ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768577 全員に公開 ハイキング鳥海山

郷土の英雄白瀬矗を訪ねて

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー M-ckdenki398, その他メンバー3人
天候今の時期貴重な晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間41分
休憩
0分
合計
7時間41分
Sスタート地点08:4916:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
前日の夜に会長より、白瀬の三角点に行かないか、との電話が。
天気が良さそうなので、秋田駒に行こうかと思っていたが急遽予定変更。
上玉田川の終点へ2台で向かう。
最初は沢登、時折走るイワナを見ながら歩みを進める。
一時間ほど登り二股の間の尾根に取りつく。藪の急斜面だ。
急斜面を登り終え、稜線に取りついても藪は変わりない。
藪を漕いで秋田、山形の三郡の境界が今日の目的地。
そこにはひっそりと石の標柱が倒れていた。
ここでお昼とし、倒れた標柱を直してこのままピストンではつまらない、周回しようという話がまとまり周回することに。
これが地獄の始まり。猛烈な根曲竹の藪を歩くはめに。
しかし、こんな藪の中にも先人の痕跡がブナに刻まれていた。
つるべ落としの太陽と競争するように藪を漕ぎ、どうにか明るいうちに下山することが出来ました。

やれやれ、これが今年の靴納か?

白瀬が建てた三角点、と言われていましたが、実際は白瀬の偉業を讃えて建てたのではないか、という事です。
コース状況/
危険箇所等
コースは無し。沢登と激藪漕ぎ
その他周辺情報過疎の村
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

上玉田川の終点から出発
2015年11月22日 08:53撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上玉田川の終点から出発
1
まずは沢登から。登山靴では滑る。
2015年11月22日 09:11撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは沢登から。登山靴では滑る。
きれいな小滝もある
2015年11月22日 09:14撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな小滝もある
2
時折イワナが走るが、どれも小さい
2015年11月22日 09:18撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折イワナが走るが、どれも小さい
4
まさかこの山にも登るとは・・・
2015年11月22日 09:27撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさかこの山にも登るとは・・・
ここから右の尾根にとりつく
2015年11月22日 09:38撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから右の尾根にとりつく
1
周辺は山ワサビだらけ
2015年11月22日 09:39撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周辺は山ワサビだらけ
2
猿なら座れそうなサルノコシカケ
2015年11月22日 10:08撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿なら座れそうなサルノコシカケ
4
こんな姿に成っても生きているブナの生命力
2015年11月22日 10:28撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな姿に成っても生きているブナの生命力
2
ようやく鳥海山が見えてきた
2015年11月22日 10:31撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく鳥海山が見えてきた
5
1日より雪が大分減っている
2015年11月22日 10:57撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日より雪が大分減っている
4
早くこの斜面を滑りたいな
2015年11月22日 10:58撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くこの斜面を滑りたいな
3
三角点発見。正確には林班境ではとのこと。
2015年11月22日 11:12撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点発見。正確には林班境ではとのこと。
2
表には451の数字、裏には山の文字が
2015年11月22日 11:27撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表には451の数字、裏には山の文字が
1
四十五年四月二十一日のナタメ
2015年11月22日 12:37撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四十五年四月二十一日のナタメ
1
こちらは斉藤与七の文字が
2015年11月22日 12:45撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは斉藤与七の文字が
山頂が姿を現した
2015年11月22日 13:12撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が姿を現した
4
ズームすると虫穴岩がみえる
2015年11月22日 13:12撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームすると虫穴岩がみえる
8
三滝・・・
2015年11月22日 13:15撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三滝・・・
1
井上鉄五郎さん
2015年11月22日 14:11撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
井上鉄五郎さん
みごとに絞り上げられたブナ
2015年11月22日 14:22撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みごとに絞り上げられたブナ
3
激藪に突入
2015年11月22日 14:39撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激藪に突入
1
日が暮れる〜う
2015年11月22日 16:03撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が暮れる〜う
1
杉の植林地を降りて林道に到着。
やれやれ日暮れに間に合った
2015年11月22日 16:12撮影 by SP-820UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の植林地を降りて林道に到着。
やれやれ日暮れに間に合った
3
訪問者数:224人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/23
投稿数: 381
2015/11/23 19:58
 昨日はありがとうございました♪
兄さんのサポートがなかったら激藪の中で心の病気になっていたかもしれません

ですが不思議なことに林道についた瞬間、藪漕直登の辛さを全部忘れてしまったような気がします(´∀`;)

ここ数年でなにかに感染したようです。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 229
2015/11/23 20:42
 Re: 昨日はありがとうございました♪
昨日はお疲れ様でした。
あの激藪は百宅から赤水沢を登行して以来でした。
それにしても根曲竹の藪は手強い。マイタケ採りでもあんな藪はあるかないよ。
心の病は治りにくいので気おつけるように
でも直ぐに忘れたようなので大丈夫だね。
登録日: 2011/6/14
投稿数: 206
2015/11/23 22:15
 お疲れ様でした。
初めまして。mountrexと申します。私も今年、この県境稜線の藪を漕いで三滝山まで行ってきました。嫌になるほどの藪は正に「泳ぐ」に相応しい場所でありました
問題の標石は三角点や図根点などではなく、国有林境界石標のようですね。番号が刻印されていますので、連番で他の場所にも設置されています。現在、管理されていれば、コンクリート標かプラ杭になるようです。石標はコンクリ前に使われていたもので、それなりに古いのですが、林班の再編、国有林の払い下げなどで廃点、残置されているものが多いです。もしかすれば昔の1/5000の林班図に載っているかもしれません。

それにしても、最深部の貴重なレコ、じっくり拝見させていただきました。
ありがとうございます
登録日: 2013/12/29
投稿数: 229
2015/11/23 23:47
 Re: お疲れ様でした。
mountrexさん、こんばんは。また初めまして。
三滝山に登っておられたのですね。あの激藪を越えて。
あの藪は歩くというより、まさに泳ぐ、と表現した方がいいですね。
同行者によれば、あの標柱はやはり三角点ではなく、もともと有った林班境に白瀬中尉の偉業を記念し、451(白瀬が南極に行ったのは明治45年1月)と彫ったのではないか、という事でした。
それにしても先人は、あの山奥までどういう装備で行ったのか気に成ります。
昔の装備であの山奥に入ったら、現代人は間違いなく遭難ですね。

自分も父の形見のマタギナガサを愛用しています。まだ健在ですが(笑

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 三角点 藪漕ぎ サル ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ