ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768614 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

道坂隧道-御正体山-石割山

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー kamuishiri
天候晴れのち時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
都留市駅から道坂隧道までバス(4-7,9-11月、本数少)
石割の湯から富士山駅までバス(本数少、平野まで歩けば多数あり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
49分
合計
6時間42分
S道坂隧道バス停08:4208:55道坂峠09:49岩下ノ丸(ケンカ沢ノ頭)10:35白井平分岐(坂ノ落合)10:4711:31御正体山11:5412:25前ノ岳12:35中ノ岳13:31石割山分岐14:17巡視路分岐14:3114:41石割山15:24石割の湯15:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
道坂隧道 0840-42
稜線 0855
岩下の丸東 0926-34
岩下の丸 0949
白井平分岐東 1035-46
白井平分岐 1047
八合目標柱 1103
御正体山 1131-54
前ノ岳 1215
中ノ岳 1235
巡視路分岐 1255
送電鉄塔 1301-20
石割山分岐 1331
日向峰巻道 1404
巡視路分岐 1417-31
石割山 1441
石割神社 1451
あずま屋 1503
石割の湯 1524-1735
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは見当たらず。道標はまずまずある。
地形図に何か所もある南側の崩壊地は案外問題なくて、北側のほうが崩壊が進んでいる。
その他周辺情報紅富士の湯が改装中のため石割ノ湯は大混雑
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

15分ほどで稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほどで稜線
松林が結構あります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松林が結構あります
富士山は一ヶ所で辛うじて見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は一ヶ所で辛うじて見えます
道志川の最上流域
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道志川の最上流域
クサイチゴ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサイチゴ?
1
前ノ岳付近より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前ノ岳付近より
送電鉄塔より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電鉄塔より
1
送電鉄塔より杓子山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電鉄塔より杓子山
送電鉄塔より西丹沢方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電鉄塔より西丹沢方面
送電鉄塔より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電鉄塔より
石割山分岐より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石割山分岐より
日向峰手前より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向峰手前より
遠く白峰三山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く白峰三山
山中湖村方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中湖村方面
日向峰は巻くのが正しいのが迷ったが、巻き終わったあと、稜線方面にこれ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向峰は巻くのが正しいのが迷ったが、巻き終わったあと、稜線方面にこれ
笹が深い場所もあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹が深い場所もあり
石割山手前の北側崩壊地。この木の運命は?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石割山手前の北側崩壊地。この木の運命は?
最後の最後でやっと見えた御正体山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の最後でやっと見えた御正体山
石割の湯と駐車場の分岐のあずま屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石割の湯と駐車場の分岐のあずま屋

感想/記録

御正体山は近場で唯一残った深田クラブ200名山である。200名山は数年来の懸案の
笊ヶ岳もさることながら、ペテカリ、笈ヶ岳といった、それ以上に厄介な山を
残していて、意識して登るにはまだ先が長い。
それもあって、この山は2回挫折している。一度は一年半程前で、出発はしたものの
JRのダイヤが乱れていてやる気をなくし、八王子駅で中止。次はひと月前、
単純に起床できず。要するに気乗りしないのである。
加えて、御坂山地西部あたりにも同格で興味のある山がいくつもある。
とはいえ、残せば残したで、気になる山ではあるだろうし、バスで行くとすれば
今月一杯ということで、気が進まないのをおして出かける。
都留市からのバスは座席が埋まる程度。道坂隧道西口からトンネル脇を登っていく。
落葉が分厚く積もっているが道は明瞭。15分ほどで稜線に出る。さらに5分で左に
分かれるのは東口への道だろう。岩下の丸までは登り調子で、富士山は樹間から
一度だけ見える。
その先、地形図では平らに見える場所が多いのだが、実際には細かいアップダウンが
常にある。アップダウンを繰り返すうち、現在位置も確信が持てなくなって
しまったが、白井平分岐で一息つく。
そこから急な登り主体で、気温も高く大汗をかき、展望のない広い山頂。
三輪神社方面からの人が多いようだ。
20分ほど休んで、引き続き西へ。巨木が多くなり、踏跡が少し薄くなる。少しは
良くなるかと思った展望は相変わらずで、前ノ岳西で一か所だけ富士山が見えるが、
結局送電線鉄塔のところが一番良かった。
山伏峠へ降りるのも一案としていたが、バス時刻に合わないため、少々疲れ気味では
あるが石割山へ向かう。日向峰と大天狗は南を巻いている。その西、日向峰と
小天狗とのコルあたりは笹がかなり深い。また、御正体から西全般、地形図に
何か所もある南側の崩壊地は案外問題なくて、北側のほうが崩壊が進んでいるが、
石割山手前のものが最も急である。
石割山では富士山、山中湖の展望が得られる。その下りは急だが短く、神社からは
荒れた元車道歩き。
紅富士の湯が改装中のため石割ノ湯は大混雑。バスの「ふじっこ号」が40分遅れて
到着など、その後はどうも良くなかった。
訪問者数:259人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

コル 踏跡 道標 登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ