ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768941 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

【三徳山】神と仏の宿る山・お勤めして投入堂に参拝

日程 2015年11月23日(月) [日帰り]
メンバー negimanyanco
天候参拝中は晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三佛寺HP 0858-43-2666
http://www.mitokusan.jp/
三朝温泉から10分
無料駐車場は数か所あり

★投入堂・参拝登山について
入山の際に、主に服装と靴のチェックあり。
靴が理由で入山許可が下りない場合、
わらじ(有料)に履き替えて頂くことで入山許可が下りる場合があります
禁止されてるもの:ストック、一切の火気類、山スカート
文殊堂、地蔵堂は重文にて土足禁止
天候により当山が危険と判断した場合は入山禁止となり、雨の日は登れません。
冬の間、12月〜3月ぐらいまでは積雪の為入山禁止
2人以上での登山が必須。
入山料 本堂まで400円 投入堂参拝200円

前日の大山
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-768929.html

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間23分
休憩
42分
合計
2時間5分
S三徳山三佛寺拝観受付09:1509:51投入堂10:0410:41三佛寺本堂11:0011:01三徳山三佛寺拝観受付11:1111:20三佛寺本堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

前日、大山より移動
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日、大山より移動
7
その昔、修験者(山伏)は大鳥居をくぐり三徳山への道を進んだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その昔、修験者(山伏)は大鳥居をくぐり三徳山への道を進んだ
7
夕方5時までに輪光院へin
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方5時までに輪光院へin
6
精進料理は地産地消
もみじの天ぷらは秋味でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
精進料理は地産地消
もみじの天ぷらは秋味でした
33
本日のお宿は三佛寺
他に宿泊者ナシ、
お寺に泊まる初体験
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のお宿は三佛寺
他に宿泊者ナシ、
お寺に泊まる初体験
11
明るく清潔なお寺でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るく清潔なお寺でした
35
18時30分
仏様
おやすみなさい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18時30分
仏様
おやすみなさい
24
朝、6時30分
本堂でお勤め
住職さんと一緒にお教を読みました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、6時30分
本堂でお勤め
住職さんと一緒にお教を読みました
13
軽やかに階段を降りる住職さん、サスガです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽やかに階段を降りる住職さん、サスガです
11
参詣受付すると頂けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参詣受付すると頂けます
9
数珠を回して厄除け
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数珠を回して厄除け
7
宿坊 輪光院さん
左側に干支のお地蔵様が並びます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿坊 輪光院さん
左側に干支のお地蔵様が並びます
6
朝ごはんも美味し(*^_^*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝ごはんも美味し(*^_^*)
26
宿帳もしぶいです
2015年11月23日 08:59撮影 by FinePix F1000EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿帳もしぶいです
8
便利な車道も、ロープウェイもありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
便利な車道も、ロープウェイもありません
8
水琴窟の音は日本一の音色です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水琴窟の音は日本一の音色です
9
痛むトコを撫でで治りますようにと願う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痛むトコを撫でで治りますようにと願う
8
投入堂の参拝受付
入山チェック
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
投入堂の参拝受付
入山チェック
9
わらじ700円はお土産ではありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わらじ700円はお土産ではありません
8
輪袈裟をお借りします
六根清浄
目・耳・鼻・舌・身の五感と意(心)を清めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
輪袈裟をお借りします
六根清浄
目・耳・鼻・舌・身の五感と意(心)を清めます
13
さぁ、行きましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、行きましょう
7
宿入橋
行の始まりです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿入橋
行の始まりです
5
登山道ではなく、参道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道ではなく、参道です
8
素敵なイケメン様がお出迎えをして下さいます
役行者石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵なイケメン様がお出迎えをして下さいます
役行者石仏
8
木の根がいりくんだ急坂を数か所登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根がいりくんだ急坂を数か所登り
9
落葉で滑る、急登を登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落葉で滑る、急登を登り
8
巨木に癒され
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨木に癒され
7
紅葉も残ってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉も残ってました
4
良い天気ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気ですね
12
文殊堂を見上げ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊堂を見上げ
13
すぐに地蔵堂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに地蔵堂
8
鐘楼堂
2トンの鐘を一つ突きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘楼堂
2トンの鐘を一つ突きます
13
馬の背・牛の背
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背・牛の背
9
観音堂の裏を回り
岩の間にどのようにして建てたのでしょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音堂の裏を回り
岩の間にどのようにして建てたのでしょう
16
元結掛堂の前を通り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元結掛堂の前を通り
5
投入堂
役行者が法力で投入れたそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
投入堂
役行者が法力で投入れたそうです。
25
平安時代から燃えず朽ちることなく、ここに或ることが神秘
近づく道はありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平安時代から燃えず朽ちることなく、ここに或ることが神秘
近づく道はありません
27
地蔵堂に戻って
ダブルエヌ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵堂に戻って
ダブルエヌ
30
○カの大足
○○ケの小足

「中途半端な碌でなし」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
○カの大足
○○ケの小足

「中途半端な碌でなし」
15
縁側からの眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縁側からの眺め
11
下山はあっという間でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はあっという間でした
6
世界遺産になって欲しいけど、欲しくもないような気がする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
世界遺産になって欲しいけど、欲しくもないような気がする
12
住職さんのお話はとても判りやすくて楽しかったです。素敵なご縁でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住職さんのお話はとても判りやすくて楽しかったです。素敵なご縁でした。
38

感想/記録
by negima

大山行ったら投入堂にも行くべしっ
と山の大先輩からのお薦めでした。

神と仏の宿る山「三徳山」
宿坊に泊まり、お勤めしました。
清々しい朝の空気に包まれて、住職さんと一緒にお経を読む。
住職さんの、お話はとても判りやすく、心にスッと入りました。
投入堂を含め、三徳山という修険のお山で特別な体験ができ、
心身共に清められました。
八百万の神様、仏様、ありがとうございます。
そして、遠路を一緒に旅してくれたnyanco、ありがとう♡

negima

感想/記録
by nyanco

大山から続く山旅♪
ラッキーなことに三佛寺の宿坊に宿泊できる機会を得る事が
できました。
三徳山にある三佛寺は、日本で有名な宗祖のおひとりである
最澄(比叡山)の愛弟子・円仁が開山したとされる山です。

朝のお経に続きで住職さんの説法から聞いた学んだお話です。

約1300年前に、この山陰地方にひっそりただ佇むお寺に
遣唐使であった円仁が唐から比叡山に戻る途中で三徳山に
寄ったことから始まります。
標高約900Mあるこの山の山頂近くにの山肌の窪みに
なんとも芸術的な社を建て、仏様に遣える重宝を保管すると
いった先見的な考えを持った円仁に興味を持ちました。
この時代にもおそらく宗教同志のもめ事があったと思います。
様々な敵から自分たちの地位・価値を守るために人は相手を
非難します。宗教戦争、近年も世界では勃発しています。
とても悲しいことですが、人の価値観・宗教観はその人の
生き方なので否定できず尊重するべきことです。

日本人は良いのか悪いのか…。多宗教の人種です。
そのため、教会式、神前式、仏前式、クリスマス、お正月、
今ではハロウィンなど様々な宗教的イベントを受け入れています。
そのため、日本国内で宗教戦争が起きることはないに等しいのです。

このようなお話を朝の説法で知ることで、自分の存在やあり方を
考え直す機会を得ることができました。
山に登ること、山伏になること。
山伏になること、「人として生きていくうえですべての物に神が
宿っていることに感謝すること」であると自分の在り方として
捉えることができました。

この2日間で山に登ることについて考えることができたことに
この地を訪れる機会ができてnegimaに感謝します。
一期一会・三徳山の和尚さんに出合えて本当に良かったです。

nyanco♪

訪問者数:585人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ