ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 767880 全員に公開 沢登り甲信越

大峰山(社段川の滝が巻けずに尾根へ)

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー shiremono
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新潟県長岡市村松町。
県道23号。太田川と社段川が合流する手前の細い道に入り、路肩に駐車。
合流点には延命地蔵の祠がある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
0分
合計
6時間28分
Sスタート地点09:2013:16大峰山15:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
延命地蔵の祠から社段川の上流方向へヤブに入り、高さ10メートルほどの堰堤の先で社段川に入る。かわいらしい小川で、深さは足首かせいぜい脹脛くらい。川の脇の草ヤブが踏み跡のようになっていて、ほとんど水に入らずに遡ることができる。

やがて3メートルほどの小滝があらわれる。小さな淵があるので膝上まで水に入らなければならない。その先から引き返して来る場合、小滝のクライムダウンは可能だがロープが出せると安心。

小滝を越えると古い堰堤がある。その先に10メートルほどの黒い滝があらわれる。名前を知らないので、ここでは「巻ケズノ滝」と呼んでおく。

「巻ケズノ滝」の右にはルンゼがある。これまで2回挑戦して2回とも登り切ることができなかった。支点になるブッシュがないので、ハーケンなどを使わなければならないのだろう。1回目は滑落して怪我をし、2回目は手の届かないブッシュにロープを投げて何とか支点を取り下降した。20メートルの補助ロープがいっぱいだった。

「巻ケズノ滝」の手前、社段川両岸の草つきは、ある程度上まで登らないと手がかりとなるブッシュがない。土が浅いのでハンマーバイルのピックが思うように刺さらない。足はずるずる滑る。チェーンスパイクでもつければなんとかなるのかもしれない。

「巻ケズノ滝」の左には社段川の支沢の滝がある。今回はその支沢を登り、「巻ケズノ滝」の左を巻こうとした。支沢の滝のはじまるところから右の草つきを数メートル登るなりトラバースするなりすればブッシュがある。しかし、そこまでの手がかりがなく滑り落ちる危険があるので断念。

古い堰堤の手前まで引き返して、ようやく尾根に上がれそうな斜面が右岸側にあらわれた。かなりの急斜面になるがブッシュの手がかりがある。ただしブッシュが岩ごと引っこ抜けることもありうるので、力まかせの登り方はできない。

尾根の上には踏み跡があった。葉の茂っている季節にはほとんどヤブ尾根状態だが、冬枯れで踏み跡がかなりわかりやすくなっていた。それでも部分的なヤブこぎ箇所は多かった。大峰山の三角点のすぐそばには頭くらいの高さの枝に鳥の巣があった。ヤブの茂る時期の人の訪れの少なさを物語っている。大峰山の先555Mほどの小ピークからは蓬平方面に下れそうな踏み跡があった。その小ピークで方向を変え、社段川左岸の尾根に回り込んで下山した。こちらの尾根にも踏み跡があった。

注意:沢でのGPSログには正しい位置が記録されていない。
ファイル 天気図2015年11月22日12時.png (更新時刻:2015/11/23 16:44)
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 時計 GPS 地形図 カメラ 沢靴 ヘルメット 8mmx20M補助ロープ 5mmx20M細引き(ロープ回収用) ハーネス 下降器 カラビナ スリング ハンマーバイル ナイフ 食料 救急用品 ヘッドランプ ビバーク装備

写真

入渓するとかわいらしい小川。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓するとかわいらしい小川。
3Mほどの小滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3Mほどの小滝。
巻ケズノ滝。2段になっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻ケズノ滝。2段になっている。
巻ケズノ滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻ケズノ滝。
巻ケズノ滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻ケズノ滝。
巻ケズノ滝(1)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻ケズノ滝(1)
2
巻ケズノ滝(2)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻ケズノ滝(2)
2
巻ケズノ滝の右にルンゼ状の小さな沢が見える。そこは登れば登るほど急になり、下降が困難になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻ケズノ滝の右にルンゼ状の小さな沢が見える。そこは登れば登るほど急になり、下降が困難になる。
今回は巻ケズノ滝の左を巻こうと思ったのだが…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は巻ケズノ滝の左を巻こうと思ったのだが…。
巻ケズノ滝の左、支沢の滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻ケズノ滝の左、支沢の滝。
支沢の滝(3)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支沢の滝(3)。
支沢の滝の右。このさらに右の草付を登ろうとした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支沢の滝の右。このさらに右の草付を登ろうとした。
草付には手がかりがない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草付には手がかりがない。
1
挑戦もせずにあきらめた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
挑戦もせずにあきらめた。
トラバースも無理そうだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースも無理そうだった。
足を滑らせるのは目に見えている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足を滑らせるのは目に見えている。
1
前回断念した社段川左岸の斜面(1)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回断念した社段川左岸の斜面(1)
前回断念した社段川左岸の斜面(2)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回断念した社段川左岸の斜面(2)
ほかにも登れそうなところは何箇所か試してみた。手がかりがなく足元が滑るので、どこも登れなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほかにも登れそうなところは何箇所か試してみた。手がかりがなく足元が滑るので、どこも登れなかった。
1
ここも断念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも断念。
ここも断念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも断念。
ここも断念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも断念。
古い堰堤まで引き返して、ようやく尾根に上がれそうな場所がみつかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い堰堤まで引き返して、ようやく尾根に上がれそうな場所がみつかった。
尾根に到達して安心したところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に到達して安心したところ。
1
冬枯れの尾根は歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬枯れの尾根は歩きやすい。
このあたりは山城の城郭跡にちがいない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは山城の城郭跡にちがいない。
1
村松城というらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
村松城というらしい。
1
大峰山の三角点ピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山の三角点ピーク。
3
三等三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点。
2
大峰山の尾根は、残雪期には気持ちのいい雪上ハイキングコースになる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山の尾根は、残雪期には気持ちのいい雪上ハイキングコースになる。
社段川の源頭部(1)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社段川の源頭部(1)
社段川の源頭部(2)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社段川の源頭部(2)
社段川左岸の尾根から大峰山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社段川左岸の尾根から大峰山。
堰堤に無事下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤に無事下山。
1

感想/記録

沢登りには、所属する山岳会で5回ほど連れて行ってもらったことがある。弥彦の滝ノ沢の赤滝が登れなかったくらいのへたくそだ。それをあえて1人で沢に入るのだから、難しいところは登れなくて当たり前。安全に行動できるかどうかが自分の課題だ。たとえば携行している補助ロープはあくまでも下降用なので、ロープで確保して登るような場面があるのは本当はまずい。今回ブッシュで支点が取れれば、そういう危なっかしいこともするところだった。現在反省している。とはいえ、初心者にとってはロープなしで安全に登れるかどうかの見きわめがそもそも難しかったりする。社段川の「巻ケズノ滝」で昨年以来3回試行錯誤してみて、「登れそうに見えたのに登れない」という経験を積むことができたのはよかった。

訪問者数:190人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ