ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768749 全員に公開 ハイキング丹沢

大山 〜紅葉真っ盛りでも静かな北尾根ルート〜

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー neojackyko1_nari
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行:小田急線本厚木5番バス停
  かなちゅうバス 宮が瀬行き「煤が谷」下車
帰:当初の計画では下社からケーブルカー〜バスで帰る予定でしたが、
  大山ケーブル乗車待ちが大行列だったため、
  急きょバスの乗車を「蓑毛」に変更しました。
  小田急線「秦野駅」
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間6分
休憩
1時間14分
合計
9時間20分
Sスタート地点08:0008:05トイレ08:1009:45物見峠09:5511:25一ノ沢峠11:4512:45境沢ノ頭12:4716番鉄塔13:0013:34ミズヒノ頭13:47西沢ノ頭13:5014:52大山山頂15:1016:20阿夫利神社下社16:2517:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な個所は特にありませんでしたが、落ち葉が積もって踏み跡が不明瞭なところもありました。
ハンティングシーズンなのか林道にはハンターの方が沢山いらっしゃいました。
その他周辺情報帰りの温泉
小田急線東海大学前駅下車、徒歩7分
日帰り温泉「さざんか」
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

煤ヶ谷バス停下車
降りたのは5,6人
2015年11月22日 07:37撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
煤ヶ谷バス停下車
降りたのは5,6人
2
三峰山と物見峠の分岐
2015年11月22日 09:16撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰山と物見峠の分岐
物見峠方面に進むと注意喚起の看板
ワクワクします
2015年11月22日 09:23撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見峠方面に進むと注意喚起の看板
ワクワクします
2
登り一辺倒から水平移動になり景色を眺める余裕も出てきました。
きれいに紅葉してました。
2015年11月22日 09:27撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り一辺倒から水平移動になり景色を眺める余裕も出てきました。
きれいに紅葉してました。
癒される〜
晴れていたらさぞかし素晴らしい景色だったでしょう
2015年11月22日 09:34撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒される〜
晴れていたらさぞかし素晴らしい景色だったでしょう
1
紅いのもありました
2015年11月22日 09:38撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅いのもありました
1
崩落個所と紅葉を堪能しているうちに物見峠到着
2015年11月22日 09:47撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落個所と紅葉を堪能しているうちに物見峠到着
今回は黒岩方面へ
2015年11月22日 09:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は黒岩方面へ
1
唐沢林道へは今まで稼いだ標高を一気にリセットします(涙)

2015年11月22日 09:59撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢林道へは今まで稼いだ標高を一気にリセットします(涙)

1
林道を歩きながらさらに下ります。
小唐沢橋までハンティングされてるハンターの方々がいました。
気をつけてね。と言われたけど、どう気をつけたらよいのか悩みます
2015年11月22日 10:37撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩きながらさらに下ります。
小唐沢橋までハンティングされてるハンターの方々がいました。
気をつけてね。と言われたけど、どう気をつけたらよいのか悩みます
2
まだまだ下ります
2015年11月22日 10:46撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ下ります
1
送電線をくぐると一ノ沢峠への登山道入り口道標があります。
結構な急階段です。
2015年11月22日 11:03撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線をくぐると一ノ沢峠への登山道入り口道標があります。
結構な急階段です。
一ノ沢峠にベンチがあったので早めのお昼を食べて一休み。
2015年11月22日 11:32撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢峠にベンチがあったので早めのお昼を食べて一休み。
さ、ここから大山北尾根ルートです
2015年11月22日 11:45撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さ、ここから大山北尾根ルートです
1
真っ赤な紅葉がありました
2015年11月22日 11:47撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤な紅葉がありました
4
木が倒れて行く手を阻んでいます
ビミョーにくぐるには低かったので左側を乗り越えていきました。
2015年11月22日 11:57撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木が倒れて行く手を阻んでいます
ビミョーにくぐるには低かったので左側を乗り越えていきました。
1時間ほどで境沢の頭に到着。看板は見当たりませんでしたが、
送電線の鉄塔の番号案内がありました。
2015年11月22日 12:46撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほどで境沢の頭に到着。看板は見当たりませんでしたが、
送電線の鉄塔の番号案内がありました。
1
これから向かうミズヒノ頭の斜面を見て、このまま行く気力を失い16番鉄塔の下でしばしの休憩
2015年11月22日 12:47撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かうミズヒノ頭の斜面を見て、このまま行く気力を失い16番鉄塔の下でしばしの休憩
1
ミズヒノ頭への登り途中、すごい勢いで下ってくる外国人2人組とすれ違いました。今日、北尾根ルート上で唯一出会った登山者でした。もう少しすれ違う人がいるかと思ったけど意外と少なかったです。
2015年11月22日 13:18撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズヒノ頭への登り途中、すごい勢いで下ってくる外国人2人組とすれ違いました。今日、北尾根ルート上で唯一出会った登山者でした。もう少しすれ違う人がいるかと思ったけど意外と少なかったです。
1
急な登りが終わったその先正面にミズヒノ頭があります
2015年11月22日 13:30撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な登りが終わったその先正面にミズヒノ頭があります
そのまま勢いで一気に西沢の頭まで。
ここで出だしを誤り、西側の広い尾根(地獄沢方面)を下ってしまいました。ガスで景色が見えず、良く見ると黄色や青のテープあり、かすかに踏み跡らしき跡があったので方位を確認せずに突入してしまいました。特に景色が見えない時は、テープがあっても磁石で方位を確認して、よくよく地図の地形を確認してから進むべきだと学びました。
2015年11月22日 13:47撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま勢いで一気に西沢の頭まで。
ここで出だしを誤り、西側の広い尾根(地獄沢方面)を下ってしまいました。ガスで景色が見えず、良く見ると黄色や青のテープあり、かすかに踏み跡らしき跡があったので方位を確認せずに突入してしまいました。特に景色が見えない時は、テープがあっても磁石で方位を確認して、よくよく地図の地形を確認してから進むべきだと学びました。
3
ルートに復帰してガスの中尾根沿いをしばらく行くとモノレールの軌道沿いに出て一安心
2015年11月22日 14:33撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートに復帰してガスの中尾根沿いをしばらく行くとモノレールの軌道沿いに出て一安心
そしてガスの晴れた一瞬、行く手に忽然と大山山頂の電波塔が現れました。
あまりの近さにびっくりでした
2015年11月22日 14:48撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてガスの晴れた一瞬、行く手に忽然と大山山頂の電波塔が現れました。
あまりの近さにびっくりでした
2
西側のひらけた立ち入り禁止看板のあたりで一瞬ですが表尾根の稜線も見えました。
カメラを構えているうちにどんどん霧に覆われていく様はドラマチックで幻想的でした。
2015年11月22日 14:49撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側のひらけた立ち入り禁止看板のあたりで一瞬ですが表尾根の稜線も見えました。
カメラを構えているうちにどんどん霧に覆われていく様はドラマチックで幻想的でした。
冒険してきた感を演出する鹿よけ防護柵を越えて北尾根ルートの締めくくり♪
2015年11月22日 14:51撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冒険してきた感を演出する鹿よけ防護柵を越えて北尾根ルートの締めくくり♪
2
やりました

ここからは一気に下社まで下り、ケーブルカーで
2015年11月22日 14:59撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やりました

ここからは一気に下社まで下り、ケーブルカーで
5
と、思ったけど考えが甘かった。
下社についてみると想像以上の人出。ケーブルカー待ちの行列もすさまじいことになっているので、こりゃ下のバス停も大行列の上にすし詰め状態と思い、急きょ予定を変更し、蓑毛まで行くことにしました。蓑毛越しでヘッドライトを装着。もはや真っ暗な森の中を下り蓑毛に到着。
2015年11月22日 17:29撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、思ったけど考えが甘かった。
下社についてみると想像以上の人出。ケーブルカー待ちの行列もすさまじいことになっているので、こりゃ下のバス停も大行列の上にすし詰め状態と思い、急きょ予定を変更し、蓑毛まで行くことにしました。蓑毛越しでヘッドライトを装着。もはや真っ暗な森の中を下り蓑毛に到着。
3

感想/記録

もうちょっと先になるかと思っていた北尾根ルートを早速登りました。
基本は尾根沿いを登ればよく、各頭のあとは少し下りが入るのでここで道間違いをしないようにしなければ、静かな山歩きを満喫できる良いルートでした。

16番鉄塔を過ぎミズヒノ頭あたりから霧が出始め周りの景色が見えなくなったところで西沢ノ頭、踏み跡らしきものとテープが見えたので誤って広い尾根(地獄沢方面)を下ってしまいました。すぐに気がついたので良かったですが、周りの景色が見えないときは良く方位と地図を確認すべきだと思いました。

一日曇り空で途中霧がかかる天気でしたが、その霧が表尾根の稜線を消してゆく様は幻想的でドラマチックでした。

北尾根ルートでは、我々のほかに登山者は二人組ひと組しか会いませんでしたが、山頂から下社へはすっかり観光地の賑わいでした。
当初は下社から大山ケーブルを使ってそのあとバスで帰る予定でしたが、あまりの人の多さに諦めて蓑毛までダッシュ(笑)
蓑毛越しでヘッドライトを装着して真っ暗な森の中を歩き、下社から一時間足らずで蓑毛に到着しました。
訪問者数:260人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ