ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768979 全員に公開 ハイキング東海

鹿島山 大鈴山 平山明神山 岩古谷山

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー OSKOSK, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
和市 登山口駐車場 15台程度

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
0分
合計
6時間15分
Sスタート地点08:2514:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
駐車場スタート 8:25発
鹿島山頂 9:10着
大鈴山頂 9:40着
平山明神山 東の覗き 11:15着 昼食
平山明神山頂 11:50着
堤口峠 13:30着 小休憩
岩古谷山頂 13:55着
トンネル横バス停前 14:30着
駐車場ゴール 14:40着
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 携帯 時計 ストック カメラ
備考 無風曇り気味の秋でしたが岩場やクサリ場、無名ピークのアップダウンが多くあり、一部道が険しく水分は多めがいいと思います。
紅葉時期は赤テープだけがルートの頼りで初心者にはオススメできません。

写真

紅葉を楽しむべく愛知県の平山明神山と周辺の山へ登りました。
このエリアには明神山が二つありますが、こちらは人も少なくマイナーな方の明神山になります。

マイナーな割には和市登山口駐車場には他県ナンバーも何台か見られました。

駐車場を見下ろしながら登山がはじまります。民家すく横を通過していきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉を楽しむべく愛知県の平山明神山と周辺の山へ登りました。
このエリアには明神山が二つありますが、こちらは人も少なくマイナーな方の明神山になります。

マイナーな割には和市登山口駐車場には他県ナンバーも何台か見られました。

駐車場を見下ろしながら登山がはじまります。民家すく横を通過していきます。
急登を登り詰めると鹿島山山頂です。途中も山頂も展望は望めません。途中に雰囲気のいい神社や水場がありましたが休憩はしませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登り詰めると鹿島山山頂です。途中も山頂も展望は望めません。途中に雰囲気のいい神社や水場がありましたが休憩はしませんでした。
大鈴山山頂にて。
眺望が開けました。
紅葉の落ち葉で踏み跡が薄く、とても滑り易いです。登山靴はビブラムソールだと安心できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鈴山山頂にて。
眺望が開けました。
紅葉の落ち葉で踏み跡が薄く、とても滑り易いです。登山靴はビブラムソールだと安心できます。
大鈴山山頂の杭です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鈴山山頂の杭です。
平山明神山山頂です。
ここまでのルートは赤テープを目印に進みます。滑落注意の看板もありました。落ち葉が多く、ルートロストしないように注意が必要です。途中で迷子気味になっている方も二組いました。要、地図持参です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平山明神山山頂です。
ここまでのルートは赤テープを目印に進みます。滑落注意の看板もありました。落ち葉が多く、ルートロストしないように注意が必要です。途中で迷子気味になっている方も二組いました。要、地図持参です。
2
分岐点から岩古谷山方面へ進みます。
写真のような大きな岩越えの鎖場など、難所のアップダウンが多数あります。
看板表示や赤テープの目印も少なめです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点から岩古谷山方面へ進みます。
写真のような大きな岩越えの鎖場など、難所のアップダウンが多数あります。
看板表示や赤テープの目印も少なめです。
堤口峠に着きました。
明神山方向からこの堤口峠までは人影が皆無で、アップダウンを繰り返しながらの寂しいルートで途中展望も望めません。鎖場も多く滑落注意です。この区間は距離も長く、初心者にはあまりオススメしません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堤口峠に着きました。
明神山方向からこの堤口峠までは人影が皆無で、アップダウンを繰り返しながらの寂しいルートで途中展望も望めません。鎖場も多く滑落注意です。この区間は距離も長く、初心者にはあまりオススメしません。
大阪までの距離表示がありました。大阪まで歩く方は実際どのくらいいるのでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪までの距離表示がありました。大阪まで歩く方は実際どのくらいいるのでしょうか。
1
比較的明るいイメージの岩古谷山への登頂ルートです。この辺りは東海道自然道で、とても整備されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比較的明るいイメージの岩古谷山への登頂ルートです。この辺りは東海道自然道で、とても整備されています。
山頂目指して高度感がどんどんアップしていきます。東海道自然道三大難所の一つでもあり、滑落や事故には要注意です。強風時や凍結時には通過したくありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂目指して高度感がどんどんアップしていきます。東海道自然道三大難所の一つでもあり、滑落や事故には要注意です。強風時や凍結時には通過したくありません。
1
岩1面にキレイな岩コケ?が生息してました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩1面にキレイな岩コケ?が生息してました。
すぐそこに岩古谷山頂が見えてきました。鋭利な岩場山頂は狭目ですが、視界も広く景色最高です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐそこに岩古谷山頂が見えてきました。鋭利な岩場山頂は狭目ですが、視界も広く景色最高です。
山頂からは遠くの茶臼山や、麓の昭和っぽい田園地帯がキレイです。看板の説明によると遥か下に見える人里は大昔は海だったらしく、不思議な気持ちになります。
下山は、滝を見ながら堤石トンネル、バス停方面に下りました。登山道を抜け、更に車道を10分程下るとスタート地点に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは遠くの茶臼山や、麓の昭和っぽい田園地帯がキレイです。看板の説明によると遥か下に見える人里は大昔は海だったらしく、不思議な気持ちになります。
下山は、滝を見ながら堤石トンネル、バス停方面に下りました。登山道を抜け、更に車道を10分程下るとスタート地点に戻ってきました。
2

感想/記録
by OSKOSK

紅葉は散り終わり気味でした。
もう1.2週間早ければ葉っぱで足元が滑らずにもっと楽に登山できたと思います。全体的に静かな登山が楽しめました。今回のルートのように、最初に鹿島山から、最後に岩古谷山が変化に富んでいいと思います。
歩き応えのあるルートで翌日は筋肉痛でした。
訪問者数:173人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

赤テープ 急登 鎖場 水場 紅葉 滑落
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ