大幅に減ったので、食料など備蓄できない物は歩荷で荷下ろしをしたとのこと。
雷鳥荘の温泉は一階部分は透明の湧かしたお湯で、二階の展望風呂は源泉掛け流しの硫黄臭のする薄茶色の温泉になっている。洗い場も、浴槽もゆとりがあってとても良い。

11月22日(日)
朝から曇っている。小屋から出て準備体操をしようとしたら、風向きで地獄谷から濃度の高い硫黄ガスが吹き上がり、刺激臭で咳が出る。硫黄臭好きのNさんは「いい匂いだよ。」と気にもしないが、有毒ガスを吸ってる場合じゃないので早々に離れる。
雷鳥荘からみどりが池への遊歩道を歩いていると、松の陰で風を避けるように真っ白な雷鳥がいた。毛を膨らませてまん丸なので、まるで雪玉に目をつけたようだ。
室堂山荘の前を通って緩やかに高度を上げていく。積雪は4〜5cmだが、雪と小石のミックスで凍りだして時々滑るので、祓堂の前でアイゼンをつけた。凍りで滑ることは無いけれど、石の上は歩きにくい。
一ノ越に着くと冷たい風が吹き始める。ここからヘルメットを被り、ピッケルを準備する。小刻みなジグザグで急登を登り始める。岩が大きくなり、時々登るのに難儀しながらも石を落とさないように注意しながら登っていく。この日は標高2600m程で気温0℃だったので、風は冷たいけれど凍えるほどではない。幸いに、強風が吹くことは無かったが、この吹き曝しの道をもっと気温が低い時に登ったら、体温が奪われてキツイだろうなと思った。下山してくる人の話しでは、「視界が悪く凍ってるから雄山までにした。」と殆どの人が大汝山には行っていないようだった。
雄山山頂に近づくにつれて、岩に小さなエビの尻尾がびっしりついており、山頂の気温の低さと風の強さを感じた。祠で登頂のご挨拶を済ませ、休憩所の軒下で小休憩する。山頂も曇りで視界がきかない。凍った上に視界が悪いのは危険なので、大汝山へは行かず下山することにした。そのかわり、時間に余裕ができるので温泉に入って帰ることにする。
下るにつれて気温も上がり、登山口に下りたころには霧が雨粒に変わっていた。みくりが池温泉へと向かったが、ここも11月24日で閉めるので戸板を打ち付けており、遠目には閉まっているように見えた。一瞬、入れないのかと焦ったが、中は営業中で3回目の温泉に入ることができた。(Fさんが「温泉は3回入ったらいいねんで」というので言う通りにした)
去年は雪が多くて一ノ越まではスノーシューで行けたが、やはり天気が悪くて雄山までだったとのこと。今年も雄山までで、なかなかその先に行けない。稜線歩きは強風が吹くこともあり、足元の危険度に加えて低体温のリスクもある。でも、とても大きく美しい山々なのでいつか縦走をしてみたいと思う。(A.Y.)
訪問者数:507人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ