ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 769584 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峰 釈迦ヶ岳から北へ…明星ヶ岳まであと一歩

日程 2015年11月23日(月) [日帰り]
メンバー Hacchy
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大阪から国道309号線ー168号線で十津川方面へ向い、太尾登山口へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間24分
休憩
1時間9分
合計
11時間33分
S太尾登山口04:4305:19P146805:2005:45古田の森05:4806:23釈迦ヶ岳06:3307:31孔雀岳07:3208:00仏生ヶ岳08:0808:54楊子ノ宿08:5709:28舟ノ垰09:56五鈷峰10:0510:50五鈷峰10:5111:19舟ノ垰12:02楊子ノ宿12:2513:23孔雀岳14:30釈迦ヶ岳14:3915:22古田の森15:2315:47P146816:15太尾登山口16:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
太尾登山口から釈迦ヶ岳までは歩きやすい整備された登山道です。斜度も緩やかで初心者の方でも大丈夫です。釈迦ヶ岳から孔雀ヶ岳方面へは痩せ尾根や岩場もあり、注意が必要です。釈迦ヶ岳、仏生ヶ岳は奥駈道から外れていますが、分かれ道に表示があります。
その他周辺情報太尾登山口にはトイレあり。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザックカバー 行動食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ

写真

夜11時に家を出て、2時に太尾登山口に到着。当然誰もいません。一応星が見えていますが、果たして天気は如何に?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜11時に家を出て、2時に太尾登山口に到着。当然誰もいません。一応星が見えていますが、果たして天気は如何に?
7
4時まで仮眠。お稲荷さんとパンを食べながら、何時に出発したものかと悩みましたが、意を決して4時半過ぎに出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4時まで仮眠。お稲荷さんとパンを食べながら、何時に出発したものかと悩みましたが、意を決して4時半過ぎに出発。
4
熊さんが怖いので、熊鈴の音がよく響くようにトレッキングポールに鈴を装着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊さんが怖いので、熊鈴の音がよく響くようにトレッキングポールに鈴を装着。
9
進入禁止の看板。このあたりからとんでもないガスに包まれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進入禁止の看板。このあたりからとんでもないガスに包まれる。
看板を過ぎてすぐに登山道をロスト。ヘッデンがガスに反射し、視界は3m程度。少し焦りましたが、コンパスで方角を確認し、看板まで戻ることができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板を過ぎてすぐに登山道をロスト。ヘッデンがガスに反射し、視界は3m程度。少し焦りましたが、コンパスで方角を確認し、看板まで戻ることができました。
5
旭登山口との合流地点。何も見えへん!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭登山口との合流地点。何も見えへん!
7
古田の森。このときも視界5m程度。このあとまたしても登山道ロスト。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古田の森。このときも視界5m程度。このあとまたしても登山道ロスト。
8
段々とガスが薄くなり、明るくなってきたので、ヘッデンoff。そのほうが道が見やすいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々とガスが薄くなり、明るくなってきたので、ヘッデンoff。そのほうが道が見やすいです。
3
ガスのかかった明け方は好きです。ガスが白ではなく薄い青に光って、すごく幻想的な雰囲気になります。写真では青が強すぎますが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスのかかった明け方は好きです。ガスが白ではなく薄い青に光って、すごく幻想的な雰囲気になります。写真では青が強すぎますが…
5
かなり明るくなってきましたが、相変わらずガスが濃いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり明るくなってきましたが、相変わらずガスが濃いです。
1
ここを越えれば…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを越えれば…
釈迦ヶ岳山頂!今年2回目ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳山頂!今年2回目ですね。
18
周りは真っ白。山頂でひこ殿の記念撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りは真っ白。山頂でひこ殿の記念撮影。
9
せっかくなので自撮り(^^;)
そんなことをしながら時間をつぶしていると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので自撮り(^^;)
そんなことをしながら時間をつぶしていると…
16
一気にガスがぬけて西側の山々が姿を現した!
「日頃の行いパワー」が炸裂!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気にガスがぬけて西側の山々が姿を現した!
「日頃の行いパワー」が炸裂!
11
孔雀ヶ岳方面は滝雲!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孔雀ヶ岳方面は滝雲!!
11
お釈迦様のバックに滝雲。最高です!
しかしこのあとこの滝の部分に行くんですが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お釈迦様のバックに滝雲。最高です!
しかしこのあとこの滝の部分に行くんですが…
12
キレットを進んでいきます。
ガスのせいで高度感はいまいちです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットを進んでいきます。
ガスのせいで高度感はいまいちです。
2
おなじみのモアイ。ガスではっきりしません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみのモアイ。ガスではっきりしません。
1
今日はここの鎖はパス!安全第一。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここの鎖はパス!安全第一。
5
晴れていればここからかっこいい釈迦ヶ岳が見られるねんけどなぁ…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていればここからかっこいい釈迦ヶ岳が見られるねんけどなぁ…
1
ここまでの無事とこれからの安全を祈願。ここからは未体験エリアです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでの無事とこれからの安全を祈願。ここからは未体験エリアです。
10
孔雀ノ覗。なぁーんも見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孔雀ノ覗。なぁーんも見えません。
3
高度感まったくなし。白一色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感まったくなし。白一色です。
2
孔雀ヶ岳の山頂は奥駈道から外れているはずなので、適当なとこから適当に稜線をたどって山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孔雀ヶ岳の山頂は奥駈道から外れているはずなので、適当なとこから適当に稜線をたどって山頂に到着。
10
山頂から適当に稜線をたどって奥駈道に復帰。正しい登山道はどこやったんかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から適当に稜線をたどって奥駈道に復帰。正しい登山道はどこやったんかな?
4
ここで「日頃の行いパワー」2回目発動!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで「日頃の行いパワー」2回目発動!!
2
釈迦ヶ岳も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳も見えます。
6
あそこに見えるは憧れのアケボノ平。行きたいなぁ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこに見えるは憧れのアケボノ平。行きたいなぁ〜
7
かなり遠くまできれいに見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり遠くまできれいに見えています。
6
仏生ヶ岳も奥駈道から外れているはずなので、手前でまたしても適当に稜線をたどって山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏生ヶ岳も奥駈道から外れているはずなので、手前でまたしても適当に稜線をたどって山頂に到着。
11
ここでちょっと休憩。最近お気に入りの羊羹。
くるっと開けられてぱくっと食べてゴミ袋にぽいっ。手を汚さずに済むのがいいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでちょっと休憩。最近お気に入りの羊羹。
くるっと開けられてぱくっと食べてゴミ袋にぽいっ。手を汚さずに済むのがいいですね。
14
このあとなかなか奥駈道に復帰できず、歩きにくい林を歩いていると、突然目の前に動く何かが!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあとなかなか奥駈道に復帰できず、歩きにくい林を歩いていると、突然目の前に動く何かが!!
1
鹿の親子がのんきに草を食べてました。めちゃくちゃビビりましたよ…勘弁してください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の親子がのんきに草を食べてました。めちゃくちゃビビりましたよ…勘弁してください。
17
ここでやっと奥駈道に復帰。一安心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでやっと奥駈道に復帰。一安心。
笹の絨毯ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の絨毯ですね。
6
やっと楊子の宿小屋です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと楊子の宿小屋です!
2
きれいな外観です。中もきれいに掃除されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな外観です。中もきれいに掃除されていました。
8
ここで靴下の履き替え(やはり靴に水があほほど入ってきたため)と食事。sukanpoさんでおなじみのやつですね(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで靴下の履き替え(やはり靴に水があほほど入ってきたため)と食事。sukanpoさんでおなじみのやつですね(^^)
10
38Lとは思えんくらい膨らんだザックを改めて見て思いましたが、荷物重すぎ!!心配性でいろいろ持ってきてしまうからなんですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
38Lとは思えんくらい膨らんだザックを改めて見て思いましたが、荷物重すぎ!!心配性でいろいろ持ってきてしまうからなんですが。
11
結構な危険地帯。テープのところを歩きます。落ちたらどこまで行くのか、下が白いのでよくわかりませんが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な危険地帯。テープのところを歩きます。落ちたらどこまで行くのか、下が白いのでよくわかりませんが。
6
行場が何箇所もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行場が何箇所もあります。
2
娘が見たら「お父さん、これ食べてもいい?」って言いそうな赤い実ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
娘が見たら「お父さん、これ食べてもいい?」って言いそうな赤い実ですね。
1
ここが舟の垰ですかね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが舟の垰ですかね?
3
こんなとこくぐるのはしんどいですわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなとこくぐるのはしんどいですわ。
2
思わず「パン!」って思ってしまったきのこ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わず「パン!」って思ってしまったきのこ。
2
楊子の森手前で休憩。ここで今までずっとヘッデン付けてた事に気がつきました。
晴れてたらいい景色が見られるんやろなぁ…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楊子の森手前で休憩。ここで今までずっとヘッデン付けてた事に気がつきました。
晴れてたらいい景色が見られるんやろなぁ…
7
五鈷峰にむかう岩場。降りるほうが怖そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五鈷峰にむかう岩場。降りるほうが怖そう。
9
禅師ノ森あたりでタイムアップ。
GPSで確認すると、明星ヶ岳までは1kmもないくらいだと思われますが、仕方ない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
禅師ノ森あたりでタイムアップ。
GPSで確認すると、明星ヶ岳までは1kmもないくらいだと思われますが、仕方ない…
3
「今日はこのくらいにしといたらぁ!」ってことで、ひこ殿の記念撮影。次回は明星ヶ岳からここまで来ます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「今日はこのくらいにしといたらぁ!」ってことで、ひこ殿の記念撮影。次回は明星ヶ岳からここまで来ます!
11
行きには余裕がなくて気にしていませんでしたが、奥駈道には石が敷き詰められた箇所がたくさんあります。
古代から歩かれた方々が地道に整備され、そこを大勢の人が歩いてこられたのでしょうね。歴史の重みを感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きには余裕がなくて気にしていませんでしたが、奥駈道には石が敷き詰められた箇所がたくさんあります。
古代から歩かれた方々が地道に整備され、そこを大勢の人が歩いてこられたのでしょうね。歴史の重みを感じます。
10
雨の大峰では苔むした岩や倒木がきれいに輝きます。
「雨やからこそ」楽しめる景色ですよね!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の大峰では苔むした岩や倒木がきれいに輝きます。
「雨やからこそ」楽しめる景色ですよね!!
5
行きに休憩した楊子の森付近の倒木で一息入れていると、本日3回目の「日頃の行いパワー」炸裂!!!
写真には撮れませんでしたが、七面山の岩壁、アケボノ平が目の前に見えました!3分ほどでガスに包まれましたが、夢のようなひとときでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きに休憩した楊子の森付近の倒木で一息入れていると、本日3回目の「日頃の行いパワー」炸裂!!!
写真には撮れませんでしたが、七面山の岩壁、アケボノ平が目の前に見えました!3分ほどでガスに包まれましたが、夢のようなひとときでした。
7
ガスに包まれた奥駈道を南下します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに包まれた奥駈道を南下します。
3
楊子の宿小屋への分岐。大峰の雰囲気に似つかわしくない色合いですが、ガスに包まれてフラフラの私にはすごく安心感を与えてくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楊子の宿小屋への分岐。大峰の雰囲気に似つかわしくない色合いですが、ガスに包まれてフラフラの私にはすごく安心感を与えてくれました。
3
表示板に貼られた蛍光テープはガスの中でも光ってわかりやすいです。
間違いやすい箇所には蛍光の紐も張られています。ありがたいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表示板に貼られた蛍光テープはガスの中でも光ってわかりやすいです。
間違いやすい箇所には蛍光の紐も張られています。ありがたいですね。
5
仏生ヶ岳への分岐。ちゃんと表示あるやん…適当に稜線を行かんと、ここを行けば楽に奥駈道に戻れるやん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏生ヶ岳への分岐。ちゃんと表示あるやん…適当に稜線を行かんと、ここを行けば楽に奥駈道に戻れるやん。
3
鳥の水の表示板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥の水の表示板。
ここで突然猛烈な獣臭が!!!
何事!と周りを見渡すが、何もいない、何もない…3mも進めば臭いはまったくなくなりました。何だったのか…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで突然猛烈な獣臭が!!!
何事!と周りを見渡すが、何もいない、何もない…3mも進めば臭いはまったくなくなりました。何だったのか…
2
「雨ならでは」の景色…(2回目)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「雨ならでは」の景色…(2回目)
2
孔雀ヶ岳への分岐。適当に稜線を行かんと、ちゃんとここを行けば…(2回目)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孔雀ヶ岳への分岐。適当に稜線を行かんと、ちゃんとここを行けば…(2回目)
3
何とかお釈迦様の下へ戻って来れました。
ありがたや…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とかお釈迦様の下へ戻って来れました。
ありがたや…
7
360度真っ白です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
360度真っ白です。
1
千丈平まで戻ってきました。ガスに包まれていい雰囲気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈平まで戻ってきました。ガスに包まれていい雰囲気です。
1
ここで林の奥に何か動くものが!
一瞬猪!?と思いましたが、カモシカさんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで林の奥に何か動くものが!
一瞬猪!?と思いましたが、カモシカさんでした。
9
ここで本日4回目の「日頃の行いパワー」炸裂!!!!
もうカメラも携帯も濡れまくって写真もちゃんと撮れませんわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで本日4回目の「日頃の行いパワー」炸裂!!!!
もうカメラも携帯も濡れまくって写真もちゃんと撮れませんわ。
13
アケボノ平!待ってろよ〜!!来年こそ行ったるからな!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アケボノ平!待ってろよ〜!!来年こそ行ったるからな!
5
登山道はすぐガスに包まれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はすぐガスに包まれました。
1
やっと太尾登山口に帰着。車は1台…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと太尾登山口に帰着。車は1台…
7
ひこ殿もお疲れ〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひこ殿もお疲れ〜。
6
帰りの道すがらに撮影。雲海も見納めですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの道すがらに撮影。雲海も見納めですね。
15

感想/記録
by Hacchy

このコースは9月頃から計画していたのですが、なんやかんやで実行に移せず、このままでは今年中には無理になってしまいそうな状況でした。さすがにそれは不本意なので、少々強引ですが、3連休で唯一時間がとれた最終日、それも予報は雨の日に実行に移しました。
前日の23時に自宅を出発し、3時間で到着。さすがに誰もいません。少々不気味でしたが、とりあえず4時まで仮眠。4時半になっても真っ暗(到着したときはまだ多少月明かりがありました)だったので、どうしたものかと悩みましたが、帰着時間を16時と考えていたので、意を決して出発しました。
歩き始めてすぐ、濃いガスに包まれ、登山道を何度かロストする羽目になってしました。ヘッデンの明かりがガスに反射し、視界は3mが限界な状況でしたので、ほぼ目の前だけを見ながら歩いている常態で、ちょっと道が不明瞭になると進むべき方角を見失ってしまいます。冷静にコンパスで方角確認ができましたが、焦ってむやみに歩き回ると、登山道への復帰が難しくなってしまいます。こんなときは一度立ち止まって冷静になることが必要ですね。
奥駈道はほぼずっとガスに包まれ、小雨が降っている状態でしたが、何度かガスが晴れ、景観を楽しむことができました。苔むした景観を楽しむこともできましたが、雨に濡れた岩場は滑りやすく、かなり気を使いました。落ちたら間違いなくお陀仏という場所が何箇所もあります。
無理をすれば明星ヶ岳まで到達できたと思いますが、今回は同じ行程を戻らないといけないコースでしたので、帰りのことを考えるとさすがにしんどくなってしまい、無理せず断念しました。また晴れの日に歩くチャンスをもらったとプラスに考えることにします。

今回は明星ヶ岳まで到達できませんでしたが、それらをふまえて思ったことなど。
1.登山靴は買い替えるしかない。
2.雨の日に10kg以上の荷物を持ってこない。(この日はたぶん14から15kgくらい)
3.日頃から善行を心掛ける。

楊子の宿小屋に荷物をデポしておけばもう少し楽に行けたな〜と戻りに気が付きました。

今回初体験だったこと…
大峰を10時間以上歩いて一人の登山者にも会わなかった…
そりゃそうですよね。誰がわざわざ3連休の最終日の雨予報の日に来ますか!そんなアホなことだぁれもしませんわ、などと考えながら、登山を終えました。一台だけとまった自分の車を見て、「お前、ずっと一人ぼっちやったんかな…」などと思ってしまいました。
訪問者数:779人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/11
投稿数: 1102
2015/11/25 5:32
 ガスガス
hacchyさん、おはようございます。
雨の中の山行お疲れさまでした!やはり「行ける時に行ってしまおう!」ってなってしまいますよね〜。はやり大峯はガスが怖いです・・・これからの季節、雪にガスだとほんと恐ろしいです。その中でモゾモゾ動く野生動物も・・・
登録日: 2013/9/1
投稿数: 1314
2015/11/25 10:25
 よくぞご無事で!
Hacchyさん、おはようございます(^O^)
大変な山行でしたね!
無事でなによりです(^_^;)
大峯のガスは想像を絶するものがあります!
私達は怖くてよう行きません(ーー;)
でも幻想的な世界に魅せられて行きたくなる気持ちも
ようわかります^_^;
写真66は水墨画のようですね!
普段の善行のたまものですね(^.^)
靴は早急にお買い求めください(^_^)v
登録日: 2015/3/13
投稿数: 499
2015/11/25 18:44
 お疲れ様でした。
Hacchyさん、こんばんは。
ドキドキしながらレコ拝見いたしました。
よくぞご無事で。

明星ヶ岳〜釈迦ヶ岳 泊なしでどう攻略するのか?!
車1台目を行者還トンネルにデポして前鬼or太尾登山口から入れば行けるのか?
とか・・いや〜初心者の私にはどう考えても無理か・・・とか。

これからも いろいろ教えて下さいね。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1757
2015/11/25 20:54
 お疲れ様でしたぁ、
Hacchyさん、こんにちは。
例年なら霧氷か降雪があっても良い時期ですが、(やはりの)雨だったのですね。
五鈷峰を過ぎて禅師ノ森ですか・・、お疲れ様でした。特にカラハッソウ谷の崩落が目の前まで近づくの五鈷峰あたりは緊張する所ですよね?
七面山・アケボノ平は大峰でも遠い所だよねぇ、五條の林道は工事ばかりで、アクセスし辛いし、。
登録日: 2015/1/9
投稿数: 819
2015/11/25 22:12
 Re: ガスガス
akirasさん、こんばんは。
そうなんです。なかなか行く時間がとれないので、少々悪条件でも行ってしまおう!となってしまうんです。でも今回のガスは思った以上にひどかったです。立ち止まって状況が間然するのを待とうかとも思ったのですが、ガスから突然熊さんが出るのではないかと思ってしまい、立ち止まったときも熊鈴をずっと鳴らし続けていました。
吹雪の夜も怖いですよね〜。更に道もまったく見えなくなりますし。

ガスの中から目の前5m地点に鹿が現れたときは、思わず「うぉー!」と声が出てしまいましたよ
登録日: 2015/1/9
投稿数: 819
2015/11/25 22:16
 Re: よくぞご無事で!
chasseさん、奥様、こんばんは。
天気は残念でしたが、悪いなりのいい大峯を見ることができて満足しています。
カモシカにも2頭出会いましたしね

靴を買わないと冬の山には行けません。財布&嫁さんと相談です
登録日: 2015/1/9
投稿数: 819
2015/11/25 22:34
 Re: お疲れ様でした。
Yanyan7さん、こんばんは。
9月に計画を立てたときは、もちろん雨天時のことはまったく考慮していませんでした。私の通常の速度で考えると、太尾から明星ヶ岳まで、休憩込みで10時間もあれば往復可能、アケボノ平含めても12時間で行ける計算でした。
ピストンだとエスケープルートが設けづらいので、どうしても無理ができません。今回は帰着16時を厳守するつもりでしたので、あと少しでしたがあきらめました。

コースタイムで考えると、ピストンより太尾からトンネル西の方が短いので、車2台でチャレンジするなら行ける可能性が高いと思いますよ
登録日: 2015/1/9
投稿数: 819
2015/11/25 22:39
 Re: お疲れ様でしたぁ、
DCTさん、こんばんは。
気温がもう少し低ければ、霧氷になっていたんでしょうね。霧氷の中を歩くのもいいですよね

アケボノ平は遠めに見てもはっきりとわかりますよね。それだけに行きたい想いが募のですが。太尾からでもトンネル西からでコースタイム的にはほぼ同じなんですよねぇ…やはり林道が復旧してくれるのが一番です。

気になったのですが、獣臭(私には養豚場の臭いに感じました)は何なんでしょうか?目に見えない妖怪でもおるんやないかと思ってしまいました
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2026
2015/11/25 23:28
 いやぁ〜ご無事でよかったです!!
Hacchyさん、こんばんは。

あんな暗闇やガスの中を
鹿の方もビックリしてたんじゃないですか

日が短くなったこの時期のこの区間の日帰りピストンは厳しいですよね
大峯のガスややっぱり怖いです。それ以上に熊が出るかも知れないことが最大の恐怖です
登録日: 2015/1/9
投稿数: 819
2015/11/26 0:40
 Re: いやぁ〜ご無事でよかったです!!
yamaotocoさん、こんばんは。
私はめちゃくちゃビビッてましたけど、鹿はまったく気に留めることもなく草を食んでおられました 一人の登山者にも会わないような状況で、「動く何か」が現れるとほんとに焦りますよ 猪と見間違えたカモシカが出たときは、もしや突進されるかとトレッキングポールを持って身構えましたよ

やはりこのコースをピストンするなら、5月ごろの歩きやすく日の長い季節がいいですねぇ。
登録日: 2015/2/11
投稿数: 513
2015/11/26 7:55
 釈迦ヶ岳
Hacchyさん、おはようございます。
朝からビビりながら拝見させていただきました、最近よく目にするお釈迦様、ここはパスやなと思いながら見てたのですが、ガスでルートを外したのですね。そこから先がややこしそう、ちゃんとしたルートもあるのですね。大型野生動物もいるのですか・・・
3.日頃から善行を心掛ける。これが一番むずかしそう。
登録日: 2014/4/29
投稿数: 254
2015/11/26 23:32
 なかなかハードな
Hacchyさん、こんばんは。
BAD コンディションの中、しかも大峯の深い所の山行、お疲れ様でした。
季節と天気が良ければ、太尾から明星ヶ岳までのピストンできそうですね。
でも無理は禁物ですよね。
登録日: 2015/1/9
投稿数: 819
2015/11/27 2:32
 Re: 釈迦ヶ岳
kuroonnさん、こんばんは。
コンディションさえよければ、お釈迦様へ会いに行くコースは快適なハイキングコースですよ。釈迦ヶ岳はほんとにかっこいい山です。(DCTさんのレコを見ていただければよくわかります )
大型動物には幸い会ったことがありませんが、猛烈な獣臭がしたときは本当に焦りました カモシカさんは向こうから勝手に逃げていくので大丈夫ですし。

日々の善行ができていれば、こんな天気に行かなくてもすんだんやと思うのですが
登録日: 2015/1/9
投稿数: 819
2015/11/27 2:51
 Re: なかなかハードな
wingletさん、こんばんは。
コンディションさえよければ、ある程度歩きなれた人であれば、なんとかピストン可能だと思います。私も計算上は問題なく行けるはずだったので。釈迦ヶ岳までのコースで、あんなに手間取るとは…ガスは怖いですからね。
ピストンコースだとエスケープができないことがほとんどなので、どこかで制約を設けて、無理かどうか判断するのが難しいです。「せっかくここまで来たのだから」と考えてしまうと、なかなか途中で引き返せないですよね
BADコンディションならではの景色は存分に堪能できましたよ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ