ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768089 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

御在所岳(本谷/一ノ谷新道)

日程 2015年11月19日(木) [日帰り]
メンバー coltrane
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
旧料金所前駐車場。
9時前で三分の一くらい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間27分
休憩
53分
合計
5時間20分
S中道登山口08:5108:54中登山道口08:5511:21大黒岩11:4811:54御在所山上公園駅11:5611:59レストランアゼリア12:2112:25御在所山上公園駅12:30大黒岩12:3112:42鷹見岩14:09中登山道口14:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは中道登山道のポストへ。
満杯でしたので押し込みました。
その他周辺情報アクアイグニスへ。モンベルカード提示で100円引き、タオルがついてきます。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

新一ノ谷新道の登山口です。
これを進んではいけません。
建物(御在所の家)の右に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新一ノ谷新道の登山口です。
これを進んではいけません。
建物(御在所の家)の右に向かいます。
ここから登山口となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山口となります。
1
きれいな滝が次々と現れます。
要所要所にマーキングがあります。
2015年11月19日 09:24撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな滝が次々と現れます。
要所要所にマーキングがあります。
ヤバそうなところにはロープがあります。
2015年11月19日 10:05撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤバそうなところにはロープがあります。
振り返るとなかなかの景色です。
2015年11月19日 10:06撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとなかなかの景色です。
1
ロープウエイ
2015年11月19日 10:36撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウエイ
1
ジョーズ岩。
登るまで気づきませんでした。
水量が多く下を潜らず、脇を通りました。
2015年11月19日 10:56撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジョーズ岩。
登るまで気づきませんでした。
水量が多く下を潜らず、脇を通りました。
前から皆の写真に写っているのに、どうしてこれがなくならないのか理由がわかりました。
写真ではわかりませんが、大きくて重いのです。
直径50センチくらい?
蹴ってもびくともしませんでした。
2015年11月19日 11:21撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前から皆の写真に写っているのに、どうしてこれがなくならないのか理由がわかりました。
写真ではわかりませんが、大きくて重いのです。
直径50センチくらい?
蹴ってもびくともしませんでした。
1
大黒岩からの眺め。
2015年11月19日 11:40撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒岩からの眺め。
1
帰りは一ノ谷新道。
2015年11月19日 12:22撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは一ノ谷新道。
鷹見岩
2015年11月19日 12:43撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹見岩

感想/記録

寝坊して、出発が遅くなりました。
この時間帯に中道から登る登山者を何組か見ましたが、本谷ルートでは誰にも会いませんでした。最初から最後までずっと一人でした。
前日の夜までずっと雨が降っていましたので、他の人の記録と比べ、かなり水量は多いほうだったと感じました。そのため、ルート的に制限された部分も多かったように感じます。
「滑ったら怖い!!」と感じるところは4か所くらい。雨上がりでなかったらまた別の印象だったかもわかりません。

帰りは、一ノ谷新道から。尾根道で風が強いです。ずっと鎌ケ岳を横に見ながら下ります。いろいろな岩が出てきて、想像していた以上に魅力的でしたが、疲労でほとんど素通りでした。最後の最後に、別のリボンを追ってしまい、道を間違えて、少し早くスカイラインに出てしましました。

魅力あるコースなので、近いうちにもう1回トライしてみたいです。
訪問者数:138人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ