ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768537 全員に公開 ハイキング近畿

龍王山、山の辺の道

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー lemonade2014, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
1時間5分
合計
6時間40分
S柳本駅10:0512:50龍王山(南城)13:1513:30龍王山(北城)14:0016:25大神神社16:3516:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
異常はありませんが龍王山登りの道が苔むしたところがあり、歩きにくかったです。
その他周辺情報山の辺の道は古墳、寺社が多くあります。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

JR柳本駅から出発です。ハイキングに来ている方が多かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR柳本駅から出発です。ハイキングに来ている方が多かったです。
1
出発点近くの黒塚古墳に寄ります。なんと三角縁神獣鏡がここから33面も出土したそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発点近くの黒塚古墳に寄ります。なんと三角縁神獣鏡がここから33面も出土したそうです。
1
資料館で出土物の展示(レプリカ)を見学します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
資料館で出土物の展示(レプリカ)を見学します。
石室の復元です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石室の復元です。
崇神天皇陵です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崇神天皇陵です。
天理市トレイルセンターでは地図やお茶を頂き、くつろぎました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天理市トレイルセンターでは地図やお茶を頂き、くつろぎました。
トレイルセンター前にあるふしぎな石。優しくなでると軽くなるとのことです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレイルセンター前にあるふしぎな石。優しくなでると軽くなるとのことです
1
何とか持てました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか持てました!
1
長岳寺に寄りました。楼門は平安期の創建当初のものだそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長岳寺に寄りました。楼門は平安期の創建当初のものだそうです。
2
寺の横から龍王山を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺の横から龍王山を目指します。
なかなか岩が湿っていて歩きにくいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか岩が湿っていて歩きにくいです。
さすがに奈良の古道だけあり石仏も多くあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがに奈良の古道だけあり石仏も多くあります。
ところどころ階段もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ階段もあります。
1
龍王山には山城跡が残っています。珍しい別城一郭になっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山には山城跡が残っています。珍しい別城一郭になっています。
1
まずは山頂のある南城を目指します。尾根に沿い少しずつ階段を上がっていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは山頂のある南城を目指します。尾根に沿い少しずつ階段を上がっていきます。
1
山頂に着きました。奈良盆地西部の山々が雲に浮かんでいるように見えます。とても眺めがよく感動です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。奈良盆地西部の山々が雲に浮かんでいるように見えます。とても眺めがよく感動です!
1
手前に崇神天皇陵が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前に崇神天皇陵が見えます。
1
礎石の跡があります。どのような建物があったのでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
礎石の跡があります。どのような建物があったのでしょうか。
1
アスレチックもありちょっと遊びました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アスレチックもありちょっと遊びました。
手前には耳成山、畝傍山が見えます。また、奥に葛城山、金剛山が見えます。城があった頃はどのようなことを思い眺めていたのでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前には耳成山、畝傍山が見えます。また、奥に葛城山、金剛山が見えます。城があった頃はどのようなことを思い眺めていたのでしょうか。
1
今度は少し下り、北城を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は少し下り、北城を目指します。
1
馬池と言われる巨大な池があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬池と言われる巨大な池があります。
北城の縄張図です。広大な城です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北城の縄張図です。広大な城です。
1
城の周囲には竪堀があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城の周囲には竪堀があります。
本丸下の郭に入りますが木が生い茂っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本丸下の郭に入りますが木が生い茂っています。
時ノ丸付近から直登し、本丸に着きました。とても広いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時ノ丸付近から直登し、本丸に着きました。とても広いです。
本丸からの眺めも良かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本丸からの眺めも良かったです。
1
城に至る通路は曲がるたびに郭に直接面するようになっており固い守りになっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城に至る通路は曲がるたびに郭に直接面するようになっており固い守りになっています。
城を出て少し下っていくと古墳がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城を出て少し下っていくと古墳がありました。
長岳寺奥の院です。鎌倉時代の不動明王像が置かれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長岳寺奥の院です。鎌倉時代の不動明王像が置かれています。
さらに下っていくと龍王山古墳群に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに下っていくと龍王山古墳群に着きました。
あちこちに石室が開いています。何と円墳と横穴が合わせて600基もあるそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちに石室が開いています。何と円墳と横穴が合わせて600基もあるそうです。
六体地蔵石仏です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六体地蔵石仏です。
降りてくると鄙びた農村の風景を見ながら日本最古の古道である山の辺の道を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてくると鄙びた農村の風景を見ながら日本最古の古道である山の辺の道を歩きます。
名前の通り山に沿って通っています。ちょうど柿が多くなっていて、売られていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前の通り山に沿って通っています。ちょうど柿が多くなっていて、売られていました。
大神神社で参拝して今日の山旅は終わりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大神神社で参拝して今日の山旅は終わりです。
1

感想/記録

  奈良は古の歴史の雰囲気を感じながら歩ける道が多くとても好きなところです(ほかは斑鳩、明日香、西の京等が好きです)。今回は特に好きな道である山の辺の道と眺望のよい龍王山を訪れました。

 JR柳本駅から出発です。すぐに黒塚古墳があります。三角縁神獣鏡が33面も見つかったそうです。展示館が隣接しており出土物(レプリカ)を見ることができます。
 
 大きな崇神天皇陵を過ぎるとトレイルセンターに着きました。こちらでは地図やお茶を頂けくつろげました(まだこの時点でほとんど歩いていないですが…)。平安期に建てられた古刹長岳寺を訪れたあと、龍王山を登りました。

 龍王山には戦国期の十市氏の居城である龍王山城という二つに分かれた城跡があり、まずは南城のある山頂に行きました。ここからの眺望は抜群によく盆地と雲に浮かぶ葛城山、金剛山が見えました(視界が効くときには明石大橋まで見えるそうです)。少し下ると北城があります。こちらは規模郭の規模も大きく、また道も幾重にも郭に正対するように造られておりとても見応えのある城でした。
 
 少し下っていくと古墳と長岳寺奥の院(鎌倉期の石仏)があります。さらに下ると
計600基もある龍王山古墳群に六体地蔵仏がありました。古墳群は山腹のあちこちに造られており見つけるのがなかなか楽しいです。この古墳群はいったいどの氏族の墓なのか、なぜ古墳群の近くに石仏があるのか等分からないながらも思いを巡らして歩きました。

 山道を下りると日本最古の古道の山の辺の道に合流し南下していきます。柿が多くなった田園風景を眺め、鄙びた古道を歴史を感じながら歩きました。桧原神社、狭井神社を過ぎて一宮の大神神社を参拝しました。ちょっと暗くなってきましたが何とか到着です。
 
 古墳時代から戦国期の城塞まで歴史を感じながら、また、奈良盆地を見渡したり、穏やかな田園風景を眺めながらの気持ちのよい山旅となりました。
訪問者数:179人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

直登 奥の院 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ