ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 770375 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峰山 突然猛吹雪

日程 2015年11月26日(木) 〜 2015年11月27日(金)
メンバー fukurahagi
天候吹雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行者還トンネル西口 有料駐車場
1日1000円 二日で2000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

GPSログの時間がおかしくなっていたので、時間は削除しました
26日7:15 行者還トンネル西口
  10:00 弥山
  15:00 楊子ケ宿小屋
27日 7:30 小屋出発
   12:00 八経ヶ岳 ここまで来るのに2度ルートをロスト
   12:45 弥山小屋
   16:15 下山
コース状況/
危険箇所等
五鈷峰付近崩落多く、滑落の危険性あり。一部迂回のため岩場をロープで高巻きするため、積雪期は前爪付きのアイゼンがあったほうがよい。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ
長袖インナー
ハードシェル
タイツ アンダー
ズボン オーバー
靴下
グローブ
予備手袋
防寒着
雨具
ゲイター
毛帽子
着替え
ザック
ザックカバー
アイゼン
昼ご飯
行動食
非常食
飲料
水筒(保温性) 1
個人装備品
数量
備考
ガスカートリッジ 1
コンロ 1
コッヘル 1
食器 1
ライター 1
地図(地形図) 1
コンパス 1
計画書 1
ヘッドランプ 1
予備電池 1
GPS 1
ファーストエイドキット 1
ロールペーパー 1
保険証 1
携帯 1
時計 1
タオル 1
ツェルト 1
ナイフ 1
カメラ 1
ポール 1
シェラフ 1
備考 コンタクトレンズが強風で目に張り付いたまま凍ってしまった。ゴーグルが必要だった。

写真

登山口
2015年11月26日 07:08撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
1
急斜面は一旦ここで終わり。
2015年11月26日 08:22撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面は一旦ここで終わり。
天気は回復かと思ってました。
2015年11月26日 08:34撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は回復かと思ってました。
2
この辺は、小人の森みたいない雰囲気があります
2015年11月26日 08:45撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は、小人の森みたいない雰囲気があります
2
ここからは少しの間、下りです。
2015年11月26日 08:54撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは少しの間、下りです。
ガスが立ち込めてきました。
2015年11月26日 09:14撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが立ち込めてきました。
ここからまた急な登りが
2015年11月26日 09:28撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからまた急な登りが
1
ガスがだんだん濃くなっていきました。
2015年11月26日 09:41撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがだんだん濃くなっていきました。
弥山小屋セルフで撮影。
ガスで景色が見えません・・・
2015年11月26日 10:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋セルフで撮影。
ガスで景色が見えません・・・
3
山頂。天気は悪いものの、1日目はそんなに寒くもありませんでした。
2015年11月26日 11:38撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。天気は悪いものの、1日目はそんなに寒くもありませんでした。
6
またガスで周りが見えなくなりました
2015年11月26日 11:38撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またガスで周りが見えなくなりました
少し晴れてきました。
2015年11月26日 12:03撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し晴れてきました。
しかしすぐにまたガスに覆われだしました。この後強風が襲いかかってきました。
2015年11月26日 12:11撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしすぐにまたガスに覆われだしました。この後強風が襲いかかってきました。
あまりの強風に釈迦ヶ岳はあきらめて、楊子ケ宿小屋に退避してここで泊にしました。
2015年11月26日 16:40撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりの強風に釈迦ヶ岳はあきらめて、楊子ケ宿小屋に退避してここで泊にしました。
6
朝起きると一面真っ白です。
2015年11月27日 06:36撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝起きると一面真っ白です。
9
この辺は積雪10センチほどでした
このあとカメラが凍ってレンズが開かなくなりました。
これから先は登山道が雪に覆われてGPSの軌跡頼みで戻りました。
2015年11月27日 07:01撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は積雪10センチほどでした
このあとカメラが凍ってレンズが開かなくなりました。
これから先は登山道が雪に覆われてGPSの軌跡頼みで戻りました。
10
一夜でこの状況です。
2015年11月27日 11:25撮影 by iPhone 4, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一夜でこの状況です。
7
前日とはうって変った八経ヶ岳山頂です。
2015年11月27日 12:05撮影 by iPhone 4, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日とはうって変った八経ヶ岳山頂です。
6
内ポケットに入れててカメラ復活 弥山小屋前に戻ってきました。ひざぐらいの積雪です。
2015年11月27日 13:01撮影 by FinePix F770EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内ポケットに入れててカメラ復活 弥山小屋前に戻ってきました。ひざぐらいの積雪です。
12

感想/記録

前日の夜から山に入って車泊してまして、急速に爆弾低気圧が発達していたことを知らずに登を登りました。行者還トンネル西口の駐車場の管理人さんが、今日は昼から山頂は荒れると教えてくれたので、いやな予感がして、あわてて車に積んでした雪山装備の防水ツエルトや、オーバーパンツ、ダウンジャケット、インナーシュラフ、シュラフカバー、アイゼン、たまたまアイゼンに合わせて靴も3シーズンからアルパインクルーザー3000に変更したのでリュックは激重、足元も重くなりましたが、おかげで、生きて帰ってこられました。
1日目も、昼から強風が吹き荒れ、雨も激しくなり、15時頃避難小屋でビバークし、そのままそこで泊まりました。翌日目覚めると、一面雪で真っ白でした。稜線に出ると猛吹雪で、積雪も場所によっては、股下までありラッセルしながらの前進です。雪はパウダーだったので比較的楽でしたが、寒さが尋常ではありませんでした。
五鈷峰付近では、温度計はマイナス10度でした。体を支えれなくなる程の強風がふき、一瞬でコンタクトレンズが凍って視界がぼやけてしまいました。まさかゴーグルまで必要になるとは思わず、車にも積んでいませんでした。
 下山すると、駐車場も真っ白で、曲がり角までチェーンをつけて走りました。夜11時頃警察から自宅に電話が入り、わざわざ車のナンバーから私を探し出して下山確認のを電話してきてくれたようです。2日目大雪のなか夕方まで下山してこなかったので、駐車場の管理人さんが帰り際の夕方に警察に連絡していたようです。ちょうど私が山からおりてきた時間の少し前だったようです。ご心配をおかけしました。
訪問者数:675人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/9
投稿数: 58
2015/11/28 11:22
 まさかの爆弾低気圧でしたね
fukurahagiさん はじめまして。
レポと写真興味深く拝見しました。それにしても予想を超える
気象状況によく歩き通されましたね。
事前装備にも感心しました。結果的に避難小屋で一泊されて
戻ってこられましたが、翌日の積雪量は想定外だったでしょうね。
ゴーグルが必要になるほどとは。 厳冬期並みの悪条件の中
踏破されて大変おつかれさまでした。
登録日: 2012/1/10
投稿数: 2
2015/11/28 13:50
 Re: まさかの爆弾低気圧でしたね
コメントありがとうございます。
駐車場の管理人さんの、「山が荒れるよ」の一言に救われました。この一言で、厭な予感がして、装備を変更しましたので。それにしても、装備って重要ですね。大事に至らず、快適に山を下りてこられたのも、装備のおかげです。アイゼンと、厳冬期用の靴、ゴアの冬季用手袋がなかったら、悲惨な事になっていたと思います。
今回の教訓は「荷物の重さより、命の重さ」でした。
登録日: 2015/1/9
投稿数: 824
2015/11/28 16:56
 大変でしたね
fukurahagiさん、はじめまして。
私も23日に楊子の宿小屋に行きましたが、わずか数日でこんなことになるなんて…この時期の大峰はどうなるかわからないですね。でも釈迦ヶ岳に行かなくて正解でしたね
装備はなるべく軽くしたい(特にアイゼンは)ところですが、やはりこの時期は気をつけないと大変なことになりかねないですね。事前の調査と準備が大切ということを改めて感じました。
次回は晴天に恵まれるといいですね。
登録日: 2012/1/10
投稿数: 2
2015/11/28 21:52
 Re: 大変でしたね
コメントありがとうございます。
20年前に奈良に住んでいて、会社は堺です。だから大峰山にはよく行きます。今回も仕事の後に、山に直行しました。でも、大峰山でこんな天気に遭遇したのは初めてでした。私自身いい教訓になりました。本当に大峰山は遭難多発の山だけに用心が必要ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ