ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768867 全員に公開 ハイキング富士・御坂

天狗岳〜長者ヶ岳〜天子ヶ岳 *幽・絃・閑 前編*B,M*

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー kimichin2
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー
前泊 河口湖周辺 渋谷駅マークシティ19:15発(東名経由高速バス1,800円)河口湖駅21:30着、タクシー730円
往路 乳ヶ崎東口BS7:12発(富士急バス新富士駅行き、1,480円) 猪之頭入口BS8:15着
復路 白糸の滝入口BS17:40発(富士急バス富士山駅行き、1,730円)河口湖駅19:05着、後編に続く
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間2分
休憩
1時間3分
合計
8時間5分
S猪之頭入口バス停08:1509:21湧水峠分岐10:43湧水峠10:4511:04天狗岳11:1012:13長者ヶ岳12:3012:40昼食13:1013:28上佐野分岐13:47天子ヶ岳13:5015:30天子ヶ岳登山口16:05白糸の滝16:1016:20白糸の滝入口待合所G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
湧水峠手前の崩壊地。崩壊前のロープが残っているが、手がかりとならない場所も有り、足場確かめながら慎重に通過する。その外、総じて歩きやすかった。
その他周辺情報河口湖駅前「カフェ絃」0555-73-8633 甲州ビーフカレー1,250円 とにかく美味しい。
白糸の滝案内所前のお店「まかいの牧場ブランド」のソフトクリーム350円 旨い。
「ホテルキャメロット」0555-73-1830 富士河口湖町役場前、河口湖駅からタクシー初乗り料金で到着、和室7.5畳素泊まり税込3,780円 リーズナブル、快適。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

前泊地を出発。予報に反して晴れそうもない曇り空が広がる。
2015年11月22日 06:45撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前泊地を出発。予報に反して晴れそうもない曇り空が広がる。
2
宿から徒歩10分のバス停へ。途中コンビニ3軒。
2015年11月22日 06:59撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿から徒歩10分のバス停へ。途中コンビニ3軒。
1
約1時間のバス旅を経て、天子山塊へ向かう。
2015年11月22日 08:15撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約1時間のバス旅を経て、天子山塊へ向かう。
1
気になって振り返る。うっすらと笠雲、これが見納めと言わんばかりに。
2015年11月22日 09:09撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気になって振り返る。うっすらと笠雲、これが見納めと言わんばかりに。
4
車道から峠への道に入る。
2015年11月22日 09:21撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道から峠への道に入る。
1
鋼板落ちて久しい崩壊地(3か所め)を渡る。
2015年11月22日 10:34撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋼板落ちて久しい崩壊地(3か所め)を渡る。
1
湧水峠到着。稜線上を南下開始。
2015年11月22日 10:43撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧水峠到着。稜線上を南下開始。
1
木々に囲まれた天狗岳通過。
2015年11月22日 11:05撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々に囲まれた天狗岳通過。
2
広々とした尾根。踏み跡明瞭、歩きやすい。
2015年11月22日 11:55撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々とした尾根。踏み跡明瞭、歩きやすい。
1
長者ヶ岳。3パーティーが休んでいた。眺望は得られない。
2015年11月22日 12:13撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長者ヶ岳。3パーティーが休んでいた。眺望は得られない。
5
途中、昼食休憩を長めに取ったあと、上佐野への分岐を過ぎる。
2015年11月22日 13:28撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、昼食休憩を長めに取ったあと、上佐野への分岐を過ぎる。
1
広い天子ヶ岳山頂。それにしても静岡側の山々には寂しい標識しか無い。
2015年11月22日 13:48撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い天子ヶ岳山頂。それにしても静岡側の山々には寂しい標識しか無い。
2
なだらかな坂に敷き詰められた落ち葉の絨毯。
2015年11月22日 14:30撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな坂に敷き詰められた落ち葉の絨毯。
1
林道出合。渡ったのち再び登山道へ。
2015年11月22日 15:12撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道出合。渡ったのち再び登山道へ。
1
天子ヶ岳登山口。
2015年11月22日 15:31撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天子ヶ岳登山口。
1
前方に見えるはずの麗しき姿を得られず、天子山塊を振り返る。
2015年11月22日 15:41撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に見えるはずの麗しき姿を得られず、天子山塊を振り返る。
2
突然、白糸の滝。
2015年11月22日 16:08撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然、白糸の滝。
6
ジャパネスク。
2015年11月22日 16:10撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャパネスク。
7
〆は、「まかいの牧場より届いた新鮮なミルクを使用しています」ソフトクリーム。
2015年11月22日 16:26撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
〆は、「まかいの牧場より届いた新鮮なミルクを使用しています」ソフトクリーム。
3
ではなく、甲州ビーフカレー。写真は下手だけど感動的美味しさだった。
2015年11月22日 19:24撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ではなく、甲州ビーフカレー。写真は下手だけど感動的美味しさだった。
5

感想/記録

 ウィークデーが「悲しいほどお天気」だったから少し不安はあったが、せめて二日のうち一日は晴れてくれるだろう、十分に期待していた。今年は晴れの特異日を仕事で逃したため、一層思いは強かった。
 富士のまわりを「東へ西へ」うろうろしながら眺める予定だった。二日とも河口湖駅を起点として一番バスに乗り、山上から間近の富士を望む計画だった。
 果たしてささやかな願いは、静謐な時間と引き換えに霧の中へと消えてゆく。深き霧は、「蒼茫」たる空を隠し、術もなく「落日のテーマ」を誘い奏でる。

 マークシティの和幸でかつ丼を買い、最終便に乗り込む。乗客8名のバスは、東名高速道路、東富士五湖道路を経て河口湖を目指す。最後列のシートを倒し、深い眠りも束の間、降車後すぐに駅前タクシーで今日の宿へ。到着後、7.5畳の和室で仕事を忘れ、1週間分の不足を十分に補う。
 6時45分、予定どおり出発。ローソンで買った中華まんと缶スープを、セブンイレブン前のバス停で食す。富士山駅発新富士駅行き路線バスは定刻どおり現れ、乗客2名を乗せて西進、南下する。曇天、富士いずこ。甲駿国境を越え、およそ1時間の旅が終わる頃、既に願いは潰えようとしていた。時折振り返りながらゆっくりと天子山塊に近づく。
 車道歩きに少し飽きた頃、ヘアピンカーブの屈曲部から峠への登山道が分岐する。なだらかな坂を登って1時間後、眼前の道が唐突に消える。容赦ない崩壊により、予想よりも長い区間で緊張を強いられた。
 湧水峠からは稜線の道、広く歩きやすい。両側とも深い霧に阻まれ視界は開けない。東電の巡視路であるため、ところどころに標識がある。鉄塔を過ぎるとまもなく天狗岳。木々に囲まれ眺望はない。小刻みなアップダウンをくりかえし、ひたすら南下する。
 人気を感じると長者ヶ岳山頂、すでに3パーティーが休んでいた。富士山、南アルプスの好展望個所だが、全くその存在を感じることができない。天子ヶ岳方面に進み、昼食をとる。計画どおりの時間で歩いているせいか疲れは感じない。上佐野への道を分け、登り返すとやがて天子ヶ岳に着く。長者ヶ岳と異なり、眺望もベンチもない。天子山塊の名に相応しい山頂を想像していたが、少し寂しさを覚えた。
 僅かな滞在ののち、下山路へと進む。山頂直下は急坂だが、大半は緩やかな尾根道が続く。登山口から再度林道を離れたのち、市街地に向かう。立石地区を過ぎるとほどなく白糸の滝エリアに到達する。夕刻、かなり暗くなってはいたが、かろうじて鑑賞できた。周囲から外国語が聞こえてくるたびに、「いいもんだろう、日本」がこだまする。約1時間、待合室や店の軒先でのんびり過ごしながら、好天を望めそうもない明日の登山を迷っていた。
 とりあえず河口湖まで戻ろう。乗客は私一人、バスは夜の139号を北へと疾走する。河口湖駅前の静かなカフェで夕食。ビーフカレーは期待以上の美味しさ、明日の天候など、どうでもよくなった。食後のコーヒーを飲みながら、ひっそりと佇む山並みの潔さ、そして瞬く間に過ぎた一日を想った。(後編に続く)
訪問者数:359人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/24
投稿数: 458
2015/11/27 9:12
 もう初冬ですね
kimichin様
おはようございます。

富士山に笠雲のお写真もいいなあと思いました。
自然は、同じ場所でも、四季、天候の違いで様々に変化することを実感できました。

落ち葉の絨毯は初冬ですね。
暑い暑いと言っていたら、いつの間にか紅葉の季節になり、あっという間に初冬になってしまいました。
四季の移ろいを感じることができることは「いいもんだろう、日本」です。

後編も楽しみに拝見させていただきます!!
登録日: 2013/9/19
投稿数: 66
2015/11/27 19:45
 富士は見えなくとも
reochi19様
 寒くなってきました。reochi19様は冬に強いとは思いますが、季節の変わり目、ご自愛ください。
 連休、天気はよくありませんでしたが、山上でも風無く、暖かく過ごせました。富士山を間近に見られず、とても残念でしたが、二日間とも静かな山歩きを楽しむことができ、下山が惜しく思えました。
 でもやはり山中、晴れて眺望のあった方がよいですね。次回は青空を見上げたい。reochi19様、良い旅を!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 コンビニ 出合 前泊 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ