ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 769008 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

武尊山(武尊神社登山口〜武尊・剣ヶ峰周回)

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー miss-T, その他メンバー4人
天候曇り、霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
武尊神社奥 登山口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間36分
休憩
1時間23分
合計
8時間59分
S林道終点 登山口駐車場07:0707:20須原尾根分岐08:10休憩08:1508:30武尊神社下降点08:37手小屋沢避難小屋分岐08:4209:40最初の鎖場11:00武尊山11:5013:13剣ヶ峰山13:2615:08武尊沢(急坂の終わり)15:35休憩15:4515:50武尊沢15:53須原尾根分岐16:06林道終点 登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
標準コースタイム:6時間35分
登山口駐車場 -15- 須原尾根分岐 -60- 武尊神社下降点 -80- 最初の鎖場 -40- 武尊山 -80- 剣ヶ峰山 -110- 須原尾根分岐 -10- 登山口駐車場
コース状況/
危険箇所等
登山届ポストは武尊神社横の駐車場にある。
用紙の引き出しが固くて引き出しにくかった。湿気で膨張してたのかな?

武尊神社横の駐車場にはトイレもあり。紙、手洗い場あり。

避難小屋方面から山頂へのルートには鎖場が5ヶ所ほどあるが、凍結していなければ、とくに難しくはない。

剣ヶ峰から登山口までのルートは、前半が木の根や浮き石の多い、大きな段差の続く急坂。水場のある武尊沢に出るまで続く。晴れて乾いていてもたいへんだと思うが、濡れてぬかるんでいると、滑りやすく、かなり手こずる。
その他周辺情報近隣には、宝川温泉など、温泉施設多数。
利用したのは、月夜野の矢瀬親水公園近くの「風和の湯」。2時間570円。
露天は源泉かけ流し。内湯は加温循環?
無料貴重品ロッカー、ドライヤー。リンスインシャンプー、ボディソープ。

前泊に、沼田健康ランドを利用。
宿泊は2100円、館内着、タオル、バスタオル付き。
お風呂は温泉ではなく、内湯、サウナ。風呂場内に15mほどのプールがある(裸で泳ぐことになる (^_^;))。シャワーの水圧が安定せず、弱いと使い物にならない。
女性用の休憩室は、ベッドとリクライニングチェアが10台ずつくらいあり、TV付き。禁煙が守られており、わりにすいていて、まずまず快適。セルフの飲料水あり。追加料金で、カプセルルームも利用できる。
男性用の休憩室は禁煙が守られておらず、半ば住んでいるような人もいて、大部屋は居心地が悪いらしい。カプセルルームは大丈夫なので、追加料金を払っても、そちらがおすすめとのこと(同行者談)。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

駐車場到着
雨ではないけど、ガスガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場到着
雨ではないけど、ガスガス
分岐
避難小屋のほうへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐
避難小屋のほうへ
1
これが不動明王?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが不動明王?
名倉沢のほうとの分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名倉沢のほうとの分岐
避難小屋はこの下
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋はこの下
2つ目の鎖場
足場はたくさんあるけど...濡れていてなんかイヤ。ロープもドロドロ(´・_・`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の鎖場
足場はたくさんあるけど...濡れていてなんかイヤ。ロープもドロドロ(´・_・`)
1
雨氷とか樹氷とか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨氷とか樹氷とか
落ちたエビのしっぽたち
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちたエビのしっぽたち
こんなふうについてます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなふうについてます
ガスが切れて、稜線が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが切れて、稜線が見えた
1
パンとスープでランチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パンとスープでランチ
1
剣ヶ峰へ
たまに、ちょっと晴れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰へ
たまに、ちょっと晴れる
1
剣ヶ峰への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰への分岐
1
剣ヶ峰山 山頂
ガスで展望なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山 山頂
ガスで展望なし
2
剣ヶ峰からの下りは、なかなか手ごわい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰からの下りは、なかなか手ごわい
1
分岐に戻って、下山します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に戻って、下山します
段差が大きいんだよねえ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段差が大きいんだよねえ
1
木の根だらけで、すべる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根だらけで、すべる
1
石もごろごろ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石もごろごろ
1
また、ちょっと晴れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、ちょっと晴れる
1
どこをどう下りるか、悩む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこをどう下りるか、悩む
木の根をつかんで、足場を探して...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根をつかんで、足場を探して...
1
ここでやっと、急な坂が終わる
長かった〜(+_+) コースタイムなんかでは歩けません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでやっと、急な坂が終わる
長かった〜(+_+) コースタイムなんかでは歩けません。
1
もう、ゆるゆる〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう、ゆるゆる〜
1
沢を渡って...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡って...
1
避難小屋ルートとの分岐に出ました
もう、すぐにゴール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋ルートとの分岐に出ました
もう、すぐにゴール
1
武尊神社横の駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊神社横の駐車場
1
専用の登山届けでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
専用の登山届けでした
PAでがっつりごはん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
PAでがっつりごはん
2

感想/記録
by miss-T

沼田駅近くの沼田健康ランドに前泊し、早朝6時半ごろ武尊神社横の駐車場に到着。
トイレを済ませ、さらに上の登山口横にある駐車場に行ってみると、5台程度しかとまっておらず、余裕でとめられた。
山地図では10台程度とあるが、つめて停めれば20台くらいとめられそう。

雨は降っていないが、ザックには念のためカバーをしておく。これは正解だった。どこもかしこも濡れてぬかるんでドロドロなので、ザックの汚れ防止になった。
ロングのスパッツもつけたが、膝下はドロドロになったので、これも必須だった。

7時過ぎに出発し、上りは避難小屋方面のルートへ。
こちらは、それほどきつい部分はない。

鎖場の部分だけは、1人ずつ登るので、グループだと時間がかかる。グループの人数や各人のスキルに応じて、時間を余分に見積もる必要があるようだ。
鎖場のあたりから、雨氷や樹氷がみられたが、登山道に凍結はなく、ぬかるんでいた。

鎖場を抜けると稜線に出て、風があたって寒いが、道は楽になる。

山頂はそこそこ広く、ハイマツのかげに寄れば、風もしのげる。
ここでランチにした。
ときどきガスが晴れて、青空ものぞくので期待して粘ったが、結局すぐにガスにのまれてしまい、展望は楽しめず...

剣ヶ峰山への稜線は、歩きやすく、展望があれば楽しそうな道。ときどき霧が晴れて、武尊山が見える。未練がましく振り返るのだけど、結局すっきりとは晴れなかった。

剣ヶ峰山山頂は狭く、展望が素晴らしいらしいが、今日はガス。
ここからの下山路が、かなりやっかいだった。
山頂から武尊沢の水場のあたりまでは、大きな段差のある急坂が続く。木の根や浮石だらけで、濡れてすべるし転がるしで、手こずる。段差は2mを越えるものも多く、1人ずつクリアしなければならず、グループだとやたらと時間がかかる。どこをどう下りるかにも悩む。足場の取り方とか。男性と女性、各人の得意不得意によっても、適したコースどりが違ってくる。
途中、時間もずいぶんたったし、ものすごく歩いた気になってGPSで位置を確認して、ろくに進んでないことに呆然。結局、山頂から沢までのわずか1.2kmに1時間40分もかかってしまった。コースタイムでは、山頂から避難小屋ルートとの分岐までが1時間50分なのだが、ソロならともかく、グループで、とりわけこんな足元の悪い日は、そんなタイムではとても下りられない。分岐までは、小休止も入れて、2時間半かかった。

沢を過ぎると、駐車場まではゆるやかな歩きやすい道となる。
渡渉が何度かあるが、浅いので、増水していなければ問題ない。
駐車場の少し手前に浅い沢があるので、ドロドロの靴を洗うことができた。

晴れて乾いていれば、鎖場も、下山路の段差の多い道も面白いのではないかと思うが、濡れてぬかるんでいるとほんとにたいへんです(+_+) 幸いにして転ぶことはなかったけれど、いまだかつでないくらいドロドロになってしまった。転んだら...と思うと、ぞぞ〜 (*_*;

今度は、晴れて展望のあるときに再訪したいものです。
ここ、たぶん、雪があるほうが歩きやすそう。残雪期も良いかな♪

下山後は、日帰り温泉「風和の湯」で汗を流し、湿気と泥だらけの服を脱ぎ捨てて、さっぱり〜(^-^) ここは、怪我や筋肉痛にとっても効くらしいです。

3連休とあって、渋滞が心配なので、入浴後は食事もとらずに帰途に着き、高速を抜けることを優先。自然渋滞のほかに事故渋滞もあったが、全員終電には間に合い、無事に帰宅できました。
訪問者数:528人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ