ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768211 全員に公開 ハイキング石鎚山

石鎚山

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー mikimiki, その他メンバー2人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・よさこい峠には広い駐車場有。
・よさこい峠と土小屋間は林道が土砂崩れの為、通行禁止。復旧未通しなし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
1時間42分
合計
7時間40分
Sよさこい峠06:2007:15土小屋07:2208:33東稜分岐08:4609:16二の鎖下09:2409:46石鎚山・弥山10:0210:16石鎚山10:2510:38石鎚山・弥山11:0511:24二の鎖下11:2812:00東稜分岐12:0913:07土小屋13:1614:00よさこい峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・二の鎖下までは危険なしの楽々ハイキングコース。
・二の鎖、三の鎖と連続しますが要注意。
・弥山から天狗岳の岩稜尾根は狭く、高度感があるので慎重に。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

よさこい峠付近からの「石鎚山」。
2015年11月21日 12:36撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よさこい峠付近からの「石鎚山」。
1
夜明け前の四国の山脈と雲海。
2015年11月22日 06:33撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け前の四国の山脈と雲海。
4
休憩地にて
東稜尾根と石鎚山。
2015年11月22日 07:57撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩地にて
東稜尾根と石鎚山。
2
「二の鎖」下に到着。休憩所は工事中。
左奥に鎖が見えます。
2015年11月22日 09:15撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「二の鎖」下に到着。休憩所は工事中。
左奥に鎖が見えます。
1
「二の鎖」にて、北側の瀬戸内海方面。曇って見えません。
2015年11月22日 09:18撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「二の鎖」にて、北側の瀬戸内海方面。曇って見えません。
1
「二の鎖」」(65メートル)
2015年11月22日 09:48撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「二の鎖」」(65メートル)
3
鎖が連続します。「三の鎖」(67メートル)
結構長いですね。
2015年11月23日 16:32撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖が連続します。「三の鎖」(67メートル)
結構長いですね。
2
「三の鎖」を登る。
2015年11月23日 16:33撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「三の鎖」を登る。
2
石鎚神社山頂社のある「弥山」(標高1,974m)
2015年11月22日 10:02撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石鎚神社山頂社のある「弥山」(標高1,974m)
1
弥山より天狗岳方面。
2015年11月22日 10:01撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山より天狗岳方面。
4
天狗岳に向かう岩稜尾根から
「弥山と山頂神社」。
2015年11月22日 10:19撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳に向かう岩稜尾根から
「弥山と山頂神社」。
1
最高峰に位置する「天狗岳」(標高1,982m)
2015年11月22日 10:17撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰に位置する「天狗岳」(標高1,982m)
5
天狗岳の東にある「南尖峰」(標高1,982m)
東稜尾根からの登山者と遭遇。
2015年11月22日 10:19撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳の東にある「南尖峰」(標高1,982m)
東稜尾根からの登山者と遭遇。
4
天狗岳より
石鎚神社山頂社のある「弥山」を望む。
2015年11月22日 10:19撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳より
石鎚神社山頂社のある「弥山」を望む。
1
「天狗岳」を振り返る
2015年11月22日 10:31撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「天狗岳」を振り返る
2
南西側の「二ノ森」、ここに一等三角点がある。
2015年11月22日 10:56撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西側の「二ノ森」、ここに一等三角点がある。
2
天狗岳から再び弥山に戻る。
ハイポーズ
2015年11月22日 10:57撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳から再び弥山に戻る。
ハイポーズ
6
昨日登った「瓶ケ森」、大きいね!
2015年11月22日 11:21撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日登った「瓶ケ森」、大きいね!
2
東に伸びる石鎚山脈。
2015年11月22日 11:35撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に伸びる石鎚山脈。
2

感想/記録

四国山行2日目は石鎚山です。
土砂崩れで通行禁止のため、出発点はよさこい峠になりました。
よさいこい峠から土小屋までの林道は車も登山者も通行できないので、林道に並走する縦走路を進むことになる。片道約1時間かかるので往復2時間を余分に歩くことになる。雲海の拡がる薄暗い夜明け前によさこい峠を出発する。

石鎚山は、四国山地西部に位置する標高1,982mの山で、近畿以西の西日本最高峰である。また石鎚山は、修験道の山岳信仰の山として知られ日本百名山、霊峰石鎚山とも呼ばれている。
最高峰に位置する天狗岳(標高1,982m)・石鎚神社山頂社のある弥山(標高1,974m)・南尖峰(なんせんぽう、標高1,982m)の一連の総体山を石鎚山と呼ぶそうだ。

三角点は天狗岳や弥山には設置されておらず、弥山の北西にある1,920.63mのピークに三等三角点「石鎚山」が設置されている。石鎚山系の一等三角点は南西側の二ノ森山頂(1,929.24m)に設置されている。
石鎚山の頂は、通常は天狗岳のことを指すが、弥山から天狗岳までが細い岩稜尾根であることや、天狗岳山頂が狭いこともあり、弥山までの登山者が多い。弥山には石鎚神社の鎮座のほか山頂小屋があり大勢の登山者で溢れていた。

弥山まで3箇所の鎖場があり、下から「一の鎖」(33メートル)、「二の鎖」(65メートル)、最後は「三の鎖」(67メートル)と続くが女性や子供が安全に登れる迂回路もある。「一の鎖」の手前に前社ヶ森(1,592m)の岩峰にかかる「試しの鎖」(74メートル)があり、これが最も急勾配である。今回は土小屋からのルートのため二と三の鎖に挑戦する。山頂からは瀬戸内海、および土佐湾、見通しのよい日には大山を始めとする中国山地、九州の九重連山まで望むことができるが、今日は曇り空でほとんど見ることができず大変残念な思いだ。

多くの登山者で山頂は賑わっていたが、石鎚登山ロープウェイ使用の成就社コースと瓶ガ森林道を使用の土小屋コースからの登山者がほとんどだ。そして大勢の地元の石鎚山登山愛好者に会い楽しい話ができて本当に良かった。

下山途中で重畳と連なる四国の山々、雄大な石鎚山地の縦走路を遠望でき、また昨日登った瓶が森の山の大きさに改めて感動した。少し心残りは東稜分岐で躊躇したことだが、次回は東稜尾根から是非、登ってみたいと思う。
訪問者数:442人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ