ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768132 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

飯豊山の好展望台「蒜場山」&五泉のラーメン

日程 2015年11月21日(土) 〜 2015年11月22日(日)
メンバー yasio, その他メンバー1人
天候山旅は  晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
21日は五泉のラーメン食す目的で高速を利用せずに五泉駅よりちょっと離れている「ラーメン砦」に
昼食後は新発田温泉に入浴休憩をとって明日の山歩きに備えて「道の駅加治川」で車中泊
早朝出発して登山口の加治川治水ダムへ・・・・管理棟は人がいますが立ち入り禁止
駐車場はダムサイドよりさらに奥にもありますが(トイレがある所)トイレは冬季閉鎖となって使用不可能です
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間2分
休憩
40分
合計
8時間42分
Sスタート地点08:0813:00ラーメン砦(車移動)13:4016:50道の駅加治川(車移動)
2日目
山行
6時間4分
休憩
2時間6分
合計
8時間10分
道の駅加治川(車移動)04:1005:04蒜場山登山口06:0007:30岩岳07:3708:14烏帽子岩08:1608:59山伏の峰09:0009:13蒜場山10:0310:46烏帽子岩11:15岩岳11:2512:20蒜場山登山口12:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
(注意)コースタイムは車移動時間まで含まれていますのでタイム参考は
気を付けてくださいね・・・ごめんなさい

今回の山歩きには五泉のラーメンを食べに行く目的も含まれています(今年ふらっと立ち寄ったラーメン店「砦」の印象が非常に強く五泉方面の山に来た時に寄ろうとしてましたが時間がなくて中々寄れなかったので今回は、思い切って計画に入れ込みました。
ラーメンと餃子を注文していざ食べ始めますがボリュームがどちらも多くやっとの事で胃袋に入りました・・・蒜場山登っている時まで胸やけでした。
コース状況/
危険箇所等
急登の登りに始まり「岩岳」よりはやせ尾根で岩稜歩き、鎖場、登山路脇が崩壊している場所、一歩踏み外せば奈落の底へ(帰還不可能)。
「山伏の峰」からは稜線尾根歩きで楽に山頂に立てます(下草刈り済みでした)
その他周辺情報21日は新発田温泉の「アヤメの湯」JAF割り利用で350円
 持ち込みOKで専用大広間で休息できます
22日は下山後五頭温泉郷の「村杉温泉共同浴場」浴場前に5台の駐車スペースと脇の細い道を登り切ると駐車場があります(露天風呂・・300円あり)
共同浴場はマイ入浴セット(石鹸、シャンプー等)が必要です・・・250円
ドライヤーはあります
脱衣場にはリターン式ロッカー有
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 常備薬 ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ シェラフ
共同装備 カップ麺用魔法瓶

写真

「ラーメン砦」での普通のラーメン・・・決してチャシュウ麺ではありません
2015年11月21日 13:23撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ラーメン砦」での普通のラーメン・・・決してチャシュウ麺ではありません
1
「ラーメン砦」でのガッツリラーメン・・・どこからこの山を崩して行くかわかりませんでした(箸を入れただけでスープがあふれる)
チャシュウは一枚ですが大きくて厚い
2015年11月21日 13:23撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ラーメン砦」でのガッツリラーメン・・・どこからこの山を崩して行くかわかりませんでした(箸を入れただけでスープがあふれる)
チャシュウは一枚ですが大きくて厚い
2
急登の登山路を登り「岩岳」への尾根登山路に着く前の登山路より前回登った「爼倉山」をみる
2015年11月22日 06:56撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の登山路を登り「岩岳」への尾根登山路に着く前の登山路より前回登った「爼倉山」をみる
「岩岳」への尾根登山路より今年の5月に登った「焼峰山」を見ますまだまだ急登は続きます
2015年11月22日 07:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「岩岳」への尾根登山路より今年の5月に登った「焼峰山」を見ますまだまだ急登は続きます
第一目標地点の「独標」は見つからなく、このピークがそうかなと思っていたら「岩岳」表示が出てきて・・・「独標」はどこにあったの?でも得した気分で休息に入る
2015年11月22日 07:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一目標地点の「独標」は見つからなく、このピークがそうかなと思っていたら「岩岳」表示が出てきて・・・「独標」はどこにあったの?でも得した気分で休息に入る
三つ目の目標「烏帽子岩」手前の鎖場・・・これを登り切るとピークです
2015年11月22日 08:11撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ目の目標「烏帽子岩」手前の鎖場・・・これを登り切るとピークです
1
「烏帽子岩」手前の鎖場を登る妻・・・烏帽子岩ピーク前後は鎖場があります
2015年11月22日 08:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「烏帽子岩」手前の鎖場を登る妻・・・烏帽子岩ピーク前後は鎖場があります
アップダウンのやせ尾根歩き・・・後ろには烏帽子岩、爼倉山、五頭山隗が控えています
2015年11月22日 08:25撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンのやせ尾根歩き・・・後ろには烏帽子岩、爼倉山、五頭山隗が控えています
1
やせ尾根が終わり4つ目の目標地点「山伏の峰」に着き蒜場山への稜線登山路と飯豊山大日岳が見えます・・・ここより下草刈ができていました(もう山頂に着いた気分でルンルンです)
2015年11月22日 08:59撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根が終わり4つ目の目標地点「山伏の峰」に着き蒜場山への稜線登山路と飯豊山大日岳が見えます・・・ここより下草刈ができていました(もう山頂に着いた気分でルンルンです)
誰もいない蒜場山山頂
2015年11月22日 09:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいない蒜場山山頂
蒜場山山頂より登ってきたやせ尾根を見る
2015年11月22日 09:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜場山山頂より登ってきたやせ尾根を見る
蒜場山山頂より飯豊山をバックに・・・筋雲が大日岳へ向かっているように見えます
2015年11月22日 09:25撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜場山山頂より飯豊山をバックに・・・筋雲が大日岳へ向かっているように見えます
もう一つ蒜場山山頂表示がありました・・・起こして記念写真
2015年11月22日 09:25撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一つ蒜場山山頂表示がありました・・・起こして記念写真
蒜場山山頂より飯豊山の北股岳と梅花皮岳そしてその鞍部に避難小屋(梅花皮小屋)を見ます
2015年11月22日 09:29撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜場山山頂より飯豊山の北股岳と梅花皮岳そしてその鞍部に避難小屋(梅花皮小屋)を見ます
1
蒜場山山頂より妻のバンダナの下に薄く「磐梯山」が見えてました
2015年11月22日 09:30撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜場山山頂より妻のバンダナの下に薄く「磐梯山」が見えてました
「蒜場山山頂」は飯豊山の絶好展望台です・・・天気は良いし、貸し切りの景色を楽しんでます(残念な事にでもいつまでもここに入られなせんネ、下山が待っています)
2015年11月22日 09:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「蒜場山山頂」は飯豊山の絶好展望台です・・・天気は良いし、貸し切りの景色を楽しんでます(残念な事にでもいつまでもここに入られなせんネ、下山が待っています)
蒜場山山頂より二王子岳と手前の岩尾根(赤津山)・・・ダム管理人いわく今年はロボット雨量計?の所まで刈り払いされて登ることができるとのことだけど登山口まで遠い林道歩き(地図を見たら)
2015年11月22日 09:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜場山山頂より二王子岳と手前の岩尾根(赤津山)・・・ダム管理人いわく今年はロボット雨量計?の所まで刈り払いされて登ることができるとのことだけど登山口まで遠い林道歩き(地図を見たら)
蒜場山山頂より飯豊山の最高峰「大日岳」を見ます・・・いつかまた登れるかな飯豊山縦走?
2015年11月22日 09:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜場山山頂より飯豊山の最高峰「大日岳」を見ます・・・いつかまた登れるかな飯豊山縦走?
1
蒜場山山頂より「門内岳、地神山など」見ます
2015年11月22日 09:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜場山山頂より「門内岳、地神山など」見ます
1
蒜場山山頂より北方面に目を向けると「二王子岳」
2015年11月22日 09:50撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜場山山頂より北方面に目を向けると「二王子岳」
1
蒜場山山頂より西方面は登ってきたやせ尾根と五頭山隗が見えます
2015年11月22日 09:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜場山山頂より西方面は登ってきたやせ尾根と五頭山隗が見えます
蒜場山山頂の三角点タッチ(遅れましてのタッチ)これより下山開始です
2015年11月22日 10:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜場山山頂の三角点タッチ(遅れましてのタッチ)これより下山開始です
2
やせ尾根の岩場の下り「兎戻し」下山で厄介な岩場でした
2015年11月22日 10:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根の岩場の下り「兎戻し」下山で厄介な岩場でした
烏帽子岩ピークより蒜場山頂稜線を見る
2015年11月22日 10:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岩ピークより蒜場山頂稜線を見る
2
帰りに寄った「五頭温泉郷の村杉温泉共同浴場」
2015年11月22日 14:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに寄った「五頭温泉郷の村杉温泉共同浴場」

感想/記録
by yasio

登山口から岩岳
加治川治水ダム登山口にはまだ暗いうちに着いてしまったので明るくなるまで待って「へっ電」頼りにダムを渡り登山口表示により右の階段を進む、2つ目ピーク当たりで薄着になり急登の登山路を進むこと第一目標地点の「独標はまだか」、
「このピークかな」
「いや表示がない」の会話を何回繰り返したか定かではありませんが、目の前の空が明るくなって着いたピークは「岩岳」の表示が
え・・・独標は?あっけにとられましたが得した気分で休息
太陽も山から顔を出してきて目指す蒜場山は逆光でシルエットが浮かぶ。

岩岳から山伏の峰
いったん降って水場表示がありますが遠そうなので未確認(林の中にリボンが続いています)、登り返してやせ尾根の登りに入ります、幾つかアップダウンを繰り返し高度を上げて鎖場を登ると第3目標地点の「烏帽子岩ピーク」に出る、展望は良く越後三山、守門岳、浅草岳と思われるピークが遠くに見える、手の届くところでは爼倉山、五頭山が振り返るとしっかり見え、目指す蒜場山はまだ遠くに見える、
烏帽子からの下りも鎖がついていてこれからのやせ尾根は登山路脇が崩壊している所や崩壊したガレを登る所など出てくるし、第二の鎖場「兎戻し」は短いけど下山時には厄介な下りの岩場でした、やせ尾根はピークを越すと又次のピークが目の前に出てくる嫌なアップダウンの連続で高度を稼いでいき、下草がうるさくなった尾根道に変わるとやせ尾根も終わり山伏の峰ピークに着く。

山伏の峰から蒜場山
蒜場山への稜線登山路が良く見え山頂の隣には飯豊山の大日岳が見え、今まで急登から気持ちいい稜線歩きと変わります(下草も駆られていました)ルンルン気分で目の前の小さいコブを幾つか越して蒜場山山頂に着く、飯豊山が端から端まで見える(朳差岳は大石山と重なって確認不可能、又、本山も大日岳と重なってこちらも確認不可能)好展望台です、貸し切り山頂で展望をさかなにおやつを食べての休息に入りました。

下山
やせ尾根の下りは注意して下ればよいが(滑って転がったら再起不能となりますが)岩岳からの急下降は非常に疲れます、3回滑りこみをして妻の笑いをこらえている様子を後ろから感じながら真剣にくだり、やっとこさダム駐車場まで帰還・・・山登りは降りてきて初めて達成とはよく言ったものです(今回は下りに神経を使い果たしました)

長い文書でごめんなさい。
訪問者数:238人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ